「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「菜の花みたいな女の子」との再会 ~ この世の残り時間(笑)


c0189426_16190460.jpg

15歳年下のるりかちゃんと10年ぶりに会った。
るりかちゃんとの初めての出会いは、ちょうど10年前の2月。
その時の気持ちを書いたブログ・・・『菜の花みたいな女の子』

http://blog.goo.ne.jp/lovethemoment/e/379b62d43d72f8cc73ead93bffdd48c3


その後彼女は、慶応大学を卒業し、東京で出版関係の仕事をしてきて、4月からは新しい展開を予定している。
愛知の田舎から東京へ出ての、人やものごとの観察眼や恋愛観、就職活動の動き方、人生の辿り方などなど、共感することだらけだった。
るりかちゃんはふんわりしてるけど、思い切りの良さがあり、なんと言っても運や人望を「持ってる!」と思った。好奇心や愛情が豊かなので、受容体のようにおもしろいこと(人)が寄ってくる。
自分がふと出す人名やキーワードに瞬時に反応してもらえて、豊橋にいるとなかなかそういう会話ができないところもあるので、刺激的で、うれしかった。

ダンナさんは、今をときめく!チームラボの社員で、チームラボと言えば私が今最も会いたい、生きものとしてとっても興味がある猪子寿之さんが代表。


予想通りのチームラボの社風や、るりかちゃんが表現してくれた色々(内緒♡)が、自分が思う理想に近くて聞いていてうれしくなった。


横並び、寛容、文化祭、祭り、どーでもいいじゃん、先鋭、ハイレベル、垣根なし、未来的で原始的、
土のにおいのするデジタルアート・・・
これらが私が勝手にチームラボに抱く印象。


猪子さんについては今更だけど、紹介として一つ記事を載せます。
無数の記事があるけど、どんどん進化してるので、どの記事も古いと思い、パッと見て、私好みの写真が出てる
2009年(古い!)のものを・・・

http://www.tokyo-source.com/interview.php?ts=53


東京で先端的な仕事をしている28歳のるりかちゃんが考えているこれからと、豊橋で2児の母をしながら表現について考え続けている43歳(笑)の私が思う今大切なことが、種類は違っても一致していて、震えるくらい感動した。
手しごとの重要性、目の前のご縁を大切にしつつ、世界とつながれる・・・

私たちは新しい時代の転換期にいる、と改めて思った。

るりかちゃんの10年分の成長や変化と、何年経っても変わらない品性に触れることができてうれしかった。


るりかちゃんのお肌はつやつやで、元々きれいな子だけど、今日もまた見惚れてしまい、帰り道、自分にとっての「この世の残り時間」は短いと実感(笑)


やりたいことをますます吟味してやっていくぞ!!



【追記】昨日は、るりかちゃんとダンナさんにも触れたかったので、プライバシーに配慮して控えたのですが、るりかちゃん自身のお仕事ぶりや実績がやはり素敵!と思うので、担当記事などへのリンクもある本人登場のインタビュー記事をご紹介します。
実物は、もっともっとかわいいです!!!

【かぐや姫の胸の内】大好きな人たちと生きる世界は美しい − 編集者 徳 瑠里香
http://motokurashi.com/the-bamboo-princess-rurika/20150807













[PR]
by hihararara | 2016-02-28 16:19 | 感動 | Comments(0)

かぁやん商店!!


2月13日にオープンした「かぁやん商店」に行ってきました。

「かぁやん商店」HP http://kaayanshoten.com/


c0189426_17453561.jpg
c0189426_17454709.jpg




店内には、かぁやん商店の伊藤夫妻(かぁやん&とぉやん)が選りすぐった商品が所狭しと並んでいます。
お野菜や調味料、手づくりのお惣菜、お菓子などなど、どれもこれも、力のある商品で、わくわくが伝わってくるよ!
生産者さんたちのおもい、心、本物の味、食の大切さを伝えたいという、とぉやん、かぁやんのキラキラした気持ちが詰まったお店。

c0189426_17455510.jpg


入ってすぐに思い出したのは、幼い頃、実家の近くのお店に買い物に行った時の風景。

樽に入った醤油を瓶に入れてもらったり、一斗缶に入ったお豆腐を一丁ずつ薄い板のような紙で包んで、ビニール袋に入れてもらったこと。その時のお店のおばさんの手際の良さ、本物の醤油のにおい・・・

そんな、昭和の古き良き風景を「かぁやん商店」という名前の響きとともに思い浮かべていた。
とぉやん、かぁやんと、「家の容器を持って買い物に来れるようなお店、いいね」など話しながら・・・



                    【とぉやん、かぁやんは、こんなお2人☆】

c0189426_20240340.jpg


素晴らしい笑顔☆☆☆

撮影は、お友達のデザイナー・いーちゃん(『red』『ヒカリめがね』でもおなじみの)です♪ とってもいいな、と思ってお願いして使わせてもらいました。

この衣装(ユニフォーム?コスチューム?)も前掛けも素敵!!

