<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小説・赤ワイン・お誕生会

 

めまぐるしい日々で、ストレスもたまりつつ、ストレス発散も文章を書くことだったりするので、最近のFacebook投稿三つ分。

【4月28日朝分】

おはようございます。8の付く日の小説更新、第20話まで来ました・・・
24話で結びの予定でしたが、もうちょっとだけ長くなりそうです(笑)
市長選明けのこのタイミングで、勇退の鈴木市長(写真)が登場しています。
柴田夫妻の笑顔も「いいね!」

http://www.iragomisaki.com/story/vol20

 

【同じく4月28日夜分】

c0189426_06482390.jpg
c0189426_06482428.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482435.jpg
c0189426_06482455.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

【ガーリーな毒】

先日のKadoでの赤ワイン、「ラフォルジュ シラー」が美味しくて、シラー種のワインを探せばいいんだなと思い、リカーマウンテンに寄った(近所なのに初。酒抱えて表に出たら、家庭訪問散策中の先生にバッタリw)。

で、よくわからないのでお兄さんを呼んで(京都人だった)、教えてもらったけど、シラーをピンポイントで求める人は珍しいらしく(笑)、あんまりなくて、安いの(スペイン)を買ってみた。 そしたらこれがけっこう当たり!甘くなくてスパイシー。
*私のお友達には、ワインにめちゃめちゃ詳しい人もソムリエさんもいるけど、恥ずかしいこと書いてるとしてもそっと見守っててください(笑)

この文言、、、  <色は濃いブラックベリー色、すみれ、プラム、森の木苺を思わせる豊かな香りがします。プラム、スグリ、木苺ジャムを思わせる味わいが広がり、心地よい余韻が長く続く赤ワインです。> これでもうトリップ。まあ、よくある言い回しとも言えるけど、好きな単語がいっぱい。

息子希望のぶどうのスパークリングジュースとともに、初めて見たブラッドオレンジのスパークリングジュースも買ってしまった。 ブラッドオレンジも大好き。大学に入ってすぐにバイトしたイタリアンで覚えた味(実際のブラッドオレンジの果肉は、本当に血みたいでちょっと引くけど)。

こういう、ちょっと一癖ある、いわば「ガーリーな毒」みたいなものに、どうにもこうにも惹きつけられる。
小説で言うのなら、そういう想いは卒業したけど、『グレープフルーツ』(絶版)の世界観。
そもそも第一章が<毒 Le Poison>

ガーリーってったって、もう42歳だけど、40代も「4」という数字が元々好きだしラッキーナンバーだし、なんかイイ感じの毒もある気がしてよいです(ちょっと酔ってます)。夜風・宵闇・よいよい・よろよろ・酔っ払い♡

 

 

【4月29日分】

 

c0189426_06482533.jpg
c0189426_06482595.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06482527.jpg
c0189426_06482602.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06482612.jpg



 

 

 

 

 

次男のお誕生会中(誕生日は明日)。
例のごとく、爆発シフォンをデコレーション♪
なかなかのボリュームでござるよ。これを6等分。

昨日買ったスパークリングジュース(シャンパン気分)は今日のために・・・
幼いお兄ちゃんが乱入し、小5に中2がウケるようで、調子に乗っている。
「お前ら、テノールって知らんら?」とかやっとる(笑)

葉っぱは今日拾ったハート型♡

 

*********

 

連休突入でまた落ち着かないけど(男兄弟が、幼児期とはまた違う騒がしさで・・・)、色々整理されてはきてるので、5月の連休明けくらいからは落ち着いていってほしいなあ~

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-30 02:04 | 日記

Kado 幸せな土曜日

 

c0189426_06481865.jpg


 

前々から気になっていたお店「Kado」に、念願叶って行ってきました。

看板を見て、なぜか妙に心惹かれるものがあったところ、FacebookでKadoのページを知り、HPやブログを見たら、さらに気になり、まずはFBで「このお店が気になるんだけど、行ったことある人感想を聞かせてください」と呼びかけました。

好意的な感想をいくつかもらい、具体的に誰と行こう?と思っていたところ、私の投稿をたまたま見てくださったある方が、Kadoのオーナーのご両親をよく知っていて、そんな流れもあって、最初に行く時はこの人しかあり得ない!という感じでご一緒してもらった。

 

 

