<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ヒカリめがね新年会・成人スティル病・禊



☆一気にまとめておきたくなったので、長いです。

1月29日、かねてからの予定だった、『ヒカリめがね』メンバーでの新年会&ミーティングに参加しました。

会場は、海が見える素敵ハウス・えりこさんち!


ここに来られただけで、涙出ました。
ピカピカで健やかな、いい気が流れてるんです。
セッティング等々してくれた、えりこさん夫妻のホスピタリティにも感謝☆


c0189426_20073776.jpg

c0189426_20075491.jpg

持ち寄りランチ(ポットラック)ということで、私が用意していった、手抜きの「春色お寿司」

c0189426_20264360.jpg


体調的に参加できるかわからなかったので、前夜に具材(にんじん、干ししいたけ、切り干し大根)を煮ておいて、どうしても飾りたかった菜の花は買っておいて、朝、具材を酢飯に混ぜ込み、炒り卵と、見えないけどやさしい桜でんぶで盛り付けました。
素朴な、春の絵のイメージ✿



どこを切り取っても、まるで映画の中にいるようだった準備風景。

c0189426_20083495.jpg

c0189426_20084757.jpg

c0189426_20090421.jpg

c0189426_20092309.jpg

c0189426_20094238.jpg
人の手の動き、手から生み出されるものは、美しいなあと思います。


c0189426_20095871.jpg

ヒカリめがねメンバーは料理上手が多く、間違いなく全員食いしん坊!
素敵なことです。

こちらは食後のサプライズで、1月21日生まれの編集長と31日生まれの副編集長へのお誕生日祝いのケーキ💕

その場で、私も2月4日生まれということで、混ぜてくれました。


c0189426_20101390.jpg

お子さんの学級閉鎖で参加できなかったのに、シフォンケーキやお花を準備してくれたメンバーや、その場で内緒でデコレーション(ヘルシーな豆腐クリーム・美味!)してくれたメンバー二人・・・
メンバーのうちの3組が親子で台湾旅行に出かけ、その時買ってきたろうそく☆


c0189426_20102849.jpg


水瓶座3人☆☆☆
c0189426_20273236.jpeg
c0189426_20203595.jpeg

第4号の話し合いもしたけれど、それ以上に、集うこと、顔を見ること、話すこと、食べることに意味があったというか、いつもそうというか・・・(笑)


急な展開で、帰りに私の実家に寄ってもらった、けいちゃん&かなちゃん。
実家のリビングに二人の姿があるのがうれしくて、撮影させてもらいました。


c0189426_20265578.jpg

菊の出荷の仕事中だった両親も二人の訪問を喜び、母は野菜をたんまり持たせてくれました。
本当はみんなに寄ってもらいたいけどね~


*編集長ともちゃんの写真もさらに追加

c0189426_15453725.jpg


c0189426_15444890.jpg

その場で仕上げてくれた、いーちゃんの水餃子。絶品!!

c0189426_15450571.jpg

デッキで海を眺めながらのびのび~~

c0189426_15452120.jpg


ヒカリめがねメンバーは、全員気をつかわないし、女子にありがちな裏がなくて、心がキレイ!!

場も空気もメンバーも健やかで、涙が何度も出ちゃった。

みんな、心からありがとう♥


私が参加できたことだけでもうれしかったのは、前に少し触れたけど、1月12日から、持病の成人スティル病が再発してしまったからです。

薬を飲み始めて1週間、朝方発熱したり、体調が不安定だったけど、3日前くらいから落ち着き、うまく間に合いました。


<ここからは病気の話>


大学4年の時がおそらく最初の発症で、その時は東京女子医大に1ヶ月入院したけど病名がわからず、その後は15年、間が空き、子供が小さかった2009年の夏に再発・入院。その後6年空いて、2015年、今回は、2年半ぶりくらいに再発してしまいました。

成人スティル病は難病指定になっているけど(敢えて病気の説明のページは載せません)、私は軽度で、関節痛とかはほとんどなく、とにかく原因不明の微熱~高熱が出てしまう。

過去には、病名がわからない時に悪化したし(10万人に1人と言われていた珍しい病気。最近は10万人に3,4人らしい)、前回は、ステロイドの副作用が嫌で、自然治癒や自然療法に頼っている間に悪化して、大げさではなく死ぬ思いをしたので、今回はすぐに薬を服用しました。

