「ほっ」と。キャンペーン

手作り味噌オープン!(くらし部門)



c0189426_08362219.jpg


c0189426_08363096.jpg

c0189426_08363912.jpg

c0189426_08365077.jpg




~Open the Homemade MISO!!~


1年前に仕込んだ味噌を、今日の朝食から使いました。
なんとこの大豆、貴重な豊橋産大豆です。

去年の1月に行われた豊橋市の味噌づくり講座に当たって
(ブログを読み返すと78名の応募の中の15名!)
農村生活アドバイザーのおばちゃんたちにお世話になりながら作りました。
(最後の1枚はティーズに映った時の番宣写真より)

近年の異常気象で、豊橋での大豆作りはとても難しくなったそう。
ありがたくいただきます。


夏にカビが出たけど、その頃何かで見たアドバイスで、
ワサビを載せておくといいと知り、
ラップの上に銀パックに入れたワサビを載せておいたら、
その後は見事にカビなかったです。


私にとって味噌づくりは、5年くらい前に豊川の曙麹店で仲間とやってみたのが始まり。
2年連続で曙麹店に一緒に行った友達は今は亡くなっています。

多くの人に温かい思い出を残した友達で、
私にとっては手作り味噌に触れる時がいちばん彼女を思い出し、
いろいろなことを大切にしなくちゃと改めて思います。







第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
# by hihararara | 2017-02-03 08:47 | | Comments(0)

長剛先生のお話会



1月最後の日曜日、いつも通っているmixs.の松本先生からお声掛けいただき、元 NPO法人日本空手松涛連盟 総本部 副会長で、長年組織を率いて来られた、田中長剛先生のお話を伺いに行ってきました。

青少年教育についてのお話とのことだったので、お友達の河野くんをお誘いして・・・

河野くんは12月の愛知駅伝で一躍ヒーローとなった中学の先生。
全国大会に出場するような生徒さんを指導したり、自分自身も現役で記録を伸ばしている32歳!



長剛先生は、75歳とのことでしたが、お肌がつやつやでとても若々しい、チャーミングなお方でした。

はじめに九星気学の話が出たこともあり、「宿命は変えられない。運命は選択できる」という話から始まり、ご自身の生い立ちや子育て、武士道や気の話など、多岐にわたる内容でした。

私にとって印象に残った言葉のメモより・・・

■目標を持つ大切さ
子供たちに目標を自分で見つけさせること

■一つをがんばれば、付随して枝葉はついてくる。

■親は期待をかけ過ぎない、目標や何になりたいのか問いかけ、チャンスを与え、協力する。


その他いろいろありますが、身の引き締まるような、同時に、今まで自分なりに導いてきた考えと重なる面も多々で、安心するような時間でもありました。

長剛先生は、高校で今も指導をなさっているそうですが、生徒たちと対戦して触れられたことはまだ一度もないらしく、私は空手のことはよくわからないけれど、それはどういうことか?と質問させてもらいました。

まさに、「気や気配で感じ取る」ということで、

気の間合い
距離の間合い
時の間合い

それらを推し量って対戦をしたり、気を感じることは商売にも生かせる、とのことでした。
空手においては、対戦や勝負ということだろうけど、コミュニケーションにも通じるなあと思いました。

私も3月にコミュニケーションについて語るけど、まさに、相手の気を感じて、その人その人に応じて違ったコミュニケーションをとっている。

相手をまずは感じて、相手を受け入れ、受けとりながら、自分を発する感じ。

そのほか、気力と体力が一つのものとして合わさった時に、大きな力が発揮でき、気の部分を研ぎ澄ませることによって、もう一歩が出る、というのも、興味深かったです。


■人生には不可能はない。不可能とは自分が自分を諦める事である。

■子育ては寄り添い過ぎてはいけない。社会が育ててくれる。


などなど、名言いっぱいで、うなずくことが多かったです。


松本先生の提案もあり、私の小作品集の『red』をお手紙とともにお渡ししましたが、翌日すぐに、お礼のメールをいただきました。

お話会~懇親会のあと、岐阜への帰りの電車の中で、短編をひとつ読んでくださったそうで、恐縮するとともに、先生の体力や明晰さ、好奇心や配慮、そもそも、メールを迅速にくださるということにおいても、75歳とは思えない若々しさを感じました。

もはや年齢ではないと思いますが、アッパレです。

長剛先生から受け取ったまさに「気」を、私なりに日常や子育てに生かしていけたらと思います。

長剛先生、松本先生、みなさま、ありがとうございました(^^)/





































[PR]
# by hihararara | 2017-01-31 08:53 | 身体 | Comments(0)

リトルプレスサミット by ヒカリめがね 



ブログの方には初めて書きますが、3月19日、二川の駒屋さんを舞台にしたイベントのお知らせです。

私のトークもあります! よかったら是非いらしてください❊

宣伝用チラシの表裏です。近々、市内の小学校にも配布されます(枚数の関係上、全小学校ではなく、二川から近めだったり、出店者さんのお子さんがいる小学校中心となります)。

c0189426_09480323.png

c0189426_09482151.png

【facebookに、1月25日に書いた分です】


3月19日(日)、『リトルプレスサミット』というヒカリめがね主催のイベントでトークします!

2ヶ月後の3連休の真ん中、私にとっては長男の高校の合格発表の翌々日というタイミングですが(笑)、心を込めて、愛を込めて、楽しくお話しいたします


第一部は私のトークで、第二部は、ヒカリめがね第3号の表紙画を描いてくださった、人気アーティストの原田章生さんと編集長のまのちょもこを交え、私がコーディネーターという形で座談会を行います。

この表紙画がとっても素晴らしく、早くお披露目したいです!


