世界ALSデーと武藤さん



今日は、世界ALSデーだそう。

私は一緒に暮らした祖母がALSだったので、まさに生き地獄と思われるような晩年をリアルに見た(遺伝的な心配をされると面倒なので、書き添えておくと、父が成人後に渥美の本家に入った関係で、祖母とは血はつながっていない。なぜ祖母が発症したかもわからない)。


祖母のエピソードもいろいろあるけど、たまたま今、NHKのニュースで見た、武藤さんという方に感動し、検索して読んだ記事。





素晴らしい。
一部抜粋。


〈ALSになったとしても、いやALSになった今だからこそ「社会を明るくするアイデアを形にしていくコミュニケーションをつくる」のが、自分に与えられたミッションなんじゃないかという思いが生まれてきたんです。


ALS患者の余命は3〜5年と言われていて、自分がその当事者になった。本当に、残された時間はわずかかもしれない。じゃあ、「どうして自分なんだろう、なんでこのタイミングなんだろう」。もしかして、これまでの経験を活かして「ALS患者の世界を明るくする」ということを、今まさに自分が実践するべきときなんじゃないかって。〉


病気になって急にそれが自己実現につながる人もいるけど、彼の場合、実績があり、元々がクリエイティブな人だからこその実行力や加速力だと思う。


テレビに最初に映った瞬間の彼は、素敵な笑顔だった。


私にも難病がある。
一昨日、通院後に薬局で薬をもらう時、年配の女性薬剤師さんと話したら、(私の)「成人スティル病」は病名は知っていたけど、初めて患者さんを見た。市内でもかなり珍しいのでは、みたいに言われた(ふだんは珍しさが悲しいのに、そんなに珍しいんだ〜と妙なうれしさがあったw)。


私も9年前の入院中に一人会っただけで聞いたことないし、初めて発症した大学時代は、東京女子医科大学病院に1ヶ月入院してあちこち検査しても病名がわからなかった。


難病も個性と強がりから言うのではなく、私は病気から学べることを講演でも話している。


この記事の武藤さんの姿に感銘を受けた。朝から泣いた。
ALSというより、彼の生き方を知ってもらいたくてシェア☆



[PR]
# by hihararara | 2018-06-21 23:05 | 感動 | Comments(0)

長男、簿記検定と中国派遣合格!



以前書いた、長男が挑戦した簿記の検定試験と中国派遣の面接、両方とも受かりました!


簿記は日商簿記検定の2級。
これはなかなか難しい試験で、今回、社会人も含めて豊橋商工会議所で受験した人のうちの合格率は17.4%。

長男の商業高校で簿記部に入って年間通じて簿記の訓練をしている子は受かるけど、柔道部の彼が属している経理課で、一般の生徒は半年後に受験する2級に、長男は先回りして挑戦したいと思ったようで、検定料(5,000円)も自分でバイト代から払い、学校を通して受験すると宿題を出されるのが嫌なので、勝手に個人的に(私も知らない間に)申し込んでいた(笑)

結果、今回同じ学年で受験した中では唯一の合格。
しかも、事前の勉強はほとんどしていないので、簿記が向いてるんだなあと思った。

中国は、名古屋のある財団がスポンサーになってくれるもので、愛知県内の高校生で8人だけ派遣されるもの。
これもお見事。

2種類の作文を中心とした1次審査を通り、直前に中国に関する問題を一緒に議論し、面接で全く緊張しない彼が、劉暁波さんについて「ノーベル平和賞をもらった、名前は忘れてしまったんですが、その人の言った・・・」みたいに話せて良かった様子(笑)

長男から連絡が来た時、私はこれまでの育児を振り返って泣いてしまった。


もちろん今もまだ途上だけど、幼稚園の頃はいちばんの泣き虫だったことやら、特に、何度も書いてるけど(新しいお友達は知らないけど)、中学時代は、進学校に行かせたい夫との間で何度もバトルを繰り返し、彼の適性や将来を考え、私が商業高校を最初に提案したこともあり、今のはつらつとした高校生活を、しみじみ良かったなあ~と思うのだ。

