「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

English Camp


【8月19日分】

c0189426_09335787.jpg
c0189426_09340772.jpg

朝から長男は、豊橋市主催のEnglish Campへ。
去年に続いて2度目の参加で、前にも書いたことあるけど、全5日間の行程で、1日目、2日目が教室(国際交流協会)でのあれこれ。その後一泊でメインキャンプにお出かけ、最終日は再び教室で。
市内のALTさんたちが集結し、とにかく英語、英会話の空間!

長男はどこでも誰でも大丈夫なタイプなので(英語は好きだけど会話が得意なわけではない)、自分から希望して参加し、去年が楽しかったので今年もワクワク参加。...
去年は倍率が2倍で、連続は無理と思ったけど、今年はちょうど定員程度だったため全員OK。
これ、親は参加させたくても子供が嫌がるとか、興味ない子も多いけど、めっちゃお得。3000円!豊橋ありがとう!

私も松葉杖の彼の介助で教室までついて行ったけど、去年お世話になった先生(トレバーやアシュリー)に会えて、去年のお礼や、息子が本当に楽しんでいることを伝えられてよかった。

去年よりぐーんと身長が伸びた息子を、温かく迎えてもらえて感激でした。

☆去年の新聞記事より(今年は定員が増えた)http://www.higashiaichi.co.jp/…/…/2014/140821t/14082101.html




[PR]
by hihararara | 2015-08-26 09:35 | 地域 | Comments(0)

長男家庭科の宿題

【とどこおってますが、8月17日FB投稿分】

明日出校日の長男(中2)、何度も確認したのに、やはり、今になって家庭科の宿題がやってないことが判明。
二種類ある宿題のうちの一つは、「アイデア料理コンテスト」で、指定された豊橋の食材を盛り込んでの料理を作り、写真を撮って(←これがあるから気になったわけだ)レポート。

母親がちゃちゃっと手伝っちゃう家も多いと思うけど、長男は料理が好きなので自分でやりたがる姿勢は尊重してやりたい。が、時間がない。
朝は(やってないことを責めたので)「口出しするな」と言ってきたけど、作って食べて写真を撮るなら昼間のうちと思い、しかし、提案の仕方を間違えると反発するので(過保護じゃなくて思春期めんどくせー。私の目的は家で写真のプリントアウトができないし、食材の買い出しにしてもどのみち関わるのならさっさと済ませたい)、
私の口から出た言葉が自分でもよくわからないけど、まず外人調だった・・・

私「リョウリノシュクダイヲ ヤルナラヒルマガイイト オモウノデスガ、、」
長男「All right ヤリマショウ(笑顔)」

てな感じに2人でしばらく外人調に相談・・・(スムーズ!)
そうか、これから反抗的な時は、英語を混ぜて外人調で会話することにしよう(どこまで通用するかは不明w)。


*************************

c0189426_09291619.jpg
c0189426_09292957.jpg
c0189426_09293895.jpg

長男の家庭科宿題におつき合いいただき、ありがとうございます(笑)
先ほど完成し、試食も終えました。
題して「オムライス 夏の陣」だそう(笑)

ギプスなので、買い出しや写真のプリントアウトは私が手伝ったけど、料理についてはすべてがんばった!
指定の野菜や卵(うずらの卵入り)等、ほとんど使った感じ。

本当は、タンポポオムライスみたいに(映画『タンポポ』に出てくるオムライス)、半熟のオムレツを上にのせて、カットしてとろ~りが理想だったけど、それはうまくいかなかったが、盛り付けでごまかせたでしょう。

オムレツは、酒井シェフに教わって以来、家で何十回も練習した成果です。
みなさま、ありがとうございました☆
一回目の出校日は入院中で行けなかったので、明日はとても楽しみだと思います。






[PR]
by hihararara | 2015-08-26 09:31 | | Comments(0)

ピノ


【同じく8月10日公開分】


c0189426_08415021.jpg
すみません、次男がUPしろと言うので・・・


作文教室の続報的でもあるんだけど、今日お留守番していた次男(そもそも、長男は善意での手伝いってよりは、兄弟ゲンカが激しくなっていたので(今は大丈夫)引き離そうというのが目的だった)に、お礼にピノを買うことになっていて、さっき、バスケの帰りに買って、今見たら、星型が2つ!!


