ぞうめし屋・オムライス・息子語録



バタバタの日々だけど、吐き出しって感じに投稿も増えちゃってます。

【3月14日 昼 FB投稿分】

c0189426_20315693.jpg

c0189426_20320919.jpg
c0189426_20322840.jpg

c0189426_20324203.jpg


西尾の超人気店、ぞうめし屋がgarageに出店と知って、自転車で行ってきました。
10時スタートで、10時半でこの行列!
並ぶのが好きじゃないので、とても迷ったけど、辛抱強く待ってみた。

「昨日は3人のスタッフで来たけど、こんなじゃなくて、今日2人にしてみたら行列で、完全に読み間違えました」とイマダイさんが言ってたけど(知り合いじゃないけど有名人)、相変わらずの人気だね~


19日のイベントのこともあって、風邪を引くわけにはいかないし、けど、参考にもなるしという感じで待った(笑)
初ぞうめし屋は何年か前のアースデーたはらで、その後建った実店舗にも行ったことある。
その時(一昨年の夏)のブログ(同じ日にnidoで居土畑さんの桃のももパフェまで食べてた)→
 


今は時間がないけど、ぞうめし屋が人気の理由はわかる気がして、まとめてみたい。
あ、オムライスは、春休みに入ってる長男が、今日から給食なしの次男と私に作ってくれました♪


******************


【夜 投稿分】

【息子語録】


私:「イベントにド派手な格好で出ようかなあ~」
次男:「やめろよ、オレらも行くんだから」
長男:「恥さらし!」
私:「だって、舞台に上がるんだし、まあ、舞台じゃないけど」
次男:「調子に乗るなよ、底辺作家が!」


(笑)(笑)(笑)

底辺作家なんて、その通りなんだけど、いったいどこで覚えた言い回しかと思ったらYouTubeからだそうで!
長男より次男の方が昔から悪い言葉をもらって帰ってきたけど、今じゃお手本?がYouTuber(笑)


あんまりひどい言葉は当然注意するけど、幼少期の名言(迷言)を母子手帳に記録してあるように、思春期は、昔のイヤイヤ期と言動も重なるし、言葉のおもしろさも重なる。
どこでそんな言葉覚えたんだ~~!?ってのがふいに出てきて(難しい言葉もキタナイ言葉も)、怒るより笑ってしまう。


兄弟の卒業が重なり、大型犬と中型犬が長いこと家にいる日々となり、リビングの足元をベイブレードがずっとくるくるくるくる回っていた時を思い出すような落ち着かなさです








[PR]
# by hihararara | 2017-03-14 20:34 | こども | Comments(0)

最近のFB投稿二つ


【3月13日 facebook投稿分】

*ひとつ前も重要なお知らせなのでご覧ください。


昨日は、FB友達であり、毎年絶品のスイカをいただいている清田さんの娘ちゃんの真央ちゃんが名古屋ウィメンズマラソンで自己ベスト更新の3位!

今日は、高校時代の同級生の写真家の桑嶋くんと、(いまや奥さんの方が親しい)弥栄ちゃんの娘ちゃんのあーちゃんが東京藝大に合格!


と、リアルなお友達の華やかな話題。

真央ちゃんが育ったおうちの周辺の風景も中学校のグラウンドもお父さんやお母さんの温かさもわかるし、
あーちゃんが育った家庭の比類なきおもしろさもわかるので、感慨深い。


あーちゃんは6人きょうだいの長女で、家事や育児もいっぱい手伝ってきて、その上での超難関大への現役合格だから本当にすごい(東京藝大がいかに人気で難しいかは、私も現代美術作家のアシスタント時代によーくわかった)。
勉強や技術だけで受かるところではないので・・・
あーちゃんの能力や人物を見抜いて合格とした東京藝大についても褒めたい気分(笑)


鈴木亜由子ちゃんもそうだけど、真央ちゃんもあーちゃんも、親が何か無理にやらせてるというのは全くない。
本当に力のある子は自分でちゃんと伸びゆく。
たまたま突出した子たちをピックアップしたけど、その子その子が自分を輝かせたらなんでもいいんだと思う。
希望が持てます。


********

【3月14日 朝投稿分】



同じ15歳の息子を持つ、大好きな友達二人のシェアで知った記事。


いろいろが落ち着いたら「受験をめぐる大人たちの不安」というコラムをまとめる予定だけど、そこにも一部盛り込みたい内容(斜め読みですが)。


こうなると、今度は、多様性を子供に持たせるためのノウハウとかそういう塾までできたり(AO入試対策はすでにあるわけで・・・ちなみに私自身ごく初期のAO入試経験者)、海外留学できるような家庭が優遇されて、ますます教育における経済格差が問題にもなりそうで、ゴールが結局大学に入ること、にはなってほしくないけど、「多様性への理解」は自然に進んでほしい。


例えば家族の形態も一様ではないし、国籍だとかLGBTの問題だとか、自然に受けとめられる子が理想だと思う。


私は教育改革と同時に、序列型の社会の、形態よりも意識の持ち方に変化ができてほしい。

つまり、どんな職業にも優劣なく、その場その場の人たちが自信や誇りを持てるようになってほしい。それには、精神や哲学と同時に構造側にも働きかけなくちゃだからなかなか難しいことではあるけど、子供たちの前に、大人たちのコンプレックスが消えていってほしい。
そのための草の根の動きを色々しているつもりです。


