長男作のお弁当3つ



【9月26日 FB投稿分】

c0189426_13153641.jpg
c0189426_13154588.jpg
c0189426_13155528.jpg



おはようございます。

楽しみにしてくれる人もいるので、最近の長男作のお弁当 茶・茶・茶ですが(笑)

今日は肉巻きおにぎり(量を心配する人もいるけど、もうひとつ早弁用を持って行ってます)、
昨日はバーガー弁当(ハンバーガー、チーズバーガー、チキンクリスプ、照り焼きチキン)、先週の、すっかりマスターしたおいなりさん弁当


今日は体育祭で、ゼッケンを私が昨日縫い付けたけど、忘れてくる友達のためにと、針と糸を持って行った(笑) 長男には昔からそういうところがあり、「えらいねー」と言ったら、「女子力高めですから」と。

ちなみに、丸坊主柔道部、体格良い快活なタイプです


高校に入ってから運動能力がグングン伸びてます。
かけっこビリ、逆上がりできない子だったのに、体育、初の5だったよ


目の前のお子さんが運動できなくても、ゆっくり見守っていてね。嫌いにならなければ(親が劣等感を据え付けないように)、その子なりに伸びていくよ


*ブログ用に、昨日今日分、追加!

体育祭の二日目(本戦)のため、前夜のうちに作っていた弁当。
揚げ物の種類が多くて感心する(笑)


c0189426_13194124.jpg

このほかに体育祭となると得意のレモンのハチミツ漬けも準備(中学時代からみんなの分を作って持って行っていた。学校帰りに国産レモンを探して自転車で4軒ハシゴしてなくて(アツミが休みだったこともあり)、帰宅後、電話してマックスバリューにあって、私が車で乗せて行った)。
緑のレモンだったけど、おおむね好評だった様子。


c0189426_13274609.jpg



こちらは、体育祭で疲れて、寝坊して、ビビンバを慌てて作っていたけど、余裕ができて、ささみのチーズ焼きも!

c0189426_13192416.jpg













[PR]
# by hihararara | 2017-09-28 13:17 | 長男作の高校弁当 | Comments(2)

自己肯定感の講座を通して感じること(選挙を前にして)


たまっていた投稿を、3回分に分けて、一気に転載しました。
さかのぼってご覧ください。


【9月25日 FB投稿分】

いま、29日の、ちゃいるーかでの講座のための資料の最終チェックをしていて、ふと差し込んだ、最初の講座の時にはお伝えした文章・・・(毎回、場に応じてパワーポイントや資料をつくり直していて、この文章を紹介しなかった回が多いです)

◆伊藤雅子 『子どもからの自立』より

<私は、子どもを生み、育て、心身ともに子どもに縛られている一番大変な時期であっても、否、その時期のまっ只中にいるからこそ、女は、社会的存在としての自分を執念深く確保しておかなければならないし、自分自身を外へ、外へとつきとばすほどにしておかなければあぶないことになる、一生を棒にふる、という気がしてならないのです。>


この本は、自分自身が育児真っただ中の頃、市議会議員の渡辺のりこさん(今は引退)から教えてもらいました。
(著者の伊藤雅子さんというのは、元公民館職員で、バリバリのキャリアウーマンとか政治家とか大学教授とかの弁ではなく、民間の、町の公民館で大勢の親子を見てきての声だと思います)

私は育児を中心にしつつ、社会とつながる一本の糸として「書くこと」を守り抜いていたような時期・・・


お子さんの自己肯定感を大切にするためのいろいろをお伝えしつつ、結局は毎回、お母さん自身、女性自身の自己肯定感の大切さに帰結します。


フランスが出生率を回復した、というのはよく取り上げられるけれど、フランス女性はとにかくまず自立しているように思う。私自身は3ヶ月の旅で触れ合ったくらいしか実体験はないけれど、長年フランスに住んでいた人たちから色々聞いたり、本は読んできたので・・・


子供や夫や家庭はもちろん大切だけど、その前にまずは自分!という当然の尊厳みたいなものを、日本女性がのびのびと手に入れたら、社会や政治も変わっていく気がする。


かといって、安易に仕事も育児も!って急いだり、がんばり過ぎたりしなくていいので、自分なりの歩みやペースで、しっかりと根底に、「もっと私自身をまずは大事にしていいんだ!」ってのは、安心して持っていて欲しいなあって思う(^^)









[PR]
# by hihararara | 2017-09-26 21:33 | 社会 | Comments(0)

Web記事 小説『さようなら、田中さん』& ドマーニ編集長の挨拶文



大学同期の作家、スポーツライターの江橋くんから知りました。
朝から一気読みしてしまった
(興味ある方、お時間できたら読んでください)

こんなに大人の視点というか、作家に必要な天の視点をすでに持ってることがスゴイ。


いま公開されてる「さよなら、田中さん」は、私がなぜ、自己肯定感の講座をやり続けてるか、その理由が出てるような作品でした。




お友達の「いいね」で知った記事。




私にはご縁のない雑誌なんだけど(華やかさとかオフィスとか!)、この編集長さんは、大学時代のサークルの2年先輩で、いい内容だなあと思ったのでシェアさせてもらいます。グッときます。


最近届いた母校の校友会の広報誌には、日本人女性として初めて国連軍縮担当上級代表に就任した中満泉さんや冒険家の南谷真鈴さんや直木賞の恩田陸さんが、でっかくではなく、さらっと紹介されていて(笑)、他にはボストンマラソン3位の大迫くんや通信教育課程在学中の羽生結弦くん等々・・・。みなさんのご活躍、うれしく思うし、早稲田で学んだことで何者かになる、ってよりは、何者かになる素地を持った人たちが集う大学なんだよなあって思いました。


