<   2015年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2015 → 2016



c0189426_22261964.jpg
c0189426_22400117.jpg
c0189426_22401214.jpg
c0189426_22402155.jpg
c0189426_22403139.jpg
c0189426_22404002.jpg
c0189426_22410924.jpg
c0189426_22411995.jpg

c0189426_22413444.jpg



昨日の実家(もちつきで)
母作の生け花(ご奉仕お届け用☆ 花材は地元の生産者さんからの持ち寄り)

2,015年、ありがとうございました。
2,016年、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



おまけ、今年春の母の作品(お友達の撮影)




c0189426_22414464.jpg


花を生けることが本当に好きな人で、「好き」や「道」を持つ人生、私も見習いたいです☆



今年のうちに書きたくて、結局書けなかった記事も複数あるけど、
今年はひとまずこれで閉じます。


よいお年を☆













[PR]
by hihararara | 2015-12-31 22:50 | 家族 | Comments(0)

異次元・熱風・mixs.LIVE☆


c0189426_07111221.jpg


12月27日(日)、2015年のファイナルにふさわしい、素晴らしいイベントに参加しました。
この写真は開演前の様子。 *お写真は、関係者の方々からいただいております。

会場は、大好きなホテル、アークリッシュ豊橋。
6月に高校の同級生たちと幹事学年として同窓会総会をがんばった(私も司会を務めさせていただいた)THE GRACEにて・・・

昨年6月からお世話になっている、mixs. http://www.mixs.jp 主催のパーティーで、まさにタイトル通りの「LIVE」 一言では言えない盛りだくさんの内容でした。

mixs.を支持する参加者150名のうち、全国からの生徒さんが、半数の75名!
北海道、東北、関東、北陸、近畿などから実際に足を運ばれる方々の熱、すごいです。

司会のお二人は神奈川と栃木から・・・とっても華やかで素敵でした☆☆☆


c0189426_17214927.jpg


c0189426_17215747.jpg


mixs.の松本先生が元々空手家であることから、LIVEの始まりは先生とお弟子さんによる演武から。


c0189426_07112059.jpg
c0189426_21062270.jpg

facebookに綴られた先生のコメントより・・・

<人は、1秒でも時間があれば演じられる、

ただ、空間が切り裂かれる一瞬には今までの生き方すべてが刹那に出る、、

演武とは、途方もなく泥臭く退屈な修行の繰り返しによりつくられた今の佇まいそのものと言える、。>

まさに刹那。真剣勝負。
日々鍛錬を重ね、心身を研ぎ澄ませた猛者にしか到達できない境地。


空間がピリリと引き締まった演武から一転、司会のお二人が場を和ませてくれたのちの登場は、ピアニストの野畑さおりさん。

c0189426_07112800.jpg

野畑さんもmixs.の生徒さんで、前日のクラスで久々にお会いしていました。

野畑さんは誰もが褒めるお人柄で、いつもにこやかで温かく、お互いトレーニングウェア姿でほのぼのとお話をしたのだけど、プロとしての演奏は別格。格別。
優雅で優美で、聴き惚れます。流麗でしなやかで凛としていて・・・反射的に涙が出てくる音色です。

演奏後の、先生と野畑さんの対談では、超絶技法と言われたリストを表現した絵が紹介されたり、野畑さんの、緊張を深呼吸で乗り切るコツや、強いタッチは身体ごと、弱い(繊細な)タッチは「指紋で弾くようなイメージで」などと語られ、演奏家ならではの表現が興味深かったです。


c0189426_15541807.jpg


その後、演武に登場したお弟子さん二人のインタビューがあり、続く映像では、松本先生の中学校での講演や、中学の陸上短距離で全国レベルにある男子くんへの指導(走り方の変化)が紹介されました。