お店のつくりにしても、ロゴや看板にしても、すべてがフィットしていて、「誰か総合的なプロデューサーがいるの?」って聞いちゃったくらいに、ピッタリ(二人のご縁から直感で依頼した設計師さんだったり服だったり、だそう)。


店内には、つい最近『虫たちと作った世界に一つだけのレモン』という本が出版されたばかりの河合果樹園さんのレモネーディアも!

c0189426_17460352.jpg


私も大好きな道長さんのかりんとう(かれんとう)や、サンコーさんのお菓子色々!

c0189426_17461460.jpg

『ヒカリめがね』もさりげなく置いてあったり(笑)、ごとう製茶さんの紅茶や、
chachaさんの焼き菓子も・・・

c0189426_17462549.jpg


有機野菜もいっぱい。星農園さんや居土畑さん、撮り忘れたけど、拓也くんのお野菜などなど・・・
c0189426_17464031.jpg


看板商品の「かぁやんの福神漬」!!
c0189426_17465304.jpg

梅干しも~
c0189426_17470601.jpg



こちらは私も知ってる、ゆみちん(ご主人・よこちんさん作)の干支のお猿さんの親子。
生きてるねえ~♪
c0189426_17471507.jpg


今日買ってきたもの。
c0189426_17472490.jpg


いーちゃん作の飛び出すリーフレット☆ (ほんと素晴らしい)
c0189426_17473973.jpg

個人的には、10年以上前から知ってるお友達(りんねしゃのさんちゃん)、高校・大学の先輩でもあるサンコー社長の多恵さん、星さんご夫妻、居土畑ご夫妻、ゆみちん、いーちゃん、HP担当の晒柿さんなどなど、元々のお友達が集結!みたいな不思議な気持ちにもなりました。

 
                                  ☆


すでに長いけど、かぁやんこと、千恵ちゃんとの出会いから振り返ってみます。

初めて会ったのは、2011年の秋、「豊橋いのちと未来を守る会」を発起した頃でした。

その頃の千恵ちゃんは、小さいお子さんを連れた食に関心の高いお母さん、という感じで、私が主催する講座にもほとんど来てくれたり、そのほかにも勉強熱心、好奇心いっぱいで、様々な勉強会や料理の講座に参加していました。

ふと会う時や、我が家に寄ってくれる時など、必ず手づくりのおやつを持ってきてくれて、それが「皮も中身も手づくりのお焼き」とか、「キャロブのスコーン」とか「びわのタルト」とか手が込んでいて(!)、感心するし、そのエネルギーを仕事として活かせそうに感じていました。

ある時、看護師経験もある千恵ちゃんに、「千恵ちゃんこそ、健康や食に関する先生ができる人だよ」と伝えたことがありました。

それから約3年後くらいの今、かぁやん商店オープン。

今日、ご夫妻の話を聞くと、決して迷いなく順調に、というわけではなく、各々で、二人で、悩んだり葛藤した時期もあった様子。

でも、千恵ちゃん単体の歩みも、とぉやんこと健司さん単体の歩みも、そして、夫婦一緒の歩みもひっくるめて、この、「かぁやん商店」の誕生に向かっていたんだなあと、清々しいものを感じました。

お店に立つ二人は、素敵な衣装を着て舞台に立つ役者さんのようです。


年上の千恵ちゃんに向かっておこがましいけど、千恵ちゃん、この数年ですごく成長したと思う。
みなさまのおかげ、という千恵ちゃんで、もちろんその通りだけど、千恵ちゃん本人が色々学び、動き、その中での出会いやご縁を大事にしてきて、迎えている今、発展していくこれからだと思います。

女性の歩みやストーリーとしても、おもしろいなあと思う。

「かぁやん商店」のかぁやん・おかみさんとして、立ち働く姿や、facebookで発信する写真や文章を見ても、まさに水を得た魚という感じで、イキイキしてる。

元気なお店には人が寄ってくる。

古き良き日本の「商店」のおかあさん、ピッタリです!!

