<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

低空飛行中・・・


【facebook 本日投稿分】


身内(家族親族ではなく)に急な不幸があって、FBが書けずにいます(書かなくてもいいことだけど、昨夏の病気以来、急に引っ込むと心配をおかけする方々がいるので)。

その間も、来週再来週の予定は入って来てて、相変わらず、いっそコンサルタントを仕事にした方がいいんじゃないか?って日々ではある。先週は海外でのおつなぎも・・・
自分を大切に、無理はしてません。


死生観について、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』と、ドリアン助川さんの『あん』は秀逸。
長男が中学で配布された作品集にあった、朱川湊人さんの『いっぺんさん』も・・・
私もいつか、そういうレベルを目指したいと、今回のできごとで得た言葉を、メモしまくっています。

次男からも素晴らしい言葉が発せられてるけど、所々にドラゴンボールを感じる(笑)
ドラゴンボールやドラえもんって、やっぱりすごいんだなあ~














[PR]
by hihararara | 2016-01-30 21:49 | 生活 | Comments(0)

ティーズHOTステーション


c0189426_20002891.png
どんだけ自分好きだよ?って感じですみませんが(笑)、ティーズ(地元のケーブルテレビ)に映った画像付きで、原稿が載っています。

http://www.tees.ne.jp/tees/teeshotstation/hot_mikawa_01593.html

私の貴重なエプロン姿!!(滅多にしない)

大豆を茹でた熱気で暑くて、緑のセーターを脱いでイエローマンになっておりました。

くどいとは存じますが、このあと、20時30分~、22時~24時~も放送があります。
一瞬しか出ないけど、名カメラマンのおかげで、実際楽しかった味噌作り、一層楽しそうに映っています♪










[PR]
by hihararara | 2016-01-25 20:02 | 地域 | Comments(0)

味噌作り講座


c0189426_20284082.jpg
c0189426_20285090.jpg
c0189426_20285717.jpg

22日の昼間のこと。
市の広報に載っていた、「豊橋産大豆で自家製みそを仕込もう!」という講座に当たって、行ってきました。
78名あった応募の中で15名に入ることができたそう。
(素晴らしいのになかなか書けずにいるんだけど、今年度はバレエエクササイズの講座にも当たり、ツイてるようです)


味噌作りは何度かやったことがあるけど、豊橋産大豆というのが珍しいしありがたいので、参加できて良かったです。
この講座は「愛知県農村生活アドバイザー協会 東三河支部豊橋ブロック」の方々主催で、大豆生産者の女性のお話もあり、近年の異常気象で、大豆を育てるのが豊橋ではとても難しいというのもわかりました。なので、一層貴重なお豆とお味噌!

ふだんは同じ年代の友達と作ることが多いけど、今回は人生の大先輩もいっぱい参加で、でも、女子はいつまでも女子で(*^^*)集団における女子の作業の真面目さやら(急がなくてもいいのに、みんな作業が早くて、障害物競争をしてるようで笑えた)、組を作るとしたら早く相手を得なくては不安になる様子など、(私は一人でも全然平気なので)観察しちゃいました。

仕込みが終わった後で、同じ大豆の2年物の味噌を使ったお味噌汁(お野菜もみなさまの自家製)をいただき、とても美味しかったです。帰りにはキャベツのお土産までもらえて、泣けそうなくらいでした。


ティーズの山下くんが取材に来ていて(笑)、明日(1月25日)放送だそうです!
ティーズホットステーション 10時、12時、18時、20時30分、22時、24時
http://www.tees.ne.jp/tees/teeshotstation/index.html


映ってるかわからないけど、講座自体が良かったので、よかったら見てね♪


















[PR]
by hihararara | 2016-01-24 20:29 | 地域 | Comments(0)

稲門会新年会 2016


【1月22日夜のFB投稿分】

c0189426_22151772.jpg



今日の昼間は市の味噌作り講座(そちらはティーズ取材が入っていたので放送日に合わせてまた改めて)、夜は稲門会(早稲田のOB会)の新年会でした。

年代別にテーブルが決められていて、テーブル内での座り方は自由だったんだけど、私のお隣の席が空いていて、開会直前に飛び込んできたのはなんと、「浜松・東三河フェニックス」(プロバスケットボールチーム)ヘッドコーチの東野さん!!ラッキー♪(笑)5時半まで練習だったそう。
昨年日本一になったチームの監督です!