面接前に、学校の先生からは「アルバイトについては、愛知県の教育としては禁止の方向だから言わない方がいい」と言われたらしいけれど、私は「お金があってアメリカに行ってきたわけじゃなく、自分でバイトして貯めたお金で行ってきたという自立心は売りになると思う。面接官は先生じゃなく、財団の人なんだから、アンタが後悔しないアピールをしておいで」と送り出した。

結果的に彼は、自分の粘り強さを売りにし、バイトと弁当作りと小学校から柔道を続けていることを話してきた。

息子を合格にしてくれた財団の方々、ありがとうございます。
土曜日に、私も参加の説明会(ちょうど空いてる日でよかった)に行ってきます☆







[PR]
# by hihararara | 2018-06-20 22:45 | 長男 | Comments(0)

豊橋市立植田小学校 教育講演会



今日は、植田小学校の教育講演会の講師として、「自己肯定感」についてお話しました。

植田小学校は、打ち合わせを含めて3回目の訪問でしたが、校長先生も教頭先生もとても感じがよくて温かく、学校名の通り周囲には田んぼが広がり、おだやかで心地よい空気感の学校です。

玄関の看板。
*今日の午前中は私自身の次男の授業参観でもあり、午後大慌てで伺ったので、着いた時には気づかず、帰りに拝見し、感激して写真を撮らせてもらいました。


c0189426_20030793.jpg

今回は、植田小学校PTAの教養文化部長の白井康恵ちゃんが元々のお友達で、2月の段階で、最初にお話をいただきました。

ところが、私の子どもたちの学校行事(その時点では来年度の行事予定)をチェックしたところ、同じ6月16日に、次男の中学校の授業参観&部活動保護者会があり(6月は豊橋市内全域の小中学校で父の日頃に合わせての参観日が多い)、我が子の参観を欠席してよその学校に講演で伺うのは気が引けて、いったんは丁重にお断りしたのでした。

しかししかし、康恵ちゃんが校長先生たちにも掛け合ってくれて、日を変える提案も含めて(まだ前年度中の話だったので)考えてくださり、その熱意をありがたく受けとめ、私も中学の教務主任の先生に事情を伝え、確認をさせてもらいました。
その結果、次男の中学の予定は午前中~お昼にかけて、植田小学校は元々午後1時の予定、ということがわかり、私が授業参観はしっかり参加した後で、部活動保護者会を途中で抜ければはしごできる、と思い、お引き受けしました。

そんな背景があったので、講演については、パワーポイントをしっかり練って準備しつつ、当日のはしごがうまくできるのか、というのが気になるところでした。


自分の側の参観~部活動保護者会の主要なお話をお聴きし、質問タイム辺りで抜けさせてもらい、ママチャリで家に戻り(笑)、講演のためには腹ごしらえも大事なので用意してあったゆで卵やプルーンなどを食べ、大勢の中の一人の母としての顔から、服を着替え、化粧を直し、大勢のお子さんたちや保護者さんたちに向けてお話する講師モードへ・・・

無事、この舞台に時間通り間に合ったことにまずはホッとしました。

記念すべき?その「康恵ちゃん」にご紹介いただいている時の図(笑)
☆以下の写真はすべて教頭先生の撮影です。ありがとうございました。


c0189426_20013227.jpg

c0189426_20011921.jpg

昨年リニューアルされたという植田小学校の体育館は、壁の木目など、とてもさわやかな空間でした。

全体のタイトルを『自己肯定感ってなあに?』とし、まず、5、6年生向けに「自分を好きになろう☆」というテーマでお話しました。

息子たちが小学校へ入学したばかりの頃は、5、6年生というと、とっても大きな印象だったのに、我が子が高校生や中学生になると、「小学5、6年生ってこんなに小さかったっけ?」と思うほどで、どの子もかわいくてかわいくてたまらない、という感じでした。

なるべくわかりやすいように、と思い、お子さんたちのお顔を見て、少し前かがみになりながらお話しました。

c0189426_20021100.jpg

どの子も真剣な顔で聴いてくださり、時折笑ってくれたり、うれしかったです。

15分目安という時間はオーバーしてしまって申し訳なかったけれど、詰め込んだ内容のうち、その子その子にとって、何か一つでも、心に残ってくれたらいいなあと願っています。