再発する時は、毎回原因や背景があり、「そりゃ容量超えちゃったよな~」と振り返れば結果として思うけど、どこが自分の限界なのかわからないので、なかなか難しい。

飛び回っているように見えて、仕事のためにも家庭のためにも休息を大切にしているのだけれど、食事や運動含めて気をつけていても、なる時はなってしまう。

今回に関して言えば、直前にいろいろなストレスが重なったこともあるけど、明らかに、ベースの健康状態が低下していた。夏に子宮筋腫のために使った(生理をやわらげるために)ホルモン剤が合わなくて、通算で2ヶ月以上も不正出血が続き、貧血になっていたことも大きいと思う。

(さらっと書いたけど、トラウマになるほどひどい出血だった。薬をやめたらおさまったし、その後の生理はスクワットや運動で明らかに軽減している)

2年前に勉強した『自分で治す 副腎疲労』の本を読み返すと、私にとってホルモン剤はNGだったようで、スティル病の再発の鍵を握る(というより、身体の様々なバランスをととのえる)副腎に大きなダメージを与えてしまった様子。

夏の出血の間もスティル病の再発を恐れるほどだったので、むしろ、よく持ちこたえてくれたと思う。

薬が効いていればふつうに過ごせるので、セーブしながら活動するけど、副腎のケアや運動はしていきます。

スティル病については、この、可愛らしい女性がブログに書いていたので、興味のある方は読んでください。
いつか会いに行きたいなあ~って思います。





成人スティル病は、他の持病と違い、私にとっては霊感病みたいな、不思議なところがあります。

勘が冴えて、ふだんから多い偶然がさらに増える。

2009年の入院中もヤバイほどだった。

大部屋で同室だったあるおばさんについて、名字を聞いただけで誰のお母さんかピンと来てしまった(よくある名字で、直接の知り合いでもない微妙な相手なのに)。

極めつけみたいな例としては、入院中お世話になった主治医が、その後、私の家から歩いて150メートルの場所に開業したこと。

今では市民病院に膠原病内科がなくなってしまったんだけど、その先生が今、家の近くで開業してる、ということです(笑)

なので、気軽に歩いて行けてしまう(笑)
お互いにびっくりで笑ってしまったし、本当は再会しないのがいちばんだったけど!


そんなこんなもあり、私にとって、成人スティル病の再発期間は、禊の時間だと思っています。

自分にとって、澄んだもの、健やかなものだけを取捨選択して、自分を守りながら過ごそうと思います。



一昨日会ったお友達が、貸したものに添えて、「もうすぐお誕生日おめでとう」とプレゼントしてくれた手作りケーキ。
美味し過ぎて、幸せの記録☆

c0189426_15241801.jpg



人生半分は過ぎてるし、まだまだ痛い思いをする自分が本当にバカだと思うけれど、負け惜しみではなく、底を知ることで新たに見えること、開かれることが確かにある。

難病も個性。

「私は私を生きていく」

これに尽きます。

今年は新しい仕事の予定もあるけど、命と生活と家庭を第一に、2割仕事8割休息だとしても、それでも求められるキラリと輝く自分でありたい。


なぜ今回長々記録したくなったかというと、再発以来病気のことを書きたかったのと、えりこさんちやヒカリめがねメンバーの清々しさに、決意表明したくなったからでした。

私の人生、変! ふつーじゃない!

自分で招いてもいるけど、どうしようもない。
人が経験しないような苦もあれば、人が経験しないような超ハッピーもある。

ならばやはり、自分の特異性を自覚したり、そもそも、人間でいること自体が難しいと思うこともよくあるので、魂の旅の途上、今生で出逢ったこの身体に感謝して、大切に、いろいろ見て、体験して、苦楽のすべてを含めて、私は私を生きていこうと思う。















[PR]
by hihararara | 2018-01-29 20:06 | 不思議 | Comments(0)

再会バスケ

【FB 1月27日 投稿分】

c0189426_15124576.jpg
c0189426_15122625.jpg
c0189426_15123247.jpg
c0189426_15123828.jpg

