<   2017年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

32年目の飲み会



c0189426_19172170.jpg
c0189426_19175254.jpg


夫の高校時代のお友達が、早い人は午後3時から来てくれてて(笑)、毎年恒例の飲み会中。


5時にバイトを終えた長男が、カルボナーラをみなさんにお出ししました。そのタイミングで次男もご挨拶。

赤ちゃんの頃から見てくれてるお友達なので、「大きくなったなあ!」と。


長男の中学時代のオヤジとの葛藤も知ってくれてるお友達が、場を盛り上げてくれて、オヤジもたぶん初めて、長男が作ったものを食べました。


この集まり、今日初めて知ったけど、みんなが大学1年の冬休みの飲み会後に、流れて夫の実家に行き、その時、夫のお母さんが「おでん」を出してくれたのが始まりだったそう。


その後、料理好きな夫が色々作るようになり、お母さん→夫→長男のカルボナーラというリレー(笑)


32年続いている飲み会。15年夫の実家、17年我が家!


およそインスタ映えしないテーブルは、夫が実家時代に使っていた(その頃の飲み会にも使っていた)古いコタツ。


このお友達は、夫は読んでいない(知らせていない)私の『赤土に咲くダリア』も読んでくれてて、「自由にやればいいよ!」と言ってくれたり、息子の気持ちを代弁してフォローしてくれたり、夫のカチカチの石頭をやわらげてくれる大切な方々。


ありがとう。ずっと、これからも、ありがとう!!














[PR]
by hihararara | 2017-12-31 19:19 | 家族 | Comments(0)

高島屋 北欧展



その③ 【12月22日 投稿分】
*これ、すでに転載してありました。


c0189426_13584578.jpg
c0189426_13585368.jpg
c0189426_13590035.jpg
c0189426_13590621.jpg



昨日の名古屋は、新幹線の期間限定のタワーズパックで出かけ(豊橋-名古屋往復2960円で、1000円分の高島屋お買い物券付き)、ハンカチが欲しかったからよくある一階の売り場に行ったけど良いものがなく(高島屋も大したことねーなあとか思いつつw)、10階で北欧展をやってると知り、向かったらなかなか充実してて、ハンカチもゲット。

カウニステというヘルシンキのブランド。
マリメッコが有名だけど、カウニステも素敵でした。


そのあと、カフェの出店スペースの隣にベーカリーがあり、パンをカフェに持ち込めるなら買いたいと思って聞いたらOK


去年はできなかったらしいけど、カフェにパンやスイーツなくて、隣にパン売ってるなら、双方の売り上げのためにもOKにした方がいいよねと店員さんとお話。


私が写真を撮ろうとしたら、インスタ映え(笑)のために、店員さんがわざわざコーヒーの袋を添えてくれた(笑) よくわかってるねー

パンも焼き立てに変えてくれて(レモンクリームチーズパイ)、やはり外国でも国内でも、ちょっとの会話がオリジナルやハッピーを呼ぶ

今日は冬至だから、フィンランドの冬至を調べてみた。
太陽、ありがたい。



[PR]
by hihararara | 2017-12-31 14:00 | | Comments(0)

『red』豊川堂さん



その② 【12月19日投稿分】


c0189426_13520503.jpg
c0189426_13521220.jpg
c0189426_13521936.jpg
c0189426_13522743.jpg
c0189426_13523758.jpg

2年前の12月に出版した小作品集「red 」の精算のため、地元の老舗書店、豊川堂(ほうせんどう)本店に行ってきました。

戸澤店長とお話していたところに、高須社長も登場

「チョコレート色のほおずき」「赤土に咲くダリア」「red 」「ヒカリめがね」とお世話になってきました。

「red 」は、デザイナーのいーちゃんと組んで、初めてリトルプレスという形で出したけど、想像以上にみなさまにお買い求めいただき、うれしかったです。あらためてありがとうございました


講演活動が増えつつも、私にとって、一番成したいことや聖域は小説です。次回作は途中になってるけど(心情的に完成させられないものがあって)、ゆっくりやります。

「red 」、豊川堂の全店に置いていただいていたけど、長々場所をいただくのも申し訳ないので、いったん引き取り(というほど残ってなくて感激)、今後は本店のみにお願いして、支店からも注文あれば、届けていただきます。


遠方の方は、ネットショップBASEで取り扱ってます。
http://hihararara.thebase.in/items/2150915

引き続きよろしくお願いいたします

写真は本店と、名古屋の、豊川堂ささしまグローバルゲート店の10月のオープン時の画像です(*高須社長よりいただきました)。

地元の出版文化を支え続けてくださっている書店さんです。
本を買うなら豊川堂











[PR]
by hihararara | 2017-12-31 13:54 | 『red』 | Comments(0)

