<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こたつ

 

(昨日のFB投稿より)


我が家のB型二人(夫と長男)がこたつで寝ちゃってる。
この二人は眠りがとても深い。
で、A型二人(私と次男・・・私はOとかBと思われることが多いけど、Aです♪)はふつうの眠りで、目覚まし時計で起きれる(B二人は目覚ましかけてるけど私が起こしてる)。

先週から今週にかけての一家の騒動を、伊良湖の小説が終わったら書く予定。
最初はタイトル『テーブル』にしようと思ったけど、ある朝の光景から『こたつ』に変更。.
(マニアックな例ですが、タイトル変更のイメージは、今村昌平の『闇にひらめく』→『うなぎ』・・・たまたまその発表会見を見ていたけど、なぜに『うなぎ』??ってその時は思ったけど、カンヌ受賞だもんなあ)


長男のテストのたいへんさ(よく寝る)と夫の仕事のたいへんさ(徹夜)が一気に終わり、昨日はこたつで人生ゲーム、今日はドンジャラ(私抜き)。
大きな声では言えませんが、先週の今日は、そのこたつを長男がひっくり返したわけだけど、ゲームを終えたこたつが今、つやつやピカピカ光ってる。

 

 

 

 

 



[PR]
by hihararara | 2014-11-29 09:11 | 家族

鈴木亜由子ちゃん

 

11月24日に行われ、日本が5年ぶりに優勝した国際千葉駅伝について・・・

Facebookの「フジテレビ陸上」の国際千葉駅伝・鈴木亜由子選手の特集記事を見て、駅伝中継中にも書き込みをしたけれど、このタイミングで少し振り返ります。

亜由子ちゃんは地元豊橋の出身で、本人を直接知っているだけに、知ったかぶって書くのも、今や本当に日本のエースとなっている彼女のことを書き過ぎても個人情報に触れるようで申し訳なく、難しいのですが、区間賞での走りに、改めてすごいことだなあと感動していました。

大会前の特集コーナー(動画)

http://youtu.be/TvzLeWoL2fw

 

陸上に詳しい先輩も、亜由子ちゃんの走りの変化を絶賛していたけど、私の目から見ても、上下動が減って、脚が一層力強くなり、いい意味で、大人の走りになったなあ、本当に世界を狙えるところまで登ってるんだなあと感じました。

小学校の頃から全国トップレベルの選手が、色々ありながらも順調に成長を続け、社会人になっても、さらに飛躍を遂げていること(3000Mや5000Mは今季日本最高)、能力向上やモチベーションを持続していることって本当にすごいです。

中学生の亜由子ちゃんに出会ったときから尊敬していたけれど、彼女が大人になり、一人の個人としてますます尊敬しています。

また、自分の子供が中学生になった今、亜由子ちゃんの素晴らしさ、とてつもなさを一層深く感じます(笑)

時が流れているんだなあという感慨も込めて・・・

 

お伝えした通り、今月末で、最初のブログがこの画面では見られなくなるので、あと少しですが、亜由子ちゃんと出会った頃のブログを二つ、載せておきます。

☆宝ものを見た!

http://oketaro.mo-blog.jp/masayo/2006/07/post_79b0.html

☆涙と涙の出会い

http://oketaro.mo-blog.jp/masayo/2006/07/post_ed6e.html



(こちらは違うブログだけど、思い出として、インターハイのこと・・・上の方に広告が入ってるけど記事は下にあります)

☆潜在能力

http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-abe2.html

 

******

その後もずっと進化を続けて、現在進行形で成長している亜由子ちゃんです。

8年前の最初のブログで書いた通り、やはり、日本の宝です。あの頃を知っているだけに余計に、時が経っても日本のトップでい続けていることの貴重さを、言葉にならないすごさとして感じています。

これからも応援しています!!

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-11-28 02:11 | スポーツ

存在

 

☆パソコン戻ってきました。
ブログだけの読者さんは、話が飛んでるかと思うけど、3日前、反抗期の長男とちょっとバトルとなり、今は落ち着いてるけど、親子で色々考えました。

FBは、つながってる相手の素性がわかるので、友達までの公開として書いたりするけど、ブログはどなたが見るかわからない分、自分ではない息子のことは配慮しながら書きます。

息子の友達もここを読めるような年頃になってるので・・・

 

******

影響力のある「スター」って、人生においてのどのタイミングで出会えたかによって、各々のとらえ方や思い出が違ってくると思うけど、私の中学時代は、例えば、BOØWYや尾崎豊が全盛期だった。

 

 

c0189426_06470693.jpg


c0189426_06470624.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はどちらも、自分からファンって感じではなかったけど、大好きな先輩が好きだったからというのが大きくて、よく聴いていた。小説を書いていると言うと、文学少女だったかと思われたりするけど、中学時代は全く本を読んでおらず、反抗と恋愛と陸上に明け暮れてたと思います(笑)

田舎の中学でも、様々な分野において敏感な子たちがいて、私は、中学の頃、いろんな友達から感化されていた。

髪型や漫画や芸能界のことやシャンプーやクッキーの作り方や色々・・・

尾崎豊のことも、先輩と、熱狂的に好きな女子から教えてもらっていたけど、例えば「存在」という言葉は、尾崎豊から初めて知ったと思う。

存在の歌詞・・・

http://j-lyric.net/artist/a000ee6/l005099.html

 

 

 

