ブルゾンちえみ的指南


【5月4日 FB投稿分】

朝から換気扇の掃除。
今までは夫がやってくれてたけど(土日の食事の支度も料理好きなので結婚後ずっとやってくれてたけど)、2年前くらいに、知ってる人は知ってる「ネギ事件」から夫婦げんかになり、夫が厨房周りを手伝ってくれなくなった。(惜しいことをした、とも思うけれど、「やってやってる感」がありありだったので、お互い気楽にもなった)

終わったタイミングで外から帰って来た夫に、「私、けっこうがんばったから褒めて!」と言ったら
「はいはい、よくがんばりました。これからもよろしくお願いします」と言った。

こういう前向きな言葉を素直に言えない人なので、たったこれだけでも素晴らしいと思い、
「そういう言葉を妻や子供にかけられるようになると、妻も子もうれしくなって、ついていくようになるよ!」
と言ってる途中から、自分の口調がブルゾンちえみっぽくって笑えた。


あのルックスとあの美声を想像しながら、もう一度読んでみてください。


そういう言葉を妻や子供にかけられるようになると、妻も子もうれしくなって、ついていくようになるよ!


いいな~ブルゾンちえみ。あそこまでハキハキ言うと男ウケが悪くなるので真似はしませんが(笑)
夫はブルゾンちえみ、知らないけどね!


夜は楽しみな飲み会









[PR]
# by hihararara | 2017-05-05 11:01 | 夫婦 | Comments(0)

次男の誕生日~長男の高校参観など



【4月30日 FB投稿分】

c0189426_10065660.jpg
c0189426_10071340.jpg
c0189426_10072336.jpg
c0189426_10075167.jpg
c0189426_10080719.jpg


今日は次男の13歳の誕生日。
我が家の定番のシフォンケーキデコレーション

夕食のリクエストはなぜかドライカレーだったので、簡単でラッキーと、次男には彼の希望のカレールーで作り、夫と長男と私用には、スパイスをいろいろ入れて。
今日のスパイスカレーは、大阪の「ましか」の本を参考にしました。
いま、いちばん行きたいお店

シードルは、高校1年生の時の思い出のお酒
当時飲んだのは、私じゃなくて、その時一緒に映画を観た人(ちなみにトム・クルーズの「カクテル」)。彼ではなく(笑)

あんな頃に、息子たちも成長したのね


************

【5月3日 ブログ用】

なんだか毎日バタバタです。
高校の授業参観&PTA総会&学年懇談会でも、いろいろ感じました。

商業高校の進歩は凄まじいと思った。

一緒に座っていた友達が、商業科出身で、例えば私より年下の彼女の時代の商業は「そろばん」が当たり前だったけど、そろばんの授業はなく、なんといっても電子メディア。
2年生からのコース選択の話にも当然のようにパソコンなどが出てくる。

私は長男の高校受験の時、自分の頃と変わっていないような内容やシステムにがっかりしたけど、もしかしたら同様に、進学校では自分の頃と大きくは変わらない受験勉強なのかもしれないけれど、見た限り、商業高校は時代の変化に応じて、変化&進化を目覚ましくしているように感じた。

日本が今、世界から遅れてしまっているのは、教育の問題も大きいと常々思う。

長男たちのクラスの授業は国語だったんだけど、電子辞書を持っていないのは長男ともう一人くらい(夫が化石のような頭なので、まずは紙で引け、という感じだった)。
精神論ではなく、単純に、電子辞書は速いし内容も濃い。
道具の力によって能力が補われる良し悪しを感じもしたけれど、時代は確実に変化している。
長男が不憫で、すぐに買わせたいと思いました。

昭和と現代は大きく違う。

さらに、子供たちが大人になる未来も違っていく。

いいとか悪いではなく、親として、将来を見据えた導き方をしたいと改めて思いました。

昭和頭からの脱却!






[PR]
# by hihararara | 2017-05-03 10:17 | 次男 | Comments(0)

この3日間ほどの投稿より



のんきな投稿やら、社会情勢に関してやら・・・


【4月26日 facebook投稿分】

c0189426_12083819.jpg
c0189426_12085881.jpg


私にとっては落ち着く前髪パッツンにしたら(前髪だけ自分で切った)、さっき帰宅した長男が、
「なにお前その髪、こども?」
と言い(何回も注意しているが、たまに「お前」と言われる)、
私が「オカリナっぽい?」と聞いたら、
「オカリナよりひどい」と返され、
それを受けて次男が
「クレラップか!」と言った(笑)

私は昔から男ウケしない髪型が大好きなんだけど、どうやら息子ウケもしないらしい(^^)


