<   2016年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2016ありがとう。2017よろしくね!


【2016年最後のFB投稿より】

◆朝◆

拝啓 Windows様
このたび、Windows10になったわけだけど、慣れません。

*あくまでも相性の問題です。
10様と仲良くできてる方、気にしないでください。


軽い、ちゃらい、滑らか過ぎる、回転しすぎる・・・
文字を書くのに酔ってしまう・・・
(10というより、Office365の問題かなあ。Word2016とか)

ああ、どっしりしていて、無骨だった頃のXP様、
7様の頃が懐かしいです。

こりゃもう、進化ハラスメントよ!
乗れない私が悪いのか・・・

そのうち慣れるとは思うけれど、
ワープロでインターネットやメールができればいいくらいで、
ガラケー貫いてる私には、10様の軽やかさが憂鬱。

年末年始にこんな気持ちになるなんて!(笑)




◆夜◆

c0189426_22442377.jpg



ガラケーで撮った写真をパソコンに送信してのUP。
そこまでして?ってこともないのだけど
(今までみたいにデジカメ写真をまだパソコンに取り込めない)、1年のシメとして。

昨日は心も体もパソコンも不調でしたが、今日は大丈夫です!
毎年恒例で、夫のお友達が3人来てくれてて、別室で忘年会をしています。

高校時代のお仲間で、その頃から夫の実家に集まってたので(メンバーは多少変化しつつ)、
私と結婚してからも是非続けてもらいたい集まりで、
長男の出産予定日が1月1日だった直前も、実施してもらいました。

料理はすべて夫だし、私は気楽なもの・・・
こっそり夫の愚痴も聞いてもらえるような素敵な先輩たちです♡

今年もいっぱいお世話になりました。
2017年は、ワクワクの予感がするので、
きっといい年になると思います(根拠なし!)。

みなさまの健康とご多幸をお祈りしています!!









[PR]
by hihararara | 2016-12-31 22:49 | 生活 | Comments(0)

星野源の『恋』の歌詞。


今日は実家の餅つきに行ってきました。


実は今、体調も心境もあんまりよくないのと、パソコンに慣れなくて思うように打てないのもストレスですが、カラ元気では全然なくて、今年のうちに書いておきたいネタ・・・


明日の紅白にも出る星野源の『恋』の歌詞。
例えばこの部分がエロイとも言われてるけど、


<恋をしたの 貴方の
指の混ざり 頬の香り>


私はこの、「指の混ざり」を最初に聴いた時、「指の股に」と聴こえて(笑)、そもそも、星野源自身がエロイってのは本人の弁でも何かでも読んでたので、<恋をしたの貴方の「指の股に」>とはマニアックだなあ~~ フェティシズムってやつ?この歌詞いいのか?
って思ってたら「指の混ざり」で安心した(笑)そして、美しい表現だと思った。

その話を息子たちに伝えたらウケて、たまに「指の股に!」とわざと歌うので、お母さんは複雑な気持ちですw


最近、星野源のエッセイを立ち読みして、お母さんのことをお母さんの希望で「ようこちゃん」と呼んでたり、なかなかユニークな親子関係で、でも、そのエッセイやほかの本からも、彼のセンスや才能をびしびしと感じ(くも膜下出血からの復活の記録は凄い)、星野源を星野源になるように育てた親はすごいなあって感心してしまった。


うちも型にはまらないタイプの長男に手を焼いたり(私の母のお節料理作りが見たくて実家に泊まってる)、型におさまってくれてる次男(冬休みの前日に宿題を終えてる)に安心しつつも、もっと型破りでもいいのかな、なんて思ったりもする。


年末年始感が年々薄まっております。
今年に感謝、来年に希望を、とは思いつつ・・・
年賀状も、1月中にご返事として書きます。すみません!








[PR]
by hihararara | 2016-12-30 22:25 | 音楽 | Comments(0)

FB投稿二つ。パソコンについて。


パソコンが壊れていた間にfacebookにタブレットから投稿していた分です。
ブログ記事としては、今日だけで5つ目です。年内にUPしておきたくて、一気にすみません!

