イベント&卒業式向けカット


イベント準備や長男の入試、次男の卒業のことでバタバタで、この記事は、3月5日のfacebook投稿分だったのに、ブログ用に書き足したいと思っているうちに転載が遅れました。

情報を見て「日原いずみ」で検索の方、ありがとうございます(笑)

イベント、ぜひお越しください。
ご無理でなければトーク&座談会も!
(直前はこたえられませんが、質問等あれば、コメント欄にどうぞ)
昔々の頃からの小説やブログの読者さんも、良かったらこの機会に会いに来ていただきたいです。

今日は午後、中日新聞の取材です。


c0189426_15350129.jpg


【イベント&卒業式向けにカット

日原いずみ こと まーちゃんです。
(☆日原いずみというペンネームは、独身時代に書いた1作目の主人公の名前で、子供が二人になっていた2作目の時に「家庭を守って自由に表現するために」という編集者のススメで、ペンネームとして設定しました)


イベント前最後のお当番です(^^)

写真は、3日前に編集長chomokoの美容室LUZでカットしてもらった時のものです。
カットも写真も美しく仕上げてくれてますが、実際は、シミシワシラガが気になり始めたシジュウシの私です(笑)


chomoちゃんはいろいろやってる活動的で愛あふれる人なんだけど、本業の美容師の技術も抜群で、驚くほどです(そういえば本業はこれだったよね!みたいな)。


さて、イベントも2週間後となりました。
このトークのご依頼を受けてから、不思議なことに講演や講座が増えたのですが、この1年、長男が中3の受験生だったため社会や教育や子育てについて改めて考えることが多く、私自身もいっぱい学びました。
たくさんのインプットを私というフィルターを通してアウトプットしている感じです。


その中で見えてきたことは、社会や大人たちの不安が子供たちに伝播してしまうということです。
子供自身は本来とても自由でキラキラしていて、その魂を汚すも、一層輝かせるのも親や大人次第と思うところがありました。

幸いにも我が息子たちは彼らのよさを生かしながらここまで来ているように思います。
もちろんたいへんな時もあったし、日々いろいろあるけど、自分らしくたくましく生きていくと思っています。


そういう、自分が自分らしく生きていくためのコツを、トークではお話できたらと思います。
大人たちの空気感が子供たちに響くので、大人たちがまず、フラットに希望を持って過ごしていけたら、という気持ちです。


ではでは、会場でお会いできるのを楽しみにしています
当日は、きみどり作のこの服を着てるので、気楽に話しかけてくださいね!



☆ヒカリめがねHP (イベント情報、続々更新されています) 

http://www.hikarimegane.kirara.st/







[PR]
# by hihararara | 2017-03-10 11:03 | ヒカリめがね | Comments(0)

卒業式ランチ ~ 入試弁当



遅くなってしまったけど、卒業式のお昼、学校でわいわい騒いで、遅くに帰ってきた長男の希望で、石窯ピッツァのネアポリスにランチに行きました。

中2の時、長男が職業体験をさせてもらったお店です。

最初の2枚は私の撮影で、あとの4枚は長男が一眼レフで・・・
(この夜、友達とはしゃいで、レンズが壊れた!)



c0189426_14491745.jpg
c0189426_14501711.jpg


c0189426_21294920.jpg
c0189426_21300715.jpg
c0189426_21302261.jpg
c0189426_21303551.jpg

最後のドルチェは、顔なじみとなっている長男に向けて、店主ご夫妻が卒業のお祝いにサービスしてくださいました(ありがとうございました)。

どれもこれもやはり美味しくて、長男が偏愛的なほどに好いているのもわかります(笑)
ごちそうさまでした!


長男は、ネアポリスでの体験も大きくて、様々な夢を持っているけど、卒業式で渡された手紙に
<イタリアは絶対です>
とありました。

ひとつ前の記事で触れたけど、父親へ書いた手紙に、

<オヤジが描くような息子設計図の通りの進学校には行けなかったけど、いつか、料理で人の心を温められるような料理人や人間になりたい>
(*進学校は行けないよりは行かない感じで・・・今週受験中なのでまだ未定です)

みたいなことが、切々と書いてありました。

<お母さんが入院した時に、オヤジが作ってくれた料理が美味しくて、嫌なことや寂しさを忘れられたこと>

<小6の時に友達が泊まりに来た時に、オヤジが作ってくれたから揚げの美味しさを、友達が今でも思い出してくれること>

<人の心に残り続ける料理が作りたい>

などなど・・・

私の方の手紙には、
<国語の授業で習った『温かいスープ』のように、困っている人を助け、その時だけでも幸せな気持ちにさせてあげられるような、料理人に、人間になりたい>

