「ほっ」と。キャンペーン

藤ノ花女子高校 ~ おばちゃんショコラ♥



c0189426_19495941.jpg
c0189426_19504068.jpg


今日は、3月のリトルプレスサミットのポスターを、豊橋創造大学に貼っていただくために、本部のある藤ノ花女子高校に伺いました。
経営陣(創立者や現理事長のご家族)に大学のOBさんがいらっしゃるのです。

藤ノ花、初めて入ることができて感激でした。しかも理事長室(笑)
自分の旧姓が藤村なので、藤ノ花の存在はなんとなく気になってました。

高校時代に出会った藤ノ花の陸上部の同学年の子たちが美人ぞろいだったり、ユニフォームやウェアに藤色が使われていたり、印象深かったです。


そのOBさん含めて、超優秀で人柄も良い方が経営側にいらっしゃるので、信頼できる高校であり、大学というイメージ。

イベントでちょっとでもお世話になる方々のことは、お褒めしたくなります(笑)



もう一枚の写真は、長男の友達が家に来たので、帰り際に渡したチョコレート。
私も今日一袋もらったものなんだけど、ビターなので、息子らからは苦い苦いと不評で、気持ちとして3つ。


とっさに、「はい、おばちゃんショコラ」と渡したんだけど、我ながらいいネーミング(笑)
イメージは、大阪のおばちゃん(おかん)が、よく知らない人にも配るという飴玉🍬


今朝のテレビで女子高生にバレンタインデーについて聞いたら、「チョコを渡して告白なんて、昭和っぽい」とバッサリ(笑)


私の中学時代なんて、チョコ作りやチョコ渡しが、友達ひっくるめての大行事だったのに、昭和は遠くなりにけり。

同時に、自分たちの時代の価値観を子育てで押し付けるのは時代遅れなことも多々なんだろうなあと再認識して、時代は変化している、と清々しい気持ちにもなりました。












[PR]
# by hihararara | 2017-02-14 19:53 | 生活 | Comments(0)

「愛着障害」岡田尊司さん







過去に私もインタビュー記事を書いていただいたことがある、マザールのあべみちこさんによる記事。

この、岡田先生の「愛着障害」に関する研究は、みちこさんのおかげで知りました。自己肯定感の講座には間に合わなかったけど、「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」「夫婦という病」「きょうだいコンプレックス」は今、手元にあります。
家族の関係に悩んでいる人にとっては、救いとなる面もあると思う。


このインタビュー、全体的に大いにうなずきました。この間の高校での学校保健委員会で私が伝えたかったことにも重なるし、その場で紹介した尾木ママの教育相談の記事にも重なる。


例えばこの部分・・・
<どんどん変動する社会の中で何よりも大事なのは、やりたいことを持てるかどうか。今の子どもがかわいそうだなと思うのは、「これがやりたい」という子が少ないこと。>


事例として書くと、うちの長男はガリガリ勉強をするタイプじゃないのだけど、将来やりたいことはいっぱいある。先月買ってきた「実用六法」に引き続き、昨日は「イタリア語会話」の本を買ってきた(詳しく書くと、ふだん課題を手伝っている友達がお礼に買ってくれた)。

どちらも、二種類のやりたいことに役立つ本。その前に受験勉強しろよ、と思うけれど、笑っちゃうくらい楽しそうに夢について語ってくる。現実はそんな甘いもんじゃないけど、成し遂げていけそうに思える。


大学を卒業する頃に何がやりたいかわからない子が増えてるらしいけど、失敗しても乗り越えていくためには、岡田先生曰くの、「安全基地」を心の中に持つことが大切で、親として、そういう存在でありたい。









[PR]
# by hihararara | 2017-02-14 19:46 | 教育 | Comments(0)

『ヒカリめがね』第3号表紙&イベントについて


このところ、一日に複数の記事をUPしたり、コピペも増えてるので、
よかったら、さかのぼってくださいね(^^)/


c0189426_20185800.jpg

いろいろと宣伝活動を開始しています。
『ヒカリめがね』第3号の表紙です!
テーマは夫婦!おもしろいよ~~


描いてくださったのは画家&音楽家の原田章生さん💛
愛あふれる動物の絵で有名なアーティストさんで、今回、イベントの座談会ゲストとしてお願いした流れもあって、表紙画を編集長が依頼しました。

