<< 集まり過ぎてる今日この頃 バスケの東三大会 & 豊川稲荷 >>

【「褒める」の循環】


11月5日 投稿分


【「褒める」の循環】


一体どういうこと?という忙しさで(自分で忙しくしている+集まってくる+無理しないようにしてるのでゆっくりこなしている(←当社比w))、ここに書ける時間が癒し。


昨日の続きになるけど、お隣豊川市の中学校にお電話して、教頭先生を出していただいて、駐車場の誘導をしてくれたバスケ部の子たちのがんばりについてお褒めした。...
あちこちから集う保護者のみなさんが、感謝したり感心していたと。

そしたら教頭先生もすごく喜んでくれて、「校長にも顧問にも生徒たちにも伝えます」と!

昨日、私も自分の車が困ったからなんだけど、15分くらい一緒にお手伝いした時に、少しポイントを伝えたら子どもたちは上手にこなして、途中からはやりがいを感じてるように見えた。4,5人のグループで、あっちが3台空いた、こっちの3台入れて、みたいに(時間が経ってから見に行ったら、担当する子たちが入れ替わっていたのも良かった)。


本当は先生や大人がやれたらいいことだけど、みなさん手いっぱいだし、子どもたちってのは大人の知恵を少し伝えたり、褒めることでグッとうまくなる、みたいな実例に思えた。
(テレビのAD時代にロケの交通整理をやったことがあるので、意外と得意なんです。ドライバーに状況を伝えるとか、結局はコミュニケーションの問題)


そして、今日からは、以前書いた転校生・Yくんがやってきて、予想通りでもあったけど、次男と同じクラスになりました
幼稚園以来の同じ教室。
次男ばかりではなく、Yくんとバスケのクラブチームが同じで、面倒見のいい子もいるクラスなので、バスケ部顧問であり学年主任の先生の配慮だと思う。


その件についても、Yくんのお父さんが、次男のチームメイトであり、Yくんとはクラブチームで一緒だった二人の男子くんたちに感謝していたので、その子たち本人も、そのお母さんたちにもやさしさを褒めまくった。
だって、みんなうれしいことだもん。


褒められたことで一層やさしく、思いやれたらいいことだと思う。

政治や教育に関して、どうしても批判せざるを得ないこともあるし、批判を伝えて改善していくことも重要。
でもそれ以上に、褒めることで現場が一層良くなったり、やる気が増すことも大切だと思う。


私の昔からの読者さんは知ってくれてるけど、お褒めの言葉こそ、思ってるだけじゃなく、実際に当事者に伝えたり、あちこちに振りまきたい


「褒める」の循環 幸せの循環💕





[PR]
by hihararara | 2018-11-09 06:50 | 地域 | Comments(0)
<< 集まり過ぎてる今日この頃 バスケの東三大会 & 豊川稲荷 >>