「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お弁当ふたつ


c0189426_09114683.jpg
c0189426_09120280.jpg

おはようございます。
今日は中学の参観で、関連がよくわからないけどお弁当で、いまや当たり前って感じに長男が自分で作っていった。助かる!

今日の給食の献立(同じ調理場の学校に配布されているもの)には「クロワッサン」とあり、それが食べたかったのでクロワッサン弁当?にしたくて、昨日のうちに私がスーパーアツミで買っておきました。クロワッサンに合うおかずではないけど(笑)


下の写真は、昨日の遠足に次男が持って行ったチャーハン弁当。
チャーハンは次男作です(撮影も)♪


おもしろいのが、長男は自分で弁当を作ったことを友達にアピールしたいし、分けたいしって感じで今日も爪楊枝をいくつか入れていったけど、次男は自分でチャーハンを作ったとは誰にも言わなかったそう。
「なんで言う必要がある?」と(笑)


ほんとにタイプが違う二人だけど、それぞれいい感じです!






[PR]
by hihararara | 2016-04-28 09:12 | こども | Comments(0)

でこぽん


【4月23日 FB投稿分】

c0189426_20474641.jpg



色んな意味で忘れられない「でこぽん」(今は全部食べちゃいました)。

熊本の名産でもあるけど、これは地元蒲郡(がまごおり)産をお送りいただいたものです。

地震の直前、4月14日の昼間に受けとりました。


実は書くことで、ひとつ依頼をいただいたものの、重い内容だったので迷っていたのですが、そのお相手が
「この話がどうなるとしても、藤村さんに出会えてよかった」みたいに言ってくれて、お贈りくださったのでした。
その気持ちに感激して、泣いたし、引き受けることにしました。


今日もひとつ、知り合いの訃報を聞きました。

どうも私は、命の何かに関わる運命らしい。


明日まで名古屋の東別院で展示されている小林憲明くんの「ダキシメルオモイ」。
それがシリーズ化される前に小林くんとは出会いました。


彼が、命について背負うような、引き受けるような画業をがんばっている姿を先週放送のテレビ番組で見て、私も書くことでお役に立てるのなら、って改めて思いました。


日々色々あるけど、重く読んでもらいたいわけじゃなくて、でこぽん、美味しかったし、うれしかったよ!


(今日の授業参観の社会のお題の「縄文時代と弥生時代、住むならどっちがいい?」の話もおもしろかったので書きたかったけど、ふとこれになった)














[PR]
by hihararara | 2016-04-24 20:48 | 感動 | Comments(0)

4月22日投稿分


*facebookからの転載が増えてて申し訳ないですが、どうしてもFB
でつながっている特定のお友達に関して書くことも多いので、そうなっております。


c0189426_08384126.jpg

c0189426_08381086.jpg


過去の衝動を、現在の衝動が引き継いで完成!

今日は「こわすゴミ」の日で、この花の軸の部分に用意していた棒を捨てようかと思ったら、何年か前に色付けしてあった紙を発見し、きっとこんな風に仕上げたかったんだろうな、と、朝のゴミ出し前に制作。
どうすんねん?だけど(笑)*扇風機くらいの大きさです。


話は変わり、さきほど九州に住む大好きなお友達と電話で話したら、明日から急きょ、熊本でボランティア活動に参加するそう。
県からの要請によるもので、被災者の方々の心のサポート役として・・・


お医者さんもそうだけど、公的な要請の方たちほどfacebookやネット上には書かない(書けない)し、そうやって、知らないところでしっかりとがんばってくださっている人たちの存在を知れて、心からありがたいと思いました。


*****************


今日は午後から、「健康大学講座」に参加しました。

昨日の健太郎さんの投稿でひょいと知り、空いていたのでひょいと出かけた。
目的は、自分の血液の中のソマチットを見れる、とのことだったので・・・
(ソマチットと書く人もソマチッドと書く人もいます)


病気が再発してから色々新たに情報を集める中で、ソマチットって最近ではいちばんよく目に留まった。


例えば、ムラキテルミさんのブログより・・・


<ソマチッド好みの環境は、日光浴、運動、少食、ノンストレスな穏やかな精神状態。>


<そうソマチッドは、免疫力のルーツなので、自己免疫力が上がる環境が、ソマチッド好みの環境です。>


元の記事は末尾に載せます(この後の健太郎さんのHPの画像が出てほしい関係で)。


今日は、自分の赤血球とともに、ソマチットも確認できました☆


健太郎さんにはお世話になっていて、そのお礼も込めて、健太郎さんのお灸のHPをご紹介。

【漢方サロン幸健堂(鍼灸施術院と漢方薬店)】

 http://kanpokyuko-ken.jimdo.com/



実は昨年の8月末、膠原病が再発しながらもステロイドを使いたくなくて、あれこれ試したりお願いする中で健太郎さんのお灸にも出かけました。HPに載ってるけど、かなり良心的なお値段。

高熱が続いて不安でどん底だった時を知っててくれる健太郎さんに今日再会し、「よくなったね。気が全然違う」みたいに言ってもらえてよかったです。

お灸、また伺います!

