<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

次男のお誕生日

 

c0189426_06271864.jpg


今日は、次男の8歳の誕生日でした。

リクエストを聞いて(ベルカントのチョコレートケーキか、ボンとらや(チョコピレーネが好き)か、手作りのシフォンケーキ+チョコ生クリームデコレーション・・・とにかくチョコが好き)、一緒にケーキを作りました。

 

 

c0189426_06271979.jpg


以前、膨らみ過ぎてマグマのように垂れ出た苦い経験から、生地を少し減らしてみたけど、そのままでも大丈夫だったね。
FBに途中経過を載せたら、とある男性から「意外な一面!」というコメントが入り、私のバヤイ、時折家庭の話も盛り込まなくちゃなあと思ったよ(笑)
料理できなさそうと思われがちだけど、得意なのだ!
家庭第一は当然なので、家庭のことばかり書くのは恥ずかしいと思ってしまうのだ!!
しかしまあ、心配されるので、配分的に書きます(笑)

 

c0189426_06272095.jpg


てなわけで、これが、デコレーション後。
板チョコ割って、デコペンで「おめでとう!」

生クリームにもチョコレートソース混ぜてあります。

 

 

 

c0189426_06272157.jpg


ろうそく8本立てて・・・

 

 

 

 

 

じゃん!! これが完成形☆

 

c0189426_06272196.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長男は1月4日生まれなので、冬休み中のお誕生日ということが多いけど、次男は4月30日で、連休の合間で休みでないことが多い。

今日は久しぶりに朝から晩まで家族で一緒に過ごせて、次男はとても満足そうだった。

 

8歳おめでとう!

8歳、ありがとう!!

 

(追記) 載せ忘れたけど、生クリームは、地元の中央牛乳のもの。

c0189426_06272214.jpg


 

少し高めだけど、なんと言っても、会社も、私自身も放射能測定している分、安心です。

マクロビ系の友達も多いので、牛乳自体がどうよ?ってのはあるけど、うちは量は減らしたけど、特別な時はめいっぱいケーキも生クリームも美味しくいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-30 12:04 | 生活

好き好き惚れる

 

活動家モードの私を、心配してくれる人もいるのだけれど、毎日たいへんだけど、本当に楽しくて。
感動いっぱいだし、手ごたえを感じています。

 

で、前々から知ってたけど、我ながら私って惚れっぽいなあと。

結束して、一緒の想いを語れると、まじで「好き好き惚れる」と思ってしまう。

ビョーキか?(笑)

 

例えば、前に書いた岡本重明さんは、ちょいちょい電話くれて、田原の状況を教えてくれる。今日もうれしいお知らせ。
そして、新城市長のブログは、いつも頼もしくて感心する。

例えばこれ・・・「踏み絵にしてはならない」

これは、旧知の木下黄太くんが、リツイートしてくれたおかげで、27,000人のフォロワー始め、さらにリツイート(40以上)で広がり、全国の多くの人が読んでくださったと思う。中には「ストンと腑に落ちる」というコメントも。

東三河の葛藤は、全国の関心事であり、正義は全国の人たちが応援してくれる。

日本の政治のおかしな流れを、東三河から反転していこう!

東三河から、日本を変えていこう!という心意気です。

 

原発事故以来、この地域の放射線量を計り続けてくれている「ちょっとだけ観察中」さんは、ブログに私たちの「いのちと未来を守る会」のバナーを取り付けてくれました。

 

私は、田原の方々に依頼されて、5月15日に、田原市に講演に行くことになりました。

詳細決まったらお伝えします。

 

いま、詳しいことは敢えて書かないようにしてるけど、田原市、東三河、いい感じに熱が高まっています。

活動とは違うけど、最近FBで再会した、吉水浩さん。

人様のブログをご紹介。16年前から知ってる吉水さんの作品の変遷にびっくり&感激☆

http://ryo1972.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

http://ryo1972.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

 

彼が言った「サブカルもアカデミックもなんのこっちゃい!」

これに共感する。

表現って色々ある。

私がいまやってることも、「表現」や「伝える」の軌道の上。

今はどうしても、おとなしく小説書いていられない。

書きたい気持ちはあるけどね。

というわけで、引き続き、がんばります。がんばりましょう!!