とある体育館で、さっきまでバスケ。
今は家です。


場所を確保し、呼んでくれた友達親子(久々に会う幼稚園時代の父子)がなかなか来ないので、しばらく二人で遊び、というより次男がバスケの練習をし、メールしても電話しても反応ないから、帰ってきた。


そしたら、向こうが日を間違えていたというオチ(笑)

たまたま空いていたから使えてしまってわからなかった。

そんなわけで、感動の再会は明日


家に帰ったら、名古屋帰りの長男が、次男が好きなあんパンをお土産に買ってきてくれていた。
長男は、柔道の大会で名古屋で、ラ・クロワゼに寄ったけど開いてない時間だったそう。
調べてから行くように伝えたのに、男子はどいつもこいつも・・(笑)

あんパンには感動




【1月28日 投稿分】


c0189426_15125113.jpg
c0189426_15125936.jpg
c0189426_15131580.jpg
c0189426_15132201.jpg
c0189426_15133054.jpg


今日は無事に、みんなで集まってバスケ。

幼稚園時代のお友達との再会の場に、その子と同じクラブチームで次男と同じ中学のバスケ部二人も来てくれてにぎやかに。

次男はまだ150㎝ないくらいで、他の3人は165㎝
次男は小さいけど、気の強さでは負けないので、えらそーに見えて笑えます。

昨日の試合も少し出られたけど、そもそもユニフォームがでかすぎて、「殿様か」という感じで笑いをこらえるのに必死でした。
中1はまだまだかわいいです







[PR]
by hihararara | 2018-01-28 15:09 | 次男 | Comments(0)

寝る前のボヤキ投稿


1月27日夜投稿分

《ボヤキです》

長男 こたつで朝までよく寝る


次男 こたつでめったに寝ないけど、今日は寝てしまい、叩き起こしてね、と言われていたから叩き起こしたのに、逆ギレされる


夫 飲み会から帰り、椅子に座ったまま寝ている → もともと放置


だいたい、結婚後、飲んだ後とかの夫の起きなさ加減にイライラしていたのに、その息子(長男)がこたつで寝ているのを発見すると夫が怒るので、私が板挟みになり、長男を起こしてもだいたい起きず、今日は次男まで。


しかも彼らは、私が起こしたことも、その時に私に暴言吐いて抵抗したことも、キレイさっぱり覚えていない。
いちばん腹が立つのは、起こせと言って、起こしたのに覚えてなくて、朝になり、「なんで、力ずくでも起こしてくれなかったんだ?」と怒ってくること。
 
もう知らんわ

男どもの眠りの深さは放置するしかない。


別に土曜日だしね~

しかし、明日は長男は検定試験で、何時に朝ごはん?と聞いても、「ゼロから」と、意味不明な返答で、何回聞いても、「だから、ゼロだって言ってるだろ

腹が立つけど、笑えてくる。

ゼロって何?(笑)

ということで、労力がアホらしくなり、私は布団で寝ます。
おやすみなさい~











[PR]
by hihararara | 2018-01-27 23:15 | 家族 | Comments(0)

次男との会話


【1月26日 投稿分】

いつも長男ネタが多いので、次男(中1)ネタ・・・

どうってことない話だけど、
「今日、A(先生)がいいこと言った」
と言うので、「どういうこと言った?」と聞いたら、
「『体が動く間は働きたい』」


A先生というのは、退職後に講師として教えてくださっているユーモアあふれるタイプの先生。

「その言葉をいいと思う、むーくんがいいね」
と言いながら、なんか泣けてきた。

子供の感性や成長には、いつも感動する。


次男はクールだけど世の中をよーく見ていて、ふと、的を射たことを言う。
今日はこのほかに「生き物の中で、なんで人間だけがこんなに恵まれた生活をしているのか?」ってことや、「みんな農業をやればいいと思う」とか、「早く働きたい」「自分で思い通りの家を建てたい」とか言葉がいっぱい出てきた。


<反抗期なので口数少ない時はしゃべらないし、部屋にこもる>


大学に行くとか行かないとかに関わらず、いずれ重要なことは「働く」ということで、その「働く」への意欲や夢をどう持たせていくかは大事だと思う。

我が家は二人とも、社会に出たくないより出たいタイプで頼もしい。


明日はバスケの1年生大会。
「のびのびやりたいから来ないで」って言うので応援には行かないけど(笑)、夜に幼稚園時代の友達のお父さんから、別のバスケにお誘いいただいていて、それにはついていくし、私もちょっとやろうかな















