<< 訪中団のブレザー 原田章生くん個展 @ garage >>

「渥美半島の風」


【9月23日投稿分】


c0189426_20440918.jpg
c0189426_20442171.jpg
c0189426_20442967.jpg
c0189426_20443543.jpg
c0189426_20444107.jpg
c0189426_20444735.jpg
c0189426_20445393.jpg
c0189426_20445900.jpg
c0189426_20450699.jpg
c0189426_20451118.jpg



今日はクラシックカーのイベント会場で待ち合わせて、出版されたばかりの「渥美半島の風」を小川雅魚編集長から受け取りました。
第4号で、今までの中で最高の出来だそうです!


私は「闇が闇であることの大切さ」というタイトルでエッセイを執筆させていただきました。
信頼するデザイナーの片岡泉さんが、エッセイに合わせたイラストを描きおろしてくれました


地元では豊川堂書店さんが販売してくださいます。たぶん全店だと思うけど、わかり次第改めてお知らせします。
1冊1000円です☆
遠方の方で欲しいと思ってくださる方、限定5冊でお送りするので、メッセージください!


今日のイベントでは、渥美半島のために様々な尽力をしてくださっている板倉さんから、ラベンダーとローズマリーのフローラルウォーターを購入。1本なんと500円!
渥美半島で無農薬で栽培され、刈り取り、自然乾燥、抽出、すべて手作業とのこと。
今回4種類あった中で、特にローズマリーの、スパイス使いとは違う、華やかな香りに感動


小川&板倉のタッグ、すごいです(笑)

残りの写真は、実家での撮影。

母が持たせてくれたススキと秋の実と、たまたまやってきたゆういちくんが、黄色い菊を分けてくれた(顔は載せてくれるなとw)。お月見にふさわしいお花を生けました


では、「渥美半島の風」よろしくお願いします。


※私の今日のTシャツは、宮崎とは違う草間彌生Tです(笑)
※予定続きでコメントの返事が書けてないけど、明日くらいに一気に書きます(^^)






by hihararara | 2018-09-28 20:45 | 表現・創作 | Comments(0)
<< 訪中団のブレザー 原田章生くん個展 @ garage >>