【12月27日投稿分】

パソコン、デルのデスクトップも考えつつ、ノートに決めて、昨日注文したら、もう、今日届いた。

しかし今はネットカフェからです(笑)(セットアップは明日がんばる!)
壊れると足を運ぶけど、久々でいつも使い勝手がわからん・・・


ここで書きかけだったブログも書いてしまおうと思ったら、下書きは外から見れないようで断念。

ふだん、パソコンでぱちぱちしゃべるように書いてるので、タブレットや携帯で文章を書くのはすっごいストレスたまると思ってネットカフェに来てみたけど(夕食の準備をある程度済ませてからね)、ここもうまく打てないし、たばこのにおいで、もう帰ります・・・

私がノートパソコンばかり検討しているのを見て、長男が、なんで?と言うので、振り返ると、初めてパソコンを買った頃は、東京、島根、ヨーロッパのあと実家に戻ったばかりで、自分自身が生きていく土地が定まってなかったからだと思い出した。

定住となった今、さらに、デスクトップでさえ持ち運びが簡単なくらいにシンプルになった今、デスクトップもいいじゃん、テンキーも自分はいやでも息子らも使うし、などいろいろ考えたけど、やっぱりノートへ・・・

もう放浪はしなくなったけど、放浪癖とか猫みたいな感覚ってのはきっといつまでも消えないんだろうな。

紙とペンがあれば、どこでも書けるってのが作家のいいところと思って、つくってきた道だけど、やっぱりシンプルに、持ち運べるノート型パソコンを相棒に、新たな数年をまた歩むぞ!


【12月28日投稿分】

次男がパソコンを分解して、どこかを叩いたら、パソコンが息を吹き返した!!

ウケる~(笑)

ちょうど、前のパソコンを注文したときにお世話になった当時のデルの担当くんが、コメント入れてくれた直後!(いい子だったので、fb友達になってもらっていたのですw)


新しいパソコンも来たので、古いパソコンは子供用ってことで!

取り出したかったものものもあったので、一瞬の再生としても助かる(^^)








[PR]
by hihararara | 2016-12-29 20:43 | 生活 | Comments(0)

スケルトン・中山英子さん引退






大好きな先輩、英子さん。
英子さんのいちばん苦しい時に結局なんの役にも立てなかったけど、いろんな思い出がよみがえります。

学生時代の英子さん、新聞記者だった頃の英子さん、
メールでうまく連絡とれない頃に、ミュンヘンにいた私に連絡くれて、オーストリア・インスブルックで待ち合わせて、スケルトンのワールドカップを観に行って、選手と同じ宿に泊まったこと、そのすぐあとの長野ワールドカップ、信濃毎日新聞社屋や、おうちでショパンを弾いてくれた姿、二大会連続のオリンピック、
長男がまだ小さかった時に我が家に来てくれてサインもいただいたね。

いつもお互いの唐突さを、理解し合える関係だったと思う。

おつかれさまでした。

私を通して英子さんを応援してくれてた友達や同窓生や記者さんもいるので、おこがましいけど、私からも、ありがとうございました。








[PR]
by hihararara | 2016-12-29 20:38 | スポーツ | Comments(0)

クリスマスネタ二つ、FB投稿分


5年前だって(^^)
次男の前歯は、今はスキマが埋まってる(笑)

c0189426_20031741.jpg


**************


【12月24日 FB投稿分】
c0189426_20312175.jpg
c0189426_20314041.jpg
c0189426_20314906.jpg



いつもはデジカメ撮影後にパソコンから書くけど、パソコンが壊れててスマホでもないので、タブレットで撮ってみたけど、写真がとても撮りにくくて変です!
でもこの、なかなかの高さを誇る、我が家恒例のシフォンケーキベースのデコレーションケーキを記録したくて(真ん中にイチゴ挟まってます)。
今日は朝から次男の希望で二つ焼いて、最初のは次男が作り、私はアシスタント。
デコレーションも次男がしました。


3枚目の写真は関係なく、4年前として出てきた当時のおかっぱ頭。
長い髪を切ってこうなり、今はベリーショートだけど、また少し伸ばしたくなり、とりあえず、やはり私はパッツン前髪だと思って今は前髪だけそろえておいた。
髪型への衝動はいつも思いがけないし、迷いがない(笑)


我が家の息子たちは、幼い頃は本気でサンタさんを信じていて、わくわくマックスの頃は楽しみすぎて寝れないし、気になって早く起きちゃうし、たいへんだった(^^)

それが、長男が小5のときに、夫がプレゼントをクローゼットの高いところに隠していたのを偶然発見してしまい、なしくずしに弟(当時小2)にも話してしまった。その時の会話を、さっき次男が再現してくれた。


兄 「ねえ、サンタクロースってオヤジだよ(我が家は小さい頃から夫の希望でオヤジと呼んでいる)」
弟 「え!?」
兄 「だって、あんなに都合よく電池が出てこんら?」