[PR]
by hihararara | 2018-01-27 10:57 | 次男 | Comments(0)

講座の感想 【バラエティ】



【1月25日 FB投稿分】

c0189426_10540946.jpg


【バラエティ】

今日のお昼、日曜に講座をやった南陽地区市民館に、書面の手続きのために行ってきました。
館長さんや主事さんに講座の感想を教えてもらった中でうれしかった二つ・・・


①過去にもいくつか講座に出たことがあるけど、ふだんは無表情の人が、「良かったです!」とニコニコの笑顔で帰っていったそう!


②館長さんの息子さん夫妻も参加してくださったんだけど、奥さんが「バラエティみたいだった」と言ってくれたこと!

サイコーー!(笑)目指したいところ!!

真面目でオカタイ、講師が品行方正で(真逆)上から目線みたいな講座じゃなくて、ホットでライヴで、楽しく学べて、なるべく双方向な空間。

芸風として定着しつつあるけど、自分がさらすから、受講者さんもさらしてくれる。笑って泣いて、和む、ゆるむ、深まる・・・。
メンバーや流れによって異なるその場限りの濃密さ。


昔はアンチパワーポイント派だったけど(単に持ってなかったのと、話より画面頼りになるのが嫌だった)、使うようになった今となっては、テレビのAD時代の編集作業とか美術の仕事とか、小説も含めてすべてが活かせる。
大学時代、アナウンス研究会で発声を学んだことも、マイクを使っていたことも(笑) 滑舌は悪いまんまだけど!


もうほんと、大好き。
何より重要なのはコンテンツ、そして、場をつくるおもてなしの気持ち。
それらの経験がまた、別の講演(コミュニケーションなど)の内容の参考にもなります。

書くお仕事も続けてるけど、「伝える」を柱に、やっぱりいろいろやりたい。
最初は意外と緊張しいだったのに、今話すことに緊張しなくなった。
その辺もまた伝授したいよ。
(とにかく健康第一でね・・・)


☆写真は、東京事変のアルバム『バラエティ』より♬
(これは持ってないけど、次の『スポーツ』は持ってます)
















[PR]
by hihararara | 2018-01-27 10:54 | 講座 | Comments(0)

BIG弁当とオレンジページ


【1月22日夜投稿分】

c0189426_11072772.jpg


毎回、熱くて長くてすみませんが、この投稿を下書き状態にしている間に、長男本人のお弁当記録ツイッターについて伝えた雑誌『オレンジページ』から2度も温かいメールが届いていました(土曜日にふと読者ページに送り、今日早くも返信)。
最初は担当の方から事務的な返答だったのに、追って、編集長から温かいメッセージ!
末尾に、全文は申し訳ないので、抜粋分を載せます。

**********


運動会か!って感じだけど、長男が今朝持って行ったお弁当。
先週、お誕生日祝いにフライパンを贈ってくれた友達複数に希望のおかずを聞き、そのフライパンを使って料理して、お礼にみんなで食べた
余ることを心配してたけど「うまいうまい」と好評だったらしい

今、検定前の朝補講の期間で、家を7時に出なければならないような状態で、昨夜12時くらいまでかかって色々作り(私は先に寝た)、朝、おいなりさんの仕上げ。
重箱に詰める時間がなかったので今回は私が詰めたんだけど、私自身も過去、こんなにたくさんの量のお弁当を作ったことはなく、ひとりでよくやったなあ~という感心と、つくづく男子(長男)ってアホだなあ~と思いました(笑)


なんというか、守りに入らない。昨日は朝から検定試験で、その後バイトに出かけ、疲れているのにこんなに大量のおかずを作り(材料頼まれて買っておいたのは私だけど)、心配した私が声をかけると、「楽しいだわ!」と言い切り、とはいえ、朝早いからどう考えても容量オーバーで・・・


唐揚げは友達の希望でもも肉と胸肉とあり、そのほかにチキンフライ、ハンバーグもスパゲッティーも2種ずつ、友達のお母さん発のジャガイモの細切りをベーコンと炒めた通称カリカリ(クレイジーソルトとブラックペッパーが効いてます)、卵焼きもねじ込んで・・・

