カテゴリ:講演( 11 )

認定こども園 牛川育英幼稚園

c0189426_19502112.jpg
c0189426_19502693.jpg
c0189426_19503294.jpg
c0189426_19503836.jpg
c0189426_19504431.jpg


c0189426_19505142.jpg
c0189426_19505701.jpg
c0189426_19510366.jpg
c0189426_19511200.jpg
c0189426_19511866.jpg
c0189426_19512354.jpg
c0189426_19513410.jpg
c0189426_19514048.jpg


c0189426_19514539.jpg


c0189426_19515447.jpg


今日は、高校の同級生が副園長の、認定こども園・牛川育英幼稚園に講演の打ち合わせで行ってきました。

素敵な園舎や園児たち、職員のみなさまの笑顔や活気に心洗われました

今日はたまたまクッキングパーティーの日で、調理員さん(元々イタリアン等の飲食店勤務だそう)の、ピザ生地を投げて広げるパフォーマンスに園児たちは大喜び!!

豊橋の幼稚園は、自前の給食を提供している園が少ないんだけど、園舎新築やこども園認定のタイミングに調理場を新設したそうで、素晴らしいなと思いました。
あったかい食の時間は本当に大事。


副園長の金仙(こんせん)くんは、元々いい人だけど、幼児教育にかける思いを聞かせてもらったり、こだわって造った新しい園舎や園庭を見ても、彼の清々しさや温かさ、子どもたちへの愛情が表れていて、感動。
彼が話す中で印象的だった言葉、「教えるよりサポートする」 私の育児や講演の信念とも重なる。


元々保育園や幼稚園に男性が入る大切さを感じていたので(子どもへの寄り添い脳とビジネス脳の融合というか)、この幼稚園で過ごせる子や保護者は幸せだなあと感じました。


長居してしまい、給食のピザまでいただいちゃって(ちょうどスペシャルメニューに当たり)、楽しかったよ〜


6月にLife is Beautifulで行った「自己肯定感をはぐくむ子育て」に来てくださった金仙くんの奥さんのたかほちゃんにも末っ子くんにも再会できてうれしかった😊 

園長のお母さんとは、はじめましてのはずでしたが、実は3年前の同窓会の打ち合わせの時に、夜、間違えてお母さんたちの住居を訪ねてしまい、お会いしてます、とお伝えした(笑)


園内には、同じく高校同級生の大工さん(いくま)がつくったついたてや棚(子どもたちのために入念に角が取ってある丸みを帯びたもの)や小さな(立派な)おうちがあったり、画家(こんちゃん)の絵があったり、そんなつながりも良かったです。


金仙くんの思いを汲んで、お母さんたちに響く(楽になってもらえる)話ができるように、がんばります。


※写真はもっと良いものもあったけど、園児さんのお顔がわからないものにさせてもらいました。素敵な園で、ずっと「(インスタ)映えだよ、映え!」とあちこちで連発してしまった。
















[PR]
by hihararara | 2018-10-30 19:59 | 講演 | Comments(0)

豊橋市立植田小学校 教育講演会



今日は、植田小学校の教育講演会の講師として、「自己肯定感」についてお話しました。

植田小学校は、打ち合わせを含めて3回目の訪問でしたが、校長先生も教頭先生もとても感じがよくて温かく、学校名の通り周囲には田んぼが広がり、おだやかで心地よい空気感の学校です。

玄関の看板。
*今日の午前中は私自身の次男の授業参観でもあり、午後大慌てで伺ったので、着いた時には気づかず、帰りに拝見し、感激して写真を撮らせてもらいました。


c0189426_20030793.jpg

今回は、植田小学校PTAの教養文化部長の白井康恵ちゃんが元々のお友達で、2月の段階で、最初にお話をいただきました。

ところが、私の子どもたちの学校行事(その時点では来年度の行事予定)をチェックしたところ、同じ6月16日に、次男の中学校の授業参観&部活動保護者会があり(6月は豊橋市内全域の小中学校で父の日頃に合わせての参観日が多い)、我が子の参観を欠席してよその学校に講演で伺うのは気が引けて、いったんは丁重にお断りしたのでした。