これは、ズムサタで、巨人・坂本が「ピノって当たりがあるんですよ~」って話すのを聞いて存在を知り、一度はケースにクローバーってのが出たけど、星2つは珍しい、と思う(笑)


プロ野球チップスで、次男がファンのカープの菊池と丸が連続で出たくらいのレア感。
よかったね☆☆







[PR]
by hihararara | 2015-08-18 15:19 | こども | Comments(0)

女の墓場プロダクション


【女の墓場プロダクション】は、新城の美容室LUZの「ちょもこ」と、私「まーちゃん」によるユニットです。

女性を解放するお手伝いをしたくて、いろんなテーマで講座を企画しています。

ゆっくりと・・・

c0189426_13233909.jpg

始まりは、2,014年の5月と6月にLUZで行った「LOVE♡クリアリング」でした。

その時のテーマは、ずばり愛と性。

私の思う客観的な知識(書物からの引用多数)と自分の体験談を交えてお話し、その後で、参加者の方々の個別のお悩みにおこたえしていきました。
8名ずつのご参加でしたが、ちょもちゃんのアロママッサージで心身ゆるみ、その場で初めて打ち明けてくださった爆弾話もいっぱいで、大いに盛り上がりました。

続いて今年の7月にも開催。
【女の墓場プロダクション】とはっきり意識しての第一回目で、
「ありのまま講座 vol1 LOVE」と称して行いました。

お配りした資料より・・・
「自分をひらいて 世界に触れる」
「この世で 自分の片割れに出会う」
「陰陽のバランスがととのい 運気が上がる」

「そもそも結婚とは何か?」
「聖なる性 高いエネルギーの世界」
などなど・・・。

第二回の開催時期はまだ未定ですが、テーマは、
「ありのまま講座 vol2 コンプレックス」と決めています。

ご案内の冒頭はこんな感じ。

<掘らなくてもいい穴を掘って、埋めようともがいていませんか?
もしくは、穴と思い込んでいる何かと格闘していませんか
はじまりのあなたは、何も悪くないのです。

とはいえ、「穴=コンプレックス」の克服は、夢の実現と背中合わせで、コンプレックスのおかげで、あなただけしかできない生き方に出会えることも多い。思いがけないエネルギーを発揮できることも。

まずは自分を平らにしよう。
その地平に立って、ようやく見えるあなた自身があります。>


【女の墓場プロダクション】と名付けたわけは(*元ネタは「男の墓場プロダクション」というのがあり、主宰の杉作J太郎さんには「女の墓場~」についてもお伝えしてあります)
よく言う「墓場まで持っていくような悩み」に由来があります。
ちょもちゃんも私も、人から相談を受けることが多く、それこそ、墓場まで持っていくような、誰にも言えない悩み事が集まってきます。

でも・・・

墓場まで持っていくような悩みの中にこそ、表舞台で声高に語ることはできなくても、人間が生きていく上で「本当は正しいんじゃないか?」というような真理や想いに満ちていることがよくあります。

とらわれからの解放、社会や家族との折り合い、自分自身を愛すること・・・
それらを、その人その人に応じて、ゆったりとお伝えできたらと思っています。

どうしても、講座の内容上、集う方々の秘密厳守で、お互い安心の中で語り合いたいため、Facebook(実名登録)での告知がメインとなります。

興味のある方でFB登録がまだの方は、よかったら参加して、「藤村昌代」か「まのちょもこ」を検索してメッセージをお寄せください。




















[PR]
by hihararara | 2015-08-18 08:42 | アート | Comments(0)

こども作文教室②


【今さらながら 8月10日FB投稿分】

c0189426_08383556.jpg
c0189426_08385117.jpg

今日は、夏休み2度目の「こども作文教室」でした。
前回のお手伝いが楽しかったようで、長男がまた宿題持ち込みで来てくれた。ギプス姿で松葉杖ついて・・・(笑)

今日は、5年生3人、3年生1人、2年生1人、1年生1人の計6人で、前回同様、子供たちの感性が素晴らしく、ある程度できた作文を読ませてもらった時に、大げさではなく涙がこみ上げたよ。

