人気ブログランキング |
<< 対談写真 合唱コンクール ~ ランチ >>

名豊ギャラリー最終日 & 対談


〔11月10日 facebook 投稿分〕

c0189426_21042898.jpg
c0189426_21043468.jpg
c0189426_21044294.jpg
c0189426_21044958.jpg

展覧会、ならびに対談、無事に終了しました。
来てくださった方々、ありがとうございました。
明日はまた次男のバスケの大会なので、今日のうちに。


写真は一部の方々ですが、地域の重鎮さん含みます。桜丘高校の前理事長の満田さんは、私にとっては大学の大先輩で、松本先生はお子さんたちがお世話になってる学校、鈴木國雄さんとは合唱仲間。


松本先生も私も偶然がすごく多いタイプで、会期中もいろいろあったけど、今日笑ったのは、打ち上げのお店に、この展覧会のきっかけとなった、7月の薬師寺バスツアーの添乗員さんがいて、挨拶に来てくれたこと(笑)
このタイミングで7月1日以来の再会(笑)


先生の名言の中に、「縁を運につなげる」というのがあるけど、つなげるという自発的な意志を感じるものより、「縁が運につながる」といういい意味での受け身や流れのありがたさを感じる今日この頃。


東愛知新聞の連載からの展覧会は、目の前のことを一つ一つ大切にがんばったら、思いも寄らない新たな景色や体験に出会えるんだなあという、意志と流れとご縁のたまものだった。


夏の連載から、今回もたいへんだったけど(先生は一層)、参加させてもらって良かったなあと思いました。


ついでに裏話の一つを書くと、ギャラリー所長の加藤さんは、大卒後に最初に勤めたのがVANで、私はVANの創業者の石津謙介さんの孫の塁さんとミュンヘンで20年前に遊んだことがあり、その話をきっかけに、この会期中に塁さんとつながった。
そして、今日の最終日のさらに打ち上げの帰りに、塁さんのメッセージの一部を加藤さんに伝えたら懐かしがってくれた。


人生は、大いなる流れの中で、自発的な意志で縁や運をつかみとる連続で、それが未来につながっていく。

松本先生の親しいお仲間の一人が言った「袖振り合うも他生の縁」(その方は「他生」の方を教えてくれたけど、調べると多生も)の言葉も妙に響きました。


スペインのギタリストの話も、冨安さんの娘さんの話もドンピシャ過ぎて、波動や周波数についても、やっぱり!と思わざるを得ず、人生のおもしろさをさらに深く感じる毎日です。


まとまりないけど、寝ます。

松本先生、みなさま、ありがとうございました



by hihararara | 2018-11-15 21:10 | アート | Comments(0)
<< 対談写真 合唱コンクール ~ ランチ >>