大切な友達が楽しみに食べてくれることを思うと、自転車でぐちゃぐちゃにしてほしくなくて、私の気持ちで車で送りました。

甘いようだけど、私もクリエイターの端くれなのと、感謝の気持ちで完成度やおもてなしにこだわりたくなってしまい、ぶーぶー言いながらではあるけど(次男と「ほんと、お前アホだな」と言いつつ)、そこまですることが仕事だぞ、というか・・・
(講座明け、病み中なのに、自ら巻き込まれる私もアホ)


長男を見ていると、梅佳代の名言「男子はバカで最強です!」を何度も思い浮かべてしまう。中学の時の合唱コンで、タコ焼き100個焼いていった時もびっくりだったけど、どんどん更新されるエピソード(笑) ふるまうのが本当に好きな子。
ふだんクールで長男に辛辣な次男も笑うしかない状態でした(^^)


***********


☆今日のこのお弁当写真はまだ見てない(実は長男ただいま、初の携帯没収中)編集長より


<ご子息「おにぎり先輩」様にもお伝えいただけますでしょうか?


このたびはメールをありがとうございました。
さっそく、「おにぎり先輩《公式》」ツイッター拝見しました。


毎日、栄養バランスを考慮した、バリエーション豊かなお弁当の写真が並んでいて、とっても驚きました! このお弁当を高校生男子が自分で作っているなんてすごいです。

主菜も肉だけでなく、焼き魚があったり、エビフライがあったり、そして、ちょっと手のかかるいなりずしが頻繁に登場するのもびっくりです。


きっと、いつもご家庭で愛情のこもった手作りのお料理を召し上がっているからこそ、料理好きになったのでしょうね。(以下略・・・)>


『オレンジページ』、私も中学生の頃から大好きだったけど、温かい雑誌だ!!











[PR]
by hihararara | 2018-01-24 11:09 | 長男 | Comments(0)

素敵な出会い


【1月22日投稿分】


私は昔から知らない人によく話しかけられ、中にはかなり変わった人もいるんだけど、今日はうれしい話として。


近所のスーパーで時折働いている日本語のうまい外国人の女性がいて、その人が仕事終わりなのか買い物をしていて、私の顔を見たら寄ってきて「レンコンの料理を教えてくれた人ですか?」と言われた(笑)


思い返してみれば、そんなこともあったなあと気づき(1年くらい前?)、「そう、そう、教えた気がする」と言ったら「揚げ物にすると香ばしいよって言われてやってみたら、本当に美味しくて、香りが忘れられない」とのこと。


日本でレンコンと言えば煮物がオーソドックスとは思ったけれど、明らかに外国の人だったので、レンコンチップス、みたいな簡単な料理として伝えたんだけど、天ぷらもしてみたそうで、気に入ってもらえて良かったです。


その流れでお聞きしたら、なんと「ソロモン諸島」の出身とのことで、「ようこそ~」って言っちゃった。
ダンナさんは日本人。

日本語がうまくて愛らしくて、みなさんに可愛がられてる人だろうなあって思いました。


暑い島から来て、日本で冬を何度も迎えて、日本の冬野菜を使って料理して、子供を育ててる明るいお母さん。

「応援してる!」とか伝えながら、自分がすごく励まされました。


**********

FBに投稿したところ、すぐにお友達がくださった情報として・・・
「もしかして、この方?」
「バッチリこの方でした☆」




[PR]
by hihararara | 2018-01-24 11:06 | 偶然 | Comments(0)

南陽地区市民館の講座




c0189426_21030084.jpg
c0189426_21020275.jpg
c0189426_21021521.jpg
c0189426_21023306.jpg
c0189426_21035464.jpg
c0189426_21034441.jpg

南陽地区市民館での講座「自己肯定感をはぐくむ子育て ~親も子も『好き』を見つけて心豊かに☆」、無事終了しました。

ご参加くださったみなさま、ご準備くださった館長さんはじめみなさま、託児スタッフのみなさま、片付けに参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。