我が子もそうだろうけど、みんな、お母さんたちが思う以上に、子供だけになるとしっかりしてるし、それぞれの感覚を持っている。選びたい書き方や気持ちを持っている。...
勢いよくすらすら書ける子、書きたいことはいっぱいあるだろうに、まずは文字をていねいに書きたい子、天真爛漫でリアクションがおもしろい子、自信ないと言いながら、大人顔負けの表現が出てくる子・・・


作文を通して、文章をうまく書くではなく、表現すること、観察すること、できごとや気持ちを整理することをおぼえて、世の中を興味深く眺めたり、楽しく生きていくきっかけをじょじょにつかんでいってほしいなあって思います。


写真は、前回はお話しなかった(前回のおかげで足したいと思った)五感について(思いつきで慌てて描いた・・・小さくフジテレビと書いたのは長男)。

そして、忘れ物の消しゴムです。
取りに来てもらったり届けるほどじゃないかもだけど、思い出のある消しゴムだったら、即お送りするので、思い当たる方教えてください(角を使わずに取ってあったのに!ってこともなさそうかな~w)。


この夏休みは初の試みで、2回分企画したけど、他にも希望してくれている方がいたので、来週、もしかしたら、オープンクラス形式でやるかも、だけど、まだ未定です。

ご参加くださったお子さん、送り迎えのお母さんたち、ありがとうございました☆ 
仕上げはよろしくお願いします!





[PR]
by hihararara | 2015-08-18 08:40 | こども | Comments(0)

8月15日、原始と宇宙


終戦記念日に、7月に見ていた、猪子寿之さんシェアの動画を・・・
阿波踊りに関して話す猪子さんに大いに共感。
彼らのチームラボのアート作品、『Peace can be Realized Even without Order / 秩序がなくともピースは成り立つ 』にも共感したけど、その言葉にも触れてます。

「東大連 阿波踊り」
https://youtu.be/aO0mCdaQArE

去年見ていた、Pharrell Williams の『HAPPY』阿波踊り版も好きです。

https://youtu.be/fyQOLkkIwmo

つまり、こういうことなんじゃないかな、と思うのは、今私たちが意識したり、参考にしたり、敬ったりすべきは、原始的(primitive)なものや、宇宙的(universal)なものなのではないか。
仕方がないこととはいえ、国内や地球の中であーだこーだ、うじゃうじゃやってることは狭苦しく思えてくる。本当に意識すべきは、原始や宇宙からの視点。

かつて、1996年に、UAの「11」というアルバムが出た時、彼女の元々の風貌に加え、ジャケットや歌詞カードの写真のイメージや歌詞から、原始と宇宙について感じた。

自然のモチーフもたくさん歌われていたけど、例えば、『落ちた星』という歌の歌詞の、<同じ言葉を話す 貴方に出逢えるまで>というのを聴いた時、もうこの「言葉」というのは、国際的な言語の違いではなく、同じ星(私たちの場合は地球)に生まれている以上は、すでに同じ言葉を話し、通じ合えるという風に私は受け取った。

UAの世界観から、国の違いではなく、星の違いなんだな(星の違いだって問題ではないけれど、星が同じというだけでわかり合えるはず)というスケール感よりも温かさを感じた。
*かなり私の個人的な解釈も入ってるとは思うけど、23歳でそのアルバムを聴き込んでいた時、新しい発見をするような思いだった。

ちなみにジャケット写真・・・
c0189426_10503541.jpg


歌詞カードは、UA自身は同じで、背景の色がどんどん変化していく。

青空に白い雲だったり、茜色の空、オレンジ色の空、暗闇、宇宙っぽい星空など・・・

**********

今日、ちょうど来ていた、mixs.松本先生 http://www.mixs.jp/ が配信しているメルマガ(真の健康メッセージ)にも、先生が繰り返し説くことだけど、原始を想像させるフレーズが出てくる。