毎度ながら、ピタリピタリと決まっていく時はおもしろい流れで、これ以上はないという展開になる。
その方は、私が10年以上前の取材で、てきとーにこたえた(つくった)座右の銘「運に波乗り」を気に入ってくださってるけど、まさに日々そんな感じ。

まずは、私が心惹かれたKadoのHP→ http://www.gd-kado.com/

ブログ→ http://gdkado.dosugoi.net/

 

これらを、しっかりちゃっかり予習して出かけたので、飲みたいものや食べたいものをピンポイントでお伝えできた(笑)

☆以下、ブログの仕様で、縦の写真の方が大きく写っております(横幅が統一されているため)

 

c0189426_06481822.jpg
c0189426_06481802.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06481994.jpg
c0189426_06481932.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06481911.jpg
c0189426_06482013.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482065.jpg
c0189426_06482123.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482102.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482100.jpg
c0189426_06482272.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを見ていた段階で、お料理はもちろん、こだわりのカクテルが気になり、お願いしたのは、季節の「三ケ日ネーブルのミモザ」と、自家製の生姜シロップを使った「モスコーミュール」.。
モスコーミュールは、時期によっては、こんなたまらん「金柑と生姜のモスコーミュール」も・・・(正直、コレにグッと心をつかまれました) http://gdkado.dosugoi.net/e722425.html

本日のおすすめの赤ワイン、「ラフォルジュ シラー」もすごく美味しかった。
南フランスのスパイシーな赤ワイン、とのことだけど、私はワインはスパイシーで辛口の方が好きなので、香りも深みもとても好みでした。

「ハマグリのホイル蒸し」にはタケノコと空豆も入っていて春を感じ、「根菜とキノコのサラダ オレンジ風味」も、ベーコンもチーズも、「三州豚のロースト ローズマリー風味」も、「ペンネゴルゴンゾーラ」も美味しかった!
全体的に、すごく好きなメニューなんです。オーソドックスからわざと外した感じや工夫が・・・。
私の友達には、ラズベリー(フランボワーズ)好きの女子が多いけど、その友達にはKadoのよさが、ピンポイントで通じると思う・・・(ね!笑)

オーナーマネージャーさんとオーナーバーテンダーさんは高校時代の同級生で(お二人とも若いイケメン♪)、カウンターでお聞きしたところ、二人とも飲みに行くのが好きで、自分たちが行きたいようなお店を5年前につくったらしい。

私は、豊橋において、「どうしても行きたい!」と思うことはそんなにないのだけど、Kadoには、どうしても行ってみたい、と思わせる魅力を感じたし、実際に行ってみて、やっぱりよかった。

カクテルやお料理を少しいただいただけでも、目指したいところがわかるような気がする。

東京で、まだ18歳や19歳の頃、目上の人に連れて行ってもらった素敵なお店の空気感を思い出す。

まだまだ食べてみたい、飲んでみたいものが、ズラリとあるので、また行きたいです。

 

あっという間に4時間もいて、コーヒーを飲もうと(Kadoにも美味しいコーヒーやスイーツあります♡)移動した先は、木曜日に、ランチで行ったばかりのアロハテーブル。

同行の素敵な方が、店長くんと親しくて、私たちが6月の同窓会総会後の二次会でアロハテーブルを使うと知って、店長くんと改めてつないでくれるために(そんな風には口にせず)連れて行ってくれたのだった。

・・・感激!

 

c0189426_06482205.jpg



二日前に会った料理長くんと店長くん(一つ前のブログ参照)に夜の顔で?ご挨拶し(笑)、FBにおける、記事の反響(「いいね」を70以上いただいたことやら、お店を褒めるコメントがたくさん入ったことなど)もお伝えできた。

 

 

 

 

 

 

Kadoも夜のアロハテーブルも素敵だったし、連れて行ってくれた方との会話も改めて感動することの連続で、言葉じゃないところで通じ合えるけれど、やはり人と人とは、言葉や行動によって信頼を深めるわけで、幸せな時間でした。

 

帰りのタクシーの中で、80年代の「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマのひとつ、EPOの『DOWN TOWN』のこの部分が浮かんできた。

<七色のたそがれ 降りてきて
風は なんだか涼し気
土曜日の夜は 賑やか>

家に帰って調べると、歌詞は伊藤銀次さん、曲は山下達郎さんとのこと。

うーん、名曲だったなあ。
夜のお出かけが気持ちいい季節になったなあ。

 