しかししかし、康恵ちゃんが校長先生たちにも掛け合ってくれて、日を変える提案も含めて(まだ前年度中の話だったので)考えてくださり、その熱意をありがたく受けとめ、私も中学の教務主任の先生に事情を伝え、確認をさせてもらいました。
その結果、次男の中学の予定は午前中~お昼にかけて、植田小学校は元々午後1時の予定、ということがわかり、私が授業参観はしっかり参加した後で、部活動保護者会を途中で抜ければはしごできる、と思い、お引き受けしました。

そんな背景があったので、講演については、パワーポイントをしっかり練って準備しつつ、当日のはしごがうまくできるのか、というのが気になるところでした。


自分の側の参観~部活動保護者会の主要なお話をお聴きし、質問タイム辺りで抜けさせてもらい、ママチャリで家に戻り(笑)、講演のためには腹ごしらえも大事なので用意してあったゆで卵やプルーンなどを食べ、大勢の中の一人の母としての顔から、服を着替え、化粧を直し、大勢のお子さんたちや保護者さんたちに向けてお話する講師モードへ・・・

無事、この舞台に時間通り間に合ったことにまずはホッとしました。

記念すべき?その「康恵ちゃん」にご紹介いただいている時の図(笑)
☆以下の写真はすべて教頭先生の撮影です。ありがとうございました。


c0189426_20013227.jpg

c0189426_20011921.jpg

昨年リニューアルされたという植田小学校の体育館は、壁の木目など、とてもさわやかな空間でした。

全体のタイトルを『自己肯定感ってなあに?』とし、まず、5、6年生向けに「自分を好きになろう☆」というテーマでお話しました。

息子たちが小学校へ入学したばかりの頃は、5、6年生というと、とっても大きな印象だったのに、我が子が高校生や中学生になると、「小学5、6年生ってこんなに小さかったっけ?」と思うほどで、どの子もかわいくてかわいくてたまらない、という感じでした。

なるべくわかりやすいように、と思い、お子さんたちのお顔を見て、少し前かがみになりながらお話しました。

c0189426_20021100.jpg

どの子も真剣な顔で聴いてくださり、時折笑ってくれたり、うれしかったです。

15分目安という時間はオーバーしてしまって申し訳なかったけれど、詰め込んだ内容のうち、その子その子にとって、何か一つでも、心に残ってくれたらいいなあと願っています。

退場の時、私に挨拶するようにして帰ってくれる子や、私のパソコンのデスクトップのインコのあーちゃんに目を留めてくれる子が複数いて、気軽に話しかけてくれてうれしかったです。

5、6年生の話の時も、参加してくださっていた保護者の方々。

私はとにかく子どもたちを見ていて、保護者さんまで目を向ける余裕がなかったので、教頭先生のお写真を見て、保護者さんたちの真剣なご様子もうれしかったです。


c0189426_20014254.jpg
c0189426_20015353.jpg


(敢えて、みなさまの顔がわかりにくい写真にさせてもらっています)


c0189426_20023455.jpg
c0189426_20025688.jpg


この後で、保護者さん(希望して来てくださった方々)向けに「自己肯定感をはぐくむ子育て」と題してお話しました。

2年前に草の根で始め、昨年1年間であちこちでやらせていただき、豊橋市の講座としても市民館で行い、20回ほど重ねてきましたが、同じスライドも含めつつ、毎回、場に応じてつくり直しており、今回も今までの要点プラス新しいネタも込めて、お伝えしました。

我が子が現在進行形で成長中なので、例えば、長男がアメリカに行ってきた話や、16歳4ヶ月にして初のさかあがりができたこと(幼少期は運動が全然できなかったのに、高校で体育が5になったり、体力測定がA判定だったり、できないことをコンプレックスと思わないような励まし方をした結果の、現時点での結果をお話しました)、次男はやんちゃだけれど、テスト勉強はするタイプであることなどがアップデートできました(^^)