これからも応援しています☆


久々に会った息子くんの「よしくん」が、「まあちゃん」と覚えていてくれてうれしかったよ♡

あ、家に帰ったら料理意欲が増していて、さっそく煮物を作りました。
買った大根やたまりではなく、家に残っていた大根や井上醤油を使ってだけど(笑)
そんな風に、手づくりをもっと楽しみたくなるお店です♪
かぁやんに料理のコツを聞くのも楽しいよ!
























[PR]
by hihararara | 2016-02-26 12:21 | | Comments(0)

浜松・東三河フェニックス戦


昨日(2月20日)は、浜松・東三河フェニックスの試合を初めて観に行きました。

お相手は、大分・愛媛ヒートデビルズ。

大学時代、体育会の友達が多かったこともあり、様々なスポーツの試合を意識的に観に行った時期があったんだけど、大学スポーツの段階でも、バスケはショーアップされていて、華やかだなあという印象がありました。

今回はプラチナシートで観戦しましたが、想像以上にいい席でした!

昨年の夏、次男がフェニックスの選手から指導を受けることができる「バスケットボールクリニック」に参加しました。同じ豊橋総合体育館の観客席の具合は知っていたので、その中のいい場所かと思ったら、コートと同じフロアーに椅子が設置されていて、びっくりしました。

一緒に行った息子たちも、息子の友達の男子中学生たちも大興奮!!

席から観た、練習風景。

さすが、プロバスケ選手、大きい!!

c0189426_11201276.jpg


こちらは、選手入場のパフォーマンス!

c0189426_11202076.jpg


試合風景

c0189426_11202953.jpg

バスケ特有の動きやスピード感を目の当たりにして、自分も久々にバスケがやりたくなった(笑)

c0189426_11203696.jpg

ど迫力!!!
選手の大きさ、スピード感、躍動感、
新年会ではお隣で、穏やかにお話しした東野ヘッドコーチの熱のこもった表情、
コーチ陣も含めて舞台の上の役者であり、ホームだからだけど、
オフェンスとディフェンスで変化する音楽やアリーナDJ、
エンターテインメント性の高さや徹底ぶりに圧倒されました。

先鋭的な施設とは違い、ベースはふつーの体育館を、照明や音響でここまで引き上げるのは
たいへんな苦労だと思います。


チアガールも大活躍。こんなに出てくるとは思わなかったというくらい、ひっきりなしに(笑)


c0189426_11205009.jpg


試合は、111対80で、フェニックスの勝利!!
プロならではのパス回しや、3ポイントシュート、さすがに決めちゃうフリースロー、時折飛び出すダンクシュートなどなど、間近で体感できておもしろかった。


こちらは、勝利後の東野ヘッドコーチの挨拶。

c0189426_11205955.jpg


お店も色々出ていて、ペッパーくんもいて、また、体育館の玄関先から、この日の冠スポンサーの豊橋信用金庫の職員さんたちのお出迎えも手厚く、次男が表現した「お祭りみたい」ってのがふさわしい。

行く前に、営業部長の工藤くんが書いてくれたこのコメント、、、

<まだ観たこと無い方も、バスケが中心ではありますが、2-3時間を楽しめるエンタメになってますので、映画やショッピングモールにブラっといくような感覚で遊びに来てください!!>

まさしくこんな感じ。


お友達でもある市議会議員の長坂なおとくんのこの試合に関するブログが、視点は「信用金庫」についてだけど、貴重な開幕戦と昨日の試合の比較写真もあったり、とてもまとまりがあるいい内容なので紹介します。

http://nagasakanaoto.blog.jp/160220.html




2戦目の今日も、104-90で、フェニックス勝利!!