とありました。

まだ今が入試の真っただ中だし、夢は移り変わるだろうけど、長男のベースにあるやさしい心に感動しました。


話があちこち飛んでるけど、入試の今朝、私が作ると言っても、から揚げと卵焼きを作ったお弁当です(^^)



c0189426_15031198.jpg


明日の面接で聞かれることがあったら「3年間お弁当の日は自分で作りました」と言いたいらしいです(笑)

<勉強のためには起きないけど、弁当のためには起きる>

を貫いた中学生活でした。

それが長男の個性。
褒められることばかりじゃなく、つい最近も叱ったりケンカになったり、いろいろですが、たくましいし、たのもしいと思います。

















[PR]
# by hihararara | 2017-03-06 15:05 | | Comments(0)

中学の卒業式




c0189426_23320473.jpg


今日は長男の中学校の卒業式でした。
写真はクラス風景なので、画像を小さくしています。


これは体育館での卒業式を終えて、学級卒業式の場面。
人数が多いので、代表が卒業証書を受け取り、クラスごとに担任の先生から授与されました。


学級卒業式では、生徒が考えた出しもの?が披露されるようで、長男のクラスは、今週になってから「動画をつくろう~」ということになり、長男が中心となって、先生に内緒の撮影や編集を行いました。


1年間の行事の思い出の写真や、一人一人からのメッセージなどをBGM入りで制作し、エンドロールは、いきものがかりの「歩いていこう」をバックにクラスメイトの名前と担任の先生二人のお名前。

初めてつくった動画の割にはとてもよくできていました。
(来週受験なのに、丸3日、編集作業ばかりしていた)
しかも私は、上映のためにパソコン持参(笑)
まさかパソコン持って卒業式に出ることになるとは・・・


動画のおかげもあったようで、最後の先生からのお話では、二人とも泣いてくださり、特にあと1年で退職という先生が、「今までほとんど泣いたことがないけど、おそらく自分にとって最後の卒業生で、それが君たちで良かった」と不器用そうに、人間丸出しで泣いてくれて、みんなも涙・・・。

もう一人の先生も、こらえてこらえて、最後に男泣き!という感じで、その先生たちの本音の姿を子供たちも私たちも見せてもらえたことがすごくよかった気がする。


長男はとてもユニークで、大勢の先生やお友達にいっぱいかわいがっていただき、800人近い大きな中学校なのに、長男のキャラのおかげで小さく感じました。
先生との距離感も小学校の時より近くて、いっぱい助けてもらいました。


特に、思春期で父親との関係がうまくいかなかった時に、頼りになる先生方複数にお願いし、長男に言葉をかけていただきました。


そんな長男ですが、生徒たちから親への手紙が渡され、中を見たら、私宛に1枚、夫宛に3枚。
夫は卒業式に出た後会社に行ったのでその手紙をまだ読んでないけど、長男の素直な感謝の気持ちが綴ってあり、私が先に泣きました。


あまりに濃過ぎたあっという間の3年間。
帰りにはみんなワイワイ、今日は無礼講の携帯で撮影しまくっていて、瑞々しいニュージェネレーションたちを眩しく思いました。









[PR]
# by hihararara | 2017-03-03 23:32 | 長男 | Comments(0)

トークの詳細


c0189426_20494445.jpg
c0189426_20495847.jpg
c0189426_20501056.jpg
c0189426_20502062.jpg


【更新増えててすみません。「ヒカリめがね」「リトルプレスサミット」FBページ投稿分より】


3月19日のリトルプレスサミットでトーク&座談会に出る日原いずみです(何回も書いてすみませんが、初めて読む方もいるので・・・)

以下、トークの詳細です【毎度長いです】
今回の写真、自分好き!ってわけじゃないけど、ご紹介として、ふだんそんなにやらない顔出しで。


1枚目は、当日予定している衣装(笑)。ヒカリめがねで「おしゃれめがね」担当のきみどりさん作です
(編集長chomokoの美容室でchomokoカット&撮影(^^) これは3年前?の写真で、明日もイベント向けにカットしてもらいます)


2枚目は、2月に行った母校の高校での講話風景。お題は校長先生のご依頼もあって「自己肯定感について 親からの自立 子からの自立」でした。
写真は、講話終了後に担当の先生から感謝の言葉をいただいてる場面。小さい画像ですが、うれしそうな私です。

この写真では高校生しか写ってないけど、実際には先生方や保護者も複数、さらに校医さんたちもいらっしゃいました。
これまでにも、名古屋の女子大やら中学校やら市の子育て講座やら自分で主催するものやらいろいろお話ししてきたけど(この後もロータリークラブなど)、昔は実はかなり緊張するタイプでしたが、オバチャン化によってクリア(笑)


3枚目は、「文学で読み解く食と性」という講座での一枚。手持ちの本をいっぱい持参しました(撮影はふれでぃー山崎さん)。


4枚目は、今回のトークで使う画像のうちの一枚より・・・(ネットより「カピバラ連続ヘブン状態」)


トークのタイトルは、「日原いずみのコミュニケーション講座 表現すること、愛すること」としています。これは、編集部のみなさんからの希望を総合して設定しました。

コミュニケーションで意外と悩んでいるお方が多いですが、自分をひらき、相手をひらくコツや、まずは自分を好きになること、相手の懐に入るコツなどをスライドを使って、わかりやすく楽しくお伝えします。
恋愛にも仕事にも子育てにも役立つはず!