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-29 05:04 | 豊橋 いのちと未来を守る会

feed

 

私が与えたごはんを食べて、息子が言った。

「うまい」

その満足そうな顔を見て、うれしいと同時に切なくなる。

今ほど、「feed」という言葉の重みを意識した時があっただろうか。

食物を与える・供給する・満足させる・養う・・・

息子は私の差し出す乳首を迷わず吸い、差し出す小さな一匙を迷いなく食べ、いつもいつも、私が与えるものに信頼して口を開いた。

まっすぐな目で口を開ける様は、いつも、つばめの子を連想させた。

親はせっせと子に食物を運ぶ。

 

今、親も子も、表面張力ギリギリ。いっぱい。

気を張って食べ物を選んで買っても、その食べ物が本当に安全なのかどうかはわからない。

神経質過ぎるほど気をつけていたお母さんの子にも健康被害が出た、と聞いた。

 

どうすりゃいいんだ!?

 

もちろん、張り詰めてばかりもおらず、

おいしく食べて、

楽しく暮らし、

目の前の日々を愛しんでいる。

今も、息子たちは元気いっぱい。笑顔いっぱい。

 

男たち、

どうか、母たちに、余計な心配をこれ以上与えないでください。

あなた方がこだわっていることは、命以上に大切なことですか?

 

もっと、想像力を。

もっと、未来を見る目を。

 

みごもること、産むこと、育てること、

どれもたいへんです。

死にものぐるいです。

死ぬ気で育ててきた、死んでたまるか、死なせてたまるかと育ててきた命を、

私たちみんなの命を

ちゃんと

守ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-26 22:04 |

いまさらさくら、ことしのさくら



c0189426_06270539.jpg


 

c0189426_06270575.jpg


 

c0189426_06270651.jpg


 

c0189426_06270628.jpg


 

c0189426_06270777.jpg


 

c0189426_06270895.jpg


 

c0189426_06270887.jpg


 

c0189426_06270902.jpg


 

c0189426_06270925.jpg


 

c0189426_06271062.jpg


 

c0189426_06271026.jpg


 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-25 03:04 | 自然

宮崎からの贈り物、誕生日の塩

 

c0189426_06270204.jpg


 

c0189426_06270261.jpg


 

c0189426_06270363.jpg


 

c0189426_06270381.jpg


 

 

c0189426_06270462.jpg


 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-25 03:04 | 感動

雨女PTA

(FBより)

本日、小学校の授業参観&PTA総会でした。PTA総会では文化委員長として(何度も言うけど、あみだくじです)みんなの前で発表しなくちゃならず、授業参観前の12時からリハーサル。で、役のついてる人は正装で、私もスーツとまではいかないけど、こぎれいにしていく必要があり、天候上、困った。


天気予報だと昼からは晴れで、確かに雨も上がり、大丈夫そうかな?と思ったタイミングで自転車(いつも時間ギリギリなのとヒールの靴でいっぱい歩きたくなかった)で出発したところ、100m行ったところで、大粒の雨が再度パラッパラッ!!

あっという間に土砂降り~~ 声に出して行っちゃったよ「なに、これ?崇り??(笑)」

知ってる人は知ってるけど私は雨女で、わかりやす過ぎる雨の降り方に、笑うしかなかった。自転車置きに戻って歩き直すには時間がないし、中学時代の自転車通学を思い出すような土砂降り・スカート・傘差し運転(泣)。...コートとバッグがずぶ濡れ。

という状態で体育館に駆け込んで(はーはー)、いちばん前の席(「文化委員長」という貼り紙:笑)でリハーサル。その後授業参観~PTA総会本番。発表は、先週ベジフェスやったおかげもあって、どうってことなかった。


打ち合わせを済ませてクタクタで帰り(雨はやんでた)、夕食は朝作っておいたので、こたつでダラダラしてたら、次男が忘れものに気づいて、再度車で学校へ・・・。

面倒くさかったけど、おかげで、どんな先生か不安だった次男の担任の先生(次男にとっては初の男)ともしっかり話せてよかった。

と、相変わらず長々すみません!明日は旗当番だ~~~

4月のバタバタ、みんな、がんばろうねっ♪


[PR]
by hihararara | 2012-04-23 12:04 | 生活

ベジフェスレジュメと最近の話

 

■色々ありつつ、FBで小出しに発散してる。

■前回書いたベジライフフェスタで配布したレジュメです。

 

c0189426_06270153.jpg


c0189426_06270107.jpg


 

PDFはこちら・・・。文章私、オメカシなぶちゃん!

http://nabeho.com/inomira/120415_masayo_vegfes.pdf

 

■お人形みたいに可愛い、ヨーガインストラクターの愛子ちゃんがまとめてくれたベジフェスブログ。http://ameblo.jp/aiko-yoga87/entry-11227399471.html (←ここだけなぜか色が変えられない~)

 

 

■田原への働きかけは毎日続けてきたけど、田原独自の動きが芽生え、23日からは東三河広域協議会での東北視察ということで、私も小休止。昨日は豊橋市の副市長さん(早稲田OBで視察団の副団長)とも楽しくお話した。