「存在」の意味もわからないくらいなのだから、「自分の存在とはなんだろう?」ということは、「存在」の意味のわからなさと重なり合わせるようなイメージで、中学時代の自分にインプットされた。

そんな風に、少し背伸びして、言葉やファッションや哲学や知識を得ようとするのって、思春期にはとても大切な気がする。

それらを考えることは、社会を垣間見ることであり、自分を引き上げてくれることだったと思う。

 

今、尾崎豊みたいに、ある層においての圧倒的な存在がいるだろうか?と思うと、なんだかちょっと寂しい気もするけど、息子たちにも、自分なりに、少し背伸びして引き上がっていってほしいなあと思った朝でした。

 

☆FBでシェアさせてもらったCM。泣きました。

http://twitfukuoka.com/?p=23462

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-11-24 00:11 | 音楽

最初のブログ

 

 

パソコンを修理に出すので、新しい記事の更新はしばらくお休みしますが(前回記事参照)、

いちばん最初のブログ『禁じられた遊び♪』が、OCNのサービス提供が終了し、今月末で見れなくなります。

文章の引っ越しは済ませたけど、この画面で読めるのはあと少しなので、よかったら、読んだり、気に入った文章をコピーしたりしてください。

いずれ、この中にあるエッセイを含む短編集を出版予定ですが、どうなるかまだわからないので・・・

http://oketaro.mo-blog.jp/masayo/

 

私自身も、最初に始めたブログで、子供が3歳と1歳の頃だったし、このブログをきっかけに、『赤土に咲くダリア』は誕生したので、いちばん思い入れがあります。

懐かしの、ブログが掲載された中日新聞画像も添付しておきます。

c0189426_06470600.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-11-09 12:11 | 表現・創作

パソコン修理→しばらくお休み

 

10月の頭から、パソコンの調子が悪く、初期化したりしつつも、やはりハード面での修理が必要と判断しました。

ということで、しばらくブログの更新をお休みします。

小説の更新のタイミングもあるので、ここで・・・

 

☆恋路ヶ浜LOVEストーリーは第3話まで更新されています。

http://www.iragomisaki.com/c/story

 

詳細レポが結局書けないままだけど、結婚式翌日の新聞(峻平くんがFBにUPしていた画像より)

 

c0189426_06470446.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞掲載写真の場面を、記者さん含む私撮影の写真。

 

c0189426_06470570.jpg


 

 

 

 

 

 

これは関係ないけど、中学の合唱コンクールの朝、長男が作っていたキャラ弁♪(ジバニャン)

c0189426_06470552.jpg


5時に起きて、これのほかにおかずも作ってました。

勉強のためには起きないけど弁当のためには起きる長男はユニークだが、半々の気持ち(笑)




 

合唱コンクールも実行委員でがんばって、色々たいへんだったけど、本番は、どの学年もクラスも素晴らしかったです。

というわけで、しばらくお元気で!!

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-11-09 01:11 | お知らせ

心の力と身体の支え

☆パソコン不調の間の記事もあるけど、今日のできごとより・・・

 

c0189426_06470381.jpg


c0189426_06470336.jpg


 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06470320.jpg


c0189426_06470436.jpg


 

 

 

 

 

c0189426_06470480.jpg


 

 

 

 

 

 

今日は、プラットでの東日本大震災チャリティー公演「心の力と身体の支え」に行ってきました。
プロフェッショナルってすごいなあと、深く感じ入るひとときでした。
主に三人の匠がそれぞれの分野の高みを語ってくれたのですが、ごく一部ずつ・・・

☆私もお世話になっているmixs.松本先生 http://www.mixs.jp

いつもながら、身体の仕組みを正しく使うこと、①深い呼吸 ②血流 ③筋肉の大切さを的確に、時に詩的に語り、

☆野畑さおりさんは、様々な作曲家の『Ave Maria』を、鎮魂を込めて彼女なりにアレンジした一曲から始まり、Steinwayのピアノとの対話から選んだような遊び心あふれるパフォーマンスやショパンを、

☆中村先生は、研究されている日本刀についての見識を、700年前の刀や400年前の刀とともに披露・・・

小学生の空手の演武やサプライズの松本先生の演武では、空気がピリリと引き締まりました。

野畑さおりさんのピアノは初めてお聴きしたけど、一曲目の冒頭から涙が出てきて、それは鎮魂の気持ちもあるけれど、たまたまプライベートのお母さんとしてのさおりさんや、mixs.でお会いした時のやわらかい雰囲気も知っているので、演奏に入り込んだ姿に一層感動しました(帰り際に野畑さんとお話ししながらまた泣けてくるほど・・)。

溢れる内面を持つ3人から、よどみなく言葉が出てくる様子を見て、自分の専門分野を、パフォーマンスだけではなく言葉としても伝えられるってすごいなあと思いました。

めちゃめちゃ触発され、私も自分の分野において、こうありたいと思ったよ。

今日の公演は、会費がなんと1000円で、それでは申し訳なく、少し足して募金させていただきましたが、チャリティーの宛先は、「3.11塾」http://www.311juku.jp/index.html


東北へおもいを馳せつつ、素晴らしい時間でした。
匠のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-11-07 13:11 | 感動

 

パソコンの調子が悪くて、初期化したらブログへの入り方がわからなくなって、間が空きました。

また改めて書きます!
[PR]
by hihararara | 2014-11-06 21:11