<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オーガニックセレクトショップ ナチュラルリーフ

 

c0189426_06470023.jpg



昨日は、ナチュラルリーフさんでファンデーション(ドクターリセラ)と化粧水(チャントアチャーム)、アイシャドウ(クルールキャラメル)を買いました。

写真に写っている緑の日焼け止めはインターネットで買ったものだけど、この商品も、ナチュラルリーフさんで扱っています。

ナチュラルリーフHP→ http://natural-leaf.co.jp/

 

 

 

 

私はほとんど化粧をしないし、むしろ(載せることや盛ることが)苦手なところもあります。

でもドレスアップして出かけるのは大好きだし、肌に直接塗るのだから、いいものを選びたい。

オーガニックコスメやスキンケアに興味を持つようになったのは、食を見直した頃と重なってると思うけど、「これいい!」って決定的に思ったのは、何かの試供品でオーガニックマドンナを知り(上記の日焼け止めの会社)http://www.madonna.co.jp/organic/  

日焼け止めや乳液の天然の香りがよくて、特に日焼け止めは画期的でした。今まで知っていたものは質感も嫌だし、成分が強くて肌が荒れそうで、つけるのが嫌だったのに(日焼けを取るか、肌への負担を取るかの選択)、この日焼け止めを知ってからは塗るのが楽しくなるほどで、それからでした。

今ではスーパーアツミの一角でも見かけるようになったこの日焼け止めだけど、私がネットで見つけた頃は豊橋で売っている場所を知らず、このたび、ナチュラルリーフを知り、今まで送料を足してまで通販で買っていたものを、実物を見て、試せて買える!とうれしく思いました。

インターネットでは香りや質感まではわからず、過去にオーガニックのリップクリームを買ったこともあるけど、やはり実物を見て買えるのは大きい。

UAがモデルしてるアムリターラhttp://www.amritara.com/ も興味あるけど、けっこう高いし、いずれにしても、この辺だと名古屋まで行かなくちゃなかなか実物が見れないんだよね。

 

実は、ナチュラルリーフは、私が支持している運動法のmixs.http://www.mixs.jp/ の松本先生の奥様のお店で、その流れで存在を知ったのですが、初めて入った時に、私が元々好きな日焼け止めを発見して感激したのでした。

昨日ようやく買い物目的で行けて、オーナーの華奈美さんとお話しながら選びました。

オーガニック化粧品と言うと高そうな印象があるけれど、お値段色々!

じゅうぶん手が届くというか、同じくらいの値段なら天然成分の方がいいよね、というものが口紅でも、チークでもアイシャドウでもあって、私はまずはあらかじめ決めていた自分の予算内で選びました。

私は肌が弱いことはないので、ハーブの効能を楽しめるけど、中には荒れてしまう人もいるのですべての人にすべての商品をすすめられるわけじゃないけど、その辺りも相談の上で、探せます。
私は、今まで化粧が苦手だった理由に、敏感肌ってよりは身体が敏感ゆえか、化粧をしていることが肌への負担になるようで疲れを感じていたけど(マスカラとかマニキュアとか特に苦手)、自然派の化粧品(自然派をうたいながら、バリバリ化学成分ではなく本物の自然由来)は、肌につけている時の負担がほとんどないように感じます。

悪いもの塗ってない、という安心感かな。

経皮毒とか、一時話題になったけど、私は、食も生活用品もすべて、ガチガチに安心安全を求めようとは思ってないけど、できるだけ自分にも地球にも負担がないものにしたいなあってのは、まさに自然に思います。

長年オーダーしていた大手の通販メーカーの「しっとり化粧水」をある時使っていた時に、「これ、何でできてるんだろう?石油由来のものをベッタリだったら嫌だなあ」って思ったのもきっかけでした。

お金には限りがあるので、自由には買えないけれど、そんなに化粧をしない=そんなにたくさん使うわけじゃないから、買える範囲のものを丁寧に使っていこうと思います。

 

初めてのショップってどこも入りにくいと思うけれど、華奈美さんもスタッフの方も温かみのある方なので、気軽に立ち寄ってみてください。華奈美さんはきれいでかわいらしくて、天真爛漫な空気が伝わってくる朗らかな方(店員さんがきれいだとまた緊張しちゃうけど、きれい、なのに、天然な方なので大丈夫)。お店に入るとすでにいい香りだよ~♪

ナチュラルリーフは今年オープンしたばかりで、スタッフ&アルバイトも募集中だそうです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-29 03:10 | 地域

ほっこり まどろむ 晒柿邸

 