ふだんfacebookやブログには書かない秘話や我が家の恥についても語りました。
パワーポイントにまとめる要点よりも、脱線話、ぶっちゃけ話がいつもウケて(反応が良いとこちらも話したくなり)、そのせいで、時間が押してしまいます・・・

いつもは、1時間半や2時間ほどかけてする話でもあるので、1時間の持ち時間はあっという間で、駆け足となり申し訳なさもありましたが、やり切った感はありました。


講演後、予想外に、花束をいただき、康恵ちゃんからの贈呈に感激して、思わず泣きました。
元気が出るようなお花の数々・・・

c0189426_20032092.jpg

康恵ちゃんには最初から伝えていましたが、1月に持病の成人スティル病という難病が再発し、2月にお話をいただいた時は、6月だったら大丈夫だろうと思いつつ、今回、症状は軽かったものの、減薬中の、あと一歩で苦戦しており、5月、6月と、体調が不安定な日々が続いていました。

スポーツ選手が大会に照準を合わせるのに似ているのですが、講演も、頭と心と身体を使ってのパフォーマンスなので、体力が落ちている中での授業参観からのはしごには不安もありましたが、とにかく無事にこなせて良かったし、元気に見られる私ですが、一日一日が家庭第一に精一杯という現況なので、それもあって花束やお心づかいに涙が出ました。

校長先生、教頭先生はじめ、植田小学校のみなさま、ご準備にあたってくださったPTAのみなさま、本当にありがとうございました。


講演後は、校長室で校長先生とお話し(ご好評いただき、良かったです)、さらに、長男が中学時代お世話になったI先生も呼んでいただき(接点は一瞬ですが、生徒や保護者にとってはとても印象的な先生!)、盛り上がりました。
I先生の奥さんは、一期家一笑での「自己肯定感をはぐくむ子育て」に来てくださったことがあり、その時にお話させてもらったのでした。

今日は、元々のお友達や植田校区にいる高校時代の同級生、ちゃいるーかでの自己肯定感の講座の時にお世話になったお二人、私の大切なお友達(真弓ちゃん♡ありがとう)を通して知ってくださったお方にも足を運んでいただき、うれしかったです。

とにかく、植田小学校の温かい空気感に包まれ、私自身が幸せでした。


こちらは、すべての終了後(私の校長室滞在時間が長すぎて申し訳なかったですが)、康恵ちゃんが届けてくれた手づくりのパン!!


c0189426_20033038.jpg

初めて知り合った場も、持ち寄りの食事会で、康恵ちゃんの本格的なパンに驚きましたが、今回も感激で、早速夜、祝杯的にワインを軽く飲みながらいただきました。(ありがとう☆)

とても清々しい一日。

中学生、高校生への講演は経験があっても、小学生は初めてでもあり、自分にとっても、良いチャレンジとなりました。

お聴きくださったみなさま、本当にありがとうございました。

お互い、がんばり過ぎずに(笑)、子育ても、人生も、楽しくがんばりましょう!!!



*******

<おまけ>

花束は、リボンを解くと第一の魔法が消えるので(花瓶に生けた後から第二の魔法が始まるけど)、その前に自撮りした写真(笑)

そのくらいうれしかったです!!!



c0189426_22021435.jpg
c0189426_22020114.jpg














[PR]
by hihararara | 2018-06-16 21:46 | 講演 | Comments(0)

東愛知新聞



c0189426_20242901.jpg

今日もまた市民病院、のおかげで売店で購入できた東愛知新聞。

記者さんは来てなかったので、たぶん校長先生のアピールによる伝聞記事

何も知らずに今朝、別件の返事で社長にメールした後、母が記事を発見して電話をくれたので、追ってお礼をお伝えし、記事確認なう(笑) 久しぶりに藤村で出た。田舎でまた、「離婚したの?」と言われそう(笑)








[PR]
by hihararara | 2018-04-25 20:25 | 講演 | Comments(0)

福江高校での講演



【4月23日 facebook 投稿分】


c0189426_08451599.jpg
c0189426_08452428.jpg
c0189426_08453494.jpg
c0189426_08454754.jpg