そして、いつもは、夜に私が出かけると、食器や洗いものがそのまんま、ってことが多いけれど、この日は、流し台がスッキリきれいで、食器たちは、食器洗い機の中ですっかり乾燥されて温まっており、子供たちの成長を、ありがたいなあと思いました。

色々なご縁やら、自分が大切に扱ってもらえたことやら、本当に幸せな時間でした。

ご恩返しします。

ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-26 04:04 |

アロハテーブル

 

【4月22日 FB公開分 次の回との関連もあって・・・】

c0189426_06482330.jpg


 

今日のランチは、ゆきちゃんとアロハテーブル♪ http://www.cocolafront.jp/shop/shop_detail.php?siid=8

 

 

 

 

目的は、先月飲み会でお会いしたミッシェルくん(料理長・日本人・酒井シェフ命名)を励まし(冷やかし)に・・・☆
あの時一緒だったみなさん、ミッシェルくんは、アロハスタイル?でがんばってたよ~~

アロハテーブルは、6月の南高校の同窓会総会後の私たちの学年の二次会の会場です(先月末は行けなくてすみませんでした)。
店長の辻くんにもご挨拶し、さらに、アークリッシュからも要人が二人テーブルまで来てくれたので(私ら何者?と私らが思うw)、「6月13日はよろしくお願いします」としっかりお伝えしました。

途中、元々お友達の要人との話に熱が入り(料理の世界の感動話)、私はグレープフルーツジュースを豪快にこぼしました。めったにやらないのに、申し訳なかったです。
知ってる人は知ってる、神宮球場でのソバぶちまけ事件を思い出しました・・・(笑)
今日は暖かい日でよかったです(写真のジーンズの左足はビショビショです)。

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-26 01:04 |

みんなの選挙in東三河

 

ブログの読者さん、お久しぶりです。

伊良湖の小説がクライマックス部分なのと、小学校、中学校の二重の学校行事やら、選挙も知り合いが複数出てることや、高校の同窓会総会が幹事学年であることなどから、バッタバタの現在です。

Facebookでは色々吐き出しつつ、そちらもよい記事はまた転載します。

ひとまず、明日の選挙用に、参考になるサイトです。

 

*************

 

http://www.tonichi.net/senkyo/index.php

 

このサイト、力作でオススメなので、前日になっちゃったけどお知らせ。

豊橋、豊川、蒲郡の、各市のところをクリックすると、市議会議員選挙の候補者の名前の下にポスターが出てて(候補者が多いので、画面のけっこう下の方になるけど)、それをクリックすると、各々の抱負や応援メッセージなども出ています。

話は変わって、昨日は中学校の参観~PTA総会~学年懇談会でした。
去年に引き続き、いい学校だなあと感動して帰ってきました。 先生方に本音の愛情や情熱を感じて、生徒数は多いのに、先生との距離感が近く、ありがたいです。

自分の中学時代がひどかったことや、長男の小学校時代に学級崩壊も体験したので一層素晴らしく感じるのだけど、ある種の底辺みたいなものを知っておくと、強みになる。

無理やり選挙につなげると(笑)、かつてある要望で仲間たちと教育長や市長や議長、議員たちとお話したことあるけど、えええ?こんな程度の知識や熱意で議員をやってるの?という人も実際いるので、よーーく吟味して、市のため(まわりまわって自分たちや子供たちのため)にがんばってくれる方に投票しましょう☆

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-25 00:04 | 地域

原田郁子×マームとジプシー リーディングライブ

 

 

c0189426_06481694.jpg


 

 

 

 

 

 

c0189426_06481638.jpg


c0189426_06481650.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、穂の国とよはし芸術劇場PLAT・アートスペースで行われた公演を観てきました。

本公演に先立ってのプレイベントのようなツアーで、正式なタイトルとか、公演内容を書くと長くなるので、よかったらここ↓をご覧ください。

豊橋がこのツアーにおいては、最初の土地でした。

http://mum-gypsy.com/news/2539

 

私の目当ては、クラムボンの原田郁子さんで、この公演を知ったのはたまたま先週行った近くの市民館でのチラシだったんだけど、「原田郁子って、クラムボンの??豊橋来るの??」って思って、即申し込みました。