 

c0189426_06470022.jpg
c0189426_06470145.jpg



 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06470183.jpg
c0189426_06470229.jpg
c0189426_06470293.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06470264.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月27日のFBより・・・

ほっこり まどろむ 晒柿邸☆
去年の同じ頃、初めて伺った時のブログ→ http://www.l-t-m.net/blog01/?p=4225

みなさま、ありがとうございました。集合写真は、ともちゃんがUPしてくれるのを期待します♡
(ブログにはともちゃんの写真を転載)

晒柿さんのおうちは、マニアックな喩えだけど、97年のヴェネチアビエンナーレの日本館の出展作品、内藤礼さんの『地上にひとつの場所を』を思い起こさせる。 一歩入ると異空間。時の流れ方も違うような・・・

いただいたレモングラスは、早速夜のタイ風スープへ(家にあったパウダーはトムヤムクンではなかったですw)。 パクチーも買って、ばっちりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-29 02:10 | 地域

料理写真

 

今パソコンの調子が悪いので、前からFBにはちょいちょい載せた料理の写真を少し、記録的に。

 

c0189426_06465845.jpg


 

鶏挽肉と、にんじんのみじん切りと、芽ひじきと、水切りした豆腐を合わせてハンバーグ風にして焼いて、ひじきの戻し汁をだしにしたとろみあんをかけたもの。

薬味に大根おろし、みょうが、しょうが、大葉。

 

 

c0189426_06465895.jpg



自家製甘酒をほんの少し入れたホットケーキ。

つやつやのもちもちになるので、麹の力ってすごいと思って調べたら、やはり甘酒をわざわざ入れるお菓子があった。

 

 

c0189426_06465925.jpg



爆発シフォンケーキ!(息子ら爆笑!)

爆発させたかったわけじゃないけど、卵の勢いがあったのかふくらんだ(過去にはこぼれたことも・・・)。

これを型のまま持って友達家族(長男と同じ誕生日で病院で知り合って以来の仲良し)のおうちへのお土産に~

 

c0189426_06465965.jpg



旬に買って冷凍してあった実山椒を使いたくて、いただきものの昆布を使った佃煮(煮立つ前)。

 

 

 

c0189426_06465950.jpg

赤大根とにんじんを使った、紅白なますならぬ、紅赤なます的マリネ。
バジルも添えると色彩がきれいだったので撮ってみたけど、この後は漬かっています。

昆布の佃煮にも、マリネにも、伊良湖の黒潮くんhttp://www.kurosio.net/ からいただいた梅シロップ(こだわりのハチミツ漬け)使用です。

 

 

 




と、いつもがんばってるわけじゃないけど(むしろたいていはお見せできませ~ん)、料理写真は独身の頃からつい撮っちゃう♪

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-26 12:10 |

中日新聞など

 

おはようございます。

22日に中日新聞に出ましたが、その日は朝から伊良湖へ取材で向かっていて、なかなかブログにまとめられなかったけど、当日にFBに書いた記事を転載します。

 

************

おはようございます。  今日の中日新聞の15面に「恋路ヶ浜LOVEストーリー」についての記事が出ました。関係者のみなさま、ありがとうございます!!

先週急に電話取材を受けたもので(前も書いたけど4社共同)、その後毎日は出て(ヤフーニュースにも発展)、朝日と読売は確認してないけど、合間に個別取材を受けた東日さんが出ての今回。
各社の記事を見てきたので、中日新聞・那須記者の記事は、プレスリリース(協会作成)や私が話したことに忠実なバランスの良い記事に感じます。

写真は私が提供したもので(合わせて三つ)、採用分は美容室でのともちゃん撮影♡(取材当日に報告しました)
写真単体やネットだととっても素敵な写真だけど紙に印刷されると元の良さ(写真の)が出なくて申し訳ないです。淡い写真だったのでのっぺりした顔が一層・・・(女心)

ともかくありがとうございました☆
今取材への出発前で、メッセージも5通くらい届いてたけど、色々ふじゅうぶんですみません。

☆小説はココから読めます。http://www.iragomisaki.com/c/story

*********

その後、渥美半島在住の画家の小林くん(ダキシメルオモイプロジェクトhttp://noriakikobayashi.dosugoi.net/ 

が、記事を掲載してくれて、中日新聞の豊橋総局長さんにも許可をいただいたので、ここにも載せます。

 

c0189426_06465867.jpg


 

***************

そして、夜の弁。

 

