カテゴリ:Facebook( 55 )

日大の問題に関するつぶやき①②


5月24日 facebook投稿分

つぶやき①(②も合わせてお読みください)・・・今日は予定が詰まってるのと内容的にも語りたいことが多い分逆に、ここへのコメントのご返事は控えるけど、コメントは自由にしてください~


日大の問題(政治の問題にも重ねて見えちゃう)について。

宮川くんのクリーンさに比べ、一見しただけで澱みを感じてしまう監督&コーチ。

大人って、いつから、どこから汚れてしまうんだろう?って思った。


こういう問題によくあるけど、また大人が子どもを傷つけるのか、って思う。
一次被害に続いて二次被害をつくり出す。


かつて、豊川工業で体罰の問題があった時も、監督の明らかな嘘の弁明を聞いて、被害を受けていた生徒たちはさらに傷ついた。その監督は今は日体大の監督で箱根駅伝等々指導していて、監督就任の頃、まだ傷の癒えていない子たちの涙の反応をリアルに聞いた。


単なるビジネスとは違い、教育現場において、結果や金にとらわれるといいことない。

少子化が明白な今、教育に商売が入り込んでいること(前々からだけど、一層わかりやすく、えげつなく)を大人たちが把握して、冷静に見守らなくちゃと思う。


私はやっぱりずっと、子どもの側、子どもの味方でいたいなあって思う。


つぶやきその② さっきのつづき。

あと、会見を夜の8時から行ったのも失敗。
いろんなことが遅れていって、状況的にその時間に差し込んだのか、遅いからそろそろ終わりに、というのをあらかじめ狙って夜になったのかわからないけれど、夜は基本みんな疲れている。
思考がネガティブに傾いてしまう。

(取材の側も広報も一層荒れたのはベースに一日の疲れや夜であったこともあると思う。だいたい、1時間半くらいを見込んでいた広報側(終わりにして当然という態度)も勝手な言い分だし、今回については、内容や世論的にじゅうぶんな時間を取らなくちゃと思う)

昔、私の小説の読者さんがお手紙をくれて、そこに夫婦ゲンカのことが書いてあり、「一日の終わりは、お互い仕事で疲れているので、夜8時半以降の夫婦ゲンカはしないようにしています。悪い方向に行ってしまいがちなのを防ぐために・・・」
みたいに書いてあって、なるほど!と思った。以降、夜の夫婦ゲンカ(今では親子ゲンカとかも)は控えるようになった。


宮川くんの会見はお昼だった。


今回の双方の会見を見て・・・
「お天道様に背いちゃいけない!」(大きな意味で自然の摂理、自然な感情に背いちゃいけないも含めて)、ってのも改めて実感しました。












[PR]
by hihararara | 2018-05-25 10:29 | Facebook | Comments(0)

大森南朋、東京マラソン


【2月25日朝 FB投稿分】

c0189426_15430189.jpg
c0189426_15424544.jpg
c0189426_15425322.jpg

c0189426_15434023.jpg
c0189426_15432564.jpg

日曜の朝からマニアックな話ですみませんが、
昨夜『赤目四十八瀧心中未遂』のDVDを観終わって、、うーむ、やはり当時から思っていたけど、アヤちゃん役の寺島しのぶは良いとしても、主人公の大西滝次郎(当時の芸名・現在は大西信満)が違う・・・ あの主人公は朴訥で真面目なタイプが任侠側に迷い込むようなシチュエーションだから、任侠顔じゃいけないわけで(せめて眉毛は剃っていて欲しくなかった)。
その後の、『キャタピラー』での寺島さんとのコンビは素晴らしかったけど・・・


それよりも、赤目にも大森南朋が出ていてびっくり!まだ少年っぽさが残るような新井浩文も・・・


大森南朋は、その頃がマックスに好きだった。
同時期の『ヴァイブレータ』の金髪のトラック運転手は痺れるかっこよさだった。
当時、赤目は映画より原作が好きで、ヴァイブレータは原作より映画が好きだと思っていた。