原作は、今日マチ子さんのマンガで、アマゾンの解説の一部を抜粋すると・・・

<沖縄のひめゆり学徒隊に着想を得て、思春期の少女たちの視点から戦争を描いた長編傑作。>

公演後に、マンガも買ってきました。行こうと思うと偶然目に飛び込んでくるけど、たまたま昨日次男の病院で見たAERAで、高橋源一郎が原作を褒めていて、舞台化についても触れていた。

戦争が主題なので、内容は重たい部分もあるのだけど、原田郁子さんの弾き語りの歌声が素晴らしかった。

クラムボンのことは、デビューの頃から知っていたけれど、CDを持ってるわけでもなく、ただ、数年前も、ともさかりえちゃんが強い希望で原田さんも参加のアルバムを作っていたし(余談だけど、東京事変や木村カエラちゃんも参加のアルバムでとてもよかった)、気になる人だったので、生で観たかった。

 

原田さんと言えば・・・

c0189426_06481715.png



 

 

 

 

c0189426_06481728.jpg



 

 

 

 

こーいう感じの、前髪が短い、変わった髪型ってイメージが強いけど、実物、きれいな人だった。

出てきた時「あれ?あの人じゃないっけ?」って思ったくらい。

彼女の第一声(歌声)を聴いただけで涙が出てきた。

ピアノを弾いて、歌うために生まれたような人だった。

歌の上手な小鳥みたいで、私もああなりたいと強く思った(笑)

つまり、ナチュラルボーンの神様からのギフトを大切に守って伸ばして、それでしか生きられないみたいな人。

裸足でピアノ弾いて、どこか超然としてて、トークの時もピアノの椅子の上にあぐらって感じで、豊橋カレーうどんについて、「あれは、なに??」と(笑)

想像以上に好きだし、想像以上に同じにおい。

本公演の宣伝のためでもあるのに、観ながらずっと、「クラムボン」を調べたいと思っていた。

やっぱり表現してる人っていいな。

共感して泣けてくる。

 

***********

 

今日は、200席の自由席の中で、約束していなかったのに友達(直ちゃん)と隣り合わせて座るという、相変わらずの偶然もあった☆

(以前は別の会場で、1000席の中で友達とバッタリ隣り合わせ)

直ちゃんは、高校生の息子くんと一緒の予定で、開場前に並んでいる列を探した時には見当たらず、受付番号順に入り、私は、原田さんのピアノがよく見える場所を選んで座っていた。

すると、反対側から高校生の男の子が入ってきて、私の隣の隣に座り、私の側から、知らないおじさんがその男の子と私の間に座った。

しばらく経ったところで、直ちゃんが登場。

その男の子(直ちゃんの息子くんだった)と私とで同時に「あ!(お母さん)(直ちゃん)」という展開で(笑)、真ん中のおじさんが気を利かせて席を移ってくださり、直ちゃんは、私と息子くんの間に・・・

偶然が起こりやすい友達との間には頻繁に起こるけど、直ちゃんとは今までにも何度かおもしろい偶然を体験してきたので、不思議ではなかったのだけど、やっぱりおもしろいと思う(笑)

 

さてさて、どんなに評価されても、クラムボンを知らない人は多いし、今日の作・演出の藤田貴大さんも評価は高いけれど、私も初めて知った。出演の青柳いづみさんも・・・

でも、私もそうありたいけど、多くに知られればいいわけじゃなく、伝わり方の深さだと思う。

原田さんは文句なしに素晴らしかった。

自分の表現を追求し続ける、好きだから好き!これしかできない、みたいな潔さ。
だからこそ、迷いのないような晴れやかな顔。

本題よりも、原田さんの空気感に、触発された夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-16 14:04 | 音楽

長男作給食袋&トートバッグ

 

春休みの色々が盛りだくさん過ぎて、結局は追いきれてないんだけど、新学年スタートしています。

新年度の初めは親子とも落ち着かないけど、二人とも、先生やお友達に満足そうなスタートでよかったです。

 

最近のfacebook投稿分より

【4月4日】

c0189426_06481340.jpg
c0189426_06481311.jpg



 

 

 

 

 

いつもは、「オレのことを書くなら50円よこせ」と言う長男が、自分から「載せて」と言うので・・・

長男作の給食袋!
20分くらいで、ちゃちゃっと作っていた。
新学年に合わせてだけど、妖怪ウォッチのワッペンを付けてしまう辺りが幼い・・・(中2になります)
布代よりワッペンの方が高い(笑)

古くからのお友達はご存じの通り、私は裁縫が苦手だけど、長男は得意。
今は男子も家庭科を習うので、ミシンが苦手な友達に教えてるそう。

この後は私のトートバッグを作ってくれる予定☆

 

***********
【4月7日】

 

c0189426_06481470.jpg
c0189426_06481401.jpg
c0189426_06481565.jpg
c0189426_06481576.jpg
c0189426_06481514.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は、長男作成の給食袋に、たくさんの「いいね」をありがとうございました。

楽しみにしてくれてる友達もいるので、引き続き、昨日春休みの最後に作ってくれたトートバッグです!