退場の時、私に挨拶するようにして帰ってくれる子や、私のパソコンのデスクトップのインコのあーちゃんに目を留めてくれる子が複数いて、気軽に話しかけてくれてうれしかったです。

5、6年生の話の時も、参加してくださっていた保護者の方々。

私はとにかく子どもたちを見ていて、保護者さんまで目を向ける余裕がなかったので、教頭先生のお写真を見て、保護者さんたちの真剣なご様子もうれしかったです。


c0189426_20014254.jpg
c0189426_20015353.jpg


(敢えて、みなさまの顔がわかりにくい写真にさせてもらっています)


c0189426_20023455.jpg
c0189426_20025688.jpg


この後で、保護者さん(希望して来てくださった方々)向けに「自己肯定感をはぐくむ子育て」と題してお話しました。

2年前に草の根で始め、昨年1年間であちこちでやらせていただき、豊橋市の講座としても市民館で行い、20回ほど重ねてきましたが、同じスライドも含めつつ、毎回、場に応じてつくり直しており、今回も今までの要点プラス新しいネタも込めて、お伝えしました。

我が子が現在進行形で成長中なので、例えば、長男がアメリカに行ってきた話や、16歳4ヶ月にして初のさかあがりができたこと(幼少期は運動が全然できなかったのに、高校で体育が5になったり、体力測定がA判定だったり、できないことをコンプレックスと思わないような励まし方をした結果の、現時点での結果をお話しました)、次男はやんちゃだけれど、テスト勉強はするタイプであることなどがアップデートできました(^^)

ふだんfacebookやブログには書かない秘話や我が家の恥についても語りました。
パワーポイントにまとめる要点よりも、脱線話、ぶっちゃけ話がいつもウケて(反応が良いとこちらも話したくなり)、そのせいで、時間が押してしまいます・・・

いつもは、1時間半や2時間ほどかけてする話でもあるので、1時間の持ち時間はあっという間で、駆け足となり申し訳なさもありましたが、やり切った感はありました。


講演後、予想外に、花束をいただき、康恵ちゃんからの贈呈に感激して、思わず泣きました。
元気が出るようなお花の数々・・・

c0189426_20032092.jpg

康恵ちゃんには最初から伝えていましたが、1月に持病の成人スティル病という難病が再発し、2月にお話をいただいた時は、6月だったら大丈夫だろうと思いつつ、今回、症状は軽かったものの、減薬中の、あと一歩で苦戦しており、5月、6月と、体調が不安定な日々が続いていました。

スポーツ選手が大会に照準を合わせるのに似ているのですが、講演も、頭と心と身体を使ってのパフォーマンスなので、体力が落ちている中での授業参観からのはしごには不安もありましたが、とにかく無事にこなせて良かったし、元気に見られる私ですが、一日一日が家庭第一に精一杯という現況なので、それもあって花束やお心づかいに涙が出ました。

校長先生、教頭先生はじめ、植田小学校のみなさま、ご準備にあたってくださったPTAのみなさま、本当にありがとうございました。


講演後は、校長室で校長先生とお話し(ご好評いただき、良かったです)、さらに、長男が中学時代お世話になったI先生も呼んでいただき(接点は一瞬ですが、生徒や保護者にとってはとても印象的な先生!)、盛り上がりました。
I先生の奥さんは、一期家一笑での「自己肯定感をはぐくむ子育て」に来てくださったことがあり、その時にお話させてもらったのでした。

今日は、元々のお友達や植田校区にいる高校時代の同級生、ちゃいるーかでの自己肯定感の講座の時にお世話になったお二人、私の大切なお友達(真弓ちゃん♡ありがとう)を通して知ってくださったお方にも足を運んでいただき、うれしかったです。

とにかく、植田小学校の温かい空気感に包まれ、私自身が幸せでした。


こちらは、すべての終了後(私の校長室滞在時間が長すぎて申し訳なかったですが)、康恵ちゃんが届けてくれた手づくりのパン!!


c0189426_20033038.jpg

初めて知り合った場も、持ち寄りの食事会で、康恵ちゃんの本格的なパンに驚きましたが、今回も感激で、早速夜、祝杯的にワインを軽く飲みながらいただきました。(ありがとう☆)

とても清々しい一日。

中学生、高校生への講演は経験があっても、小学生は初めてでもあり、自分にとっても、良いチャレンジとなりました。

お聴きくださったみなさま、本当にありがとうございました。

お互い、がんばり過ぎずに(笑)、子育ても、人生も、楽しくがんばりましょう!!!