豊橋出身のお方で、一度だけミーティングでお会いしたけど、すっごくナイス。気が合う(笑)

この発売と合わせての3月19日(日)には、二川・駒屋でイベントを行います。

すでに何度か載せてるけど、こんな感じ。

c0189426_22214831.png

c0189426_22221658.png


私のトークもございます。
もうすぐ、全部ではないけど、小学校のお便りにもチラシが入ります。

一昨日も駒屋さんに出かけてきたのですが、小学校の、前の教頭先生にバッタリ会って(私は本当にバッタリが多い)、「覚えてますか?」と聞いたら「覚えてるよ!」と。
PTAでもお世話になったし、長男たちのクラスの学級崩壊もあったしね(笑)

教頭先生にもちゃっかりチラシをお渡ししました。


今までの催しや講座では割と遠慮してきたけど、みなさまぜひ来てくださいね!
(女性が多そうなイベントですが、男性も大歓迎ですよ~)


イベント自体には無料でご入場いただけるけど、講演会と座談会はチケットが必要です。
通しチケット1500円で、ヒカリめがね第3号付き!


豊橋市内なら、かぁやん商店(佐藤町2丁目28-9  電話0532-62-1508)でお求めいただけます。


チケットのネット販売はこちらから・・・


わかりにくくて、私のところに買いに来れそうな方はメールください。

ブログの読者さんは、質問やコメントをお気軽にどうぞ~






[PR]
# by hihararara | 2017-02-12 20:26 | ヒカリめがね | Comments(0)

NHKサキドリ、見逃した方、再放送をよかったら・・・


今朝見たこの番組(お知らせは昨日)、とってもよかったので、再放送をぜひ見て(or録画)いただきたいです。

<再放送> NHK総合 2017年2月15日(水)午後3:10~


【直後にFBに書き込んだこと・・・】

素晴らしかった。
懐かしかったし、考えてみれば松場夫妻が今の自分の年頃だった姿を見ているので、あの頃と変わらない部分、さらに進化してる部分、学ぶことや言葉がいっぱいあった。
経済49% 文化51%・・・


今日見逃した人は再放送をぜひぜひご覧いただきたいです。

*********

私が住んでいたところから、車で15分くらいのところにこの大森町はあり、当時手伝っていた美術作家が松場大吉さんの同級生だったこともあって、頻繁に伺っていました。

東京から愛知に戻る前に、私はこの島根県に1年、そのあと、当時妹がドイツに住んでいたので3ヶ月ヨーロッパを巡ったんだけど、その頃の体験のおかげで、今豊橋で落ち着いて?育児していられるところがあります。国内外の旅(心の旅を含めて)はめいっぱいしたので・・・

『ヒカリめがね』第三号ができたら、松場夫妻にお送りしたいと思います。









[PR]
# by hihararara | 2017-02-12 20:10 | お知らせ | Comments(0)

松場夫妻 in「NHK サキどり」 



【明日の朝放送の番組のお知らせです。再放送もあるみたいです】





97年夏~98年の夏までの1年間(石見銀山が世界遺産に登録される前)、私は島根県大田市に住んでいました。


この松場夫妻にもお世話になり、何度か自宅におじゃましたり、鄙舎という茅葺屋根の家屋に集って囲炉裏を囲んだり、群言堂での展覧会を手伝ったり、パッチワークコンテストの審査員をさせてもらったり(笑)
それはそれは素敵な体験をいっぱいさせてもらいました。


島根を離れた後も、ご夫妻はどんどん活躍なさって、メディアで取り上げられることも多々。
ひたすら懐かしいです。


憶えていただいているかわからないけど、この番組を見たら連絡してみようと思います。
暮らしを大切にすること、地域に関わっていくこと、あの頃よりも今の方が、大森の素敵な町づくりの素晴らしさを実感します。













[PR]
# by hihararara | 2017-02-11 16:27 | お知らせ | Comments(0)