昨日長男が、自分のFBに載せていたコメントは・・・

<おかあさんのためにつくりました。  小さなポケットが二つついています。>

なんか泣ける(笑)

型紙なし、本を見るでもなし、私の希望で布を二重にしてあり、ポケット二つ(サプライズ)とマチもついてて、素晴らしい(私には作れない)。

子供の頃の私(野性児)を知ってるお方からすると、スポーツマンタイプの息子が出てきそうですが、活発だけど運動は苦手で、走るのは遅いし、逆上がりもできないままだし(できなくてもいいやというタイプ)、色々ふがいないことも多い。

思春期の反抗期突入で、去年は親子で取っ組み合いのケンカをし(何度か)、その時は、人生でいちばん最悪、くらいに思ったけど、昨日は泣けるほどうれしかった。枕元に置いて寝ました。
生きていくって、「人生でいちばん悲しい」も「人生でいちばんうれしい」も、日々更新していくことなのかなあと思う。

しばらく、このバッグでお出かけするので、私と会う予定の方々、どうか見てやってください☆

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-09 01:04 | こども

4.5 ナゴヤドーム

 

昨日、ナゴヤドームに、中日ドラゴンズvs広島カープ戦を観に行ってきました。

”足長おじさん”からいただいたチケットで、カープファンの次男と私で・・・
(常に新しいお友達や読者さんがいるので補足しておくと、カープ時代の大竹投手と私の親戚が結婚したので、親子でカープファンになったのですが、FAで大竹投手が巨人に移籍し、長男はアッサリ巨人ファンへ移行、私と次男はカープファン残留なんですw)

最初に試合結果を・・・ (今日付の中日新聞より。写真はクリックで拡大できます)

 

c0189426_06480469.jpg


c0189426_06480596.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06480519.jpg


c0189426_06480614.jpg


 

 

 

 

 

 

大勢の選手名の羅列を見るだけでも、両チームとも、いかに入り乱れた総力戦だったかがおわかりいただけるかと・・・。

試合時間 4時間39分!!

ちなみに、過去に観た豊橋球場での中日対広島戦も、2年前に延長(カープが勝ち)、1年前も延長(地元出身藤井のサヨナラ・ドラゴンズ勝利)で、今回も延長12回・・・(笑)

次男にとって、野球=長いものになってしまっている・・・いいのか悪いのか??

とはいえ、1年前の藤井のサヨナラも、昨日の小笠原のサヨナラもアッパレで、これぞプロ野球という感じの素晴らしいものでした。

 

c0189426_06480626.jpg
c0189426_06480838.jpg


 

行きの電車内で、希望のおいなりさんを食べる次男。

アウェイなのに気にしないカープ帽がかわいい。

 

私が作ったおにぎりも・・・

3月の終わりに体育で折った手首(軽くです)の包帯やら、薄着で出てきて寒いから私のスカーフを巻いてる様子もいじらしい。

 

c0189426_06480851.jpg


c0189426_06480889.jpg


ナゴヤドームは、一度しか行ったことがなく、それもオール早慶戦で地元からバスで向かったため、電車での行き方がよくわからず、思ったより遠くて、でも、間に合ったカープの打撃練習風景。

 

 

 

c0189426_06480993.jpg
c0189426_06480966.jpg


試合開始後の、まずは2番菊池と3番丸。

二人とも次男が大好きな選手。

特に昨日は菊池のネーム入りタオルを買ってました。

 

 

c0189426_06480929.jpg


こちらはブルペンで投球練習をする福井くん。

福井くんには、大竹投手のカープ時代の披露宴でお会いし、写真も一緒に撮ってもらいました。

同じ早稲田の後輩に当たり、「私は福井くんのだいぶ上だよ」と、私の世代の選手名を伝えたら、「本当に上ですね!」と言われた思い出(笑)

 

 

c0189426_06481050.jpg


5回カープ逆転で、カープ側のスタンドがいちばん盛り上がった瞬間。

ドラゴンズカラーのブルーが多い中、特に昨日は配られたレプリカユニフォームを着て応援する人も多い中、カープカラーの赤も目立ってました。

私たちの左隣の父子もカープファンでお話したよ。

愛知にいるとカープファンは珍しいので、出会えると同盟みたいになる(笑)

 

 

c0189426_06481070.jpg


試合終盤の中日浅尾投手と堂林くんの対決。

美しすぎるイケメン対決!!