先生がよく口にする「正しい身体の使い方」による変化が表れていました。


引き続いて、なんとなんと、私もステージに上がらせていただきました。

c0189426_07113668.jpg


自分の病歴、mixs.に行くようになったきっかけ、その後の変化、私が作家ということで、「言葉の力」についてのお話。

松本先生と初めてお話した時から、先生の言葉は、頭や心だけではなく、細胞にダイレクトに「効く」気がしていて、ふだんのクラスにおいても、先生の身体を使った指導に加え、生徒への愛情と責任と覚悟を持った言葉によって、引き上げてもらっているように感じます。

お医者さんは立場上なかなか難しいだろうけれど、患者の側としては「絶対治るよ!」とか、「大丈夫だよ!」と言ってもらいたい。

その安心感が希望となって、快復へ向かうように思うから。

人間は他の動物と違い、頭脳や言葉を持ち、素晴らしいことであると同時に、それによる苦しみやストレスも背負ってしまったけれど、その分、言葉によっての改善や復活もあるわけで・・・

先生の言葉、例えば「縁を運につなぐ」「なりたい景色を思い浮かべる」「今まで生きてきたすべてが準備なのだから」などなど、どれもオリジナルで、圧倒的に前向きで肯定のエネルギーに満ちていて、作家的観点からしてもいつも「うまいなあ!」と感心しています。
情景が思い浮かぶような、情感的な、言葉づかいのセンスを感じます。

そんなようなお話を、まぶしいスポットライトの下で、緊張しつつさせていただきました。

時間がなくてそこまでは話せなかったけれど、常々先生とも語るのは、ただ強い、前向きなだけの言葉だと、弱っている側からすると置いていかれるように感じる(孤独感が増す)けれど、先生は、ご自身が幼少期に病弱だった体験があるからか、強さと同時に深いやさしさと繊細さを兼ね備えていて、頼りにする生徒を、すくい(救い&掬い)上げ、引っ張り上げてくれるようなイメージ。


先生が気を利かせて私の新作『red』についても紹介してくださり、その後の休憩時間に本の販売とサイン会までセッティングしてくださいました。

偶然とはいえ、本が出たタイミングもちょうど今月で、心からありがたいと思いました。

c0189426_07114425.jpg

いつの間にか撮ってもらっていたサイン会の様子。
私の表情、うれしそうです(^-^)/

松本マジックで、本は文字通り「飛ぶように売れ」て、行列ができ、サインも連続で・・・
「私、今、作家っぽい!」と思っちゃいました(笑)

今回の作品集は、過去の2作と違って、出版社を通さず自分で制作費を負担したもので(かねてからの出版不況、特に小説は厳しい)、出版を検討中の頃から先生が応援してくださっていて、その流れもあり、与えていただいた場でした。

先生、みなさま、ありがとうございました☆


思いのほかたくさんの方が本を買ってくださり、サインも休憩時間だけでは終わらず、見逃してしまった場面・・・

c0189426_07115105.jpg

地元の経済界のトップ、サーラグループ名誉顧問の神野信郎さんも、mixs.の生徒さんです。
クラスでご一緒したことも何度かあるけど、いつも柔和な笑顔で、神々しいほどのお方。


c0189426_07115917.jpg

こちらは先生の末の息子さんのりゅうのすけくん。
やんちゃで堂々としていて、将来が楽しみ♪


c0189426_07121013.jpg

私も現在お世話になっている、西田メディカルクリニック http://www.medi-plus.info/clinic/ の院長、西田先生。漢方や民間療法を取り入れたり、ホリスティック医学の普及を目指している先生。

詳しくは書かないけど(笑)、この対談、めっちゃおもしろかった!!

松本先生と西田先生は同じロータリークラブに属していて、長年の盟友という感じ。



c0189426_07121789.jpg

こちらは、京都と埼玉からmixs.に通っていらっしゃるお二方。

京都の方は整体師さんで、患者さんの治療をする中で限界を感じていた頃、松本先生の存在を知り、「指一本触らないで治すというのはどういうことか?」と興味を持ったそう。

埼玉の方は、介護の仕事をしていて、デイサービスで出会う方にマイナス思考の方が多く、なんとかできないか、と考えていたところでmixs.の心地よさを体感し、月に一度通っているそう。
距離を超えさせる学びがあるのだと思います。

