カテゴリ:こども( 63 )

夢を持つこと



c0189426_20202160.jpg
c0189426_20202820.jpg
c0189426_20203451.jpg
c0189426_20204292.jpg
c0189426_20204796.jpg



*毎度長いけど、エッセイと思って読んでください。

お盆に渥美半島の実家に息子たちと行きました。
ちょうどお正月に実家に行った時も、ヒカリめがねの当番でした
その時も訪ねた神社に、長男が行きたいと言ったので、その時の写真(+なんとなく、何年か前の我が家の屋根の上に兄弟が座っていた時の写真。
+近況的に今連載中の地方紙・東愛知新聞より)。

私の実家は、海や山に囲まれたド田舎で、幼い頃は嫌で嫌でたまらなかった。
とにかく田舎から飛び出すことばかり考えていて、高校は隣の豊橋市に出かけ、大学は東京に出ました。


自分の成長とともに、夢はどんどん変化していき、今、作家と呼べるほどではないけれど、表現や「伝える」の軌道の上にいることは、かつて抱いた夢の通りなのでうれしいです。


夢を持った時に、その夢を人に向けて話すか話さないか、というのは、実現に関して、両面あると思う。
「口にしない方が夢が叶う」「口にしたら夢が叶う」
これはどちらが正しいとは言えなくて、種類や好みの問題だと思います。


その件に関し、一つ思い出した田舎での場面。

高校3年生になって、いろいろ考えたのち(経済的に余裕のない家だったので東京の私立大学に行くなんてとんでもなく、国公立希望だったけど、予約奨学生に申し込んだり画策し)、第一希望を早稲田大学にした頃、バス停から家までの間の畑で出会う「おいものおばさん」から、「どこの大学に行くだん?(←方言)」と聞かれ、親しい大好きなおばさんだったから正直に「早稲田が希望」と言いました。
するとおばさんが、クワを持った手で「すごいじゃん!」と言ってくれて、私は(こんなことを口にして叶わなかったらどうしよう?)という心配よりも、(受かるか受からないかわからない希望を言っただけで「すごい」と言ってもらえるのなら、この1年、言い続けよう♪)と思いました(笑)
恥をかいてもいい、という方向を選んだのです。


結果は合格できたのだけど、この時の体験は、振り返ると、ちょっと大きい(笑)
引き寄せだとか有言実行だとか意識しなかった頃だから、なおのこと大きい。


それも含めた様々な体験から(もちろん言わないことも多いけれど)、子どもたちには、小さな夢も大きな夢も口に出したらいいなあって思い、夢の種類も移り変わることもすべて含めて、親の私が誘導したりせず、のびのび自由に語らせています。
夢を語ることの良いことは、情報や協力者が集まってくること。


高校2年生の長男は、料理人が夢だったけど、アメリカと中国に行ってきて、変化している。
中学2年生の次男は、小さい頃からやんちゃでケガをしてばかりで、なんとなく、整形外科医に憧れてきて、秋の職業体験も行きつけの(まさに今も突き指で通っている)整形外科に行く予定(なかなか教えてくれなかった)。


無理でもいいんです。何か夢を持つことが大事。
そもそも長男にも医者に憧れた時期があったし、学校の先生にも憧れていた。
私の中学時代は、美容師とか通訳(「夜のヒットスタジオ」に出てくるようなw)に憧れていました。
何か思って、現実的な努力をしてみて、壁を知ったり、克服したり、そうこうするうちに夢が変化して・・・
なんでもいいから、mustよりwantをいっぱい持ってほしい。


親として何よりも大切なのは、子育ても含めた自分自身の人生を楽しむ姿を見せることだと思う。


この間私が、回覧板をご近所に届けた後、ビーサンで全力疾走で次男に走り寄った時、その姿がおかしかったみたいで、ふだんクールな次男が爆笑した。
うれしかった!!(なんかちょっと話がズレてるけど、つまり、自分のありのままを見せてますってことです)


☆余談になるけど、昔私が夫と夫婦ゲンカして、庭で夫の足を踏んで、逃げようと走ったら、すっごい勢いで転び、それを見た幼い兄弟は爆笑していた。「大人があんな転び方するなんて!」と。恐がるより、笑うくらいたくましく育っていて良かったと思った。


☆お盆に私の妹が長男に「お母さんが変な人って気がついたの何歳くらいだった?」と聞いたら長男が「2歳くらい」と答えていた(笑)
できた親、仲の良い夫婦を演じなくていいと思う。それなりに子どもは育つとつくづく思う。












[PR]
by hihararara | 2018-08-16 20:22 | こども | Comments(0)

今日の兄弟、昨日の姉妹(^^)(^^)




c0189426_13465428.jpg
c0189426_13465993.jpg
c0189426_13470535.jpg
c0189426_13471157.jpg
c0189426_13471862.jpg








[PR]
by hihararara | 2018-08-15 13:47 | こども | Comments(0)

うなぎ



c0189426_22204673.jpg
c0189426_16545604.jpg
c0189426_22210594.jpg



兄弟連れて、近所のうなぎ屋さん。
最近知ったお店で、初めて行きました。

愛知県産うなぎで、うな丼980円、うな重1280円! 息子たちはうな重、私はうな丼。

キャーということはないけど、息子たち満足。


長男が中国で美味しいものをいただいている間に、次男に別の店で特上を食べさせたことは内緒(笑)

特上一つの値段より、今日の3人分のお会計のが安かった!!