私は忘れていたけど次男が言うには、ある年、うれしくて2時に目が覚めて、置いてあったプレゼントのおもちゃで遊び出し、でも、電池がなくて、次に5時に目が覚めた時にオヤジが単2の電池を2つくれたそう。


まあ、そりゃバレるとは思いながらも、夫もよくがんばった(我が家は私にすら何も知らされず夫が用意していた)と思う。
言われてみれば、この子たちのこの興奮、大丈夫かな?と心配になるくらい寝てないクリスマスがあったなあ(笑)


今まだ、夢を楽しめるご家庭、ぞんぶんに楽しんでくださいね\(^^)/










[PR]
by hihararara | 2016-12-29 20:34 | こども | Comments(0)

料理写真


いくつかの記事をまとめてUPしています。

2016年5月の母の日に、長男が作ってくれたカルボナーラを筆頭に、あとは、私が作ったふだんのおかずを適当に撮りためたものです。
本当は年末にも撮ったものがあったけど、パソコンが壊れたので(実はその後復活もしてる)、掲載できず残念!
年間通して、パクチーをよく食べた気がする。


c0189426_21020293.jpg
c0189426_21021968.jpg

c0189426_21023046.jpg
c0189426_10364451.jpg

c0189426_21235951.jpg
c0189426_21243217.jpg

c0189426_19274426.jpg

c0189426_19283240.jpg
c0189426_15032613.jpg
c0189426_15034064.jpg
c0189426_15040195.jpg

これは、夫が10月のお祭りの時に作った「ちらしずし」に混ぜ込んだ具。
私より夫は細かくて、繊細な仕事するなあと感心したので(笑)

c0189426_13563411.jpg

c0189426_20025248.jpg
c0189426_20043206.jpg
c0189426_20085111.jpg
c0189426_20095783.jpg
c0189426_20104138.jpg
c0189426_20411861.jpg

c0189426_20330518.jpg
c0189426_20332367.jpg

c0189426_20355333.jpg
c0189426_20362817.jpg
c0189426_20402390.jpg
c0189426_20111627.jpg
c0189426_20114303.jpg
c0189426_20423322.jpg



[PR]
by hihararara | 2016-12-29 19:59 | | Comments(0)

高校生のための仕事学 @ 豊橋南高校 (2016.12.9)

c0189426_22293607.jpg


すぐに書けなかったけど、講座の詳しい内容を知りたいという方もいるので、以下、生徒さんにお配りした資料を転載します。
ふだんの有料の講座では、参加してくださった方への特典なので公開はしないけど、今回は記録と共有として・・・

A4の紙で読みやすいように打ってあるため、ブログに転載すると行替えなどおかしいし、文字量が多いけど、ご了承ください。



   【高校生のための仕事学】    2016.12.9 藤村昌代(日原いずみ)

◆グローバリズム、資本主義経済の限界 (ITのグローバル化は今後も進む)

◆「2035年働き方の未来」(厚生労働省)より抜粋
<「どんな会社に入るか」ではなく、「どんな仕事をするか」「どんな会社を創るか」を人生の選択肢として考え行動し、変化に対応していってほしい。>

☆創造的に生きる  ☆信じられる自分自身を持つ  ☆身の丈の幸せ

世界経済の先行きは混沌としています。一流企業に就職すれば安泰だった時代は終わりました。
誰もが自らの力で稼ぎ、生き抜く力を身につけねばなりません。
自身の資質を生かし、複数の収入源を得、それを最大化させる具体的方法を知れば、この混沌は、またとない飛躍のチャンスとなります。        (ジェイ・エイブラハム)

◆アートとデザインの違いは、表現の問題ではなく、その作者の生き方にかかっている。
                                 (横尾忠則)

◆「早稲田はもともと何かを作りたい人が多いところだと思いますが、何かを「作り終えられる」人はすごく少ないと感じたんです」映画『何者』のパンフレットより原作者の朝井リョウ


<私が高校1年生だった頃・・・>
☆入学式、母親のスピード違反で遅刻。最初の実力テストの数学でクラスでビリ!
☆渥美半島から高い交通費をかけて豊橋の高校に通わせてもらうことが申し訳なかったことや家庭の方針もあり、毎朝お弁当を作った(3年間)。
☆陸上部に属していたものの、学校は遠いし、勉強とどっちつかずになるのも良くないと思い、悩んだ末、冬に退部。
☆志望大学 ①名古屋大学 ②愛知県立大学 ③豊橋技術科学大学
(意識が薄く、どう書いていいのかわからなくて、とりあえず県内の国公立大学を並べた)
*当時の担任の先生が、なんと現在お隣さん(笑)