今日は、田原市の福江高校で、新1年生向けに講演をしてきました。
武道場にて、1年生約100名と、校長先生はじめ諸先生方、私のお友達を中心とした大人のお客様6名(校長先生に最初に私を紹介してくれた県会議員の山本ひろしくん含む)にお聴きいただきました。


タイトルは『福江高校での日々を楽しもう!』でした。
福江高校は、今年で創立70年の伝統校ですが、渥美半島の少子化に伴い生徒数が減っており、昨年赴任してきた寺田校長はじめ、地域の大人のみなさまたちが盛り立てようとがんばっています。
私も、同じ豊橋南高校出身で豊橋在住の寺田校長が、私たちのふるさとのために尽力している姿に心を打たれ、協力したいと思って、まずは今日に至りました。


1年生のみなさまが、少しでも福江高校での日々に希望を持ってもらえるように、また、高校生活やふるさとや将来について、前向きに考えるきっかけとしてもらえるように、と願ってパワーポイントを作成しました。


盛りだくさんの内容を、なんとか45分におさめられてホッ(笑)
校長先生からは120%と評していただき、何よりうれしかったのは、帰りに学校近くの交差点で信号待ちをしていたところ、バス停に向かう女子高生3人が、私の車の助手席側から「こんにちは~」と声をかけてくれて、3人ともニコニコ笑顔だったこと。その笑顔がいろいろを表してくれているようで、「ありがとうね~~!!」って手を振りながらうれしくて泣けそうでした。


1、2枚目は先生の撮影で、3枚目の写真は、小中の可愛い後輩のともちゃん撮影です(ひとつ前のタグ付け記事もおもしろいっ)。ともちゃんは女性だけど福江高校のPTA会長!
ラベンダーは、渥美で寺子屋をがんばっていらっしゃる板倉さんより。講演前にいただけて、感激で緊張が和らぎました


講演後、校長室で校長先生と大人のみなさまと歓談でき、教育や子供たちについて考える貴重な時間となりました(その席には、お顔を知っていた衆議院議員の関くんの秘書さんも参加w)。
校長先生は途中で、NHKからの取材!


少子高齢化、日本の転換期。
人口減が避けられない中で、子供たちの教育の受け皿を確保するためにはどうしたらいいのか、みなさんで一緒に考えていきたいです!

お忙しい中、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました☆


*校長先生が事前に、
「私が常々、生徒達に伝えたいメッセージを言語化していただいた気分です。」と言ってくださった画面の言葉。


c0189426_08521636.jpg








[PR]
by hihararara | 2018-04-24 08:48 | 講演 | Comments(0)

舞の海さんの講演



c0189426_20165579.jpg
c0189426_20170141.jpg
c0189426_20170855.jpg

今日はこれに行かせてもらいました。

券をいただき、私より相撲や舞の海さんが好きな両親が参加させてもらう予定だったけど、母の急な高熱で急きょ・・・

私も舞の海さんの相撲人生や理知的なしゃべりは素晴らしいと思ってるので、楽しみに伺いました。


お話、チョーおもしろかった
声いい、頭いい、話うまい
語彙が豊富だから知性を感じる。
 
新弟子検査で、頭にシリコンを入れた話は有名だけど、その詳細もリアルに聞けて良かった。
小錦や曙との取り組みも。
一度の人生、悔いなく、変人で生きるのがいいと思った。
 
ユーモアたっぷりなのに、品性を感じたのは、落ち着いた声や話し方のおかげかなあ。

いい講演は、やはりライヴ感だと思った。
観客と一緒につくるその場だけの空気感。
私も明日の講演がんばる


私は講演部分に気楽に参加したけど、式典は壇上にも観客席にも、お歴々の知り合い多数でした。













[PR]
by hihararara | 2018-04-22 20:18 | 講演 | Comments(0)

豊橋東高校での講演



c0189426_20391064.jpeg


今日は、豊橋東高校のPTA理事会講習会でお話させていただきました。
図書館の入っている新しい棟の2階の視聴覚教室が会場でしたが、その途中、階段を上がったところに、卒業生の松井守男さん寄贈の絵が飾ってあります。
さらに、高畑郁子さんの絵もどどどっと!
東高校、建物に木が使われている度合いが、一般的な高校の校舎より多く、数々の絵画も含めて、文化の薫りのする学校です♬