「しくみと言う証」

かつて仏陀は、
「人間は猿ほどの知恵」と喝破した。

、、、たかだか数百年で人間が決めつけた理論の、
いったい、どこに保証があると言うのか、、、

現代に溢れる病名と言う記号、

付けた側の思い込みと、
付けられた側の囚われが、

人にとって、かけがえのない何年もの時間を、
音もなく奪い去って行く、

どうせ分からぬのなら、
数十億年の刻み込みに懸けてみてはどうか、、、

手の中には、
身体のしくみと言う証が確かに残っている、

今、持っている身体の力は、
人間創造以前の膨大な智慧に支えられているのだから、。


Kouichi Matsumoto


*********

世の中に思うけど、
近代や現代の歴史に学ぶことも大切だけど、とらわれて真実や真理に進めずにいたらもったいない。

みんな、命は有限なんだし、地球は待ったなしくらいに壊れているんだし・・・

こんなことを豊橋の片隅で書いていても世界は変わらないけれど、それでも思うのは、私が共感する人たちってのは、とっくに違うステージに行っている。

少し前に、レイチンが私について書いてくれたコメントより・・・(別の話題から三河弁について)

M:レイチン、すごいら~~
そうそう、この間、関東出身のお友達に初めて会ったら、「ど三河弁で親近感だった」みたいに言ってもらったよ(笑)

R: まーちゃんの三河弁は、名古屋市長の名古屋弁よりすごいに。

M:やだーーー、まじで(笑)
この間の、どがわいいじゃん!に驚かれて、以来ちょっと自覚するようになりました。
東京時代はこれでも封印してたけど、三河弁以前にしゃべりが変なんだよねw
イノコ路線でいいと思うことにする!

R:そう。
方言の問題じゃなくて、宇宙みたいな脳みそと口の回路が近い。
猪子路線いいとおもうー

M:それいい!私もあの人の原始的な感じと宇宙的な感じの同居がすき(笑)

*********

ちょうど語っていたこの話も今日のブログの伏線となっていたのでした。

そんなことを思う、8月15日。

世界が平和でありますように。

カップヌードルのかつてのCMから連想して、この夏、長男がポスターに描いた言葉。

<No Border On the Earth>

次世代の育成を、お母さんたちはがんばってるんだから、今のリーダーたち、なんとかお願いしますよ。










           




 




[PR]
by hihararara | 2015-08-15 11:24 | 世界 | Comments(0)

山崎夫妻展覧会@喫茶フォルム


【8月10日投稿分】

c0189426_22322352.jpg
c0189426_22323230.jpg


昨日の午前中は、松葉町の喫茶フォルムでの、「ふれでぃー山崎&やまさき惠子二人展2015」に行ってきました。15日までの開催です(火曜定休)。
(本当は昨日のうちに書きたかったのに午後、家のことでゴチャゴチャ!)

この写真はふれでぃーさん撮影です。
実は初フォルムだったけど、ここでの展示は2年待ちってのもうなずける。夫婦それぞれ、とても素敵な作品で(元々大好きなお二人)、夏休み中の喧騒を離れ、英気を養えるような時空間でした。


次男のバスケの送迎の合間に行ったんだけど、たまたま友達のお母さんがいて、同席の白髪(はくはつ)マダムに白髪(しらが)に関する話を聞いて共感!そのマダムは自分を偽らずに生きてきたご様子で、「妬みを買うくらいの存在感を持たなくちゃ」など(とはいえ、色々苦労もなさった方)、短い間に名言いっぱい。

友達のお母さんにコーヒーをご馳走になってしまい、お二人が帰った後、たまたま手に取った最新号の『クロワッサン』の特集は、「人生の先輩に聞く、真直、生きぬく知恵。」
そこで読んだ作家の佐藤愛子さん(91歳)の、「書くことで理解し、受け容れる。結局、私は人間というものが好きなのね」という言葉に共感して、ちょびっと泣く(笑)

今回のクロワッサンは、他にも、上野千鶴子さんと湯山玲子さんの対談<本と映像作品から読み解く、日本女性の意識の変化。>など、永久保存版だなあと思うような記事がいくつもあったので、帰りに精文館に寄って購入。

人生の先輩たちの良質な作品や言葉に触れられ、満足でした。
(・・の午後に、てんやわんやが控えてるとも知らずw)

まずは一日一日、がんばります。




           


[PR]
by hihararara | 2015-08-12 22:33 | アート | Comments(0)

ノスタルジアおつかれさま会


【8月8日FB投稿分】

c0189426_22290844.jpg


c0189426_22283656.jpg
c0189426_22291796.jpg
c0189426_22292892.jpg


祝退院!
の席の食事じゃなくて、さっきまで参加していた6月の高校の同窓会総会のおつかれさま会のお料理です。
(長男も無事、今日の午前に退院しました)