堂林くんも披露宴でお話したけど、かっこいいというより綺麗だった☆

昨日は、堂林スタメン復活も見れてよかった。

 

 

c0189426_06481152.jpg



延長12回、まさに代打・小笠原がこの後サヨナラヒットを打つ直前。

 

 

 

 

c0189426_06481116.jpg



うまく見えないけど、小笠原のヒーローインタビュー。

まさに威風堂々という印象の選手。

 

 

 

c0189426_06481282.jpg



小笠原、かっこよかったな!

大型のビジョンがあるから、試合風景も見れるし、いいですよね。

 

 

 

 

c0189426_06481281.jpg


試合後は、ラッキーなことに「グラウンドウォーク」というのに参加できました。

これはマウンドからお立ち台方面。

チケットによる抽選で、私たちがいただいていたプラチナチケットの人たちと座席シートの番号で当たった人たち・・・

結構な人数いたけどね(笑)

 

20分間自由にグラウンドを散策できて、セカンドベース上で次男の写真を撮ったり、ホームベース付近から一塁まで走らせたり、お立ち台の上で親子で記念撮影してもらったり、ベンチにも座ってきました♪

 

c0189426_06481224.jpg



次男のカープ帽を借りて、次男に撮ってもらった写真。

人工芝の上で寝ころぶ親子連れなど、楽しかったよ~~~

 

 

 

 

 

 

c0189426_06481242.jpg



これが来場者みんなに配られたレプリカユニフォーム(長男がFB用にUPしていた分より)。
ユニフォームもグラウンドウォークも含めて、昨日は何かとラッキーでした。

 

 

実は、4月4日分のチケットも、別のお方からいただけるお話があったのですが、その日は息子らが習っている柔道の年度初めの稽古だったため泣く泣く遠慮し、そしたら回ってきた翌日のチケット。

4月4日なら黒田が見れたわけだけど、とにかく次男にとっては、過去2年の豊橋球場の先発が野村だったため、野村以外が見たくて、両チームとも総力戦となったおかげで、選手の品評会状態で、様々な選手の勇姿を見られてよかったです。

 

**********

 

試合前、大勢の人たちがナゴヤドームを目指して歩く中に紛れながら、これだけの人を熱狂させるプロ野球選手ってすごいなあと思いました。

また、私の大学時代の先輩たちは、まさにプロ野球の現場が仕事場という人たちもたくさんいるけど(主に実況アナウンサー)、それもすごいことだし、大竹投手と親戚になれたおかげで、プロ野球選手を間近で見られる機会に恵まれていること(大竹くん自身やら自主トレ風景やら)も改めて幸せに思いました。

 
帰りは本当は名古屋駅で次男と美味しいものを食べて帰ろうと思ったけど、試合が長引き、おまけにグラウンドウォーク参加で、次男のお腹が減り過ぎて不機嫌だったのと、もともと長男と違って次男は食に保守的なため、「豊橋に帰りたい」と言うので、ふと見かけたあんぱん屋さん(いろんな種類のあんぱん専門店)であんぱんを買って名鉄へ・・・

豊橋駅に着くのが9時過ぎになり、バスがあるのか心配にもなって(夫は夜、飲んでてお迎えを期待できないし、渥美線の駅からだと歩くけど、そこまでの元気もなく)、男友達にお迎えをお願いしたらOKと。

本当にありがたい・・・

一緒にどこかファミレスにでも寄って、お礼にお茶でもご馳走しようかと思ったら、「もう遅いし、子供が疲れてるからまっすぐ帰った方がいい」と、紳士的なアドバイス!