想像以上にしっかりした会で、ふだん、ごく親しいママ友以外にはペンネームだとか小説や講演活動について話していない私としては、「見たことある~」という息子たちの同級生のお母さんもいて(お互い顔を知ってるくらいという微妙さがいちばん恥ずかしい)、最初は妙な緊張感でしたが(手が震えた!)、途中からは時間が足りないいつもの調子でした。


タイトルは自由に決めて良かったけど、「自分を表現する力 ~大学入試への向き合い方で人生を切り拓く」としました。

色々迷ったけど、今日、この場限り、とすれば、東高校の生徒の親御さんたちにお伝えしたい内容は、こういうことかな、というのがあって、自由に熱くやらせてもらいました。


依頼してくれたのは、PTAの光松くん。高校時代の同級生です。
光松プロデューサーに、確固たる思いがあったので、その思いを尊重しながら組み立てました。
打ち合わせから今日まで、終始温かく励ましてもらえて、大感謝でした。


講演終了後、校長室で、昨年の同じ日に豊橋南高校に呼んでくれて(学校保健委員会)、現在は東高校の藤原校長や、教頭先生お二人を交えてお話。

インターネットの登場、大学入試改革など、今の教育や先生、子供たちは転換期にいるんだなあと感じました。


はぁ、毎度長いですね(笑)


今日で、昨年の2月2日から続いてきた講演ロードはひとつの区切り(ご依頼はいただいているけど、日にちが決まっているものはいったん終わり)。


今朝数えてみたら、この1年で、約575名の方々に向けてお話をしてきました。
一度の講演で500名というのもあるけど、一回一回、お一人お一人に深く届くことを願いながらやってきました。

出会ってくださったみなさま、協力してくださったみなさま、ありがとうございました。


明日が節分、明後日が立春(&お誕生日・キョンキョンと同じ♥)なので、なんだか今日は年末気分です。
おつかれ、私!!(笑)
光松くん、ありがとう!!


*補足 私の足が太いのは、ストッキングじゃなくて、スパッツに膝丈靴下を重ねているからですw














[PR]
by hihararara | 2018-02-02 20:39 | 講演 | Comments(0)

年末 2017振り返り





c0189426_21214970.jpg


いま、今年行ったたくさんの講演の資料を整理しながら、
6月に東京へ行ってきた時のことを思い出して、うるっと来た。

核家族で育児をしていることもあり、10年前の「赤土に咲くダリア」の打ち合わせの頃は必ず日帰り東京で(当時息子たちは幼稚園)、意外に思われるけど、この6月が初の単独での泊まりだった。

家族の翌日の食事の心配や段取りまでして、ドキドキしながら新幹線に乗り、頭を切り替えて講演のシミュレーション。...

よくもまあ、110名の、ほぼ男性の前でがんばったよ。緊張もしたけど、楽しかったという思い出(笑)

その時に出会ってくださった全国の方々とfacebook で今もつながっていたり、その後の鹿児島もそう。
確実に世界が広がりました。

やはり感謝しかないです。
ありがとうございます。









[PR]
by hihararara | 2017-12-29 21:22 | 講演 | Comments(0)

カイケンコーポレーション ①講演編



*前回からの続き

7月25~26日、福岡市に本社があるカイケンコーポレーションという、健康住宅の建材メーカーさんのお招きで、鹿児島県に行ってきました。

☆カイケンコーポレーション株式会社のHP → 

鹿児島県さつま市に、カイケンコーポレーションの「さつま見学工場」があり、高台の敷地内に、工場やモデルハウス、ゲストハウスが建っていて、そのゲストハウスで講演をさせていただきました。

ゲストハウスの玄関はこんな感じ。




c0189426_23143603.jpg

入ると、想像以上に杉の木のいい香りがします。


今回は、カイケンさんの全国の取引先の方々が集まる営業の勉強会でした。
私も二日間とも参加で、全体を通して、感動の時間でした(自分の講演以外の総括は③の勉強会編で行います)。