(*ムラキさんのブログ http://ameblo.jp/ganwajitakudenaosu/entry-12142397810.html )














[PR]
by hihararara | 2016-04-23 19:42 | Facebook | Comments(0)

坂口恭平さんの手記と河北新報朝刊の写真


【4月20日投稿分】

昨日のつづき。

三部作の三つ目をうまくまとめられないうちに、紹介したかった坂口恭平さんが自ら書いていた(今日の日付で一気に更新)。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48475


一昨日、友達のシェアで存在を知り、とりあえず図書館で本を取り寄せた。

逃げる、捨てる、というより、いったん離れるという選択は、私もいざという時したいし(弱さを自覚してるから離れます。感じやすいから余震や集団での避難所、難しい)、今の日本、どこが安全ってのはないなあってつくづく思うので、その時に頼りになる人脈を国内にも海外にも持って、そこに家族で飛べるくらいのお金は用意していたいなあと思う(*今はナイです)。

熊本は、国内の新婚旅行先としても訪れた大好きな場所ですが、阿蘇山の不安もあるので、とどまるより離れる選択ができる人はしてほしいです。


************

河北せんだいウィークリーの投稿より・・・

本日付(4月20日)の河北新報朝刊テレビ面に、東北放送 (TBC)さんからのメッセージ。

c0189426_08350139.jpg












[PR]
by hihararara | 2016-04-23 08:32 | for Japan | Comments(0)

熊本地震に関して4月19日投稿分


【4月19日 facebook投稿分】


*書きたいことがたまっているので、少しずつ吐き出していきます。

私がこれまでの人生の中で、記憶にある限り、見聞きした凄まじい地震は3回。
1995年1月の阪神大震災と、2011年3月の東日本大震災と、今回、2016年4月の熊本大地震。


このタイミングってのが、自分が膠原病を発症したペースと似てる。

だいたい前年辺り、
1994年4月が最初の発症(8月に1ヶ月入院したけどその時は診断がつかず)、2009年9月が2度目、そして3度目が2015年8月。発症から大体半年くらい苦しむ(実は今も不安定)。

地震と自分の病気が呼応してるのか単なる偶然かわからないけど、膠原病にも種類がある中で、私の成人スティル病というのは、スパイク熱と呼ばれる高熱が出て、すごく苦しい。

自分自身の体感として、あの苦しみが、日本列島の中で、同じようなペースで起こってるということに、被災者の方と同時に、日本列島が受けた痛みに共感してしまう。


自分自身を振り返ると、明らかにストレス過多で交感神経優位の状態にあった時に発症してしまう(結果として、振り返れば)。

日本というより世界全体が交感神経優位の世の中になってしまっていて、とは言っても、副交感神経優位の地球を取り戻せば地震が起こらないというわけでは決してない。


人工地震と言う人もいるけれど、そもそもは、地球の上に私たちが住まわせてもらっているのだから、振り落とされるようなことが起こっても仕方ない。

と同時に、地球というものを土台や身体、bodyと考え、住まう人間たちが精神、魂、soulをつくっているとすれば、やっぱり肉体を破壊してまでの精神活動はいけないわけで・・・
(自分自身への反省も込めて)


地震が起こる箇所が、という意味ではなくて、病気も同じように何かのひずみが生じてどこかに起こる。
東日本大震災の時も、日本地図を世界地図になぞらえて、なぜここで起こって、なぜここで起こらないのか説明してくれた人がいた。


と、妄想かもだけど、ドキドキしながら今思うことを書いてみた。
(目の前の解決に至らないことでごめんなさい。大局をとらえた上でのメッセージです)

地球と人間が連帯、呼応してるってのはやはり思う。
人間は地球から生まれたのだから、地球が苦しいと人間も苦しい。
私も今また苦しいよ。でも、目の前のご飯を作らなくちゃ、なんだよ。