大森さん、今、太っちゃったよねえ~~
今は小太りの人のよさそうな上司みたいな立ち位置で(ドラマ『コウノドリ』参照)、寂しい(笑)
お父さんの麿赤児さんみたいに、危険なにおいを保ち続けて欲しいなあ~


個人的には、20代30代男性より、40代、50代男性の方が昔から好きなので(その先の殿方とも親しいですが)、好きな俳優さんが年を重ねても、「老けたなあ」ってより「イイ感じになったなあ」って思うのですが、大森南朋に関しては、もったいない!
(敢えて現在の写真を載せるのはやめておきますw)



【昼 投稿分】




朝の大森南朋ネタは改めてご返事します!(^^)

東京マラソンの日だとは思いつつも、数日前にお友達が書いていた、「国公立大学の2次試験の日に東京マラソンなんて!」ってのが、「その通り」って思い(交通手段も宿泊先も混乱しそうで受験生が気の毒)、書く気になれなかったけど、序盤と後半を見て、日本新記録には興奮!!


新しいお友達もいるので書くと、我が家は、次男が一時期箱根駅伝に超ハマっていたけど、今はその熱も冷め、小学生の頃からのマラソンファンの私(過去は陸上中距離)のみが今はいろいろ気にして見てます。


今日は途中まで長男と見ていて「日本新記録だと1億円もらえるんだよ。1億円もらって、陸上辞めます!店出します!って言ったら笑えるね」などと言いながらも、長男のルパン三世に追いやられて私は別室で観戦。


設楽悠太くんの、後半の追い上げ、すごかった!!
後ろを何度も振り向く様子も、アナウンサーの「(設楽選手は)マイペースです。野菜が嫌いです。お菓子が大好きです」も笑えた。


表彰に出ていた瀬古さんも、解説の金さんも増田さんも会ったことも話したこともあるので笑えるし、今日私がいいなと思ったのは、西山喜久恵アナウンサー。


若い女子アナが必死な感じにインタビューすると、見当違いの質問を投げかけて、選手からの言葉を引き出せないけど、西山さんのインタビューは余裕があって、好感が持てた。
包容力を感じたし、おかげで、若い男子選手たちも本音を語っていたように感じた。年を重ねるってよいことだわ


設楽選手の学生時代から変わらないひょうひょうとした感じもいいし、井上選手の悔しさむき出しのコメントもよかった。
1億円・・・(笑) おめでとうございます!!


東京オリンピックには賛同できないままだけど、選手のがんばりは応援したいです。

お昼ご飯つくらなきゃ!





[PR]
by hihararara | 2018-02-25 15:48 | Facebook | Comments(0)

大杉さん

c0189426_19533593.jpg

色んな人の訃報があるけど、今回の大杉さんの訃報ほど、自分のタイムライン上にたくさん上がっている(お友達が触れてる)ことは今までなかったくらいに、突然の驚きや、愛されてる俳優さんだったんだな、というのを感じる。


私も大杉さん、けっこう好きで(役柄以上に、やさしさがにじむ笑顔が素敵だった)、前に触れたけど、5月20日に豊橋のプラットで行われる舞台で観るのを楽しみにしていた。
すでにチケットも取ってもらい、りえちゃんにも「大杉さんも好きだから楽しみ」とメールしてあった。


稽古はこれかららしいけど、豊橋の前のメインは、東京の新国立劇場での1ヶ月公演で、大杉さんの穴を埋められる役者さんを探すのは、スケジュール的にも能力的にもたいへんだと思う・・・

でもいろんな苦難を乗り越えて、なぜか今回、地方は兵庫と豊橋のみで、豊橋で観られることをありがたいと思い、来てくれるのを待ちたいし、チームを応援したいと思う。


私は実のところ、演劇というジャンルは好きな方じゃないんだけど、演劇の盛んな大学だったこともあり、友達の誰かは常に関わっていて、友達に会うために舞台を観に行く、という感じで、今もそんな感じ。