フェニックスは、リーグが統合される来季から拠点が豊橋になるそうで、
私も、長い目で見た発展のお手伝いをしていきます。

プロバスケの迫力に触れられて感激だったし、色々な面(フェニックスの発展、地域の発展、
イベントプロデュースなど)における可能性を感じました。
























[PR]
by hihararara | 2016-02-21 20:07 | スポーツ | Comments(0)

ペ・ドゥナちゃん



少し前のことだけど、友達が、香川県で開催された「さぬき映画祭」で、韓国人女優のペ・ドゥナちゃんと映画監督の是枝さんと一緒に回っていて、ドゥナちゃんも是枝作品も前々から好きなので、うわぁ~って思いました。

で、集めてみた、似てると言われる(スミマセン!)ドゥナちゃんの画像いくつか。

c0189426_11044012.jpg
c0189426_11050046.jpg
c0189426_11051017.jpg
c0189426_11052192.jpg
c0189426_11052963.jpg
c0189426_11053800.jpg
c0189426_11054586.jpg

『空気人形』でまず言われたんだけど、自分では『吠える犬は噛まない』のヨレヨレドゥナちゃんや、『リンダリンダリンダ』の頃、確かに似てる。

さらに言えば(前も別のところで書いたけど)、妹の娘にも、よーーく似てます。




        


[PR]
by hihararara | 2016-02-21 11:12 | 映画 | Comments(0)

ある記事の紹介と反響


【2月15日 FB投稿分】

言葉は悪くても、言ってること正しいと思う。
日本のお金の使い方は間違ってる。

最近のいろんなバッシングも、行き過ぎてて、そっちのがよほど病。


はてな匿名ダイアリー 「保育園落ちた日本死ね!!!」

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

*今日、お二人の方から、その後のこの記事もご紹介いただきました。
お伝えした国会議員さんからも、保育士不足を教えてもらいました。追記しておきますね。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20160217-00054487/


【2月17日 投稿分】

おはようございます。

前回紹介した記事への反響が思った以上に大きくて(知らない方含めてシェア35件)、驚くと同時に、今の社会や政権へ疑問や不満を持ってる方々、多いんだなあとうれしくも?思いました。

この民意を伝えたいと、私が直接知る国会議員さん複数にお伝えしました。
私がつながってる方々はみなさん誠実なので、すぐに反応をくださいました。

FBで政治の話をいっぱい書いてた時期もあったけど、今は敢えてやめています。
けど「これは」って時は書きたいし、勉強は続けていきたいです。


さて、2月もあっという間に半ばを過ぎ、まさに「逃げる」と表現される如月だなあと。
お知らせが遅くなっちゃったけど、『ヒカリめがね』の編集会議について、ティーズさんで2月いっぱい、放送されています。
平日の10時40分~ 16時15分~ の一日2回。
コーナーのいちばん最初に出てくるので、そのお時間頃にご覧いただけます。

見ていただくのはなかなか難しい時間帯だと思うけど、ティーズ山下くんが丁寧に編集してくださって、みんなのいい表情が出てるので(本人の感想はともかくw)、よかったらご覧ください。


ティーズHP
http://www.tees.ne.jp/tees/teesnandemo/index.html





       






[PR]
by hihararara | 2016-02-18 11:40 | 社会 | Comments(0)

渥美半島 花の超祭典


c0189426_20282396.jpg


前回に引き続いて宣伝です。


一週間後に行われる『渥美半島 花の超祭典』


運営側でお友達もたくさん参加、ポスターやHPは弟が担当しています♪...
HP→ http://www.hanachosai.com/


菜の花まつりも開催中だし、渥美半島へ是非☆










[PR]
by hihararara | 2016-02-14 20:30 | ふるさと | Comments(0)

南雲先生の講演会@豊橋


昨日は久しぶりに、クリアリング(私独自のカウンセリング)をお引き受けしました。
誰かが人生を再び前に進めるためのお手伝いができたら、この上ない喜びです。


さて、お知らせです。

c0189426_15013391.jpg

南雲吉則先生の豊橋(大清水・ミナクル)での講演会。
1000円って、かなりお得だと思う~

私は、東京のお友達と10年ぶりに会うので行けませんが(予定がなければ絶対参加しました!)、南雲先生を直接知る名古屋のドクターからのご案内で、
<南雲先生の食と健康の話は、めちゃマニアックでおもしろく、勉強になるので・・・>
とのことです!

情報が出ていたFM豊橋のブログも添付しておきます。
http://fmt.dosugoi.net/e832231.html












[PR]
by hihararara | 2016-02-13 15:03 | お知らせ | Comments(0)

FB投稿二つ。猪子さんの記事と長男ネタ☆


【2月10日 FB投稿分】

<猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉第4回「モナ・リザの前が混んでて嫌なのは、絵画がインタラクティブじゃないから」【毎月第1火曜配信】>

http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar942508

やっぱり猪子氏の言葉からは触発される。
去年、行こうと思って行けなかった東京の春画展と、京都の琳派展・・・どちらも行った人たちから、人がすごくて作品がうまく見れなかったと!!