私にとっては在学時期も重なっているし、同期のバスケ部の友達(湯本くん)は東野さんと高校も大学も同じだし、元々ご縁のあるお方で、お会いしたのは数回だけど、いつ会ってもほんっとうに清々しい!!
写真は、その東野さんのスピーチです。

この後、いつもカッコイイ大須賀憲太幹事長が気を利かせてくださって私も壇上へ上がり、本の宣伝をさせていただきました。そしたら、たまたま持って行った(仲良しオヤジ様との約束3冊に加えて思いつきで)5冊がすぐに売れた。憲太さんありがとうございます!!


サインが、嫌がらせか!ってくらいひどい文字になってしまい(トイレの前のぐらんぐらんのテーブル&トイレの案内係を務め「今、入ってます」とか「下に広いトイレがありますよ」とかww)、申し訳ありません。


あ、東野さんの大親友の俳優の藤本隆宏さん、あさっての真田丸から出演だそうです。わかりやすいまとめサイト・・・
http://matome.naver.jp/odai/2145170040067959101?&page=1


藤本さんは在学中に水泳でオリンピックに出場し、当時ラガービール(キョンキョン)のCMにも出ていたので印象深い。


藤本さんが劇団四季でセリフのない役を演じていた頃、東野さんが劇場に足を運んでいた恩返しもあってか、フェニックスの試合に(豊橋までも)藤本さんが応援に来てくれているそう。
友情に感動です(涙)


新人さんも大勢来ていて、盛り沢山で書ききれない、楽しい時間でした☆











[PR]
by hihararara | 2016-01-23 22:16 | 地域 | Comments(0)

真弓ちゃんとGITAランチ♪



c0189426_21025833.jpg
c0189426_21030776.jpg
c0189426_21031984.jpg
c0189426_21033332.jpg

今日は、高校の同級生の真弓ちゃんと、豊川「GITA」でランチ♪
「GITA」HP→ http://gita-dal-2010.com/index.html

初めて行ったのは、『ヒカリめがね』創刊号の打ち上げの時で、南イタリア料理の珍しさや味に感動し、真弓ちゃんも何度か行っていたこともあり、年末のうちからココということで約束していました。

今日もまた、メニューが書けないけど(笑)、魚介のパスタで、振りかけたアーモンドが効いてました。デザートも含めて美しくて美味。


真弓ちゃんは英語の本をいっぱい出していて、我が家で役立っている一冊を☆
高校時代は存在は知りつつ話したことがなかったけど、昨年の同窓会総会で一緒に司会をし、親交を深めました。
女の私が言うのもなんだけど、宝石のような女性です☆


GITAの前には、『ヒカリめがね』も『red』もお世話になっているnidoに寄り(https://www.facebook.com/nidobyhoneybeeproject/?fref=ts)、ご挨拶。両方とも目立ついい位置に置いてくださっていて感謝です。

別の場所で知り合い、出会った時点ですでに『赤土に咲くダリア』を読んでくれていたミホちゃんが、現在カフェの責任者というご縁もおもしろいし、ありがたい(『red』もお店に入った日に買って読んでくれたそう)。


地域が狭いのか、自分の動きが広いのか、偶然ばっかり(笑)


真弓ちゃん、ありがとう♡









[PR]
by hihararara | 2016-01-21 21:05 | 友達 | Comments(0)

『red』感想 女性篇二つ


c0189426_20543267.jpg

日原いずみさんの「red」。
やっと読めました!
藤村 昌代さん、まーちゃんの作品集。
本を渡してもらう時に「R18だでね」と言っていたけど(笑)
年齢というより、人として、女として、男として、成熟している人が読んだら、すごく自分と重なるシーンがたくさん頭に浮かぶんじゃないかな…って感じました。