建物に関する詳しい説明は、②のモデルハウス編に書きますが、社員さんのお言葉を借りれば、この会場は、「完全無垢の音響熟成木材の床と机と椅子の空間」で、アットホームで心地よかったです。


こちらが、カイケンコーポレーション・浦上社長です。


c0189426_20043669.jpg

とても興味深い内容の連続でした。

そして、私の講演は、6月末の東京での「環境マテリアル推進機構」主催の会議で行った『心をつかむコミュニケーション術』の、カイケンヴァージョン編、という感じで行いました。

6月末の講演を聴いてくださった浦上社長が、その日の懇親会の時に、この勉強会での講演を提案してくださったのでした。



c0189426_20044796.jpg
c0189426_20045951.jpg


今回は、社長が気に入ってくださったベースの内容に、カイケン様オリジナル部分を加えた形だったので、盛りだくさん過ぎて、申し訳なかったです。

元々カイケンさんの建物については地元で体感し、感動していたのですが、今回のために送っていただいた会社のパンフレットや、浦上社長と鳥越俊太郎さんの対談のDVDを見て勉強すればするほど、カイケンのおうちの素晴らしさや社長の信念の歩みに感動しました。

パンフレットや広報誌を読んで、何度か泣いてしまったほど・・・

例えば印象的だったのは、社長の「生物的な家づくり」という言葉、
専務の、<堂々と胸を張って 「空気がうまい家」 ~揺るがない信念を秘めること~>
アトピーで苦しむ息子さんのためにリフォームし、結果、息子さんのアトピーが消え、暮らしに愛しさを感じているお客様の体験談からの一節・・・
<家に帰れば「自然のまま」が私たち家族を受け入れてくれる。>

素晴らしいと思ったし、徹底して自然素材にこだわり、心のこもった家づくりをしているカイケン関係のみなさまに、お客様や取り引き先の方々とのコミュニケーションにおいて心がけると良いように思うことを、想像の範囲ではあるけれど、私なりに精一杯お伝えしました。

建築に関しては部外者だけど、「伝えること」に関しては、書くことや話すことに長年向き合ってきたのでその経験と、今回について特に役立ったのは、3.11後に発足させた「豊橋いのちと未来を守る会」での活動でした。

放射能の危険性をどうしたら多くの方々に理解してもらえるか、正しい知識が押しつけにならないように心を砕いた体験。

そんな中から導き出した、

🌼正しさより やさしさを
🌼理解してもらうより、満足してもらえるように

という2点を、ベースのコミュニケーション術(5つのポイント)に加えて、お伝えしました。


最後の最後のまとめの時に、究極のコミュニケーションは、「言葉を介さなくても通じ合うレベルかも」とお伝えし、シンクロニシティや引き寄せの法則にも少し触れて、「自分を高め、コミュニケーションを高めることは、運気UPにも確実につながる」と話しました。

これは、自分自身の体験からの実感です。
現に、鹿児島に行けてしまったこと自体が具体例で・・・(^_-)-☆

実践的なコミュニケーションもだけど、私はシンクロとかタマシイとかそういう話も大好きで、でも、いきなり初対面のみなさまに向けては引かれても良くないと思って踏み込むのは控えつつ、2日間を終えてみたら、参加者のみなさまは敏感で純粋な方々が多く(カイケンの建材そのものが、超自然とも言えるパワーを持っていて)、その辺りの不思議ももっと話せばよかったなあ~と思いました。

とはいえ、講演は、聴いてくださる方によって、印象に残る部分が見事に違うので、その感想をお聴きするのが楽しい。

今回参加していて、講演の翌朝、ホテルでバッタリ会い、朝食をともにした、沖縄美女のあきなちゃんのブログを紹介させてもらいます。


リンク貼ったら、いきなり、3ショットが表示されてびっくり!!
これは26日朝の撮影だけど、私は25日夜に、一人うれし泣きして眠れず(笑)、美女お二人の横で、めっちゃむくんだ顔をしています・・・