その一方で、清宮くんの昨日の、私としては予想通りのプロ希望会見にも、時代を感じました。もちろん選手のタイプや本人や親の希望(ご存知の方も多いけど、お父さんも早稲田)によるわけだけど、昔みたいに大学へ行っておこうとか、大卒でありたいとか、その辺りの意識が変化しているように感じます。
(指名球団によっては入団拒否→進学もあるらしいけど)


大学としては痛いでしょうね・・・清宮くんが進学すれば、受験生も増えただろうし、六大学野球の盛り上がりも違うわけで。でも、ハンカチ王子だった斎藤くんも「大正解」って言ってるみたいに、私もそう思う。大リーグも行きたいだろうし。
今後どの球団が獲得するかわからないけど、経済を左右しちゃうような高校生ってやっぱりすごいなあ~




[PR]
# by hihararara | 2017-09-26 21:31 | Facebook | Comments(0)

手づくりふりかけ



c0189426_13124786.jpg
c0189426_13130005.jpg


お友達のけいちゃんからお知恵をいただいた「ふりかけ」が作りたくなり、すり鉢とすりこぎで(笑)

けいちゃんが書いてた材料は、


・焼きアゴ
(トビウオの煮干し。イワシより栄養価が高いらしく。)
・昆布
・いり大豆(節分の残り)
・アーモンド
・黒砂糖(少しの甘みがより”ふりかけ”らしさに。)
・塩
・青のり
・ごま
・・・などなど

とのことで、焼きアゴは是非みたいなので、サンヨネで。今日削り立てという鰹節も買って、家にあった昆布、黒ごま入りきな粉、金ごま、干しエビ、あおさのり(猫庵ジェントリーで買った)、久高島の特別なお塩(私の誕生日である2月4日に汲み上げられた海水からつくられたお塩で、何年か前のみこさんからの贈り物ちびりちびり大切に使ってる)、写真にはないけど、黒砂糖も。


で、フードプロセッサーでがーっと、とのことだったけど、今我が家のそれは蓋が紛失中で、がーっとできず、となると、買ったものが正しかったか不安な、アゴの煮干しのしっとり感が気になり、グリルで焼いてからすり鉢へ。
昆布も砕きやすいようにグリルであぶってみる。香ばしくなるように、干しエビとゴマも。


ちなみに、このすり鉢とすりこぎは、夫が結婚前から使っていたもの(笑)


がんばって粉砕してみたら、思いのほかそれらしく(笑)、美味しい
黒砂糖が効いてる(ナイスけいちゃん)


我が家は、長男(高1柔道部)は、175センチくらいなのでまあ良いが、次男(中1バスケ部)が、まだたぶん150センチないくらいで、よく動くのに食も細目だから、カルシウムやミネラルが気になるところなんです。

たぶん気に入らないとは思うけど、その場合は味噌汁の出汁にできるし、このふりかけ、アレンジ含めておすすめ






[PR]
# by hihararara | 2017-09-26 21:31 | | Comments(0)

講座打ち合わせ二つ。南陽地区市民館&一期家一笑


【9月20日 FB投稿分】


c0189426_12550978.jpg
c0189426_12551980.jpg

南陽地区市民館で館長さんと打ち合わせ

まだ先ですが、1月に市の講座でお世話になります
(12月の「広報とよはし」でお知らせ予定)

詳細は改めてお伝えします。楽しみ


話に花が咲き、外へ出たら雨で、慌てて家に戻り、洗濯物をしまったなう👕



【9月21日 投稿分】


c0189426_13022735.jpg


c0189426_13040685.jpg
c0189426_13020998.jpg
c0189426_13020300.jpg
c0189426_13030273.jpg
c0189426_13031446.jpg
c0189426_13015467.jpg
c0189426_13021770.jpg
c0189426_13014624.jpg
c0189426_13024657.jpg


今日は、一期家一笑で打ち合わせでした。
(お惣菜が美味しくてイートインできるスーパーです。初めて行かれる方は、お惣菜やパンが充実してるお昼頃がおすすめかなぁ。店主は、大西洋と書いて、ヒロシくんと読みます)
秋~冬に店頭販売される焼きいも、チョーうまいです今はさつまいもが美味しくなるのを待ち中だそうです。

写真のカフェスペースで、11月末に講座を行います。9月29日のちゃいるーかを無事にがんばってから詳細をお伝えします

ヒロシくんが店頭や料理教室で接するお母さんたちへのおもいを汲んで、お母さんたちに少しでも楽になってもらえるような内容を考えます

今日はヒロシくんの話をいっぱい聞けておもしろかった(かねてから聞きたかった、なぜ太平洋ではなく大西洋かも聞けて良かった)
ヒロシくんやお店の清々しさに、帰りの幸福感がハンパなかった

本棚に「ヒカリめがね」もあり(ありがとう)、ハイビスカスがちょうど咲いていたのもうれしかったです

あ、写真の最後の方の「ましかの本」は、私が今、いちばん行きたい大阪のお店で、ヒロシくんに紹介したかった料理とお店づくりの本。


一期家一笑の進化や変化も、長い目で応援し続けます




[PR]
# by hihararara | 2017-09-25 13:05 | 講座 | Comments(0)