私はお二人の、善のエネルギーが素晴らしいと思いました。

ご自身が向き合っている患者さんに対し、より良い施術をしたり、より良い対応をするために考えた中でのmixs.松本先生との出会いと実践。

mixs.に集う人達は、医師や薬剤師等の医療関係者のほかに、様々な治療家やインストラクター、セラピストなど、心身と向き合う生徒さんを抱えている人たちも多い。

Musician's musician (ミュージシャンズ・ミュージシャン)という言葉があるけど、ミュージシャンが愛する、リスペクトする真のミュージシャンみたいに、松本先生は、カテゴライズはできないけど、本物の中の本物なんだろうなと思います。


その後、書家の森田先生の色紙プレゼントとトーク少々で、その場で衣装を変えて(笑)ギター演奏♪
森田先生とは入会の時期が同じで、楽しく関わっています(二次会後、酔っぱらった森田さんを渥美線の駅まで爆笑しながら見送った)。

c0189426_21070694.jpg

c0189426_16383761.jpg



私がmixs.を知るきっかけとなった山崎歯科 http://yamazakishika.net/ のふれでぃーさんの弾き語り(荒木一郎さんの『空に星があるように』をエレガントにしみじみと)も素晴らしく、引き込まれました。

c0189426_21073099.jpg


先生の強力なお弟子さんの中西さん。
mixs.関連の様々な企画、プロデュース、Web mixs. http://webmixs.com/lp/1st の運営など、大活躍。
Web mixs.は、一年も経っていないのに、会員が4,500人だそう!!びっくり!
中西さん自身が英語の先生でもあったり、パイロット免許を持ってたり、食や健康、社会に関して詳しかったり、多才なお方。
つくづくおもしろい人たちがmixs.の周りにいます。

c0189426_11480511.jpg


Web mixs.は、「離れた人々を救うことが出来たら」という先生の想いから始まったもので、この場に参加した京都や東京のWeb会員の方のインタビューもありました。

会員の方々へのインタビューの最後に、静岡県の袋井市から、12月に通うようになった斉藤さんのお話がありました。

斉藤さん親子とは私もたまたまスタジオでお会いして話したことがあり、その時は、たった3回通っただけで、血圧が下がり、間質性肺炎で苦しんでいた呼吸が楽になったと言っていました。
具体的には、最高血圧が180~200あって降圧剤を飲んでいたのに薬を一切やめて、現在は140~150だそうです。

会場でのインタビューの前に、たまたま親子のうれしそうなお顔を間近で見て、私もその奇跡に驚いていたので(他にもこれまでにパーキンソン病でまともに歩けなかった方の復活体験もご本人から伺ったり)、斉藤さんのマイク越しのお声を聞いて、涙が出ました。


c0189426_07122525.jpg


大トリは、なんと、先生の歌(笑)

浜田省吾の『愛という名のもとに』

伴奏は野畑さんのピアノ!!

先生の声がいいのはみなさんよくご存じのことで、浜田省吾もピッタリなんだけど、野畑さんの豪華なピアノのアレンジに乗せての伸びやかな歌声を聴いているうちに、なんだか私は笑えてきて、いい意味で、「なんなんだ?この空間??」って思いました(笑)

異次元、異空間、全国から集結した方々・・・

健康への希求、感謝と希望に満ちた、まさにエネルギー空間。

何よりも、松本先生の愛情とサービス精神に充ち満ちたmixs.LIVE。 私にとって先生は、風のようなイメージで、熱風(とはいえ、暑苦しくなく軽やかな)を感じるような時間でした。

イベントとしては長時間だったのに、あっという間で、長い時を共に過ごしても、まだみなさんと一緒にいたいような、温かい、ありがたい場でした。

ご年配の方からお子さんまで、また、地元豊橋周辺ばかりではなく、全国各地からの参加者、mixs.に救いを求めていらっしゃる方の中には、身体の不自由な方もいるわけですが、みなさま、一様に、大満足の笑顔で、余韻に浸りながら、ゆっくりゆっくり会場をあとにしていました。