なんだかいいな、の日曜日



*年内に転載しておきたかった分をつづけて・・・(ひとつ前は、今日のブログ用の投稿です)

その①【12月17日投稿分】


c0189426_13404547.jpg
c0189426_13405132.jpg
c0189426_13405751.jpg
c0189426_13410495.jpg
c0189426_13411078.jpg



冬至前の日曜日。
朝から次男がシフォンケーキを焼きたいと

もう何度か一人で作ってるけど、やはりフォローもちょっと必要で、けど、反抗期なので素直に従えず(笑)、焼き上がり、本当はもっともっと膨らんでいたのに、すぐにオーブンから出さなかったからしぼんだ。


午後は、気の合わない夫婦の共同作業で、ワサワサに伸びっぱなしだった樫の木を切る。...
我が家を守ってくれてる木なのでタイミングが重要なのです。夫が枝を切って、ゴミに出せるように細かくして、私は葉を集めてごみ袋へ。
かなりの数でしょう~ がんばった


寒いし汚れたくなくて、ダウンの上に割烹着みたいなエスニックのチュニック着て、耳当てして帽子をかぶっていたら、バイトから帰ってきた長男に、「どこの民族?」と(笑)


庭の南天の実が鮮やかで、近所の人から「うちのは実をつけないのに立派だね~」と褒められたけど、「難が転じるようにという南天が実をいっぱいつけるのは、うちに難が多いんじゃないっすかね?」と(笑) まじで


今は次男のケーキで休憩。きめ細かくて上出来












[PR]
by hihararara | 2017-12-31 13:42 | 家族 | Comments(0)

Life goes on!! ブラックサンダーあん巻きと夫の朝帰り(歓迎)



c0189426_11433869.jpg

大晦日。

明日、実家へ持って行く手土産を、今年はお亀堂の「ブラックサンダーあん巻き」にしました。

豊橋以外の人に説明しようと思うと長くなるので割愛するけど、地元の新名物的に、今年話題になったお菓子です。

それを買うために、午前中、歩いてお亀堂へ行き(ちょっと距離はあるけど、のし餅を受けとりに来る人で駐車場が混み合うかもと言われていたのでお散歩や運動として)、寒い中での耳当ては、知り合いの投稿で知ったライトオンの閉店セールで300円で買ったもので、傘は夏の東尋坊で買った大きめの台風傘で、今年手に入れたものを大晦日にありがたく身に着けることに、なんとなく幸せな気持ちになりました。

道中には長男がバイトしているレストランがあり、中を何気なく見たら、おそらく長男が仕込みをがんばっている姿があり、それを見て、また幸せな気持ちに・・・

お亀堂に着いたら、駐車場は空いてて(そんなもんです)、予約してあったブラックサンダーあん巻きを受けとり、おばちゃんをねぎらい(年末の賑わいでとってもたいへんそう!)、帰りに傘を差そうとしたら、木の柄の部分のトゲじゃないけど、トゲみたいなものが指(右手中指の付け根)に刺さってしまった・・・!!

驚いたのは、刺さったことよりも、そのアクシデントによって(アクシデントそのものより、気づいたことにより)、冷えていた身体が温かくなったこと(笑)
歩く運動よりも、心理的な(ゾッとしたらふつうは冷えるのかもだけど)一種の興奮状態の方が身体を温めるんだ、と思った。
<我ながら、作家的観点で、何らかの渦中にあっても、いつも俯瞰してしまう>

痛くないし、そのまんまでいいかとも思ったけど、家に戻り、いちおう外科の当直医を広報で調べた上で、次男にお願いしたら、用意した針を使って取ってくれた。

助かった!!

次男は2年前くらいに、私ののどに刺さったサンマの骨を抜いてくれたこともあって(笑)、以来、医者気取りで、びびらずにやってくれる。

今回も、チョーめんどくさそうにしながらも、引かずにやってくれてよかった。その度胸が良い。

ものごとは好転する、と信じることだな。

そんなわけですが、本当は書きたかったことは(今からです)、昨夜の飲み会(夫の大学時代の柔道部仲間の飲み会@名古屋・・・夫は名古屋勤務だし、飲み会もたいてい名古屋)で、夫が終電を逃し、久々に朝帰りしたこと。

夫は深夜のうちにメールで謝ってきたが、私はそういう、遊びの末の夫の失態が全く嫌じゃないのです。

なぜなら、夫がハメを外せば、私も外しやすくなるから!!