出逢う前からなんとなくFacebookでお見かけして、早稲田大学を出て、小説家なのに渥美??と私の中では興味津々の女性で。
いつかお会いしてみたいな?…と気になる人でした。
出逢ったのはビビちゃんのスタジオで、4年近く前。
私はヘアメイクをしてもらっていて、大きな声で写真選びをしている女性がいて、それがまーちゃんでした。
すごい笑顔で握手をしてくれて、力強い!と思ったのは今でも忘れられません。
後日まーちゃんがサロンに来てくれて、
「握手をした時にすぐ、この人はSEXが上手い人だな、って思ったんだよ」
と言うので、面白い人だなーと思って(笑)

彼女の語る、性や出産や授乳、男と女、夫婦と子供、、、この人なら飾らない自分で話せる、そう思って、普段人には話せない、私のredの部分をまーちゃんに話しているかな。

red。血。まーちゃんの血はサラサラしてる。
濃厚な出来事もサラサラにできるから、こんなに瑞々しく、ピュアな性を表現できるんだろうなー…と。

次はblueということで。
楽しみです。

読んでみたい方もいると思うので、またまーちゃんの投稿をシェアします。


                     ☆


大切な友達である小説家の日原いずみさん(藤村昌代さん)が、このたび短編小説とエッセイから成る作品集『red』を出しました!

私が彼女(まーちゃん)を知ったのは、長男がまだ3歳頃の、まさしく子育て全力投球時代! 北陸中日新聞にまーちゃんのブログが紹介されていて、読んでみたいとアクセスしたのが始まりでした。

今思い出しても、本当に不思議。当時の私は初めての子育てにいっぱいいっぱいで、新聞なんてほとんど読んでいなかった。それを、なぜその日に限って読んでいたのか。そして、決して大きな記事ではなかったはずなのに(まーちゃん、ゴメン。笑)、なぜそこに吸い寄せられ、それからすぐにパソコンの電源を入れ、迷わずアクセスしたのか。しかも北陸中日新聞は、この地方では読んでいる人はそんなに多くないのに、なぜそれを取っていたのか(北〇新聞が嫌いだから。笑)。


まーちゃんのブログは、いわゆるよくある「〇〇ママの子育て奮闘記」的なものと、明らかに一線を画していました。いや、もちろん、彼女も自身の育児についていっぱい書いていたんだけど、それだけではない(それだけなら、私はたぶん惹きつけられなかった)何かを感じました。何だろう、うまく言えないけど、母であり妻である以前の「個」としての自分のようなもの。ひとりの人間として、女として生きている、輝きのようなもの。
以来、彼女は、かけがえのない大切な友達となりました。

そんなまーちゃんの魅力がいっぱいに詰まった作品集です。
女であるが故の喜びと悲しみ、生きることと死ぬことの不思議、ひとりでも多くの人に、ぜひ味わってもらいたいです。

ちなみに、どの作品も好きだけど、この『red』の中で私がいちばん好きなのは、「生と死の快楽」です。「生命の誕生と死は似ている」、私もそう思っています。




**********



他にもメールやメッセージで個別にいただきつつ、公開OKな投稿を、許可をいただいて転載しました。
















[PR]
by hihararara | 2016-01-20 20:38 | 『red』 | Comments(0)

『red』感想 男性篇三つ


facebook上に投稿してくださった感想集です。

************

日原いずみ原作「red」を読む。
前作『赤土に咲くダリア」の衝撃から7年。
待ったなあ、という思い。
ブログも書かれていたようだが、日原の文体は横書きのPC画面よりも縦書きの紙の印刷で読みたいと願っていた。

その思いは当たっていた。意識してるかどうかはわからないが僕にはシナリオを読むように、映像を創造しつつ、読み込んでいく楽しさがある。
テーマ的には男の自分にはわからない女性特有の性の思い、痛み、慈しみ等を描きながら、読後感の爽やかさは前2作と変わらない。

とりわけ「TGVストライキ」に瀟洒なフランス映画の香りを嗅いだ。後半のエッセイも魅力的だ。生きていることが真摯に伝わってくる。喜びも、哀しみも・・・。

出張に行く際にカバンに忍ばせておきたくなる本だ。



**********


同郷の友人が執筆した本を読んだ。短編集だがとくに「乳」が好きだ。
先日同窓会に行って感じたが僕らぐらいの年齢になると男であったり、女であったことを他の属性のせいで忘れてしまっている人もいる。
彼女は一生女だろう。僕もそうありたい。


**********


読んだよ!