私自身、順調そうに見られますが、その昔はコンプレックスいっぱいで、持病はあるし、夫は万年思春期だし(笑)、いろいろあります。
でも、そのおかげで、たくさんの本を読み、たくさんの方々から学び、乗り越えながらの心地よい今です。


1時間のトークを聴いていただけたら、きっと大らかな気持ちになり、歩みが軽くなるのでは?と思っています。
男性も女性も大歓迎ですよ!
チケットに動きが出てきて、経験上、直前にばばばーって埋まったりするので、興味のある方はお早めに・・・


お手数おかけする形で申し訳ないですが、豊橋市佐藤町の「かぁやん商店(0532-62-1508)」か、新城市の「LUZ(09044457827)」でお求めいただくか、ネットショップのBaseも、郵送料82円が上乗せではありますが、お気軽に購入いただけるので、ご検討ください。
http://hikarimegane.thebase.in/items/5287429



子連れOKだし、当日のお子さんの具合で心配な方も多いと思うけれど、チケット購入後の急なキャンセルの場合は、第3号や私のトーク内容のダイジェストをお渡ししたり、何らかの対応をしたいと考えています。

座談会参加の原田章生さんも編集長chomokoも私も、男兄弟の親ですので(原田さんと私2人、chomoko3人!)、やんちゃなお子さんへの理解は最大級にあるのでは、と思っています(^_-)-☆







[PR]
# by hihararara | 2017-03-01 20:52 | ヒカリめがね | Comments(0)

記念切手 + 卒業間近



c0189426_09011340.jpg

記念切手大好き。

来月のイベントのために、家事や仕事の合間に、お手紙でチラシをお送りしています。
よかったら来てください!という方もいれば、近況として・・・


たった今は、ふるさとに住む87歳の男性に向けて。
先週久しぶりに電話をいただき、朝日新聞で連載された渥美半島にまつわる記事をコピーして送ってくださったのです。


故・杉浦明平さんとのつながりもあり、私の創作活動をずっと応援してくださる方で、2作目の『赤土に咲くダリア』は、このおじいちゃんに最初にお渡ししました。
白内障の手術をした頃で、それでも読みたいとおっしゃってくださり、読んでもらえるうちにと急いで・・・
今日もそんな気持ち。


駒屋まで足を運ぶのは難しいだろうけど、今も「書くこと」「伝えること」を続けてますよ~のお便りです。


相手を想いながら切手を選ぶのも楽しみですよね!
(例えばいちばん上の桜は、同じ受験生の子を持つ友達に「サクラ咲きますように」の願いを込めて


*************

【2月28日 FB投稿分】

実はいろいろな背景があって、3月19日のイベントでトークすることに決まったけど(ひとつ前の投稿も見てね!)、当初は受験生の長男の今頃の様子がどうか心配でした。


今週の金曜日、3月3日は中学の卒業式。
来週は公立高校の入試。
さらに言えば、16日は次男の小学校の卒業式!


で、長男は現在、受験勉強よりも、卒業式の後にクラスでサプライズで流す動画制作に奮闘中(笑)
いや~~、やっぱりそっち系の血も流れてる。
私もADやってたし、パソコンへの知識をふだんはバカにされつつも、さっきは長男がわからないことをフォロー!


卒業式で、保護者たちもいる場での上映かもなので、色んな人に配慮しろと伝えたら「卒業してもう会わなくなるからいい」と言い出すので、
「お前は良くても、〇〇(次男)が入学するんだよ。その親たちともまた私はつき合っていくんだよ!」
と伝えたら、
「わかってるよ!だから最近は行動をデクレッシェンドしてるんだよ!」
と言うのでまた爆笑!!


なぜなら、長男は音楽の授業が苦手だったのに(歌うことは大好き)、音楽用語を使ったので・・・
「あんたの3年間で、いつがクレッシェンドだった?」と聞いたところで次男が、
「アクセントもあったよなあ!」
と言い出し、さらに長男が「フォルテッシモ!!」と叫んでまた爆笑。
次男もふだんは音楽が苦手なのです(笑)


いずれにしても、自由奔放で豪快なタイプの長男が、入れ替わりに入学の次男のために、今日の「3年生を送る会」でも、ふざけ過ぎなかったらしい・・・

最後の最後まで気が抜けないけど、まずは長男の卒業式、本人も泣くとみんなに宣言してるので、私も力いっぱい泣く予定!











[PR]
# by hihararara | 2017-03-01 09:04 | 生活 | Comments(0)