ヒカリめがね FBページへの投稿 「お盆に」



今週お当番の日原いずみことまーちゃんです。

今日は午前中、逗子からの妹親子が我が家に寄り、夜は夫の実家に行き、明日は息子たちを連れて私の実家に行く予定です。


お盆の思い出をまとめて、今週中にUPしようかな、くらいに思っていたけれど、たまたまたどって行き着いたこの動画を見て号泣して、今書いています。


何年か前にfacebookでも大流行りしたゾウの家族のアニメーション(YouTubeのURLは末尾に)。


唐突ですが、我が家は思春期になってから、夫と息子たちとの仲が良くなくて、私も板挟みになったりしてたいへん。

でも、この動画のゾウのお父さんが、たぶん、単純に体型的なことも大きいのだけど(笑)、夫と重なる面があり、「亡くなったら寂しい」というしおらしい感情ではなく、キッパリと、「人はみんないつか死ぬ!!」という事実を改めて感じ取りました。


先週自分のページでは投稿したのですが、2007年に出版した『赤土に咲くダリア』の担当編集者さん(男性)から久々にメールが来て、大病から復活したことと、入院中に書いた本が秋に出るから送る、という連絡でした。

その編集者さんとは9月に豊橋で会う予定です(来てくれる)。


お互い、2011年の3月11日をきっかけに、小説の無力さを感じ、小説から離れていたのでした。

今後また一緒に組むのかどうかはわからないけど、小説って、ものすっごく骨が折れる作業なので、伴走者がいるかいないかは大きく違う。


私が大好きな短編の一つに、伊集院静の『乳房』がありますが(夏目雅子さんの闘病について唯一触れた本)、そのあとがきだったかで、伊集院さんが編集者に感謝の言葉を書く中で、「私が話すスクラップのようなシーンを、あなたは鍛冶屋の主人よろしく、右に左に整理してくれて、自転車に組み立てたり、扇風機にこさえなおして、・・・」という部分がある。本当に、体験や記憶の断片が小説という作品になるかどうかというのは編集者にかかっているところもあるのです(と、語れるほどの経験は私にはないです。大御所の先生すみません!)。


というわけで、今、衝動でここを書いているけれど(笑)、お互いの病を経て、「命」や「人生」というものについて、改めて深く考えた時間を持った編集者さんと会って、泣いて笑って、自分のため込んだスクラップについて放出し、作品になる可能性があるかどうか、一緒に探ってみようと思います。可能性があるかどうか、じゃなくて、作品にしたいと思えば進むことだけどね。


facebookで色々語っている私だけど、何度か書いてるけど、本当に大事なことやおもしろいことは書いてないんです。


私の過剰さは、バケツリレーのように色んな人が受けとめてくれているけど(笑)、本当にぶつけられるのは、昇華できるのは小説だけかも、とは前から思っています。


繰り返すけど、衝動で書いています(笑)
人生の後半に足を突っ込んで、今だからこそ書けること、いろいろある。
とりあえずは、ダリアの時に口説いてくれた編集者さんがまた会いに来てくれるから(その関係は、ヘアヌードの脱がせ屋に似てます。作品のためには冷徹でもある(笑))、語ることから始めようと思う。


生きてこそ・・・
ご先祖様に感謝☆(←とって付けました)
よきお盆をお過ごしください。





[PR]
# by hihararara | 2018-08-13 16:36 | ヒカリめがね | Comments(0)

清田さんのスイカ


【8月12日 facebook 投稿分】


c0189426_14113671.jpg
c0189426_14114489.jpg
c0189426_14115217.jpg
c0189426_14120018.jpg
c0189426_14120610.jpg


毎年、渥美の清田さんから、この時期にスイカをいただいていて、今日は、成り行きで(笑)、一昨日行ったばかりのうなぎ屋さんで、うな重までご馳走になり、コメダもはしご。
夜の待ち合わせだったので、家族には野菜たっぷりの酢豚を作って、公認のもと(みんなスイカがうれしい)行ってきました