*********

                          【同じく4月19日投稿分】


c0189426_13265067.jpg


自分の中での三部作の二つ目(写真は、ヒカリめがね編集部のkanaちゃんより)。


【さきほどの投稿と同じ日の今日】


熊本にも思いを馳せながら、愛しい仲間たちと『ヒカリめがね』の打ち合わせでした。

来月には第2号が出るので、いよいよ大詰め。
さらに、みんなで応募していた豊橋110周年の記念事業イベントで採択され、開催は約1年後ですが、その準備のお話も。


編集部のメンバーの中には二人妊婦さんがいて、私より年下のその二人を見て、「若いんだなあ~」「いいなあ~」って思う。生きてるんだなあ~ 産まれるんだなあ~って・・・。


打ち合わせのカフェの駐車場がいっぱいになっては申し訳ないので、私は自転車で行ったんだけど、家庭訪問期間なので早めに帰りました。


短い髪でママチャリをこぎながら、あーー、子供のことや家事に中断されずに、思いっきり仕事に生きてみたいーーー!!
って思ったけど、今生は女に生まれたので、私なりに女をやっていくしかないな、って改めて思いました(笑)


自分の中には、男としか思えないような自分と、実のところかなり女女している自分が同居していて、また、精神の強さと肉体の弱さ(比較の問題です)に乖離するような気持ちになることがよくある。


家に帰り、昨日義母からもらって茹でておいたタケノコを使って炊き込みご飯と土佐煮などを作り、夕食後は次男の頭をバリカンで坊主にして、今は家族それぞれのんびりの時間。

暮らしの大切さを噛みしめながら(中断にもありがたく感謝しながら)、女を、お母さんを楽しもうと思う。

(三つ目は明日にします)






               


[PR]
by hihararara | 2016-04-21 13:29 | 生活 | Comments(0)

高良健吾さんのブログ


4月16日にシェアしたリンク。
今の枠ではないけど、月9のプロデューサーをしているお友達から知った、
高良健吾さんのブログより。

『熊本の皆さんへ』

http://ameblo.jp/kengo-kora/entry-12150764372.html




その後、実際にボランティアに向かったようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000003-dal-ent







[PR]
by hihararara | 2016-04-19 20:54 | for Japan | Comments(0)

LUZでカット


☆地震(本震)前にUPしていたものをまとめて・・・

c0189426_20435068.jpg
c0189426_20435863.jpg
c0189426_20440555.jpg




(写真はすべてLUZのともちゃん撮影のものです)
LUZ HP http://loveluz.biz/


ともちゃんの投稿に、今気づきました。
熊本の地震で気が引けながらもシェア!

いつも素敵にしていただき、感謝です\(^^)/

私のこの黒い服、前後ろ反対に着ちゃってます(笑)...
もともと胸はペッタンコだけど、この写真を見てて、
まるで背中っぽいなー・・っていうか、背中側じゃん!と気づいた!


昨日は午後から気温がぐんぐん上がり、LUZに着いた時には暑くて、
中の1枚を脱いだ時に間違えた。

よくやる・・・服の裏表も、ジャージのズボン前後ろも(*^^*)





[PR]
by hihararara | 2016-04-19 20:47 | 生活 | Comments(0)

『red』 in 『QUATRO』


熊本地震の前に書いてあった分を転載。

【4月12日FB掲載分】

c0189426_19173747.jpg
c0189426_19174794.jpg

遅くなっちゃったけど、3月25日発行の、豊橋の情報誌『QUATRO』~BOOK~のコーナーで『red』をご紹介いただきました。

テーマが「恋人」のところ、取り上げてくださった高須新社長さま!の心意気に感動☆ (『いけちゃんとぼく』も大好き!)
豊川堂本店、カルミア店、nido(豊川のブックカフェ・もうすぐ新たなメニュー登場!)、セントファーレ田原店にございます。


『QUATRO』まだちょこちょこ見かけるので、ぜひ!(freeですよ~)


遠方の方は、オンラインショップよりお求めいただけます。
http://hihararara.thebase.in/items/2150915


『red』、北は北海道、南は種子島まで旅してます♪


自費出版とありますが、自費の部分はすでに回収済みで、積み重ねた分で次の作品につなげたいと思っています。
いろんな出版を体験したい。


次は『blue』の予定だったけど、その前に息子たちの希望もあって(「中学生でも読める本を出して!」ww)『あおいとり』を単独で出すつもりです。
あ、その前に、『ヒカリめがね』第2号も、かなりヴァージョンアップしてもうすぐ刊行予定です!