<高校2年生>
☆文系を選択。クラスが最高に楽しかった。
☆バイトをして貯めたお金で友達と夏の甲子園(高校野球)を観に行った(高校生の間に行ってみたかった)。
☆志望大学 東京外国語大学 ウルドゥー語・ヒンディー語学科、ミャンマー語学科(とにかく東京へ行きたいと思うようになり、偏差値的に滑り込めそうな国立大学の穴場?学科)

<高校3年生>
☆2年から3年にかけての春休みに友達と東京へ出かけ、東京外国語大学を見学したことによって志望校を変える。親に確認の上(経済的に私立はダメということだったが早慶レベルならOKということで)、早稲田大学を希望する。
☆第一希望だった早稲田大学第一文学部(現在の文化構想学部)の指定校推薦が自分たちの年で突然消える(ショック!)→夏休みに早稲田大学の総長宛に手紙を書く→入試課長からご返事をいただく→絶対に早稲田に行こうと決意→一般入試の勉強をしながら、社会科学部の自己推薦入試に挑戦(部活の県大会での成績や書道や英検2級、お弁当を作っていることまでアピール。先生をはじめ誰も受かると思ってなかった)→合格
☆受験のための暗記メインの勉強が嫌だったので、英語の先生に相談の上、英語の物語を読む。

~感動を伝える仕事に就きたい!東京へ行きたい!マスコミの仕事が夢~

【大学時代】 全国からの友達との出会い。アナウンス研究会に属し、東京六大学野球の実況や場内アナウンス(ウグイス嬢)を担当。奨学金を借り、常にバイトをする。短期留学、
ニューヨーク一人旅・・・ アナウンサーに憧れながらも、どこか違うと思っていた。

【社会人1、2年目】テレビ番組の制作会社に就職し、スポーツ番組、ドキュメンタリー番組のADとして働く。マスコミの世界に飛び込んで、ようやく自分が平らな気持ちになり、
本当にやりたい表現を探したくなる。将来的な結婚や出産も意識。

☆病気もきっかけとなり、退社。フリーターをしながら様々な表現・創作を模索する。
子宮内膜症、失恋、失業というヘビーな体験をネタとして小説を書こうと思い立つ。
(のちの『チョコレート色のほおずき』)

☆東京で出会った美術作家のアシスタントとして島根県へ移住。大企業がスポンサーの1000  
万円規模の個展に向けての制作補助、広報など。自分自身の道として小説を書き続ける。

☆初めての小説が講談社群像新人文学賞で、応募1694作品の中から最終候補5作に選ばれる。
 (結果は「該当作なし」) 数ある表現の中から小説に定めてがんばることにする。

☆結婚・出産後、長男が1歳になったのを機に『チョコレート色のほおずき』を出版。
次男出産後、育児をしながらブログで発信を始める。100本の記事がのちに、『赤土に咲くダリア』(ポプラ社)へつながる。

☆『恋路ヶ浜LOVEストーリー』(伊良湖岬観光協議会 岬プロジェクトHP連載)

☆ミニマガジン『ヒカリめがね』参加 ☆小作品集『red』刊行(自分たちでつくり、出版、 販売できる時代) 手仕事の堅実さと同時に、どんな分野でもITを味方につけると広がる。


① 夢(好きなこと、得意なこと)を探す ②見つけた夢に向かって努力する ③努力を続ける 
好きなことを仕事にするか、別の仕事で収入を得てでも、好きなことを続けるか。
(例えば、画家とデザイナー、作家とライターの違い)

◆表現・創作を仕事とするために必要なこと・・・
感性、好奇心、問題意識、情熱と同時に、しっかりとした審美眼と客観性(世の中や自分のレベルを客観的に判断できる視点)を持つ。 

「人生はセンスがすべて」(植島啓司さん)  「縁を運につなげる」(松本孝一さん)



****************

その場ではどうだったかな?と思ったけれど、後日届いた生徒さんたちからの感想を読むと、私が伝えたかったことをしっかりと受け取ってくださっていて、読みながら次々と涙が出てきました。
(写真は裏返してあります)


c0189426_20580633.jpg

私自身もそうだったけど、15,6歳の頃は、将来何がやりたいのか、どこの大学へ行きたいのかまだまだ定まってなかったし、不安も大きいと思う。

順調ばかりではない人生だったので、興味を持っていただけるように、高校生の頃からお伝えしたけど、少しでも勇気や希望を持っていただけたらうれしいです。

共通した感想としては、「人生何が起こるかわからない」「早くから夢を絞ってしまうと、将来の選択肢を狭めることにもなるから、ざっくり決めた上でいろいろと体験していくことが大切だと思った」など・・・