この写真に写っているあきなちゃんや風子ちゃん(熊本より)は珍しい女性参加者で、彼女たちを含めて、心のきれいな純粋な方々が多く、そんなみなさまからも感動をたくさんいただきました。

あ、この日の夜は、懇親会の後の二次会にも参加し、スナックで男性約15人と女は私一人(笑)
昔も今も、日本全国(海外でもだなあ~)、どこへ行っても変わらず、同化して楽しんでしまいます。

深夜、ホテルに戻り、念願でもあった鹿児島の夜にしみじみ感動し、うれし涙でほとんど眠れませんでした(アホ)。東京でも寝れなかった私は、これこそ今後の課題かも(笑)


②③で引き続き、書かせていただきます。



























[PR]
by hihararara | 2017-07-29 10:07 | 講演 | Comments(0)

鹿児島での講演


【7月25日深夜の投稿】

c0189426_23103657.jpg
c0189426_23113273.jpg
c0189426_23105551.jpg
c0189426_23111967.jpg


朝、投稿途中にもらったメールに返事してる間に飛行機の搭乗時間になったからUPしなかった分を今さら(笑)
鹿児島の夜を楽しんで、さっきホテルに戻りました。いい出会いいっぱい
心配おかけしたみなさま、無事に今日を過ごせました
ありがとうございます。


・・・・・・・


いろいろのいろいろをととのえて、なんとか今から鹿児島
一人飛行機は独身以来かな~

2月頃、「今年は講演増やしたい」と書いたけど、まさか東京や鹿児島からお招きいただけるとは思ってなかった。
がんばります。楽しんできます


*********

25、26と鹿児島に行ってきて、今は愛知の自宅です。

素晴らしい時間だったので、じっくりまとめたいと思っています。

福岡市に本社があるカイケンコーポレーション株式会社という、健康住宅の建材メーカーさんのお招きで、鹿児島県さつま市のセミナーハウス(敷地の中にモデルハウスや工場がある)での勉強会のゲスト講師でした。
こんな素敵な建物で、杉の木の良い香りに包まれる二日間でした。
詳細はまた!




c0189426_23143603.jpg






[PR]
by hihararara | 2017-07-27 23:17 | 講演 | Comments(3)

『心をつかむコミュニケーション術💕』 @ 環境マテリアル推進機構会員さま会議 


6月27日(火)
一般社団法人環境マテリアル推進機構(EMII)、株式会社佐武、環境マテリアル研究所 主催による、「第24回全国特約代理店&EMII会員上期会議」の基調講演のご依頼をいただき、『心をつかむコミュニケーション術💕』と題してお話させていただきました。


様々なご縁やタイミングによって流れがつくり出され、ポニョのように波の上を走って走って(講演の準備に加えて、前夜に洗濯して干して当日朝から洗濯物をしまって、制服にはアイロンかけて、朝ごはんと夜ご飯の準備と翌朝分の段取りやらバタバタ・・・)、降り立ったら東京の会場だった、というイメージ(笑)


c0189426_21583411.jpg


 

c0189426_11355996.jpg

c0189426_21464191.jpg


理事長様です(^^)

c0189426_17284003.jpg




私の講演の始まり・・・


c0189426_21241937.jpg



後日、主催の担当さまにお聞きしたところ、約110名の参加者だったそうです。
事前に、男性9割、全国の中小企業の社長さんや営業さんが多い、と伺っていたので、副題的には、「仕事にも恋愛にも役立つコミュニケーション!」ということで。

大勢に向けてのお話でしたが、話している最中は人数など関係なく、全国からお集まりのみなさまお一人お一人に向けて、少しでもコミュニケーション能力の向上にお役に立つことを、と願ってお伝えしました。

自分の内面を高め、コミュニケーションが上達すると、確実に出会いや運気が変化・上昇するので、そのダイナミズムを今後みなさまにも味わっていただきたいです。


毎回、その場に応じてパワーポイントを作成していますが、今回は特にオリジナルの内容でお送りしました。

私の思う、コミュニケーションのコツ5点を中心に、具体例を交えながら・・・

ありがたいことに、その日のうちに、同じテーマで次のご依頼もいただいたので、詳しい内容は伏せさせていただきます。

(*以前はブログに詳細を載せていたけれど、私の著作物でもあるので、流出を避けるためご了承ください)