松本先生、中西さん、みなさま、ありがとうございました!!!



c0189426_15402582.jpg

この日発表されましたが、2016年の秋には、「mixs.養生セミナー in 世界遺産 薬師寺 玄奘三蔵院」が開催されます。
mixs.の今後の発展を、内部から楽しみにしています。



**********

☆本の販売とサイン会をお手伝いしてくださった有紀子さんと♡
c0189426_07123338.jpg

☆二次会にて 司会の由里絵ちゃんと、松本先生の奥様の華奈美さんと♡
(きれいに写るという華奈美さんのスマホにてw)
c0189426_15490054.jpg




mixs.関連ブログ記事 

① 『腹式呼吸と細胞活性ストレッチmixs.』(2014年6月23日付) 
http://hihararara.exblog.jp/24038154/

② 『mixs. 理論と実技特別セミナー』(2015年3月17日付)
http://hihararara.exblog.jp/24038233/

③ 『アンビリバボーmixs.!!』(2015年6月30日付)
http://hihararara.exblog.jp/24333786

*①②は前のブログから現在のブログへ引っ越した記事のため
レイアウトが少しおかしいです



◆おまけ◆
日原いずみ『red』は、こちらからご購入いただけます♪

http://hihararara.thebase.in/items/2150915

入会直後から、広報担当的に、mixs.について時々発信させてもらっています。
またお目にかかれる日を楽しみにしています☆











[PR]
by hihararara | 2015-12-29 16:55 | 健康 | Comments(0)

『red』デザイナーいーちゃんの投稿より


こちらをご紹介するのを忘れてました!(下書きに保存したままUPしてなかった)
デザイナーのいーちゃんのFB投稿です。

c0189426_11030296.jpg


日原いずみさん作品集『red』
装丁をさせていただきました。

本屋さんに並んでるのが見たくって、買いに行っちゃった


「生と性の深淵を覗いてみたい」がテーマのこの作品。

ちょっと過激で、エロで、ドキドキしちゃうんだけど…「知性が紡ぐエロ」、とでも申しましょうか、、、ムラムラしない笑。

作家さんとのやりとりの中で、たぶん5,6回は読んでるんだけど、何度読み返しても新たな発見があったりして、面白いんです。作家さんの層の厚さを感じます。


表紙画は、
弱かったり強かったり、繊細、大胆、いじわる、優しさなどなど。。。女性の持つ、薄いガラスみたいな内面のレイヤーが幾層にも重なって、強く逞しくなってくようなイメージで描きました。


とっても良い本なので、みなさんの手にとっていただけたらうれしいです。男性にも絶賛おすすめ!


豊川堂全店と、ネットショップも販売してます☆


田原の豊川堂に買いに行ったんだけど、店入ってすぐの平置きに、ピース又吉、伊集院静、村上龍、東野圭吾ときて、日原いずみが並んどった!!
まーちゃんまぢスゴイ!!!!
幸せな仕事さしてもらいました。ありがとうございます〜〜〜〜( ´ ▽ ` )











[PR]
by hihararara | 2015-12-28 22:35 | 『red』 | Comments(0)

クリスマス☆2015



【12月24日夜のFB投稿より】

c0189426_21403442.jpg
c0189426_21074641.jpg
c0189426_21075331.jpg
c0189426_21081155.jpg
c0189426_21064375.jpg
c0189426_21530470.jpg

クリスマスイヴのごちそうが並んでるのを見て私も(笑)
毎年恒例の夫作のビーフシチューと雪山シフォンケーキ。

今年は次男の希望で、2回焼いた!(プレーンとデコレーションと両方食べたいと。1回目は次男がほとんどやった。デコレーションは兄弟担当でがたがたw)

6枚目の写真は、日曜日にぶつけて、凹んだと思ったら、自分でふくらんで元に戻ってくれてたバンパー(笑)
毎度お世話になってるモータースのご夫妻と、「不思議だ」「ハンドパワーだ」「車の自然治癒力だ」と盛り上がった。