感動的な原文をいろいろ紹介させてもらいたいくらいだけど、許可をいただいてるわけじゃないので胸にとどめますね。

このブログを読んでくださってる方がいたら、ありがとうございます。
これから先も、何か迷ったときは、思い出して読んでもらったり、気が向いたらコメントを残してくださいね。

そうそう、2月には同じ南高校の学校保健委員会にも講師として呼んでいただいてます。
予定している内容は、「自己肯定感について ~親からの自立 子からの自立~」です。

生徒さんだけじゃなく、一部の保護者さんや先生方もいらっしゃるので、みなさまに向けての内容で準備しています。

保健委員じゃなくても聞いてもらえたらなあって私は思うけど、先生に聞いてみてください。

ありがたいことに、来年度は母校の中学校でも全校生徒に向けてお話する予定です。

その前の3月19日には、ヒカリめがねのイベントでもトークします。詳細はまたお知らせします。


これは新しいパソコンから書いてるけど、パワーポイントも入れたので(笑)、来年は講座や講演活動をもっと充実させたいです。














[PR]
by hihararara | 2016-12-29 19:47 | 教育 | Comments(0)

あつみロビーコンサート 太田剣さん&みうらやさん



12月18日に行われた「あつみロビーコンサート」
地元の有志の方々によって運営されています。

今回のゲストは、田原市出身の太田剣さん。
6月に、早稲田のOB会に来ていただいて以来の再会でした。

*このブログは、書きかけの状態で保存してあり、その後パソコンが壊れて、
10日ぶりに書き込んでいます。


c0189426_12402433.jpg

c0189426_12403421.jpg

c0189426_14555403.jpg
c0189426_12404456.jpg
c0189426_14554350.jpg


*上記は剣さんより使用許可をいただいた写真で、
ロビーコンサートのスタッフ瓜生さんの撮影です。
(かわぐちさん、ありがとうございます!)

6月のOB会の時は、トークメインでのお願いで、2曲ご披露くださったけど、
今回はハモンドオルガンとドラムも一緒で、様々な曲を演奏してくださり、
とても豊かな時間でした。

合間の剣さんのトークも、珍しいハモンドオルガンの紹介などなど、
軽妙で興味深く、とてもよかった。
剣さんの笑顔は本当に最高で、その表情が
見たいファンも多いんだろうな、と思いました。


コンサートは、私のふるさとの知ってる方々も関わっていて、
アットホームでよかったです。

休憩時間が20分もあり、その間、なんとコーヒーやジュース、
お菓子もふるまわれて、渥美っていいなあ~って実感しました。

c0189426_14514119.jpg

c0189426_14485660.jpg



終演後にハモンドオルガンの河合代介さんと。
なんと、河合さんは豊橋出身で、その昔の市長さんのお孫さん。
「名探偵コナン」のテーマソングも弾いているとのことで
(その他有名アーティストの楽曲にも多数関わってる)
息子たちに見せたくて撮っていただきました(笑)


c0189426_14491100.jpg
c0189426_22385290.jpg


↑こちらも、公式カメラマンさん撮影分より。

ドラムの大槻さんとの写真はないけど、演奏も素晴らしかったし、
大槻さんも誰もが知るようなアーティストの楽曲に
関わっていたり、編曲した曲がレコード大賞の金賞を
受賞したような実績をお持ちの方。


剣さんとの写真はボケてますが楽しい雰囲気が伝わるかと。
(昔の中央公民館ですので、そういう背景w)


c0189426_14482309.jpg


ちなみに6月分のブログです。




***************

そしてこちらは、この日いっぱいお世話になった、
みうらや製麺の社長さんと。
みうらやさんの麺のファンの友達も多いので、撮っていただきました。
facebookでつながっていながら、この日がなんと初対面!!(笑)

笑っちゃうことに、剣さんや河合さんとの写真より、
最もバッチリな写りの、みうらさんとのツーショット。
(奥様撮影!ありがとうございました☆)


c0189426_14493183.jpg

もともと幼いころからなじみ深い製麺所さんだけど、
このところは、ブログでも何度か紹介したことのある、みうらやさんの
焼きそばや冷やし中華が家族でお気に入り。
特に味に保守的で、その分敏感でもある次男が、
焼きそばに必ずここの麺を指定するほど美味しいです。