こんばんは。  今朝は中日新聞掲載の投稿にたくさんの「いいね」やコメントありがとうございました。
今日は一日伊良湖への取材だったのですが、道中もメールがいっぱいで(笑)、中日新聞の影響力ってすごいなあと思いました。
私は7年前に、2冊目の小説を「日原いずみ」で出した時、地元メディアに出るのは控えたため、実家には「まさよちゃんに似てる人が出てるけど、日原いずみってそう?」みたいな電話もあったようで、お騒がせしてすみません。気づかれなければ気づかれないままでいいと思ってるので、どっちでもよいかな~と思ってます。(略)

*********

ZIPFMでも紹介してくれたり、東海テレビからも問い合わせがあるそうです。

明日は東愛知新聞の取材を受けます。

私自身は、過去にも何度か出てるので、正直どっちでもいいのですが、プロジェクト背負ってがんばります。

小説も、何話かは準備済みで、これから書く後半も、充実させる予定。

渥美半島、調べれば調べるほどおもしろくて、たいへん!!(笑)

よろしくお願いします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-25 00:10 | 表現・創作

東日新聞

FBより・・・

おはようございます。  友達が、東日新聞に出てると教えてくれて、ネットで確認。 http://www.tonichi.net/news/index.php?id=40436

記事の中の、<「~~農業の良さがわかる恋愛小説を書いて」と依頼を受けた>の部分は言ってないので、せめてこの場で訂正!

伊良湖岬観光協議会からの依頼なので、第一に重要なのは観光アピール。
その上で、渥美半島の自然や農業の良さを盛り込みたい、という気持ちで話したけど、記事によって断定されるとプロジェクトのみなさんへの申し訳なさが募ります(問題ないと言ってもらったけど)。
元々直前に、別の取材を受けたお友達が「違うこと書かれた!」的なことをここで書いていたので、気をつけたけど、難しいなあ~  何度取り上げていただいても難しい!新聞の影響力は大きい!

とはいえ、取材はとても楽しいもので、おかげで写真撮影もリラックスして臨めました。ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-20 01:10 | Facebook

「恋路ヶ浜LOVEストーリー」

 

今日から「恋路ヶ浜LOVEストーリー」公開です☆

http://www.iragomisaki.com/

 

プロジェクトのトップページを載せておきますが、小説部分に行っていただくと、第一話が読めます。
一話目は通常より長いです。 連載は、週に一度ペースを予定していますが、プロジェクトや観光地の現在進行形のリニューアルなど、場面によっては停滞すると思います。

昨日は小説に関して、急に電話で4紙の取材を受けました。中日新聞・那須くんが代表インタビューみたいにしてくれて(スピーカーフォン状態でこちらの声があちらのみなさんに聞こえる)、記者会見とかヒーローインタビューというか、力士のような気分でした(笑)
今日は2紙の記者さんとお会いします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-16 10:10 | 表現・創作

<心の力と身体の支え>

 

c0189426_06465703.jpg


(画像はクリックで拡大できます)

イベント最盛期の10、11月、色々目白押しです。

私が今お世話になっている、mixs.の松本先生たちの講演会のご案内。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災チャリティー公演

『心の力と身体の支え』

~健康、精神、癒しをテーマにその道の匠が送り出す夕べのひととき~

■11月7日(金)17時30分受付、18時開演(20時終了予定)

プログラム

【健康の匠】 元々持っている身体の力を使う養生の基本  松本孝一

【癒しの匠】 心の潤滑油があればやさしくなれる ~ピアノの調べ  野畑さおり

【精神の匠】 研ぎ澄まされた業物(わざもの)日本刀とその歴史  中村敬一

元気を届ける少年演武 NPO法人日本空手松涛連盟 豊橋支部 少年部

■会場:穂の国とよはし芸術劇場プラット(アートスペース)

■ 参加費:1,000円(当日会場の募金箱にて受付いたします)

*公演収益から必要経費を除く全額を東日本復興に寄付致します。

定員:200名(事前申し込み)

■申し込み 『心の力と身体の支え』実行委員会事務局(担当:中西)  氏名、連絡先を記載の上、メールまたはFAXにて Email: 117takumi3@gmail.com  FAX 0532−63−6275

■主催 東日本大震災チャリティー公演「心の力と身体の支え」実行委員会 ■後援 豊橋市 中日新聞社

詳しくはこちら・・・ http://dp15270829.lolipop.jp/charity.pdf

*********

チャリティーイベントとなると、収益の寄付先が気になる方もいると思うけれど、震災孤児・遺児への支援を目的とした「3.11塾」というしっかりした組織です。

http://www.311juku.jp/index.html


一見統一性がないメンバーに見えますが、みなさん、松元先生主宰の腹式呼吸と細胞活性ストレッチmixs
.http://www.mixs.jp/index.html の生徒さんです。


