<< 【「褒める」の循環】 超多忙な土曜日 プラス 生け直... >>

バスケの東三大会 & 豊川稲荷



【11月4日 投稿分】

c0189426_21200194.jpg
c0189426_21200805.jpg
c0189426_21210451.jpg
c0189426_21202325.jpg
c0189426_21203837.jpg
c0189426_21211283.jpg
c0189426_21211924.jpg


毎日いろいろ。
東愛知新聞に掲載の展覧会(朝一番に藤城さんが送ってくれた画像)。
田中記者のきめ細かい記事に感謝

バスケ新人戦の東三河大会。次男たちの中学、1、2回戦突破で来週の準決勝へ。
差が開いた1回戦には次男も出させてもらいました。
2回戦、市内大会で2点差だった強豪チームに今回は14点差。プロみたいなプレイも飛び出し、見惚れた。
2年生は直前の4日間が職業体験で部活なしだったのに、よくがんばった。

大会に関して、試合時間に合わせたお昼前に、大会会場の豊川の中学校に着いたところ、駐車場がいっぱいで、会場校のバスケ部の生徒さんたちが車の誘導をしていた。その子たちが本当に一生懸命で、聞けば自分たちの学校は出ていないのに係としてがんばる姿に感動しました。
なので、明日、学校に電話して褒めるね!!(と約束もしちゃった)


最初不慣れで気の毒に思え、私も誘導を手伝ったんだけど、実に様々な保護者がいるもので、自分のことしか考えない親が残念だった。
ある親には私が先生だと勘違いされ(笑)、駐車場が空いてない苛立ちをぶつけられたが、「私も試合を見に来たふつーの親です」と話したら納得?していた。
がんばっていた4人が2階から我が校の試合を見てくれてる写真も。


そして、帰りには、誰が言い出したか、来週の必勝祈願に豊川稲荷に寄りたい、ということで、青春の思い出づくりのお手伝い。
豊川稲荷はお寺なんだけど、全員神社と思い込んでて、柏手打っててウケました😊
本当はもっといい記念写真があるけど、お顔がわからないものを。


行きは電車だったけど、帰りは私の車に息子を含めて4人の中学男子が乗り、そのうちの一人は両親も来ていたのに、ある理由から親の車に乗りたくなくて(うちも長男で体験済みなので、双方の気持ちがわかる)、にぎやかな帰り道でした。


度合いの違いはあるものの、みーんな反抗期で、私が話に入ると次男が嫌がるけど、実の親には反抗的な友達が私をかばって次男をたしなめてくれたり、楽しかった。


子育ての講座でも話してるけど、思春期は幼少期とはまた違う形でママ友との連携が生きる!(親には話さない気持ちを聞いたらコッソリ伝え合ったり)

本人たち一人前のつもりでも、まだまだ親に頼らざるを得ないわけで、自立と甘えのハザマ。
そんな彼らのすべてが愛しい一日でした。


あ、最後は次男希望の夕食の酢豚。
疲れてはいたけど、豚肉のかたまりを買って揚げて、残り野菜盛り盛りで、調味料にはオイスターソースやらケチャップに加えて藤城のだし醤油も入れて(笑)、中華料理屋か?くらいの量が仕上がりました(笑)














[PR]
by hihararara | 2018-11-05 21:22 | 次男 | Comments(0)
<< 【「褒める」の循環】 超多忙な土曜日 プラス 生け直... >>