風邪、インフルエンザの季節の中、大盛況だったと思います。

私の熱くて長い講座の後に、質問や交流タイムを第二部的に設けたのですが、残ってくださった方々が想像以上に多く、うれしかったです。また、「そこまで話してくれていいのかな?」と思うほど赤裸々に自分の家庭や育児の状況を語ってくださる方、涙を浮かべながら話してくださる方の姿にこちらも涙。
初対面の私なのに、気持ちをゆるしてくださったとしたら、ありがたく思います。

途中、「過去は変えられないけど、今とこれからは変えられる」と、よくありそうなセリフを口にしながら、自分が瀬戸内寂聴か?という気持ちになりました(笑)

ドラマ「陸王」で竹内涼真の隣で走った、親しい中学校の先生も来てくださり、彼に語ってもらった生徒と向き合う話もとても貴重でした。
他の館長さんやアイプラザの男性職員さんも聴きに来てくださいました。


講座の冒頭でお伝えしたのだけど、実は12日夜から急に発熱し、風邪やインフルエンザならいいのになあって思ったのに、持病の成人スティル病の再発で(大学時代から4回目。気をつけててもなる時はなる)、そのことはまた改めて書くけど、いち早い治療のおかげで、元気に無事にこなせてホッとしました。
(ご依頼いただいている仕事や講演は行えますので、変に心配しないでください)


私のすべての活動、すべての発言の根底には、病気によって命と向き合ってきた体験があります。

タイムリーにいただいた、お友達手づくりのレモンカードと屋久島の野草茶。今、お茶を早速飲みながら書いています。ありがとう

いろいろあるけど、誰もが違う自分だけの人生。
大人も子供も、一度だけの人生を、大切に、幸せに歩みましょう。


なんとなく撮りたくなった、私がネタにすることを許容してくれてる息子たちと。FBに書いてないオヤジと長男(当時中2)の節分親子ゲンカ話は講座オンリーの鉄板の爆笑ネタです






[PR]
by hihararara | 2018-01-21 21:05 | 講座 | Comments(0)

早稲田の新年会


【1月18日 facebeook 投稿分】

c0189426_08120745.jpg
c0189426_08122127.jpg


さっきまで参加の早稲田の新年会。
結びの頃の校歌。

前日頼まれた司会(県会議員さん)やら、当日指名の校歌のリーダー(中学校の先生)やら、行き当たりばったりなのに、みなさんおもしろい


仲良しの曹さん(中国出身)もサイコーでした
みなさま、ありがとうございました。

私は週末の市の講座のために(体力温存)、二次会は行かずにバスで帰ってます。












[PR]
by hihararara | 2018-01-19 08:13 | 音楽 | Comments(0)

長男へのプレゼント☆



【1月16日 facebook 投稿分】

c0189426_09161806.jpg
c0189426_09162791.jpg



昨夜のことですが、長男がクラスの男子7人から誕生日のお祝いに、フライパンをもらって帰ってきた

本人が欲しがっていた鉄製の、銘柄も指定で(ツイッターに「これ欲しい」とつぶやいた投稿を覚えててくれてのサプライズ)。

マックで盛り上がった帰り道、長男、半分泣きながら帰ってきたそう。


中学の頃もそうだったけど、クラスの男子たちが長男の弁当を美味しい美味しいと食べてくれることで、彼の料理の腕が上がっている。
様々な面において友達が育ててくれてるんだなあと、ありがたい気持ちになる。


商業高校、入るまでは女子が多くて男子は押され気味かと思っていたけど(頼もしい大先輩方の存在は知りつつ)、長男のクラスは野球部、サッカー部、バスケ部など活発でイケメン揃い


代表で買いに行ってくれた親友が、リボンを付けてくれたのも微笑ましい。
野球部くんが個人店(タカツさん)でフライパン買って、ラッピングをお店の人にお願いした姿を想像すると、お母さん、涙出ちゃう(笑)


Viva 青春

*****


この話を実家の母に電話で伝えたら、母は、インスタで長男をフォローしてる弟の奥さんから聞いてすでに知っていた(笑) 時代だわ~


そんなわけで、私も初めて登録してみて、見に行った長男のインスタより・・・


<このフライパンは一生使えるものだから大人になって店を出してもずっと使いたいです。一生の宝物にします。
俺の人生で空前絶後の誕生日プレゼントになりました。
感謝してもしきれないです






[PR]
by hihararara | 2018-01-17 09:17 | 長男 | Comments(0)