ノスタルジア http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23036350/...
の飲み放題コースだけど、これはお料理の一部で、前菜も、飲み放題で選べるドリンクも豊富で満足でした♪

私は今日は、息子のことを考えて車で参加したので、アルコールが飲めなくて残念だったけど、本当に美味しかった!
(店長の中村くんにもあっちゃんにも会えてよかったです)


今日は同窓会で撮影された映像を観ながらの会で、パソコン上では見ていた動画(私は司会担当)が大画面になると、自分の目尻のシミとか気になったりもしたけど(笑)、楽しかったよ。

我が学年のことながら、素晴らしい演出だった。全体的に本当にいい時間だった。
最初は興味もなかったし、出るつもりもないくらいだったのに、関わらせてもらえて心から感謝しています。


卒業25年。42,43歳ってのは、人生の中でもきっといい時期で、あの頃と今を重ね合わせながらみんなで協力してがんばれたこと、思い出と糧になると思います。

みんな、おつかれさまでした!ありがとうございました☆




[PR]
by hihararara | 2015-08-12 22:30 | | Comments(0)

MAS QUE NADA - Sergio Mendez and Brazil 66


【夏休みで消耗しております・・・FB投稿分色々 8月7日】

夏になると聴きたくなる曲。

https://youtu.be/zeBDoNBNMro

<リオデジャネイロオリンピックまであと1年>ってニュースで、リオの街並みが映ったりするけど、過去に行った場所の中でリオデジャネイロはかなり上位。

勢いのある緑、おもしろい地形、近代的なビルのすぐ近くにスラム街があり、コパカバーナ、イパネマ、でっかくて安いマンゴー!

私の中ではちょっとイタリアと重なるところがあり、てきとーでいい加減な人たちも多いだろうに、驚くような建築物や音楽など、すげーってのがある。愛情深くて生命力あふれる人たち。


Rio de Janeiro=1月の川
また行きたいけど、年取ったらますます遠いだろうなあ~






[PR]
by hihararara | 2015-08-12 21:53 | 音楽 | Comments(0)

今日のできごと

【8月6日 FB投稿分】

c0189426_20330531.jpg
c0189426_20331161.jpg
c0189426_20325747.jpg
c0189426_20332758.jpg


余裕ないなら引っこんでればいいのに、やっぱり日常がおもしろいからアウトプット(笑)
返事はご無礼します・・・


中2の長男が、前からの予定で現在入院中で、足首の関節ネズミの除去を行いました。幼い頃から右足が内股気味で対処しつつも捻挫をしやすく、おそらくどこかのタイミングで剥がれた骨の欠片が関節の間に入り、今年になってから痛み出したので、夏休みの間に入院&手術。


昨日が手術で、朝から絶食だったんだけど、とにかく手術のことよりも「腹減った腹減った」で、関心が「何を食べるか」に集中していた(笑)...
解禁となるのが夜8時の、夕食が終わってるタイミングで、念願の第一食がパックの弁当やパンだと気の毒に思ったので、希望を聞いて宅配した卵がゆと豚汁(糠漬けやきんぴらごぼうも少し)。


明けて今日、あんなにケンカばかりだった兄弟だが、車いすがうらやましいこともあって、次男が長男のお世話を甲斐甲斐しく。

今日は私自身の持病の診察もあって、長々市民病院にいて、帰ろうと思ったら、車のエンジンがかからない!!


詳細は割愛するけど、レッカー車が来てくれて、整備士さんと一緒に乗って移動中、その方の手荒れが気になり、持っていたあっちゃん作の素晴らしいバームを、使いかけだけどお渡ししてしまった。ラベンダーのいい香りなので、奥さんがいる人だと怪しまれたら申し訳なく、「結婚してますか?」と聞いたら、なんと別居中だそうで、移動中のほんの15分ほどの間にディープな話を。


前も、奥さんが死別した人からナンパされたことがあったんだけど(しかも鹿児島の人)、初対面の相手(老若男女問わず)と思いがけず深い話になること多々。

そして、小学生の頃から、よいものこそ人にあげちゃう癖がなおらない私。後で後悔することも多々(笑)


人生たいへんなことの方が多いけど、同じ日はひとつもない。日々変化。一期一会。






[PR]
by hihararara | 2015-08-06 20:35 | 生活 | Comments(0)