滅多に使わないけど、大文字にしてみました(笑)

もちろん、頻繁だと腹が立つと思うけれど、ふだんの夫はクソ真面目で厳格なタイプで、でもその分、昔から酔っぱらうとタガが外れる様子。

17年前の結婚披露宴の時に、夫の側でスピーチをしてくださった3人ほどのお友達や先輩が、すーべーてー、酒を飲んでの夫の失態について語ってくれて、その時は大笑いしていたけど、結婚して子供が生まれるまでの間、お見事に終電を逃すとか、電車で寝ちゃって降りずに遠くまで行ってしまうとかを繰り返し、さすがに長男の出産予定日の直前(16年前のちょうど今頃)に帰ってこなかった時は超絶腹が立った。
朝帰って来てトドのように寝る夫を足蹴にした記憶がある(笑) 臨月の大きなおなかで蹴りました。

しかし、そんな夫も、長男が生まれてからは一度も乗り越しがなくなった。
その自覚や、気持ちの切り替え(やればできるじゃん)は立派(当然とはいえ)だった。

その後子供たちが大きくなり、お互いに自分の遊びや用事や飲みに出やすくなった。

私は自分自身の活動範囲が広いし、自分がしっかり遊びたいため、夫の遊びや失敗にかなり寛容だと思う。

そもそも、結婚した時から、誰か一人の相手が自分だけのものになると思ってないし、自分自身も誰のものにもなりたくない。縛られたくないし、指図されたくない。

お互いに、果たすべき責任を社会や家庭で果たしていれば、それ以外は自由でいいし、自由に過ごして世界を広げて家庭に還元した方が子供たちにとっても良いと思う。

夫に望むことは、自分も失敗することはあるのだから、私より、子供たちに対して、もっと寛大であって欲しい。+ 大切な人たちとの飲み会は大事だから、いっぱい楽しめばいい!

それを朝、(今夜の夫の同級生たちの飲み会のために準備した別室の)こたつで寝る夫に伝えました。

今夜、例年通り集ってくれる、夫の高校時代の同級生も、私にとっても、子供たちにとっても、大切なお方たち。
夫の高校時代から続く年末の飲み会。結婚しても続けてもらいたくて(長男の出産予定日(1月1日)の前夜も開催)、我が家で17年目。うれしいです。

たぶんまた書きたいことがあるので、シメの挨拶は控えます(笑)


Life goes on!!



























[PR]
by hihararara | 2017-12-31 13:20 | 家族 | Comments(0)

つぼみのラーメン



c0189426_21220097.jpg
c0189426_21222059.jpg

今日は夫が飲み会なので、息子たちの希望で、つぼみへ。
3人で走って出かけ、歩いて(満腹で)帰ってきた。息子らは大盛り
さらに私が麺をちょっとずつあげた。


市内のラーメン屋さん、親子であちこち試しつつ、つぼみに帰ってくる感じ(笑)


明日は毎年恒例の、夫の高校時代のお友達が集う我が家での飲み会(^^)



[PR]
by hihararara | 2017-12-30 21:22 | | Comments(0)

タイムカプセルみたいな・・・


c0189426_17073481.jpg
c0189426_17074654.jpg
c0189426_17075837.jpg
c0189426_17083086.jpg
c0189426_17084318.jpg



懐かしの丸栄ラッピング(笑)
まるでタイムカプセルのような、過去のギフト。


13年前に、今の家を建てて引っ越して来た時に、ご近所さん7軒くらいにご挨拶としてお贈りしました。


なぜか一箱余ったのか余らせたのかの箱を、今朝開けてみました。

オーガニックコットンのタオルと、ユーカリや海藻のソープ。
過去の私たち、素敵な選択(笑)


というわけで、思いがけないプレゼントをもらった気持ち。


本は、先ほど次男の本屋につき合い、直感的に買いました。スピリチュアルっぽい本は苦手だけど(本物は良いです。あふれてるニセモノが嫌い)、来年、住まいのお仕事に関わることが決まっているのと、今の私の関心にもピッタリ

その後、あるお店に寄ったら、高校をやめた長男の同級生の女の子がバイトしてた。

小1の頃は我が家に遊びに来てくれたこともあるので、「応援してるからね。またうちに来てもらってもいいし」と伝え、車に乗ったら泣けてきた。

いろいろあったんだろうなあと。


このところ、毎日のように、何か伝えたい相手にバッタリバッタリ会っていて、早口でささやいてます(笑)







[PR]
by hihararara | 2017-12-30 17:09 | 家族 | Comments(0)