インタラクティブって、私もテレビの仕事を辞める時に、よーーく考えた。


ところで、FBのペースが落ちたのは、自分の内面的な問題が大だけど、同じ頃から急に、写真が3枚以上UPできなかったり、今も文章を書きながら何度も消えてて、今は控えろよってことなのかなあって思っています。


こういうネットならではの不思議現象、実はちょこちょこ経験していて、ソウルメイト的友人との時空を超えたシンクロや、ネットが止めてくれる、ネットが進めてくれるってのあって、
偶然や人との縁の可視化とか、見えない世界とデジタルとの不思議な親和性があるんだと思う。


(だいぶ前に上原ひろみが「ニューヨークで「ラーメンが食べたいラーメンが食べたい」と思っていたら、翌朝(いじってないのに)パソコンのデスクトップにラーメンの写真がでっかく出ていた」と話していたのが印象的だったけど、それわかる!って思う)


【同夜 投稿分】

ファンでいてくれる方も多い、久々「長男ネタ」☆

昨秋放送された、産婦人科を舞台としたドラマ『コウノドリ』に、どハマった長男は、いまだにブームが続いていて、今、学年末の試験週間なんだけど、国語のプリントの丸つけを頼まれたところ、例文作りでこんな感じ・・・

お題...
「ままならない」

長男の解答

<前置胎盤で自然分娩がままならない。>

お題
「~につれて」

解答

<時間が経つにつれて母体救命率は下がる。>

ウケたわ!

テスト用の覚えるべき用語は覚えてなくても、ドラマに出てきた産婦人科用語やセリフはすらすら暗記してます(笑)




      






[PR]
by hihararara | 2016-02-11 21:34 | 生活 | Comments(0)

パティスリーコガワ


2月4日は、お誕生日でした。

けど、最近少し触れてるように、1月の終わりに悲しいできごとがあったのと、2月3日の節分にも、夫と長男の壮大な親子ゲンカがあって(思春期炸裂・・・ハタから見れば笑える展開なんだけど)、珍しく(もしかしたら、43歳にして初めてくらい)祝う気持ちじゃなかったです。

節分を一年の終わりと考えて、立春が新年の始まり、とするのなら、年末に向けてたいへんなできごとが重なったけど、なんとか新年が晴れやかに上向いていってほしい。

とはいえとはいえ、お誕生日の自分へのケーキはココ!と決めていたお店に行ってきました。
昨年の11月にオープンしたばかりの、年下のお友達夫婦のお店です。


【pâtisserie kogawa(パティスリーコガワ)】

 http://patisseriekogawa.dosugoi.net/


c0189426_19164839.jpg
c0189426_19165713.jpg

エントランスの素敵なディスプレイと鉢物は、私も知ってるお友達(サクラハナミセの桜子ちゃん)の作品!




c0189426_19170662.jpg
美しいショーケース!



c0189426_19171517.jpg
c0189426_19172700.jpg
c0189426_19174270.jpg


私用の「いちごのムース」と「紫いものモンブラン」♪

看板商品の「朝丘ちーずたると」も、タルトが香ばしくて(私好みの焼き具合)、とーっても美味しかったです!

いちごのムースの食べかけの写真はキタナくて申し訳ないけど、美味しいのと、見えないところまで手が込んでる様子に感心し(こういう時、日本人ってすごいなあと思う)思わず・・・


我が家のお祝い事のケーキは、息子たちの希望もあって、私が手づくりするので、ケーキ屋さんにはあんまり行かないんだけど、コガワさんは、前のお店の時にひょんなことから親しくなり(やっぱり接客って重要。お店の方の誠意が心をつかむことって確かにある)、これからも応援したいです。

自分たちのお店を持って、たくましくがんばってる姿に、元気をいただきました☆




























[PR]
by hihararara | 2016-02-07 09:26 | | Comments(0)

「さぁ!」コロコロチキチキペッパーズ


【2月6日 facebook投稿分】

悲しいできごとがあって、親子で泣いて過ごして、少しずつ上向いてくる中で、私たちを救ってくれた動画。

少しずつ元気になりたいから、FBもちょっとずつ復活。

https://youtu.be/kT2lHAxot44





[PR]
by hihararara | 2016-02-07 09:08 | アート | Comments(0)