このイベントは私も申し込みました。すでに150名を超える申し込みがあるそうなので、気になる方はお早めに。

その場の、稀有な空気感を楽しみたいと思います。

(会場は一度伺ったけど、音響がとてもいいです。野畑さんも先日初めてお話しました。とてもやわらかい雰囲気の方でしたが、生の演奏が楽しみ♪)

イベントでエネルギーを受けとった上で、寄付ができるので、ありがたいです。

よろしくお願いします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-15 10:10 | 地域

リニューアル蔵王山

 

小説の取材で、田原市の蔵王山に行ってきました。

いろいろの関係から詳細は割愛するけど、様々なプロジェクトにお詳しい田原市の女性職員さんにご案内いただき、贅沢な時間でした。

その職員さんとは電話で話していたけれど、お会いしてすぐに、学校は違うけど同学年に当たると判明し!これまた同じ学年のご主人の存在も知っていました。みんな違う中学なのに、同じ陸上大会を共有していたり、ご縁を感じました。

もう本当におもしろいことが多過ぎたし、特に、やはり伊良湖は正真正銘のパワースポットなのではないか、という実証話も聞いたけど(私はファッション的なパワースポットやスピリチュアルは嫌いだけど、本物は大好物)、何がおもしろかったって、その職員さん自身が今日は最大におもしろかったと思う。

同じ年齢なので、社会においての41歳や42歳ってこんな感じなのかな、とか、彼女の活躍ぶりがとても素敵に思えました。

おもしろいことは小説に込めることにして、新しい蔵王山展望台について・・・

リニューアルオープンの記事(渥美半島観光ビューロー)より・・・

http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000011.html

 

c0189426_06465249.jpg
c0189426_06465292.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06465311.jpg
c0189426_06465308.jpg
c0189426_06465402.jpg
c0189426_06465462.jpg
c0189426_06465413.jpg
c0189426_06465599.jpg
c0189426_06465591.jpg
c0189426_06465651.jpg
c0189426_06465683.jpg
c0189426_06465650.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台や近くの名所の色々な表現は小説に取っておきたいので、中途半端になってしまうけれど、
写真を追って書くと、例えば、授産所の方々が作成している「しあわせ箸」には、杉や檜や桜が使われていて、その他にも絵馬やお守りなど、クローバーをポイントとしている(クローバーのおもしろい話は小説で・・)。

3階の体験フロアには、私が大好きな猪子寿之さんたちチームラボの作品を彷彿させるようなデジタル空間(タッチすると絵が変化する)があって、小さい子ばかりではなく大人も楽しめる。

案内してくれたまさに有能な職員さんが広報課時代に撮ったプロ顔負けの写真もあちこちに飾られていたけど、よかったら拡大してみてください。お世辞ではなくすごいクオリティーです。

お昼には、幸せスープセットをいただき、サラダ、スープ、パン、ドリンクで550円☆
なんと食べられる無農薬の四つ葉のクローバーが浮いてます。色々と心憎い演出!

蔵王山、夜のライトアップやスロープの演出も素晴らしいそうなので、また夕焼け~夜景目当てで行こうと思っています。

 

そして、写真が詰まったまま直せないけど、帰りに昨日載った東日新聞の同じ面で知った、田原の崋山会館での水墨画展に寄ってきました。

ダリアの水墨画目当てで行ったんだけど(写真は、それがてっきりダリアかと思った花火の絵)、展示室のテーブルに、ちょうど私も載ってる新聞が置いてあり(笑)水墨画展の記事は左上なんだけど、それを見て、知らないおじさんとおばさんが話をしてるのが笑えて(あー、私が写ってる写ってると思って)、ダリアの絵の場所をお尋ねするついでに「実は私、たまたまここに載ってるんです」と話したら、おじちゃんおばちゃん大盛り上がり!!

そんな流れで伊良湖のプロジェクトについてもちゃっかり宣伝しつつ、人様の展覧会で目立ってはいけないので、そそくさとおいとまし、予定していた「こもぱん」さんへ・・・

次男が、こもぱんの「パン・オ・ショコラ」の大ファンで、前日に予約までさせていただき、その他、迷いながら色々選び、石窯ピザも買わせてもらいました(どれも本当に美味しかった!!)。

毎度、直前に仕入れた興奮話をこもぱんさんで披露することが多いんだけど(笑)、奥さんとダンナさんに聞いてもらって、パワースポット話はダンナさんから確信する情報をいただき、満足していたら、その日、蔵王山の近くに住んでいるから会いたいなあって思っていた友達がご来店!!