               たぶん終わり頃のホッとした表情☺


c0189426_17280705.jpg




こちらが、環境マテリアル推進機構のHPです。



HPの理事長のお言葉にある通り、地球環境の悪化を憂いで(強い危機感や怒りを携えて)、具体的に、地球環境改善に役立つ、優良素材の普及に努めていらっしゃるそう。


推奨商品のリフレクティックスという遮熱材については、私自身も効果をもともと存じていて、今回の講演のために先輩の工場にも見学に出かけ、実感としての良さもお伝えしました。


講演の冒頭の自己紹介でも触れたけど、私は大学時代(早稲田大学社会科学部)、「社会発展論」というゼミに属し、「今の社会は本当に発展していると言えるのだろうか?」というような疑問を出発点に、仲間たちと環境問題についても勉強していました。
「物質的な豊かさを追い求めて、精神的な豊かさを置き去りにしていないだろうか」とか、「経済成長はありがたかったけれど、そのために引き起こされた環境汚染や環境破壊の尻ぬぐいや後処理を、私たち世代は引き受けていかなくてはならないのではないか」みたいな、幼い学生なりにピュアに語っていた記憶があります。

今、主婦として、食材や日用品、住環境等々の安全を願いつつ、私たち主婦レベルでは、危険からの防御(時に社会活動)が精一杯だけれど、今回の会合に参加なさっているみなさまが、仕事として、経済として、地球環境改善に関わっているというのは、本当に心強いし、感謝の気持ちを申し上げました。

ここまでの活動や組織にまとめ上げてこられた佐藤理事長には頭が下がります。

また、佐藤理事長が、ファミリーの長として、みなさまに賞金を手渡ししたり、ユーモアを交えて会員さんを見守ったり、厳しさや責任感と同時に大きなやさしさや愛情を感じました。



私は自分の講演後、いったん席を外し、夜の懇親会に合流させていただきました。
全国からの方々とたくさんお話ができて、うれしかったです。
良い商品に関わっていらっしゃる心根のきれいなみなさまで、各地の方言や空気感が温かかった。
日本は広いんだな、と思わせてもらえた夜でした(きっと一堂に会すると日本は狭いと感じる人の方が多いだろうけれど、私にとっては久々の東京で、日常的に全国の方々とお会いすることはあまりないので、とても新鮮でした)。

私が直接お話しただけでも、北海道、青森、山形、福島、栃木、東京、群馬、静岡、愛知、石川、大阪、兵庫、香川、徳島、高知、宮崎、鹿児島の方々がいました(書き忘れた方すみません、悪気はないです・・・)。


                   おひらき後の1枚☆

c0189426_17292069.jpg


               みなさま、素敵な笑顔(^_-)-☆


懇親会の途中から、私には、佐藤理事長が、雰囲気的にも風貌や実質的にも、大黒様に見えて仕方なかったです。
打ち出の小づちを持った福の神様・・・(^^)


東京から戻った翌日、お礼のメールをし(手書きでも準備中)、いただいたご返事のお言葉がうれしくて、大切にいたします。

みなさま、お世話になりました。
ありがとうございました!!


来週は一転、お母さんたちに向けた少人数でのミニカウンセリング込みの講座です。

ビジネス系のみなさまへのお話にも自信を深めつつありますが、どの分野でも、根底で必要とされることはつながってると実感しました。
教育や心の大切さ・・・
私なりに草の根での活動を今後も続けていきたいし、お呼びがかかれば遠方にも伺いたいです。



【追伸】帰り際、せっかくお待ちいただいて、娘さんとイタリアに行かれた話をしてくださった方、お話が途中になり、心苦しく思っております。
よかったら、お渡しした名刺のメールアドレスにご連絡ください!
















[PR]
by hihararara | 2017-07-01 11:20 | 講演 | Comments(0)