         


[PR]
by hihararara | 2016-04-19 19:19 | 『red』 | Comments(0)

ヒカリノモリ


c0189426_13053152.jpg
c0189426_13054067.jpg



お父さんがのこした美容院のお庭と、
それをしっかり守っている娘。
みんなに愛され、今も育ち続けているお庭・・・


今日は新城のLUZに行き、ともちゃんに髪を切ってもらいました。
(写真はともちゃんがそのうちUPしてくれます♪)

話すことが多過ぎて言えなかったけど、出発する直前に、
命にまつわる感激するようなできごとがあり(悲しい思いを共有する相手から)、
LUZに着いてまずヒカリノモリを歩いたら、
ともちゃんのお父さんを感じて涙が出ました。


お父さんが見せてくれてる風景なんだなあ~って。


こちらも言おうと思って言えなかったけど、
年末にたまたま「川島なお美物語」を見た時、
なお美さんが亡くなる直前、ダンナさんの鎧塚さんに向けて書いた手紙の中に、

「私が死んだら、のこしたお金を鎧塚ファームに使ってください。
私は果物になって貴方の一皿にのります。
花となって貴方やお客様に降り注ぎます」

みたいな部分があって、とても感動しました。


今日のヒカリノモリを見て、そんなことを思い出していたよ。

ともちゃん、いつもありがとう!







[PR]
by hihararara | 2016-04-15 13:07 | 感動 | Comments(0)

3000mSC 感動と笑い


【4月10日FB投稿分】

c0189426_08005485.jpg
c0189426_08010511.jpg



今日は、豊橋の陸上競技場に「第42回豊橋リレーカーニバル大会兼平成28年度東三河陸上競技記録会」を観に行ってきました。


私がいちばん見たかったのは、男子3000mSC。
(陸上に詳しくない方のために解説すると、でっかいハードルみたいな障害物を越えながら3000m走る競技)

市内の中学校の先生でありながら、一競技者としての挑戦を続けている河野くん(31歳)が登場したのでした。


河野くんと出会ったのは昨年12月、金哲彦さんを囲んでの懇親会にて。
全国大会へ出場する生徒さんを指導している先生ということは知っていて、テレビで見ていた「愛知駅伝で教え子とのタスキリレーをした先生」が河野くんだったとその場で知りました。


つい最近の陸上関係の飲み会で2度目にお会いし、今も自分自身が記録を伸ばしていることや、標準記録を突破して日本選手権に出たいと思っていることなどを聞いて感動しました。兵庫県出身で4人兄弟の次男で、この辺の先生にはいないおもしろキャラ!


実は昨日も、次男の柔道の送り迎えの合間に、散歩しながら競技場へ出かけたけど、河野くんが出た1500mはすでに終わっていました。
でも、その1500mの掲示板を見てびっくり!
河野くん、伸び盛りの高校生たちを差し置いて、1位の記録!
2位の男の子は、河野くんのかつての教え子で、全国大会レベルの子です(ちなみに、夫側の遠い親戚)。


私の友達には陸上ファンも多いので記録を書くと、河野くん、4分00秒62で、2位の高校生が4分06秒16。
すごいよねえ~~
ご自身3番目の記録だそう。

先生が全国レベルの生徒より速い!って聞いたことない(笑)
そんなわけで、俄然見たくなって、今日は家族の予定的にも出やすかったので行ってきました。


3000mSCの前に、どうしても気になる女子800mも見て、こちらも全国レベルの高校生と中学生が2分18秒台で走り、この時期にしてはご立派な記録!


そして、いよいよ河野くんが登場してきたら、まずは失礼ながらも笑えて笑えて・・・

走り出したらダントツだったので、感動&やっぱり笑いがこみ上げてきました。
だって、先生が選手としてダントツって、ほんと、生徒さんたちからしたらおもしろいし、頼もしいし、うれしいと思う。


関西人だし、背中で語る、というタイプでもないんだけど(笑)、河野先生の背中から学ぶことって多いと思う。
他校の生徒さん達からも声援が飛んでいました。


聞けば、先生のお仕事が終わってから練習しているそう。

今日の記録は不満そうだったけど(昨夜が、なぜか私も呼ばれた(行ってないけど)陸上界の総会&懇親会だったのも知っており)、ダントツの一着でした。

先生として、新年度のこの忙しい時に挑戦するだけでもすごいし、昨日と今日(間に懇親会)の結果はご立派だと思います。


河野くんみたいな存在が、豊橋の先生や陸上の世界にいてくれてうれしいです!色んな意味で、風穴を開けるような存在だと思います。

これからも応援しています☆☆☆


同級生の小倉くん(地元の陸上関係者には、一心くんのお父さん、の方が通じるかな)にも会ったよ~~


*写真はスタートしてすぐと、独走状態のもの。











[PR]
by hihararara | 2016-04-14 08:03 | スポーツ | Comments(0)