*************


【同じ夜の投稿】




すっごい呑気な投稿をしたすぐ後ですが、ここには書かなかったけど、ずっと気にし続けてる北朝鮮の問題。
昨日も、別の人のところで見ていたけど、別の県で配布されたこの文書がお隣の新城市では配られたそうで・・・

いただいた情報によると、豊橋もHPには出てるそうです。
http://www.city.toyohashi.lg.jp/item/49741.htm#ContentPane


今日も、政治の問題を語れるお相手から、北朝鮮、アメリカ、日本、中国、ロシア、韓国などの話を聞いたところです。

自分が書くとある程度の影響力があるという自覚があるので(人からも言われるし、様々な問題に面した時にメッセージで私がどう考えるか聞いてくる友達も多い)、よほど確実なこと以外はここでは書かないようにしてるけど、小中学校に配布された、というのは憂慮すべきことで、今我が家でも息子らに(パッツン前髪の話と同じ並びで)伝えました。

不安にさせ過ぎてもいけないし、でも、覚悟は必要になってしまったように思うので、気をつけていたいです。


********

【4月27日の投稿】

昨日のつづき。

「騒ぐ」こと自体が、政府のプロパガンダに利用されている、という見方もあり(何重もの情報に覆われて例のごとく、本当に大切なことから目を逸らすように仕向けられているとも言えたり)、何が本当のことなのかはわからず、見極めが大切なのだけど、政府が教育機関を使ってある文書を子供たちに届けたのは事実で(回覧板で回ってるところもあるよ)、それは有事と言えると思う。

今朝響いた文章です。




私も、どの国にも何の恨みもない。ただ、国の代表同士が危なっかしいことをしようとしてるのが恐いです(その裏側で、もしかしたら、反転して友好な関係になるのかもとも期待してる。祈ってる)。


************

【ここからブログ用に書くこと】

私のところには、コメントやメッセージで、政治や社会情勢に関してどう思うかという質問や意見が寄せられます。

そこで、信頼できるある政治家に昨日メッセージし、ご返事をいただきました。
現実の厳しさについて触れながら、素晴らしい内容だったので転載したいと思いましたが、「貴女の信頼できる人の間にとどめておいてください」とのことだったので、控えます。

前々から思っているけれど、政府が信頼できない時に、憶測での情報が飛び交ったり拡散されたりするけど、私は、できるだけ中枢にいる方々に直接話を伺っています。

私に会う機会がある方は何でもお尋ねください。


*********

そして今夜は、TBSの「世界ふしぎ発見」を見ます。
テーマは、【世界を旅する BENTO】!!












[PR]
# by hihararara | 2017-04-29 12:19 | Facebook | Comments(0)

藤の花~お弁当~お弁当箱


【4月25日 facebook投稿より】

c0189426_12374384.jpg
c0189426_12365036.jpg
c0189426_12365829.jpg
c0189426_12370634.jpg



c0189426_12364090.jpg


スマホからのお試し投稿
旧姓が藤村なので、藤の花には親近感。
幸公園は、夢のような香りでした。

しかし、同じような違和感を持つおじさんが寄ってきて、
藤の花はふつうはもっとカンザシみたいに垂れ下がってるのに、
ここは管理の問題かな、と。(カギカッコの出し方がわかりません!)

私も、んだんだ、本当はもっと素敵だろうに、もったいないよね。と。

【ここで追記】お友達のご指摘により、
この藤は、ダルマ藤という種類とわかりました~ 
ありがとうございます(^^)

とはいえ、素晴らしい公園です。
あちこちで暮らした方から、豊橋は公園の数が多いと言われたことがありました。


最後の写真は、今朝の長男作のお弁当。
昨日、手抜きロコモコを載せちゃったので(笑)

(前日、友達までの限定公開で載せたお弁当)

c0189426_12400545.jpg


【同じ日の夜の投稿】

ご報告(笑)
長男のお弁当、いつも一つを載せてて、
コメントで少なくないか聞かれることもあったけど、
早弁用のおにぎりかご飯も毎日持って行ってます。

今日は早弁用を二つ持って行ったようで、洗う前にウケたので記録。

ちなみに今日の早弁は、昨夜の私作のタケノコの炊き込みご飯。
そのつもりで5合炊いた!
メインのお弁当作りは頑なに私の手を入れさせないけど、
早弁はよいらしい

おととい、中学時代の友達男子のお母さんに会ってお互いの弁当談義をしたけど、
野球部で朝練のある彼も、かなりでっかい弁当を持って行ってるらしい。

男子弁当、米の消費量、ハンパない

*これ、いちばん左、小さく見えるけど、女子だったらこれ一つくらいの大きさはあります。


c0189426_12372353.jpg








[PR]
# by hihararara | 2017-04-26 21:56 | 長男作の高校弁当 | Comments(0)