さっき買ってスルッと読めた。
(エッセイ選はまだだけど)

けっこうエグいこと書いてるのにリズム良くて爽快。

「乳」の
前世の双子の話し、正直ウヘッ…って感じだったけど、読み終えると、これってあれかな?
前世紀と今世紀の間にあった空白地帯みたいな…。
神無月ならぬ神無年みたいな…。
地獄の釜の蓋が開いたようなあの時間…。
あの感覚について?
(…ってどの感覚だよ!?ってか?)

うまく言えんけど、
思い切り女性視点で書いてるようで、そうじゃない気がする。

んー…、よくわからん感想文で失敬。m(_ _)m



********

ありがとうございます!










[PR]
by hihararara | 2016-01-20 20:37 | 『red』 | Comments(0)

バラの花


今日二つ目。【1月13日 投稿分】

c0189426_20561541.jpg


子供ネタが続いて恐縮ですが、さっき中学校から電話があって、長男がバラの花を持って行ったことへのお礼だった。

我が家は、学校からの電話(お叱りごと)は圧倒的に長男が多く、中学へ入ってからは減っていたけど、学校の番号が表示されると「また何かやったのか?」と思って警戒してしまう(笑)

今日もバラの花の後に何かお叱りがあるかと思ったら、そうじゃなくてホッとした。

中2男子だけど、渥美の実家からたくさん花をもらってきた中の綺麗なバラ(ちなみに真臣作)を見て、「学校へ持って行きたい」と思う長男は素敵だと思う。


男だとか女だとか関係なく、また、良いことは一人でも貫ける強さを持った子に育ってほしいと思ってきたけど、上下ともまあまあ。

それに、バラを持って行く長男をからかわずに受け入れてくれるクラスメイトや先生たちにも心から感謝です☆
(いい時ばかりじゃなく、6年生の時は学級崩壊も経験してるし、それゆえの今のありがたさです)








[PR]
by hihararara | 2016-01-19 20:50 | こども | Comments(0)

柔道大会&おしるこ


【1月11日FB投稿分】
今さらではあるけど、がんばった記録として・・・


c0189426_20440841.jpg
c0189426_20441737.jpg
c0189426_20442577.jpg
c0189426_20443540.jpg
c0189426_20444692.jpg




【ブログ並みに長くなってしまった】

気が重かった連休が終わって、晴れ晴れ~~♪


おめでたい成人式とは裏腹に、この連休、昨日は夫側の法事、今日は息子たちの柔道大会で、特に次男が法事も大会も嫌で(法事はおとなしくしているのが苦痛で、柔道は体格差が出てきたのに(次男は小柄)、小学生だと階級が分かれないから重い子と対戦したり団体戦に出させられるのが嫌)、その不満を聞かされ続けて励ますのがたいへんだった。


反抗期のため、柔道をやらせたオヤジへの不満も募り、一昨日の段階では、「大会に出ない!!」とまでなり、それでもいいかとも思ったが、法事という荷が下りれば気持ちも少しは上向くかと思ったらその通りで、なんとか無事に出場。


同時に、今年は大会後にふるまわれる鏡開きのおしるこを、私も初めて作る側となり、まさかまさかで、小豆から煮ていると知り(笑)、驚くと同時に、お母さんたちの労力に感心した。しかも、北海道産小豆。
分担分の2キロを昨日の法事の後から煮て(小豆が柔らかくなるまで)、ざらめや塩を加える仕上げは今日の朝から、武道館の近くの八町市民館で行った。


この作業は、数ある道場の中でも武道館の所属の母親たちでやってきたようだけど、昔は大勢いた子供たちが減ってしまい、存続がたいへんで、今日は柔道会の方々との簡単な話し合いにも参加した。


昨日は、このサイト http://www.sirogohan.com/recipe/zenzai/ を参考に、小豆がふっくら美味しく炊けて、息子たちも手伝った分、私がよそうずんどうに並ぼうとしてたけど、結局は味を均等化するためにいろんな小豆を混ぜたので、息子らや友達の期待にはこたえられず(笑)