うな重、一昨日息子たちと食べた時は私はうな丼だったからか、うな重の方がとても美味しく(今日のうなぎが良かったのかな)、愛知県産うなぎで昼も夜も1280円! がんばっていただきたい。


清田さんの娘ちゃんは、昨年の夏、世界陸上の女子マラソンに日本代表で出た清田真央ちゃんです。ちなみに昨年は、スイカをいただいたすぐ後に、清田さんは世界陸上の応援でロンドンに出かけ、私の大学時代の先輩のTBS土井アナウンサーと現地で会い、それもうれしかった。


私の中で真央ちゃんのイメージの笑顔の写真と、真央ちゃんの初マラソンの時の2016年の名古屋ウィメンズマラソンのスタート写真をピックアップ。
この大人数の中で、招待選手ゆえ、最前列スタート(いちばん左の黄色いユニフォーム)だったのがすごいなあと見ていて(ちなみに実況は森脇さん)、さらに結果も出して華々しいデビューでした。


今月26日の北海道マラソンでは、鈴木亜由子ちゃん(世界陸上やオリンピックで5000や10000の日本代表。豊橋出身で中学時代から応援)がいよいよ初マラソン挑戦。真央ちゃんも走ります。


どうしても今は、東京オリンピックの代表選考がちらつくけど(※私自身は、東京五輪は招致の時から反対)、ご自身も全国レベルのランナーだった清田さんは、まっとうな感覚で娘ちゃんを冷静に見守っている。


亜由子ちゃんのご両親も、真央ちゃんのご両親も全くガツガツしてないです。伸びゆく子どもの親はおおらか。その辺りも講座でお伝えしたいところ。


清田さん、ありがとうございました!
また陸上談義しましょう〜












[PR]
# by hihararara | 2018-08-13 14:13 | スポーツ | Comments(0)

秘密のガーデン&うれしかったこと!


c0189426_20534156.jpg

大好きな場所
いつもの緑
夏の花

今日いちばんうれしかったこと!
「赤土に咲くダリア」の編集者さん(男性)からメールが来た。

大病報告の電話以来、気になりながらもこちらからの連絡は控えていたけど、元気そうで、入院中に暇すぎて執筆した原稿が11月に出版されるから、送ります、とのこと。


生きててうれしい!!と返事。


積もる話は夜に(今からは買い物と夕食準備だよ)


元幻冬舎で、映画化された梁石日さんの「血と骨」や、田口ランディさんの「コンセント」や初期の浅田次郎さんを担当した敏腕、アウトロー系担当編集者。

たまたまポプラ社にいたタイミングで、私を見出してくれた恩人(その後他社)。

小説の作家と編集者は特別な結束で結ばれる。創作中の疾走感は忘れがたい。ちなみに「red」収録の短編も彼と。


また一緒に組みたいし、何より、ここ数年のお互いの修羅場話をしたい(笑)












[PR]
# by hihararara | 2018-08-11 20:55 | 感動 | Comments(0)

東愛知新聞 ②



8月11日付 東愛知新聞 連載② (全8回)
よろしくお願いします


c0189426_20494835.jpg

















[PR]
# by hihararara | 2018-08-11 20:51 | お知らせ | Comments(0)

うなぎ



c0189426_22204673.jpg
c0189426_16545604.jpg
c0189426_22210594.jpg



兄弟連れて、近所のうなぎ屋さん。
最近知ったお店で、初めて行きました。

愛知県産うなぎで、うな丼980円、うな重1280円! 息子たちはうな重、私はうな丼。

キャーということはないけど、息子たち満足。


長男が中国で美味しいものをいただいている間に、次男に別の店で特上を食べさせたことは内緒(笑)

特上一つの値段より、今日の3人分のお会計のが安かった!!


帰ってきたら、二人掛けできる座椅子のスペースの取り合いで(よくやる)、「独立三要素は?」とか言い出し(後で調べて、正確には国家三要素)、「領域・国民・主権」とやっていた。

私は全く忘れたけど、中高生から時々勉強になる。


時節柄、考えさせられる。
世界も、家庭も、平和を!!








[PR]
# by hihararara | 2018-08-10 22:21 | こども | Comments(0)