まじで、持つべきものは友だよ。

ちなみにその彼とうちの息子たちは今までにもボーリングに行ったことがあり、顔なじみ。

ナゴヤドームのチケットをくださったのも紳士的な目上の方で、うちは、夫が偏屈だったり厄介だったりするんだけど、息子たちにはいろんな男の人を見て育ってもらいたくて、夫を尊重しつつ、いろんな男性たちを子供に会わせています。

夫に頼れない面(ふつーの家庭なら当然のことを受け付けてもらえなかったりするので)は、男友達や男の先輩に頼っています。

だいたい、私自身の好奇心や行動の幅も広いので、夫一人じゃ無理。

そういう、下心じゃなく本心(友情、親愛、尊敬)でつながってる男性陣(もちろん女性陣も)を今後も大切にして(相手が困ってる時はいつでも助けるし、互助会的というかビッグファミリー的というか)、子供らの世界を広げたいと思っているよ。

 

お世話になったみなさま、親子ともども、ありがとうございました。

 

☆たった今、次男が買ってきた「チョコバット」でホームラン(当たり)出ました。
春休みも今日で終わり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-05 22:04 | スポーツ

浅井よしたかさん(選挙公示期間限定UP)

 

c0189426_06480283.jpg


c0189426_06480336.jpg


 

 

 

 

 

c0189426_06480313.jpg
c0189426_06480379.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06480478.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

【3月29日 FB投稿分】

市議会議員選挙は誰か一人を書けませんが、県会議員については、オンリーワンで決めている候補者がいるので、応援と、迷ってる方への参考になればという思いで書かせてもらいます。
(なお、昨日の中日新聞の一面、ネット選挙運動でできること、できないことを参考に、「フェイスブックなどで投票呼びかけ」はOKらしいので書くね~。選挙ネタは「いいね」押しにくいと思いますが、よかったら最後まで読んでください)

今夜は市の公会堂での「浅井よしたか」総決起大会に参加してきました。 行きの桜と帰りの桜、壇上で挨拶しているのは浅井さんの後援会長の中西先生(南高校でお世話になった)です!

浅井さんと初めてお会いしたのは99年。私はまだ結婚前でした。当時浅井さんは県議ではなく、高校や大学の先輩としてお会いしました。 その後、落選を経て当選し、2期がんばって、3期目の挑戦です。
後輩の私が言うのは恐縮ですが、この16年で、浅井さんはすごく成長されたと思います(初めてお会いした時の浅井さんは今の私より年下だったわけで・・・)。
自信を持って心から、「浅井さんいいよ!」とおすすめします。

浅井さんが、具体的にがんばってきた成果は、例えば今日も話に出ていた往完町の交差点の渋滞緩和措置や天伯小学校前の信号機設置など数々あるけれど、私自身が彼を信頼できると思った例を書かせてもらいます。

浅井さんが属している民主党。3.11後の社会活動の頃からFBでつながってる方々はご存じの通り、私は、民主党政権が推し進めていた「震災がれきの広域処理」については反対をしていました。私のふるさとの田原市も候補になっていたので・・・(書けば長くなるけど、放射能の拡散は世界的・環境的に見てもおかしいということ、被災地のためにも安全な産地を守るべきということ、そもそも必ずしも被災地が望んでいることではなく、のちに判明したけど復興財源の無駄遣いでもあったので)。

その時、浅井さんにも直接気持ちを伝えました。浅井さんは「地域のために党派を超えて取り組む」と約束してくれて、当時、田原市の県議の山本ひろしさん(自民党)もがんばってくれました。
結果的に愛知県は受け入れをしない、ということを、私は浅井さんからの電話でいち早く知りました。
地域や日本がどうなってしまうのだろうと心配していた、子供の小さいお母さんたちと涙ながらに喜び合ったあの夜を私は忘れないと思う。

私の話はちょっと複雑な例だけど、多くの方々から、浅井さんが地域のために具体的に動いてくれた話を聞いてます。
私利私欲のために動く政治家も多い中で、浅井さんは「公人」と呼べる人だと思う。

再選を目指す議員は、有権者の選択が、これまでの活動の通信簿になると思います。私は浅井さんにまた県議になってほしい。
がんばってる方々に、この4月、桜が咲きますように☆☆☆

(過去に浅井さんについて書かせてもらったブログです。許可をいただいて載せた当時の浅井さんのメールも出てます。2011年10月。  私には小説など書いてる場合じゃないと活動していた時期がありました。
http://www.l-t-m.net/blog01/?p=324 )  

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-03 14:04 | 地域