おしるこの作業のために、我が子の試合も見られないかと思ったら、ベテランお母さんが気を利かせてくださって兄弟とも見れて、二人ともよくがんばっていて、感動した。


昔はコテンと負けていた長男(中2)が、今まででいちばんというやる気を見せ(結局は団体戦も個人戦も負けたけど)、嫌でたまらなかった次男(小5)は、団体戦で6年生相手に、すっごくいい戦いをしていた。個人戦もひとつは勝てた。


次男には、「嫌でやめたらその時はいいけど、その後の1年、出ておけばよかったなあって思うと思うよ」と励ましたんだけど、終わった後にはやはり「出て良かった」と晴れ晴れとしていた。


格上の相手と互角に戦い、敗れて泣く次男を見て、「弱いから逃げたいのではなく、勝ちたいからこそ体格差が出てきて負けるのが悔しくて嫌だったんだな」と、嫌だ嫌だの奥底の本心を試合によって知れてよかった。


私は自分が割とがんばっちゃう子供だったけど、がんばるってことの弊害も感じるため、子供には「がんばること」を無理に強いたくはないけど、やはり「ここは!」という場面はある。

今日はとってもよかった。長男が出した五郎丸年賀状の反応を他校の子からも聞けて良かった(笑)
成長期の子供たちの変化を見れるのも毎年楽しい。

我が子も私も(みんなも)、よくがんばった~~ 終わってホッ!

**********

☆柔道の大会に行く気がなくて、でも、おしるこは食べたいと言っていた次男のために、煮た小豆を少しとっておいて、家で翌日つくったぜんざい。

c0189426_20432743.jpg


次男は柔道大会に出たことで満足して、これは結局私が食べました(笑)













[PR]
by hihararara | 2016-01-19 20:45 | こども | Comments(0)

大竹投手&鈴木亜由子ちゃん


まだ転載してない分もあるけど、感動した今日のこと!!

c0189426_21361232.jpg
c0189426_21362190.jpg
c0189426_21363870.jpg
c0189426_21364738.jpg
c0189426_21365677.jpg


巨人・大竹投手の自主トレに、今日は息子たちを連れて行ってきました。
そしたら兄弟でのキャッチボールに夢中になっちゃって、真剣に見たのは少し(笑)*次男はカープ帽です。
とはいえ、間近でプロの球速や球威を感じられ、ボールが空気を切り裂く、虫の羽音のような初めて聴く音を聴けて良い体験になりました。


と、のんきに大竹ネタだけ書こうかと思ったら、その後、家で見た都道府県駅伝の愛知のアンカー鈴木亜由子ちゃんの走りがすごくて泣いた!
1分37秒差を逆転しての優勝。

先月我が家で間近で見た亜由子ちゃんは本当に可愛らしい女性だったのに、走る時の勇ましい表情、インタビューも思わず撮っちゃったけど、実物は色白で、くりっとした目とえくぼがチャームポイントで、もっとずっと可愛いです。

亜由子ちゃんもすごかったけど、アンカー区間1位の関根さんもすごいし(豊川高校出身で亜由子ちゃんと同じ日本郵政)、FB友達でもある清田さんの娘ちゃんの真央ちゃんも区間3位だそうで、すごい!!!


解説の金さんにも先月会ってるので、ありがたいし不思議な気持ち。
都道府県駅伝は、その昔、800Mをがんばって走っていた頃、私はそこまで行けなかったけど、東三河で1、2位を争っていた友達は県の合宿にも呼ばれていたので、中学生区間とか、いまだにキュンとくる。

中学時代から大活躍で、今や日本を代表するランナーとなった亜由子ちゃん、素晴らしい!!
いろんな時期があって、陸上だけじゃない彼女の人生そのものを応援してきたけど、どこまで行くんだろう?って感動する。

**********

1月18日の中日新聞の記事
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160118/CK2016011802000054.html

日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK17H0Q_X10C16A1000000/

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1593622.html



      


[PR]
by hihararara | 2016-01-17 21:37 | スポーツ | Comments(0)