帰ってきたら、二人掛けできる座椅子のスペースの取り合いで(よくやる)、「独立三要素は?」とか言い出し(後で調べて、正確には国家三要素)、「領域・国民・主権」とやっていた。

私は全く忘れたけど、中高生から時々勉強になる。


時節柄、考えさせられる。
世界も、家庭も、平和を!!








[PR]
by hihararara | 2018-08-10 22:21 | こども | Comments(0)

世界史の宿題と練習試合



c0189426_13421668.jpg


長男、今日提出の世界史の宿題。
昨日は、バイトの後、中学時代の親友と映画を観に出かけ、夜になってからやり始めた。

歴史上の人物を3人選んでレポ。
ジョージ・ワシントンと毛沢東と、大好きなアルバート・アインシュタイン。...

で、1ドル紙幣と10元紙幣を貼り付けようとしたので、「そういうの、受け入れてくれる先生?」と(笑)。どうであれ、自分がやりたいようにやるけど。

ワシントンの人物紹介のところには「幼い頃、父親の桜の木を折ってしまったことを正直に謝ったら許された、という超どうでもいい話が有名」と書いていた(笑)

今は原爆記念式典を英語で聴きながら登校準備。

次男は突き指の包帯の手で、バスケの練習試合。休んでもいいし、送ろうか?と聞いたけど、暑い中、自転車で遠い他校に出かけていった。

そんな、2018年、夏(^^)


[PR]
by hihararara | 2018-08-06 13:43 | こども | Comments(0)

2018年こどもの日


c0189426_21200061.jpg

息子たちが、部活とバイトで忙しく、珍しく実家すら行かないゴールデンウィーク。
そんな中でいただいた、うれしいインドネシア土産のコーヒー❤


写り込んでる(写り込ませてる)餃子は、さっき、急な電話で呼び出され、飲みに出かけた夫の分で、明日のお昼ご飯にしてもらう(させる)用(笑)


私は自分も遊びたいから夫の遊びに寛容😄


春休みが終わり、進級直後の落ち着かない4月からすぐのゴールデンウィークは、なんの修行だ?と思うくらい兄弟のケアがたいへんな時もあったけど、見事に過ぎ去る❗
今は各々の世界に忙しい。


過ぎ去る❗
何事も過ぎ去るね~



[PR]
by hihararara | 2018-05-05 21:20 | こども | Comments(0)

記事二つ。高橋源一郎さんの人生相談 & 成澤さんのbar


【5月3日 FB投稿分】






ご自身にも子育てや家族に関する名著がいっぱいの団士郎さんよりシェア。
高橋源一郎さんの文章の最後の最後に泣けた。

何回結婚したんだっけ?何人子供いるんだっけ?というお方なので(具体的に室井佑月さんは高橋さんと離婚後に一人で育児をがんばってきたわけで)、今の育児を語られても・・という思いを持ってもしまうけど、それでも、すべてを超越する真理を感じたさすがの回答。


ちなみに、高橋源一郎さんは、私のデビュー作『チョコレート色のほおずき』が講談社の『群像』新人文学賞で最終選考に残った時の審査員のお一人です。

応募約1700のうちの最終5作まで行ったけど、該当作なしだったので、5人みんな酷評された
(笑) その時はうるせーって思っていた(笑)
振り返ると、この方が読んでくれたんだよなあって思うとありがたい。


************




すごく好み。
しかしまあ、今は自然に近い、食材豊富なところにいるから、東京ならではの店に感じる。
雰囲気はかなわない。でも、食材は新鮮&安価で手に入るというぐるぐる感。

書いた人はそんなつもりないだろうけど、社会や経済の構造やビジネスのヒントが詰まってる記事。












[PR]
by hihararara | 2018-05-05 21:12 | こども | Comments(0)

4月29日兄ネタ 30日弟ネタ


【4月29日 facebook投稿分】

昨日今日は、高校総体の地区予選で、いろんな競技の大会が行われました。
長男も柔道の試合に出て(私は見に行ってなくて本人から聞いた話)、団体の先鋒で一勝

勝ったのはそれだけだけど(笑)、試合の直前まで頭の中ではアメリカ国歌が流れていたそう。


ハイ、アメリカかぶれ、続行中。
毎日向こうの友達とやりとりしてます。


夢や進路希望も変化して帰ってきた。
悩め、もがけ、学べと思う。
16歳、じゅうぶん揺れ動いたらいい


ところで、朝、柔道着の帯を部室に忘れてきたことに気づき、右往左往。
それは変わってない(笑)
友達に借りて出た


【4月30日】

おはようございます。
次男ネタが少ないから書きます(笑)