*******

<おまけ>

花束は、リボンを解くと第一の魔法が消えるので(花瓶に生けた後から第二の魔法が始まるけど)、その前に自撮りした写真(笑)

そのくらいうれしかったです!!!



c0189426_22021435.jpg
c0189426_22020114.jpg














[PR]
# by hihararara | 2018-06-16 21:46 | 講演 | Comments(0)

クリムトとダリとかの子


c0189426_13320800.jpg
c0189426_13322231.jpg
c0189426_13330107.jpg
c0189426_13331956.jpg
c0189426_13323634.jpg

明日、植田小学校で、小学校5,6年生向けと、保護者向けに自己肯定感についてお話するので、2種類のパワポでシミュレーションしつつ、
「LOVEクリアリング」の方も資料を集めていて、元々美術の仕事をしていた頃に知ったり、考え続けていたことも披露できることがうれしくて、ワクワクしている。

著作権無視ですみませんが、男女を描いた作品の中での定番や鉄板のクリムト『接吻』と、ダリと妻のガラ、岡本かの子(岡本太郎の母)ご一行様(笑)


昔、フランス人の友達と南フランスから車でバルセロナに移動中、ダリの故郷、フィゲラスのダリ美術館にも寄った。
その時に知ったのが、ダリがガラを描くこの絵。


フィゲラスは海が近くて、白い建物が多くて、すごくいいところだった。
昼間の海の記憶より、一泊した時の、夜空の星の下の海をちゃぷちゃぷ眺めながら「地中海~~」って思った記憶。













[PR]
# by hihararara | 2018-06-15 13:34 | アート | Comments(0)

『万引き家族』



c0189426_20271721.jpg
c0189426_20265569.jpg
c0189426_20270716.jpg
c0189426_20273551.jpg

【万引き家族】


いつもの男友達とファーストショーで行ってきました。
年配のお客さんが多かったかな。


犯罪を犯しながら暮らしている家族なんだけど、前半は不思議とゆったりしていて、副交感神経に働きかけられる感じで、途中からの展開で、のびのび広がっていたものが、畳み込まれてくる感覚だった。

感覚としてはゆったり感のが好きだけど、是枝監督の演出は映画として「鮮やか!」で、受賞もうなずけた。


人間が暮らしやすくなるための規制や法律なんだろうけど、
そのために、暮らしにくくなってもいて、
生きること、家族、善悪について考えさせられた。


前半の副交感神経部分ってのは、「いいじゃん、生きものなんだから」という、常識や法律ありきの生き方、ではなく、生きることが先で常識や法律をスルーする、という感じが心地よく感じられたのかも。

随所で涙が出たけど、いちばん泣いたのは、池松壮亮くんがちょい役で出て来た場面で、同行者に「そこ??」とツッコまれました(笑)


是枝監督については、同じ早稲田出身で、たまたま昨年の6月、久々に大学を訪ねた時に、大隈講堂でトークショーをしていた(写真は去年のブログより)。

私がテレビ番組の制作会社に就職した年に、是枝監督がデビュー作『幻の光』でヴェネツィア映画祭で賞をとっていて、彼もドキュメンタリー系の制作会社のテレビマンユニオンにいた時だったので、「制作会社所属でも映画が撮れるんだ!」みたいに興奮したことを覚えている。

結局私は映画を撮る方向へは行かなかったけど、よく言われるドキュメンタリーの手法を重んじる気持ちは、ドキュメンタリーのAD経験(ほんの少し)があるのでわかる気がします。


映画の後は、この間は満席で入れなかった満点星DODANの塩そば。
美味しかったです(^^)











[PR]
# by hihararara | 2018-06-14 20:28 | 映画 | Comments(0)