数年前の名古屋で、りえちゃんと共演した松重さんが、今回、大杉さんを病院へ連れて行ったり看取ったということにもひそかに胸が痛む。


りえちゃんの今朝のブログ。
https://ameblo.jp/tomosaka-rie/entry-12354809266.html








[PR]
by hihararara | 2018-02-22 19:54 | Facebook | Comments(0)

Web記事 小説『さようなら、田中さん』& ドマーニ編集長の挨拶文



大学同期の作家、スポーツライターの江橋くんから知りました。
朝から一気読みしてしまった
(興味ある方、お時間できたら読んでください)

こんなに大人の視点というか、作家に必要な天の視点をすでに持ってることがスゴイ。


いま公開されてる「さよなら、田中さん」は、私がなぜ、自己肯定感の講座をやり続けてるか、その理由が出てるような作品でした。




お友達の「いいね」で知った記事。




私にはご縁のない雑誌なんだけど(華やかさとかオフィスとか!)、この編集長さんは、大学時代のサークルの2年先輩で、いい内容だなあと思ったのでシェアさせてもらいます。グッときます。


最近届いた母校の校友会の広報誌には、日本人女性として初めて国連軍縮担当上級代表に就任した中満泉さんや冒険家の南谷真鈴さんや直木賞の恩田陸さんが、でっかくではなく、さらっと紹介されていて(笑)、他にはボストンマラソン3位の大迫くんや通信教育課程在学中の羽生結弦くん等々・・・。みなさんのご活躍、うれしく思うし、早稲田で学んだことで何者かになる、ってよりは、何者かになる素地を持った人たちが集う大学なんだよなあって思いました。


その一方で、清宮くんの昨日の、私としては予想通りのプロ希望会見にも、時代を感じました。もちろん選手のタイプや本人や親の希望(ご存知の方も多いけど、お父さんも早稲田)によるわけだけど、昔みたいに大学へ行っておこうとか、大卒でありたいとか、その辺りの意識が変化しているように感じます。
(指名球団によっては入団拒否→進学もあるらしいけど)


大学としては痛いでしょうね・・・清宮くんが進学すれば、受験生も増えただろうし、六大学野球の盛り上がりも違うわけで。でも、ハンカチ王子だった斎藤くんも「大正解」って言ってるみたいに、私もそう思う。大リーグも行きたいだろうし。
今後どの球団が獲得するかわからないけど、経済を左右しちゃうような高校生ってやっぱりすごいなあ~




[PR]
by hihararara | 2017-09-26 21:31 | Facebook | Comments(0)

シェア記事3つ。マツダスタジアムとジュリエット・ビノシュと9.98


良い記事二つ。
ひとつめ。
大学の後輩で、カープファンの先輩ちゃんから知りました。いつも良い情報ありがとう
マツダスタジアムの分析。
建築や場、空間、その他いろんな発想のヒントになりそうな内容。







二つめ。
ブログのタイトルも素敵。
河瀬直美監督のもとで撮影が始まっている映画に主演の、ジュリエット・ビノシュのための食事係さんの記事。
ひとつ前の、「食べる大切」という記事も良いです。


「視えないものを撮る」という監督の信念の裏側には、食事を大切にすることも含まれてて、奈良の山里で、フランス女優さんが心のこもった和食のお弁当を食べてる様子を想像するとうれしくなる。


河瀬監督とは少しご縁があり、あちらは私を知らないけど(facebookではつながってる)、「赤土に咲くダリア」の帯の推薦文候補でもあったため、出版後にお送りしたら、直筆のお葉書で感想をくださった。

河瀬映画に出たり、「あん」の原作のドリアン助川さんとは、新城での桜シンポジウムの楽屋でお会いしたことあるけど(「あん」の出版前から横浜のお姉様通してつながってて)、河瀬さんもドリアンさんも、有名人で超多忙なのに、本当に人を大切にする愛のある方々。