今日、次男は14歳のお誕生日なんだけど、バスケの練習試合で、6時50分に出かけた。

お弁当を詰めてるところで友達がピンポンとやってきて、大慌てで送り出し、ついでに私も窓を開けて、友達に「ごめんね」と。


というのも、その友達は小学生の頃からサッカーのネイマールに似てるかっこよくてかわいい子なので、私が久しぶりに顔を見たかったのだ(笑)


朝日を浴びるミニネイマールくんは、まだ大きな変化をしてなくて、あどけない笑顔のままだった。眼福


中学の男子の変化は、人によっては、昆虫の変態くらいに目覚ましく、かわいらしかった子が、お兄さん飛び越してオッサン化することもあるので見逃せない(笑)


次男は小さい(152㎝)のに、昔からエラそうというか、誰にも媚びないので(それは長男も私もだけど)、昨日も遊びに来ていた165㎝くらいの友達を従えてるみたいで笑えてきた。


今日は、次男のリクエストのデコレーションシフォンケーキを、一日の間で作ります











[PR]
by hihararara | 2018-04-30 20:38 | こども | Comments(0)

クリスマス前

【12月23日】

c0189426_12044781.jpg
c0189426_12050625.jpg
c0189426_12051308.jpg
c0189426_12053649.jpg




おはようございます。
この週末、サンタクロースを信じてるお子さんがいるおうちは、準備が楽しみですね

うちも、ずっと信じてたけど、あるとき、夫が隠していたプレゼントを長男が見つけて、卒業となりました。


今年はこのタイミングで自ら買っていた。
長男は、MA1をバイト代で(私も少し援助)。カーキかグレーか迷い、ヤマトで友達に見てもらい、最終的には私も見立てた。センスを信頼してもらえるのはうれしい。

次男は、ずっと欲しかった「Switch」(ゲーム機)を、買うと決めたなら今日明日の混む前にと、昨日連れていった。

次男は長男と違って、キッチリするのが好きなタイプで、去年からお小遣い帳をつけている。(生意気なのにかわいい) これでの管理と、過去にもらったお年玉やら、銀行にいろいろ貯めての昨日。彼は自己管理ができるタイプだから、ゲームも任せられる(長男の時は、どこの家もたどるような葛藤あったよ)。


思春期の、反抗と甘えが無自覚に混じり合う今が楽しいし、どんどん自立していくね。


最近はちょっと高いな(我が家にとっては)、と思うものも、彼らがよく考えることや、買ったことで感じる感情が大切と思うし、将来、ちゃんと稼げる男になるように、お金を使う体験で学ばせてる感じ。


サンタクロース役を楽しめる間は、大いに楽しんでね








[PR]
by hihararara | 2017-12-25 12:06 | こども | Comments(0)

昔の写真




c0189426_19045353.jpg


おはようございます
昨日の続きにもなりますが、みなさんの前で子育て語りつつ、私にもこんな時代がありましたよ、の写真。
たまたま黄色や赤(笑)

やんちゃな男の子二人抱えて、のびのびと、と思うとこちらにも器が必要で、笑ってるけど毎日必死でした。...
本当に、よく言われるけど、子供はあっという間に大きくなるので、やり過ごすくらいの楽な気持ちも持ちつつ、目の前の今を大切にしてください。抱っこできるなんてサイコー

人様に育児を語るなんておこがましいと思っていたけど、参加してくださった方はご存じの通りで、語りたいことが明確に出てきたことや、40歳を過ぎたことも大きい。

ゆずっていく、お伝えしていく世代だと思うので、私の経験や情報で、今がんばってる人たちが少しでも楽になるなら何でもお伝えしたいです








[PR]
by hihararara | 2017-12-16 19:05 | こども | Comments(0)

サザエさん


【FB投稿がたまってしまいました。11月26日投稿分】

c0189426_20480964.jpg

昨日からある件(弟が兄のデータを消した、という昔なら
ない理由)で久しぶりに大きめの兄弟ゲンカになり、たぶん二人ともテスト週間の苛立ちもあり、今日もまだ引きずっていて、夕食の餃子づくりの前にゴチャゴチャ

「これから100個分をがんばらなくちゃならないのに、こんな状態のキミたちのためにがんばる気になれない」と、エネルギーを餃子に向けてもらおうと、自分の分は自分で包ませ、焼かせた。元々テスト勉強がなければ餃子は手伝うので。
(夫は大学時代の教授のなんとかで不在。母子家庭のような育児は幼少期もたいへんだけど、思春期もまた違うたいへんさ)
...
各々餃子を焼いて食べ始め、先に食べ終わった次男が久々に「サザエさん」をつけた。

そしたら食べ終えた長男もこたつに入り、サザエさんを見て、二人ともおとなしくなった。

サザエさん、ありがとう。
小さい頃から見ていたサザエさんで、何かが落ち着いた気がする。

と言っても、まだ険悪(笑)


[PR]
by hihararara | 2017-11-29 20:49 | こども | Comments(0)