なんかもう、そういう偶然多いとは言っても(今日もそもそも、職員さんとの間で偶然のオンパレード)、感激で、深香ちゃんと手を握り合って話したよ。



あーーー、今日も大満足の一日だったな。
渥美半島は調べれば調べるほど、小説におさまり切らない自然や土地のパワーを感じます。

なんとかうまくまとめられるように、がんばります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-10 14:10 | 感動

東日新聞「笑顔」

 

たぶん、ネットは今日だけの掲載なので、夜になったけど慌てて・・・
最近パソコンが不調で、ついに朝は動かなくなり、その続きの文面です。

***********

我ながら何してんねん、とは思うんだけど、今、デルのサポートデスクのご指導をいただいて、パソコンを分解して、奇跡的に動いてるので、またいつ落ちるか修理も視野に入れつつ、合間に先輩に教えていただいた、本日の東日新聞! http://www.tonichi.net/

このトップページの下の方の左側「今日の笑顔」に小さく載ってます(笑)紙面見れる方、よかったらご覧ください。本当はいけないけど、東日様、画像いただきました。

c0189426_06465276.jpg


 

 

 

 

これにはワケがあって・・・というほどでもないけど、先週の松井さんのパーティーの時に、「笑顔」担当のおじちゃんが何枚も写真を撮ってくれて(撮ってくれてた時は担当してるとは知らず)、最後にこのコーナーに載せてもいい?と言われ、その時は断ったんだけど、おじちゃんが可愛らしいのでOKして、写真を選ばせてもらったものです。これがまあ、比較的自然だったので。 で、東日に藤村で載るのも本名で載るのもピンと来なくて、ちょうど伊良湖の小説書いてるしってことで、ノリで「日原いずみ」にしてもらいました。 お互い酔っぱらってたけど、とにかくおじちゃんが写真も名前も間違えずに載せてくれてよかった♪ 今から色々保存作業します・・・

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-09 09:10 | 地域

松井守男&山下洋輔コラボディナー@アークリッシュ

 

 

c0189426_06464826.jpg


c0189426_06464869.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06464982.jpg


c0189426_06464987.jpg


 

 

 

 

 

 

c0189426_06464916.jpg


c0189426_06465037.jpg


 

 

 

 

 

 

c0189426_06465034.jpg


c0189426_06465086.jpg


 

 

 

 

 

 

c0189426_06465196.jpg


c0189426_06465152.jpg


 

 

 

 

 

 

10月3日のFBより・・・(以下で触れているお友達もFBにいるため、内輪の内容ですみません)

 

ご縁をいただき、今日はこのイベントに行ってきました。
松井守男さんと山下洋輔さんのコラボディナー。

会場は知ってる人ばかりで(そもそもホテルの総支配人も、現総料理長も、オーナーの神野家の方々も)、偶然お隣の席が高校時代の同級生(在学中は知らず)の古関くんで(笑)、酒井さん(初代総料理長)とも、いとこ(東愛知新聞の現社長)とも写真を撮りました。

何より驚いたのは、私は知らずに伺ったけど、東愛知新聞の前社長である伯父が描かれた絵があったこと。  写真の中で、私が酒井さんと写ってる絵は、「豊川海軍工廠」をテーマに描いたそうですが、背景の頭上の人物、別の写真で松井画伯といとこが指さしてる若い顔っていうのは、この作品の制作時に、伯父が提供した若い頃の写真を元に描いたそうで、いとこが言うには、そっくりとのこと。

つまり、その世代の方々は、リアルに仲間を失うという悲しい体験をして、そこから這い上がって地域の発展に尽力してきた(伯父と幼稚園の同級生の神野信郎さんたちも・・・この辺の話は伯父の葬儀の時の弔辞より)。

この頃、亡き伯父の縁に守られることが多々あって、今日も、まさかいとこがいるとは思ってなかったし(伯父や父の旅行仲間の方々も)、松井さんとも伯父をきっかけにすぐに打ち解けちゃってありがたかった。
色々感動しました。
山下洋輔さんの演奏も、魂がこもっていて素晴らしかった。

パーティー直前のたけちゃんにも会えて、思わず涙ぐみそうになりながら固い握手をして、みんなの応援を届けたよ。お料理も美味しかったよ。ひーくんにも会えたよ!

振り返ると、松井さんの大作に囲まれての時間で、松井さんの脳内や内臓の中にいるような気持ちでした。

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-06 11:10 | 感動