3月のイベントで話すことが決まったのは何ヶ月か前で、私でいいのだろうか?と思いましたが、不思議なことにそれ以降、高校や中学等での講演依頼も増えて、ひとつひとつがいい経験になっています。

『表現すること、愛すること』と題して行うトーク、大げさではなく今までの自分の集大成的に、ご来場の方に満足していただける内容を目指します。


マルシェも魅力的なお店の数々・・・
ワークショップもライヴもあって、ご来場のみなさまにも一緒になって「表現する楽しさ」を味わっていただけたらうれしいです。

*ボランティアスタッフも募集中だそうです。

よろしくお願いします! 今後もちょいちょい宣伝させてもらいます



【1月28日投稿分より】

今日、次男がお年玉でビーズクッションを買いたくて、久々にニトリに行ったんだけど、店員の女性たちが着ている制服のカーディガンの色がよくて(ニトリのロゴの独特の青緑色を抑えた感じ)、
レジのマダム風のおばちゃん(たぶん60代)に、「そのカーディガンの色、いいですよね」と言ったら、私が欲しいと思ったのかおばちゃんが
「きっとユニクロとかGUには同じようなのありますよね(^^♪」と笑顔で返してきて、それもウケたけど、さらにお釣りを渡しながら「一緒に着ましょう!」と力強く言ったので笑えてきた。


一緒に着ましょうってのは、一緒に働きましょう、って意味かなあって思いながら、あちこちで余計な話をしちゃう私だけど、このオバチャンは上手(うわて)だ!と思った(笑)


一昨日は、とあるパソコンショップにマウスを買いに行った時、店員の男の子と仲良くなって、絶対にモテそうにない子なんだけど、私にとっては切り返しがツボで話し込んでるうちに、私が知らなかったパソコンの裏技みたいなのを画面を使って教えてくれてありがたかった。


口は災いのもと、と言うし、実際反省するようなことも多々経てきたけど、口は幸福のもととも体験から思う。


3月まで、このイベントについての宣伝をちょこちょこさせていただきますが、私の思う「コミュニケーション」のコツ、余すところなく?お伝えします。
私はよくしゃべってもいるけど、その2倍3倍は聴いてます。よく言われるけど、「聴く姿勢」がまずは大事!
あとは、自分にスキマを持つこと













[PR]
# by hihararara | 2017-01-29 09:53 | お知らせ | Comments(0)

2017 幸福の青い鳥年


c0189426_12320664.jpg
c0189426_12321906.jpg
c0189426_12323857.jpg



今日は、一代目あーちゃん(我が家のセキセイインコ)の命日です。


1年前は、突然のことで悲し過ぎて、書けませんでした。

小鳥を亡くした経験のあるお友達や親しいお友達に、メッセージではずいぶん助けてもらいました。
ありがとうございました。


写真は、あーちゃんが眠っている樫の木から昇る朝日、あーちゃんが遊んでいた枝。忘れたくなくて記録。


1年前、一緒に大泣きした息子たちも、1年分大きくなりました。

3枚目の写真は、2代目のあーちゃんです(長男撮影)。


1代目が亡くなった後、泣けて泣けて、インコの絵ばかり描いていた次男が、3月になって、せめてあーちゃんの仲間に会いたいと言うので、中根小鳥店に出かけた時、複数の雛の中に、唯一いた、あーちゃんと同じオパーリンのブルーの子。


ちょうど、中根さんがお店を閉めるということもあって、慌ててお迎えすることを決めたのでした。(実際に今は閉店)

命の入り口を、大型のペットショップじゃなく、老夫婦がやってる小鳥店がいいと言い張った次男。

最初、左足が不自由で、それでも大事に育てると約束し、今は問題なく元気です。



2017年は、幸福の青い鳥年と思っています。

我が家の守り神のあーちゃんを大切にして、飛躍の年にしたいし、みなさまも、幸せいっぱいの1年になりますように☆













[PR]
# by hihararara | 2017-01-27 12:34 | 自然 | Comments(0)

男の子のちょっとした本音



長男が珍しく熱で欠席。
食欲がない彼に、お昼ご飯は何がいいか、①豆乳シチュー ②スムージー ③おかゆ と聞いたら、かすれた声で「スムージー・・・おいしい」と言った。
今までおいしいと言われたことなかったのに(笑)


前にインフルエンザになった時の次男が、食欲が復活してきたころに、それもまたかすれた声で「・・・味噌汁が食べたい」と言った時もうれしかった!


病み中や病み上がりに食べたいものとして「じゃがりこ」とか「カップ焼きそば」とか言われたらなんか悲しいけど(笑)、ふだんは取り立てて欲してなくても、弱った時に湧いて出てくる声で、手作りのものが食べたい、と言ってもらえるのはうれしい。


ところでさっき、近所に住む長男のお友達がお便りを持ってきてくれた。

だいぶ前にお母さんと初めて会って話した、お母さん、若いしきれいだねぇ~って伝えたら、「昔から変わらないんです。あんな感じ」と褒め言葉と受け取れることを素直に言うのでかわいかった。

その子は5人きょうだいの末っ子なんだけど、そんな風に見えないお母さんで、それも付け加えて褒めておいた。喜ぶから言っておいてね、というのも忘れなかったワタシ(笑)










[PR]
# by hihararara | 2017-01-26 20:36 | 長男 | Comments(0)