私は数万円かかると凹んでいたところが、色塗りの5,346円で済んでホッ!これが何よりのクリスマスプレゼント(笑)

我が家はサンタさんを心待ちにするのは卒業してしまったけれど、これからそーっと枕元に置くお父さんお母さん、
がんばってください☆



【FBでは公開しなかった写真・・・】


長男撮影の「うまくできた!」というホイップの写真。

c0189426_21080431.jpg


息子たちの希望により、付け合わせはナシで、ビーフシチューとパン、シャンパン(子供たち希望のスパークリングジュース)&ワインの食卓。


c0189426_21424601.jpg



兄弟がデコレーションした、いちごたっぷり(がたがたの)ケーキ(笑)

c0189426_21063523.jpg


例年通り、家族みんなで楽しく食事できること、幸せです。





















[PR]
by hihararara | 2015-12-26 08:38 | 家族 | Comments(0)

『red』 青空お渡し会


c0189426_08035638.jpg
c0189426_08041576.jpg
c0189426_08042999.jpg
c0189426_08043757.jpg

c0189426_08044581.jpg
c0189426_08085861.jpg
c0189426_08110321.jpg
c0189426_08050711.jpg
c0189426_08143664.jpg


12月20日(日)友引の日に、豊橋公園で「red 青空お渡し会」を行いました。

前々からのお友達、FBでつながっていて初めてお会いする方などがいらっしゃる予定だったので、目印として赤いマフラーをして・・・

思いつきで企画して、20日のお天気が晴れだったので、実行しました。

この日私は生理で、まさに『red』の日で(ふつーはあからさまに書かないことでしょうが、もの書きの視点として受けとってください)、実は、ここ最近の2回の生理は、病気の再発や減薬の関係もあってか、発熱を伴い、生理痛もひどくてたいへんでした。

でも、今回は減薬のタイミングを工夫したことや身体の快復もあるのか、熱が出ず、体調も良くて、無事にお渡し会に行けること自体がすごく幸せだった。

発熱の体験によって、生理というのはやはり、身体にとって大きなできごとなのだなあと実感し、苦しくてもそれを観察することが、思えば私の創作の始まりだったと思い出していました。

処女作の『チョコレート色のほおずき』は、子宮内膜症を患った体験を軸に書いたもの。

出版と言うと、華々しいイメージを持っていただくけど、すべては、マイナスの体験をプラスに転化させようともがいて始まったことだったなあ、23歳でのあの病気がなければ、今の、小説を書く私、生や性へ深い関心を持つ私はなかっただろうなあって、感慨深く振り返りました。


写真は、お渡し会での断片。

◆公園内の、紅葉が美しい木々。

◆友達の娘ちゃんが公園で見つけてきて見せてくれた赤い実やお花。

◆赤いマフラーをもとに考えていった私の服装の中の、毛糸のスカート。
 久々にはいたけど、高校生の時に買ったindio(今は閉店)のもの(ペルー製)。
 思えば昔っから好きなものが変わらない。

◆終了後の安堵と幸せな顔。

◆お友達が持ってきてくれたグリーンのアレンジ。
 シックで香りもよくて素敵☆

◆最後の写真は、友達のいくちゃんが我が家での受け取りで来てくれた時にお祝いに持ってきてくれた「red」と「 blue」のお茶(素晴らしい)☆
そして、おすそ分けいただいたドテラのフランキンセンス。
フランキンセンスは、以前にも私に向くと別の方から買ったことがあり、今回も病気をきっかけに探していました(ドンピシャでありがたい)。

このフランキンセンスの香りを身につけてお渡し会へ行ったのでした。
香りに守ってもらえるようで、出発する時から気持ちよかったです。

お渡し会には、『赤土に咲くダリア』を読んでくれて、長いことブログのファンでいてくれた年下のお友達が、その後に授かった息子くんを連れてきてくれたり、読書好きという小6の娘ちゃんを連れてきてくれた男性や、私がポットラック(持ち寄り)ランチで忘れたスプーンを、「まーちゃんだろう」と手提げに入れて持ってきてくれたお友達がいたり・・・
何かと温かくて幸せな時間でした。



まっ、この日の午後、息子たちと出かけた買い物の帰りに、とある駐車場で電柱に後ろのバンパーをぶつけて凹ませちゃって、せっかくの気分も凹んじゃったんですけどね(そんなもんだー笑)

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!
外の空気や公園の自然のおかげもあって、本当に幸せでした。
















[PR]
by hihararara | 2015-12-23 20:48 | 『red』 | Comments(0)

『red』好調、ありがとうございます!