さらに最近、河瀬監督の「玄牝」に出たことある豊橋の女性ともお友達になったのよ(笑)





3つ目。

陸上ファンのお友達も多いので、生で見ていた福井のお友達からのシェア
リアルタイムにできなくてごめんなさい。

バスケファンのお友達に向けては、この湯本くんは、三遠ネオフェニックスの前ヘッドコーチ東野さんの高校、大学時代のバスケ部後輩。
昔も今も(会ってないけど)、イケメン


c0189426_14540041.jpg



[PR]
by hihararara | 2017-09-11 14:52 | Facebook | Comments(0)

料亭、RADWINPS



転載し忘れていた分の記事二つです。


【8月25日 投稿分】

c0189426_22315236.jpg

おはようございます。

昨夜は、要人様たちの会食に混ぜていただきました。
体調が上向いて昨日に間に合って良かったと、幸せな参加でした。お会いしたみなさまと、ゆきちゃん先生に感謝()
...
私のコミュニケーション講座が具体的に役立ったお話も聞けてハッピー
今までも何度も見てきたけど、素直な人にはシンクロが伝播する。遠隔もあり。国さえ越えるよ🌈(笑)

感受性と関わり深い身体の不調は20代からなんだけど、外に向かいがちな私に自分に戻るように伝えてくれてると思う。
そのたびに何らかの深淵に触れ、version upできる。
この夏沁みた深い言葉もまたシェアしたいです。
とにかく誰もが等しく、自分で自分を引き受けるしかない
体験含めて、やはり私は言葉で人を励ましたい。

写真は、お店に慌てて着いたら、思いがけず一番乗りだっという会食前の1枚。
鱧とじゅんさいのお椀を撮りたかったけど、控えました。じゅんさいは秋田の夏の思い出。

私は方向音痴で、地図を見てても初めての場所にはたいてい迷うため、早めに出かけてもギリギリになり(笑)、昨日は立派な秋田犬を連れたおじさんに場所を教えてもらいました。
犬がニコニコ飛びついてくれてうれしかった


【同じく8月25日】

【何やってんだか?の長文です!】

昨日もブログに書いたけど、昨年、『君の名は。』にどハマって、6回観た長男が、今DVDをエンドレスで観ていて呆れているんだけど(同時に、漢字の書き取りと、御朱印長の影響か書道に燃えている。私がやれと言っていた頃は全くやらなかったのに、なぜか今延々と(笑))、そのDVDに、主題歌の英語ヴァージョンが入っていて、聴いたら衝撃を受けた。


私は映画やRADWIMPSのファンではないけど(映画は長男と1度一緒に観て大泣きしたよ)、ボーカルの野田洋次郎くんの経歴はおもしろいと思っていた。


Wikipediaより抜粋・・・


<春光幼稚園に通っていたが、卒園まで残り3か月という時に、アメリカ合衆国テネシー州のナッシュビルに引っ越す。小学校はScales Elementary Schoolに2年間通っていたが、カリフォルニア州のロサンゼルスに引っ越し、Soleado Elementary Schoolに転校。その3か月後、本来行くはずであった自宅近くのSilver Spur Elementary Schoolに定員が一人空いたため再び転校。10歳の時に日本に帰国し、世田谷区立桜丘小学校に転入した。>


英語詞を書くとか、英語で歌うとかお手のものなわけで・・・

彼はこの後、


<桐蔭学園高等学校を卒業し、慶應義塾大学環境情報学部に進学するも中退>


この慶応の環境情報学部、SFCについては前々から有名だけど(評判を両面で聞くけど)、例えば、卒業したのかどうかは知らないけど、KREVA、一青 窈、水嶋ヒロとかがいて、二階堂ふみは在学中、私は個人的に、水曜日のカンパネラのコムアイや、私のお友達が一緒に仕事をしてる、Lalitpur代表の向田麻衣さんも卒業生というのが、すごいなあって思っていた。
チームラボの猪子さんも、東大在学中に受けただったか、インタビューで言ってたし。