2017 振り返り 音楽&本



c0189426_21403515.jpg
c0189426_21404652.jpg
c0189426_21410756.jpg
c0189426_21411684.jpg
c0189426_21453952.jpg

今年のうちに書きたいと思っちゃって、いくつもすみません。


年末になると、なんとなく、今年のベスト!みたいなのを振り返りたくなるけど、今年の1曲は、MONDO GROSSO × 満島ひかりの「ラビリンス」。

初めて聴いた時、サチモスの「STAY TUNE」に似た衝撃で(どちらも最初は車のラジオから)、澄んだ歌声が満島ひかりと知った時はさらに驚いた。

最近のオザケンとの「ラブリー」も良いです。


「ラビリンス」については、今年何度もヘビロテしてきたけど、最初に知った時(割と早い時期)に、感性を信頼する友達や師に伝えたくて、興奮気味に伝えたら、相手がみんな知っていて、さすが!と思った。感性の結びつきはスゴイ。


☆映像はこちらです(音出ます)。





今年のベストを書きたいと思って思い出したのが、中学~高校、大学時代に必ず見ていた『ファッション通信』。当時はテレビ東京で、今はBSジャパン。


この番組で毎年年末になると、「ベストオブベスト」を発表していて、ベストコレクション、ベストモデル以外に、ベストBGM(ランウェイ用の)とかもまとめて放送されて、すごく勉強になった。


私はファッションに特に詳しいわけでもないけど、この番組は大大大好きで(豊橋出身の故大内順子さんが進行役)、今HPを見て、10代の頃の興奮を思い出した。


パリやミラノの街角や、姿かたちが様々なモデルたちにワクワクした。

世の中には、まだまだ知らない世界や知らない美があって、これから知っていきたい、と思っていた頃。

その頃知りたかったことは、その後の歩みでほとんど知れたような気がするし、体験を積んだおかげでの今やこれからがある。


そして、今年のmyベスト本は、加藤可奈ちゃんの『笑顔のちから』。出版されたのは2011年だけど、私が読んだのは今年だった。そして、著者さん親子にも会えた(^^)


なんつーか、今年の年末の幸福感はハンパないです。
昨年の今頃はパソコンが壊れて右往左往していたけど、そのおかげで導入したパワーポイントのおかげで、講演いっぱいの今年となりました☆




















[PR]
by hihararara | 2017-12-29 21:52 | 感動 | Comments(0)

ミニポチ袋


c0189426_21342489.jpg

容量が小さいスマホで、空き容量の少なさに、一つの対策として、facebookを、facebook Liteに変更しました。

なので、書き方とか見え方とか、何か変化があるかもです。

これを機にスマホのfacebookをやめようかとも思いつつ(元々パソコンがメイン)、自由気ままな発信ツールとして。


今日は次男の協力のもと、大掃除してました。
買取王国にも持ち込んだ!(笑)


写真は、昨日長男が、もうすぐ閉店らしい100円ショップで最後に買ったポチ袋。
ふつうのお年玉の袋より小さい。


これに500円玉を入れて、甥っ子たちにお年玉として渡すらしい。次男には1000円あげるらしい。

昨日から、バイト連勤で、年明けも2日から入れていて、あんまりがんばらなくてもいいじゃんと伝えてるけど、アメリカに行くお金の足しにしたいらしい。


私は高2の冬休みはかなりバイトをがんばったけど(学校に内緒で、当時田原にあった「キッチンポット」)、高1はのんびりしてたな。


*デザインが相撲取りですが、角界の問題とは関係ありません(笑)















[PR]
by hihararara | 2017-12-29 21:35 | 長男 | Comments(0)

年末 2017振り返り





c0189426_21214970.jpg


いま、今年行ったたくさんの講演の資料を整理しながら、
6月に東京へ行ってきた時のことを思い出して、うるっと来た。

核家族で育児をしていることもあり、10年前の「赤土に咲くダリア」の打ち合わせの頃は必ず日帰り東京で(当時息子たちは幼稚園)、意外に思われるけど、この6月が初の単独での泊まりだった。

家族の翌日の食事の心配や段取りまでして、ドキドキしながら新幹線に乗り、頭を切り替えて講演のシミュレーション。...

よくもまあ、110名の、ほぼ男性の前でがんばったよ。緊張もしたけど、楽しかったという思い出(笑)

その時に出会ってくださった全国の方々とfacebook で今もつながっていたり、その後の鹿児島もそう。
確実に世界が広がりました。

やはり感謝しかないです。
ありがとうございます。









[PR]
by hihararara | 2017-12-29 21:22 | 講演 | Comments(0)