帰りにたくさんいただいちゃいました。

facebookを通して、我が家の家族構成を知ってくださっていることもあり、
ドンピシャの数(一玉多いというご配慮)で、恐縮でした。


c0189426_14503607.jpg

みうらやさんの息子さんは、Lastlot というバンドのボーカルで、
「大人バンドフェス2015」でグランプリに輝いたそうです。

この日、CDもいただきつつ、その写真は前のパソコンに入ってて、
今うまく載せられないけど、すごく魅力ある澄んだ歌声と、楽曲です。

YouTubeで見て、感動したステージのご紹介。


メンバーが育って、今過ごしている風土がわかるから、
この大きなステージでの初々しい姿がいいなあと思いました。

みうらさん、奥さん、いろいろとありがとうございました。



**************

おまけ。

長男が、実家でもらったゆずで作ったマーマレードをばあばに届けてと言うので、
行きに実家に寄り、またまた野菜をいただきました。

その時は暗くて気づかなかったけど、
夜遅く、豊橋の自宅に着いて、
車のトランクを開けたら、ふわ~っと水仙の香り・・・

c0189426_14515032.jpg


この季節、実家ではいっぱい水仙が咲き、
長男が生まれた1月4日頃にも、母がお見舞いに来てくれた時に
水仙をどっさり持ってきてくれて、
個室が水仙の香りで満たされたことを思い出して、グッときました。


名古屋の翌日のコンサート、
剣さんたちの演奏ももちろんだけど、
スタッフの方々、
渥美の方々、
みうらやさんご夫妻、
母の温かさに感謝の夜でした。













[PR]
by hihararara | 2016-12-28 19:39 | 音楽 | Comments(0)

ネットカフェより


パソコン、デルのデスクトップも考えつつ、ノートに決めて、昨日注文したら、もう、今日届いた。

しかし今はネットカフェからです(笑)(セットアップは明日がんばる!)
壊れると足を運ぶけど、久々でいつも使い勝手がわからん・・・

ここで書きかけだったブログも書いてしまおうと思ったら、下書きは外から見れないようで断念。

ふだん、パソコンでぱちぱちしゃべるように書いてるので、タブレットや携帯で文章を書くのはすっごいストレスたまると思ってネットカフェに来てみたけど(夕食の準備をある程度済ませてからね)、ここもうまく打てないし、たばこのにおいで、もう帰ります・・・

私がノートパソコンばかり検討しているのを見て、長男が、なんで?と言うので、振り返ると、初めてパソコンを買った頃は、東京、島根、ヨーロッパのあと実家に戻ったばかりで、自分自身が生きていく土地が定まってなかったからだと思い出した。

定住となった今、さらに、デスクトップでさえ持ち運びが簡単なくらいにシンプルになった今、デスクトップもいいじゃん、テンキーも自分はいやでも息子らも使うし、などいろいろ考えたけど、やっぱりノートへ・・・

もう放浪はしなくなったけど、放浪癖とか猫みたいな感覚ってのはきっといつまでも消えないんだろうな。

紙とペンがあれば、どこでも書けるってのが作家のいいところと思って、つくってきた道だけど、やっぱりシンプルに、持ち運べるノート型パソコンを相棒に、新たな数年をまた歩むぞ!
[PR]
by hihararara | 2016-12-27 17:44 | 表現・創作 | Comments(0)

話し方大会 ティーズ

長男の発表も放映される、ティーズの番組お知らせです。

Tスペ 「第45回豊橋市 小・中学生話し方大会」

24日は8時から、
25日は19時からの放送で、
小学生が10人、中学生が5人出る中で、中学生の4番目なので、放送が始まってから一時間後くらいに出てくると思います。
先週も放送があったのに、見事に?土曜日は朝から名古屋、日曜は夜にコンサートに出かけ、まだ見れてないです。録画機も相変わらず壊れたままで。

私の藤村は旧姓、日原はペンネームなので、長男の名字は違います。私の本名でもありますが(笑)、ここに記すのは控えます。

長男は、14番で、タイトルは「敬語」です。
(前月ブログでは触れました)

興味を持っていただける方、よかったらご覧ください(^^)

撮影は、10年以上前に知り合った山下くんです。
あの場を共有してもらえたこと、感謝です。
[PR]
by hihararara | 2016-12-23 16:59 | お知らせ | Comments(0)