何が言いたいかと言うと、『君の名は。』の歌の英語ヴァージョンを聴いて、確実に、自分たち世代とは違うニュージェネレーションが、才能を発揮してるよなあって思い、それがうれしい。そして、妙な共鳴を見せている長男も、おもろい。


SFCのAO入試が始まった頃は、私が行った早稲田の社会科学部の自己推薦入試が始まった頃とも重なっていて(私は3期目)、友達は両方受かったけど、早稲田に来ていて、その時は私も早稲田信者だったので(笑)、そりゃこっちでしょ、と思っていたけど、今ではとても有名だよなあ(内容は知らないし、いろいろ叩かれてもいるけど興味ある)。


先週、次男のお友達とカキ氷パーティーをした時に、13歳なのにOASISが好きな彼は、『君の名は。』の音楽について、「いかにもゆとり世代がつくった音楽だよなあ~」って茶化していておもしろかったんだけど、今見たら(野田くんのウィキ)、


<ベース、ドラム、ヴァイオリン、ピアノ、キーボード、シンセサイザーも演奏できる。ノエル・ギャラガーの影響が強く、これまでもギブソン・ES-335なども使用。>


ノエル・ギャラガー出てきた!
というわけで、今度、あのゆとり世代(実際そうなのかどうか知らないけど)は、キミの好きなノエル・ギャラガーの影響を受けてたよ!と伝えようと思う。


「前前前世」とかも英語になってると、なんかおもしろいので、興味ある方聴いてみてください♬







[PR]
by hihararara | 2017-09-03 20:42 | Facebook | Comments(0)

7月20日のシェア記事










長崎、佐世保出身と言えば、私の中で、村上龍と佐藤正午と酒井シェフ

私は佐世保に行ったことがあり、目的は夫希望の佐世保競輪場だった(笑)
夫は結婚前から全国の競輪場巡りをしていたので、新婚の頃、高知競輪場と佐世保と函館につき合った。家族旅行の時に愛媛の松山競輪場も(笑)


佐世保には、私の本名(夫の名字)と同じ地名があり、そこ行きのバスを発見し、飛び乗った思い出と、造船所のでっかい船と、ちょうどクリスマスで、町の教会でミサが行われていて、美しかった。外国が根づいているような、夕刻が似合うような、ノスタルジックな場所だった。
九十九島巡りもした。
行っておいて良かった

あ、今里シェフも佐世保

*********

この投稿のほかに、
佐野元春さんが、大学時代の先輩のラジオに出演(その先輩は昔から佐野さんを好きだったので、3回目の出演らしいけど、さぞうれしいだろうなあ~)、とか、関健一郎くんの「人前での話し方講座」のお知らせとか載せました。

facebookのシェアなので、うまく反映できなくてすみません。
佐野さんの笑顔が素敵だったんだ~~











[PR]
by hihararara | 2017-07-22 11:45 | Facebook | Comments(0)

あなそれと藤井くん


すっごい雨でしたね。

昨日最終回だったドラマ『あなたのことはそれほど』
おもしろかった。


最初、ネットで批判されている記事を見て、それで興味を持ち、4話から見続けました。
不倫の話なんだけど、主人公(波留)の母親(スナックのママ・麻生祐未)はシングルマザーで娘を育てた人だったり、終わり頃には同性愛の告白もあったり(山崎育三郎が演じた役)、多様性みたいなものも描いていて、いくえみ稜の原作は知らないけど、意識して「挑戦」しているように感じて、つくり手たちの心意気みたいなものに妙に感動して、関係ないところで泣いてしまったほどだった(笑)

批判されて知った5月の波留さんのブログ。


このコメントも素晴らしい。

<けれど私は、自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもないので、わかりやすい言葉で言うなら損の連続になったとしてもいいのです。