【12月22日 FB投稿分】

c0189426_09223438.jpg


c0189426_09224658.jpg


c0189426_09241211.jpg




豊川堂さんの『red』、売れ行き好調だそうで、昨日店長さんから電話があり、追加分の30冊を今朝お持ちしました。
写真は、本店(千恵ちゃん撮影♡)、カルミア店(智美ちゃん撮影♡)、アークリッシュの袋がちょうどいい新しい30冊☆

今日は社長さんもいらしたのでご挨拶(専務の大輔くんとも一緒にお話)。
『チョコレート色のほおずき』で初めてお世話になってから12年です。
社長さんが、「本屋として地域の暮らしのお役に立ちたい」と話していて感動しました。


『チョコレート色のほおずき』の時は地元の各新聞に出させてもらったけど、『赤土に咲くダリア』では、内容上、出ないようにしw(産経新聞さんでは「著者インタビュー」で大きく載せてもらったけど)、今回も新聞に出るつもりはない分、売れなかったら本屋さんに申し訳ない気持ちがあったけど、お友達やそのお友達のおかげでありがたいです。


ローカルに子育てしながら生きて、その一方で自由な創作を、となるとなかなか難しいのだけど(「どこまで本当?」って聞かれたり)、表現者としては、トンデモナイことをしてなんぼかなあって思っています。願いは固定観念からの解放。


『red』、まずは地元でがんばって(本当にありがとうございます)、次の展開も年が明けたら考えていきます。









[PR]
by hihararara | 2015-12-23 09:25 | 『red』 | Comments(0)

『red』感想続々


『red』のうれしい感想、続々届いています。

健康美案内人として、インストラクターをしている肥田小百合ちゃんの記事を、許可いただいて転載します。

小百合ちゃん自身が分析力や文章力にすぐれているので、とってもうれしい!


c0189426_20411364.jpg


五感を刺激される、普段目を向けないココロの奥の方までうずいてくるような、文章がぐっと詰まった、日原いずみの「red」。
「性」や「生」。
自分の体の中を流れ続けている赤い血や、動いている子宮の存在を実感するような小説やエッセイ。
著者ご本人も存じていて、まっすぐな「小説家の目」を持った人だとは最初に会った頃から感じていたけれど、文章を読んでも、ぐんぐんと、それが伝わってくる。
「この人は嘘をつかないし、この人の前では嘘をついてもお見通しなんだろうな」ということが感じられて、そんな人がいて、その人の才能にすこーし羨ましくなり、そしてこういう人の書くものが読めることが嬉しく感じる読書体験。
貴重な時間でした。

おまけ。
この「red」、装丁も素敵すぎて、
これだったらきっと、本屋さんにあったら、手に取って
ジャケ買いならぬ、装丁買いしただろうな~という、
素敵な本なので、
本好きの方は、そのあたりも必見ですよ
おんぷ♪


***********

上記はFB分とブログ掲載分を重ねさせてもらったけど、この記事の出ている小百合ちゃんのブログ・・・http://ameblo.jp/louise-violette/entry-12107685208.html

健康に関して、特に産前産後の女性に向けて(ダンナさんの側も読んでほしい)、とても参考になるので、いろんな記事を読んでみてください!