ある意味、親たちのコンプレックスの表れにも感じる、早期教育の塾が近所にあるんだけど、前から書きたかったけど、そこに子供を通わせている親たちの車(外車率高し)のマナーが悪くて呆れます・・・
塾を利用するのはいいけど、塾依存に至ってしまう心持ちこそ、まずはなんとかしなくちゃと思う。








[PR]
# by hihararara | 2017-03-14 20:25 | 教育 | Comments(0)

チケット締め切ります~



c0189426_11351306.jpg




【お知らせ】

3月19日のリトルプレスサミットの講演会&座談会のチケットが残席わずかで、
私自身も個別に希望を受け付けてきたけど、私の分は締め切らせてもらいます!
近々、中日新聞にも載る予定なので、完売は間近と思います。


どうしても、という方は、お早めに「かぁやん商店」(0532-62-1508)
にお問い合わせください。*申し訳ないですが今日(月曜)は定休日です。


ありがとうございます
当日、素晴らしい時間にできるように、今週は集中して内容をととのえます!!

☆写真は先週お取り置きした友達分です。









[PR]
# by hihararara | 2017-03-13 11:36 | ヒカリめがね | Comments(0)

3月11日 & 次男・柔道卒業



【3月11日 facebook 投稿分 ①②】

*シェアの元の記事はないですが、自分の今日のおもいを・・・

今日は、3月11日。
日本中がきっと、命について考える日。

そんな日にシェアさせてもらう、「ヒカリめがね」編集長で、美容師のともちゃんの昨夜の投稿。


いろいろな衝動やヒラメキを形にしないと気が済まないようなともちゃんとはタイプが似てるなあって思う時がある。


ともちゃんも私も、生命力のカタマリに見えるだろうけど、ともちゃんは、若い時にお父さんを亡くした経験があり、今はお父さんがのこしてくれた美しいお庭や美容室を守っている。

私は私で、20代からの病気や、死を意識した体験から、人も自分もいつ死ぬかわからないと実感しているし、だからこそ、生きられる間はめいっぱい楽しもうと思っている。


周囲を見ていても、生と死について深く考えた体験を持っている人こそ、生を謳歌しているように感じられる。
(ハツラツとして見える人が、実は深い傷を抱えていたりする)


私は人が自分のやりたいように純粋な気持ちで生きるのを見るのが好きで、それは赤ちゃんやこどもを見る気持ちにも似ている。


大人になると、いろいろと背負ってしまうけれど、直感や「好き」を大事に生きる姿勢、それは持ち続けていたいし、みなさんにももっと自由に生きてほしいなって思ったりします。


先月末観た、福島の南相馬を舞台としたドキュメンタリー映画の『Life』の主人公の上野さんが言っていた、
「被災地のことを忘れないでほしいとは思わない。ただ、後悔のないように生きてほしい」
という言葉を再度噛み締めています。


***********************************



c0189426_21120348.jpg
c0189426_21123150.jpg
c0189426_21124002.jpg

今日で、次男の柔道は最後でした。
写真は、卒業の記念に、武道館から賞状をいただいている場面。


長男は、中学でも柔道を続けたけど(思いがけず最後は県大会も行けたけど)、次男は違う部活に入ると思うので、今日で柔道をやる姿を見るのは区切りだと思う。
長男の部活の大会でも何度も訪れた武道館へ行くのもしばらくないかな。


夫の希望で二人とも柔道を始め、最初に行っていた道場で、お兄ちゃんの練習をじっと見ていることができない幼稚園時代を経て、兄より1年早く始めて、最初は強かった。


1年生での初めての大会で、結果的に優勝した子と当たり、優勢だったのに逆転負けし、うわ~んと泣いて私のところに来た思い出。
前も書いたけど、泣きながら私のところに歩いて来るのを見ながら同時に「負けて泣いて母親のところへ来るのは最初で最後だろうな」と鮮明に思った(実際その通りだった)。

その試合でもしかして優勝していたら、柔道への印象は違っていたかもしれない。


小柄な次男は、体重別ではない小学校の大会では、どんどん不利になっていって、途中、イヤイヤな時期もあった。
頑固な夫が続けさせてきたけど、私も葛藤した。


最初の道場の人数が減ってしまったので、途中から市の武道館の教室に移った。
そこも人数が少なかったけど、どちらも温かい場所だった。
今日、みんなにねぎらってもらう次男を見て、私が泣けてしまった。

武道館の卒業のセレモニー的に、全員から次々投げられ、全員を次々投げての花道。


あー、いろんなことが終わっていくなあ。
来週はいよいよ小学校の卒業式。
幼稚園の卒業の時は、まさに2011年3月の混乱の頃でした。
無事に大きくなること、ありがたい。


あ、あとの2枚は、合間に1人で散歩した時の三の丸会館のお抹茶。














[PR]
# by hihararara | 2017-03-11 21:17 | 次男 | Comments(0)

入試弁当② 面接の日のランチ


【3月10日 facebook 投稿分】

c0189426_21153611.jpg
c0189426_21151831.jpg

c0189426_21150266.jpg
c0189426_21144440.jpg


昨日の入試弁当(制してもやっぱり自分で作りたがる)と、「面接がんばってね!」のたった今のランチ(これは私作)
長男大盛り、私は今日は少し。


今から長男を面接に送り、私は『ヒカリめがね』メンバーと中日新聞の取材!
入試を巡る親子の心の機微は当然いろいろあるけど、自分の道を歩むしかないからね!








[PR]
# by hihararara | 2017-03-11 19:32 | 長男 | Comments(0)