苦しくてもがいた時間の中から、自分が何を見つけられるかが大事ですし。苦労が大きければ大きいほど何かを自分の中に残してやる〜って意地みたいなものですかね。

意味のない時間なんてないです。

というより、そう思える時間にするかしないかは自分次第だと思うのです。

私は頭の中お花畑にして突っ走ります。>

私も表現活動というのはささやかな革命と思っていて、10年前、『赤土に咲くダリア』で知らない人からネット上で批判された時は悲しい気持ちにもなったけど(今どきタチが悪いのは、読解力のない人たちが匿名で正論のように書き、それが残り続ける)、
ゆえに、この波留さんの言葉や覚悟は、素晴らしいなと思います。


********


この二人、似てるよね?
結果が出る前の、二人が一緒に写ってる画像を探した(笑)
将棋、さっぱりわからんけど、藤井くんのコメント好きです。










[PR]
by hihararara | 2017-06-21 21:28 | Facebook | Comments(0)

みやぞんピアノ・ギャートルズ・木下さん


ブログの投稿に間が空いてしまいました。

実は、先週6月1日に、友人のジャーナリスト木下黄太さんのお話会を行いました。

facebookで募集して、12名の方の参加がありました。
放射能や政治にまつわるディープなお話のため、集まる方をある程度知っておく必要があったため、ブログでは告知しませんでした(facebookだと基本、実名登録など、背景がわかりやすいので)。

その準備もあり、ブログに転載できませんでした。
当日はとても濃いメンバーが集まりました。


以下の、みやぞんのピアノは、私が最初にシェアした動画は、今は削除されていました。
音質がよかったんだけどね。これも感動するので(内容は同じ)ぜひ!


【5月30日 FB投稿分】

今から二つUPするうちの一つ。

【タマシイの輝き

みやぞん、大好き!!
昨日これ見て、ますます惚れた(笑)




二つ目。

【タマシイの旅

一昨日の、『ヒカリめがね』えりこさんの投稿。


イラストも文章も保存したい内容。
書いてること、それぞれの境遇のいろいろに置き換えて、受けとっていただけるとうれしいです。

私は自分の人生に満足してるけど、もう一度自分に生まれたいかと問われたら、即座にNO!!(笑)
ハッピーも多い代わりにアンラッキーも多くて、疲れるもん~~
だけど何かきっと、意味ある今生を楽しんで生きるぞ
(同時にね、ただ生きて死ぬだけ、意味なんてないとも思ってるよ)


今日は久々にクリアリング(私なりのカウンセリング)を行いました。
その人の魂が輝く生き方のお手伝いをしたいなあって思います。


さっきのみやぞんもそうなんだけど、個性が強い人が好きってよりは、個性をありのまま生かしてる(人それぞれ苦労はあっても)人たちが大好きだし、大人も子供もそうなったらいいなあって思います。

(えりこさんのイラスト)

c0189426_14165105.jpg
えりこさんの文章は、ヒカリめがねのHPから読めます。とっても良い内容です。

【6月1日 FB投稿分】


c0189426_14201300.jpg
c0189426_14192425.jpg
c0189426_14191347.jpg

今日は木下黄太さんのお話会でした。

写真は始まる前のお部屋(机を拭き清めたとこ)と、かぁやん商店のお弁当&とぉやんの、一つ一つ手書きのお品書き。


土岐市の核融合施設や、福島の浪江町の森林火災の話から始まり、報道されないほんとの話があれこれ・・・

北朝鮮やロシア、トランプの話にも及び、シビアでヘビーですが、時折笑いも込みで、充実した時間でした。

いまや、既存のメディアの報道も、ネットでの検証も不十分だし、ねじれてるし、こじれてるしで、真実を見極める目が一層必要だと実感しました。


日本や世界が平和であってほしいけど、まずはせめて、自分たちが住む地域を守りたいと、3.11をきっかけに思っています。
できることを少しでも。


引き受けてくれた木下さん、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。












[PR]
by hihararara | 2017-06-05 14:36 | Facebook | Comments(0)

