<< 次男の突き指&長男の読書感想文 長男帰国についてのいろいろ(笑) >>

10月のアイプラザでの講座のお知らせと、身心について。




c0189426_10483358.jpg



「広報とよはし」8月号に、10月開催の講座のお知らせが出ていました。

22ページの「催し・講座」のコーナー。

【アイプラザ豊橋 子育てお悩み解決塾Ⅱ】

これ、文字数の関係で、私が送った内容と違う書かれ方がしているので、ここで修正しておきます。

私が送った原文
■反抗期と言葉の力 ~言葉をかける、言葉を飲み込むタイミング~
自身の育児と「自己肯定感」の講座を通して得た思春期・反抗期を乗り切るヒント



☆お申し込みは、アイプラザにお電話をお願いします!


************


【8月2日 投稿分】

今日は一日、たいへんなことが集まる日で、ヘロヘロの最後に、東愛知新聞の最終ゲラチェック。
薬師寺の重鎮様たちが私の原稿をチェックしてくださるという光栄な体験を得られました。

そこで知ったこと。
仏教に詳しい方、そもそも、私のお友達にはお坊さんも複数いるので(笑)、当然だよ、ということかもしれませんが・・・


仏教では、心身ではなく、身心という表現の様子。

自分なりに調べてみて、なんとなくわかりやすかった、お坊さんではない方の記事より。




薬師寺の方々が3人がかりで、迅速かつ正確に校正してくださり、新しい学びまで与えてくれて、涙が出そう。

薬師寺に関わらない冒頭での、「心身の病」も「身心の病」に変わっていて、最初はそこは読者が私の間違いと思いそうなため、「心身の」に戻してもらおうか、松本先生と相談中ではあるのだけど、仏教にならおうかとも思う。
(*この部分、もしも、お坊さんでご覧になる方、気軽なご意見お願いします。身心が変じゃないという方のご意見も聞いてみたい。私にはなじみがなかったので・・・)


5000文字に及ぶ、連載8回分の原稿を、読み込んでくださったこと、書いた本人である私でないと気づかないような部分まで目を通してくださったことが窺えて、ヘロヘロしながら感動してる今。
このブログに書いてあることも、なんだか深い。


追記 このブログの著者さん、スポーツ史では有名な方のようで、なんと、愛知県豊橋市育ち。時習館高校に通っていた。
しかも、最後のブログが2016年の私の誕生日。そして、その翌々日に死去。
なんだか重ねてしみじみ。

☆最終的には、松本先生の提案で、いい形の文章におさまりました。
掲載の折にはまたお知らせします。










[PR]
by hihararara | 2018-08-04 11:00 | 講座 | Comments(0)
<< 次男の突き指&長男の読書感想文 長男帰国についてのいろいろ(笑) >>