ガラケーとのお別れ


愛用していたガラケーが、昨日の朝突然フリーズし、いよいよお別れかもと思って、スマホを持つ場合のシミュレーションのために最寄りのショップに行きました。

バッテリーを外して再度入れたら、日中は何の問題もなく機能してくれました。

ところが夜になって、いつも通り充電して寝ようと思ったら、うまく充電できない。

夫の充電器で試したところ、本体の側に問題があるとわかり、動いてる間に、アドレス帳のみなさまの電話番号だけ手書きで記録しました(アドレスが移せるのかどうかわからなかったので念のための作業)。

その数なんと400件超!

・・・何度も心が折れそうになったし、パソコンが壊れる時と同様、人間関係の整理という気持ちもあったので、消えてもいいとも思いつつ、なんとか書き切って寝ました。

そして今朝、やはり充電は進んでなかったので、再度ショップに行き、最初はガラケー希望だったけど、値段的に今や変わらないので、とうとうスマホへ機種変更。

いまだにスマホじゃない意外性みたいなのも気に入ってたし(笑)、だいたいはパソコンで事足りてたし(携帯や機種への執着がない)、タブレットもあるし、スマホの地図に頼らず手描きで出かけたり、LINEに誘われても「ガラケーだから」と断る口実にできたし(笑)、依存せずに済むことで良しと思っていたけど、いざ手にしてみたら、思ったよりも見やすいし、使いやすい。

一時期は、大勢の人たちがスマホに慣れずにボヤいていたし、自分もタッチパネル自体が苦手だったけど、進化していたし、タブレットで慣れていた分、思いのほかすぐに順応できている。


これが、新しいスマホとガラケーの写真。レッドとグリーン。


c0189426_21010836.jpg

今日お店で知ったけど、なんと2010年の2月から、約7年使ってきました。
長生きしてくれたよ~~

c0189426_21003391.jpg


このストラップは購入時(と言っても当時は無料だった)に付いていたもので、その後、息子たちが幼稚園で拾ってきたどんぐりを着けていた時期もあった。

グリーンを選んだのは、その頃、2009年に再発した膠原病の治療で苦しんでいたので、生命力を感じさせる緑をいっぱい集めていたからだったと思う。

そのあと、とても元気に過ごしていたのに、一昨年も再発しちゃったんだから、激動の日々をともに過ごしたような気持ちもある。


c0189426_21004804.jpg


待ち受け画像は、伊良湖の海の時もあったけど、幼稚園の遠足で撮ったカバの夫婦?で定着していました。

パソコンや携帯は、昨日まで元気で仲良しだったのに、今日突然動かなくなってしまってお別れ、、みたいなことが起こる。

ハードとソフトが、肉体と精神の関係みたいだと思ったりする。

ちょうど今読んでいる、星野源の『いのちの車窓から』に出てくる一節。

<体という乗り物を星野源という精神が操縦していることの奇跡の実感・・・>

くも膜下出血から復帰した体験を持つ、星野源さんの言葉はいろいろ素晴らしいし、共感する視点も多い。


ともかく、7年も一緒に過ごし、ほとんど毎日一緒に出かけていた携帯とのお別れはとても寂しいけれど、新しいレッドスマホをしばらくは楽しんでみようと思います(保護フィルムとカバーも買いました)。

その上で、私の友達には、しっかり仕事してお金もあるのに、携帯電話を持たない姿勢を貫いている素敵な女性もいるので、携帯に振り回されることなく、大切なものを見極めて、時間やお金の使い方を、改めて見つめ直したいなあと思います。


*息子らにはスマホが似合わないと言われています(笑)
今では息子たちの方がスマホの操作方法をよくわかっていて(二人ともまだ携帯電話は持ってないけど、端末やタブレットはあり)、セッティングしたり、教えてくれて助かります。

*バッテリーがかろうじて残っていたおかげで、(400件手書きしておいた)アドレス帳は簡単に新しいスマホに移せました(笑)

*古いガラケーには、増田明美さんからの留守電が残っていて、マラソン好きな実家の両親に聞かせたいと思いながらまだなので、なんとかそれまではバッテリーが残っていて欲しいなあ~


【追伸】LINEに早速出てる?らしいけど、長男が自分用に設定したようなので、スルーしておいてください~








[PR]
# by hihararara | 2017-04-22 21:38 | 生活 | Comments(0)