FB投稿三つ 好きを見つける、など。


【5月21日 FB投稿分】

体育祭明けの次男が、
「あー、いちばん寝たかもしれん」
と言いながら起きてきて、
「いちばんって、人生でいちばん?」
と聞いたら、
「そう」
と。
そういうのを聞けると心底うれしくなる

13歳、様々な「人生でいちばん」の実感を、どんどん更新していけるから素敵だね。

44歳の私も、まだまだ更新中だよ(笑)


【ヒカリめがねページ投稿分】

【好きを見つけるということ】

昨年、リトルプレスサミットでトークすることが決まって以来、その告知をする前から不思議なことに様々な講演・講座依頼が増えて、この先も4件決まっています。

元々世の中を観察したり分析したりすることが好きなのに加え、大勢の方々の悩み相談から見えてきたのは、大人も子供も、自分が好きだと思うものを見つけることの大切さ。

必ずしも仕事に結びつけなくても、「好き」を持ってる人は強いし、幸せ。


先週やった「自己肯定感」に関する講座の投稿を見て、同じ大学の先輩が教えてくれた元FC東京
の阿久根監督のインタビューにあった言葉・・・


「今の日本には、個性を個性のまま伸ばしていく教育が必要だと思います。」


私も全くそう思っています。

自分も含めて、子供たちも、「なんか好き」「なんか気になる」というものが必ずある。それは遺伝子や前世の記憶なのか環境なのかわからないけど、みんな不思議に「持って生まれた」ものがある。

その芽を伸ばしていくこと、好きを追いかけることが、幸せな人生につながるんじゃないか、と今では確信しています。


この動画は、昨年の秋に公開されたものだけど、大好きで今も何度も見ちゃう。
オザケンど真ん中の頃に東京で過ごしたし、現在のサチモスもリスペクト。






映像の中の、野宮真貴さんが出てくる頃に私は東京にいました(1991春~1997夏)。
昔と今のトーキョーの価値は違うし、私は今は豊橋が大好きだけど、憧れた東京でもがいた時間は今も宝物。


①好き=夢を見つけること ②夢に向かって努力すること ③努力を継続すること
最も難しいのは③だと思います。


好きを見つけることや好きに関わり続けることは、楽しいけれど、決して楽なことではない。
それでも、個性を個性のまま、大切に生きていくことは、絶対的に幸せ。

なんだかうまくまとまらないまま書いちゃったけど、そんなようなことを、これからも大人にも子供にも伝え続けていきたいです。


今週は忙しくて、以前ほど熱を入れてお当番ができなかったけど(それでも長くてゴメンナサイ)、『ヒカリめがね』のページに「いいね!」をしてくださってる方々を想像しながら書く時間は好きです。
ありがとうございました♡



【5月22日投稿分】



c0189426_12065314.jpg
c0189426_12070906.jpg

今日は、長男の中学時代の親友くんのお誕生日で、その子がバウムクーヘンが大好きらしく、部活で帰りが遅い長男に頼まれて買ってきた。

フードオアシスあつみに売ってるバウムクーヘンで息子も私も一押しなのがあるけど、いつも置いてあるわけじゃないので、リサーチして、今日はベルカントのを


河合果樹園のレモン使用ということで、お試しに我が家分も買い、ただいま食べたら美味しかったこれで自信を持ってお届けできる(息子が)。


そのお友達は、かっこよくてやさしくて、頭も良くて運動もできて、ピアノも弾けるし親たちへの態度も素晴らしくて本当にいい子。
そんなお友達が、我が長男のことを、スーパーマンだとか天才だとか言ってくれて感激。

今まで、破天荒な長男につき合ってくれてありがとう。
学校違うけど、これからもよろしく、と先に食べた母ちゃんより。本人たち読まないけど(笑)













[PR]
by hihararara | 2017-05-25 12:07 | Facebook | Comments(0)