☆『red』は、地元だと豊川堂さん(本店、カルミア店、セントファーレ田原店、nido、豊川プリオ店)、オンライショップBASEからお求めいただけます。

http://hihararara.thebase.in/items/2150915










[PR]
by hihararara | 2015-12-23 09:19 | 『red』 | Comments(0)

日原いずみ 『red』 青空お渡し会



 今日、3つ目の投稿です(笑)


c0189426_20562602.jpg


 発売したばかりの『red』を直接お渡しする場をつくりました!
 直前のお知らせですが、タイミング合う方、よかったら
(遠方の方へはいつでも発送するので、お申し付けくださいね)
 
 豊橋公園内の、美術博物館の正面玄関近くのベンチの予定です。
 当日埋まっていたら、美術館の正面玄関から見える範囲にいます(赤いマフラーをしていきます)。
*美術博物館は、現在新館接続工事のため休館だそうですが、公園には入れます。

 なんとなく、どこか室内よりも、外の開放的な場所を設定したくて、思いつきで田原や豊川方面からも来やすくて、緑の多い豊橋公園にしましたが、市の公園緑地課に確認したところ、販売は禁止だそう!(とは思いつつ、届けを出せばOKかと思ってました)
 
 15日の第一報で、参加を表明してくれている友達が複数いるので、ここでこの時間に待ち合わせという感覚でいらしてください。
 
 参加ボタンを押してくださった方にはメッセージします
 当日飛び入りも大歓迎!!

 お天気は良さそうだけど寒そうなので1時間の設定ですが、ささっとお渡し、ゆっくりおしゃべりでも何でもいいので、アバウトにいらしてください☆


************

☆『red』の販売方法などはこちらの記事をご覧ください。

[PR]
by hihararara | 2015-12-18 20:57 | 『red』 | Comments(0)

『red』@豊川堂カルミア店

c0189426_20512917.jpg



続報です♪
ありがたいことに、お友達が本屋さん情報を続々と送ってくれて、こちらは、豊川堂カルミア店(←豊橋の駅ビル)の様子です。撮影は智美ちゃんです♡

カルミア店の店長さん(『チョコレート色のほおずき』からお世話になってる方)はポップが得意だそうで、客層に合わせて書いてくれたんだと思います。
女性作家のコーナーに置いてあるのもありがたい!


これからカルミア店に行くと言ってくれてる方もいるので、こんな感じです☆

今回は出版社を通さず、色々自分でやってる状態なので、全国書店に並ぶ!って感じじゃなくて遠方の方、すみません。

あさっての青空お渡し会のイベントページをつくりつつ、みなさんへの招待状がうまく送れなくて、また夜にご案内します。


☆『red』の販売方法などはこちらの記事をご覧ください。


[PR]
by hihararara | 2015-12-18 20:53 | 『red』 | Comments(0)

『red』@豊川堂本店

c0189426_20453732.jpg

『red』関係二つ。
豊川堂本店さんはこんな感じです♪(お友達の千恵ちゃん撮影)

すでに何人かからコメントをもらってるけど、このポップは私が作成しました!
販売初日の豊川堂さんでの会話(まだポップはない時)・・・


豊:「店員の手書き風ポップがいちばんいいから書いてきて!」
私:「わかりました、店員が書いた風に書いてくるので、内緒ですよ!」

というわけで、すぐにお持ちしたところ(こういう作業好きなんです)、友達からFB通して、

<ポップもセンスいいなぁ素敵だなぁと凝視していたら、お店の方が「日原さん手書きのポップですよ」と教えて下さいました。>


<ご本人がポップを作って持ってきましたよ〜と店主?さんがおっしゃってて>


言っとるじゃん(言うてるやん)!!(笑)


そんなわけで、先に自分からお伝えしておきます。
私が書いたので(作家自ら店員風に・・・本店、田原店、カルミア、nido分)、ぜひご覧ください(^_−)☆

ちなみに、ダリアの消しゴムハンコは8年前の出版時に作りました☆
(*追記:カルミア店は、店長さん作成の様子です。このあとUPします)

早速読んでくださった方々、ありがとうございます。
引き続き、よろしくお願いいたします。

☆(しばらく載せ続けます)『red』の販売方法などはこちら・・・
http://hihararara.exblog.jp/25070928/







[PR]
by hihararara | 2015-12-18 20:46 | 『red』 | Comments(0)