 

■文春新書から「農協との『30年戦争』」を出し、「たけしのTVタックル」にも出ている、田原市の岡本重明さんとつながった。

c0189426_06270137.jpg


 

本の紹介はこちら・・・ http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166607372

最初はお互いケンカみたいな出会いだったけど(FB)、電話で話したら想像以上に頭のいい人で、かっこよかった(本人にも率直に伝えてる)。敵の多い人でもあるが、私はすっかり仲良し(笑)
岡本さんは瓦礫広域処理NO!のあとの明確なビジョンを持ってる。なので心強い。

 

■PTA(文化委員長)では、6月の文化講座に向けて、素敵な講師様にお願いしている。小学校の保護者限定でもったいないけど、また紹介します。

 

■岡本さんの本と同時に届いた、植島啓司さんの「日本の聖地ベスト100」

 

c0189426_06270183.jpg


 

何箇所か行った場所も出てくる。

本の紹介はこちら・・・
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0639-c/

 

植島さんと言えば、これも紹介したかったのに怒涛の日々でできずにいた、「突然のキス」。

c0189426_06270177.jpg


この本の270Pだったか(今貸し出し中で確認できず)に、日原いずみブログより4行引用されています!岡本かの子の回。

植島さんとは仲良しなので、連載の頃から読んでいたけれど、とってもお薦めの植島流「恋愛で読み解く日本文学」!!です。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480429254/

 

■昨日は急なお誘いで、いつものオヤジメンバー&☆☆ちゃんと飲んだ。

二次会で酔っぱらって記憶ないオヤジが言ってくれた言葉。

 

がんばるのはいいけど、
がんばりすぎないように、
オレらは、ここにいるから。

 

泣けたね。
前も別のオヤジから「おー、まさよが回ってる回ってる」「くるくる回って、オレらは戻ってくるのを待ってる」と言ってもらえて笑った。「踊り子」とも言われた。

みんな私の良さもおかしさも理解してくれた上で、着地点でいてくれる。

色んな人が見守ってくれてて、私は幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-21 10:04 | 豊橋 いのちと未来を守る会

ベジフェス徒然

c0189426_06270001.jpg


 

講演をお聴きくださった方、ありがとうございました。

配ったレジュメやチラシもまたUPしたいと思います。

こんな感じの会場で、実はとっても話しにくく、うまくできなかったなあと思っていたけど、うれしい声もいっぱいいただいて、ホッとしています。

話しにくかった、というのは、色んな要素があり、ひとつには、会場が吹き抜けのホールのため、音が反響して、自分の声がうまくみなさんに届いているのかどうかわかりにくかったこと(よく聞こえていたらしいけど、自分にとっては本当にぼわんぼわんとしていた)。

後ろにはいっぱいお店が出ているので、イベントコーナーの向こうの方で人がずっと動いていて集中が難しい。

内容的には、放射能への関心の度合いがみなさん様々なので、どのくらいに焦点を絞ったらいいのかが難しかった。特に、がれきの問題に関しては、「受け入れたらいいのに」「安全だよ」という意見もある中で、いかにして「そんなことないんだよ」というのを角を立てずに伝えるかが、本当に難しかった。

前半は、会場も耳もザワザワ、心もザワザワで落ち着かなかったけれど、後半は状況に慣れたのと、どんどん人も増えてくれて、みなさんの顔が真剣で、とても話し甲斐がありました。

 

放射能の問題は本当に難しいので、どうしたらわかりやすく伝えることができるのか苦心したけれど、終わってみたら「わかりやすかった」とか「堂々としていた」「最後は涙が出そうになった」と言ってもらえ、また、家に戻って友達からの感想メールを読んだら、「原発について 放射能について 深く考えるきっかけになる内容でした」というものがあり、一定の役割は果たせたかな、とうれしく思いました。

まずは知ることから始める。

自分としては不満足な出来だったけれど、聴いてくださったみなさんが、何か考えるきっかけとしてもらえたのなら、本当によかったです。

 

夜、よくあることだけど、子どものことで夫とケンカになり、それが子どもの整理整頓のことだったので、子どもの整頓がうまくいっていないのは、私が春休みをガレキに注いでしまったからだ、と反省しました。

これも本当に難しい。

突然降って湧いた田原市の問題。

私がやらなければ、ということは確かにあり、子どももよくわかってくれているけど、もちろん申し訳なさは、ずっとある。

そのバランスに戸惑うけれど、みなさんからの感想をもらうと、やはりどうしても使命みたいなものはあるなあと思う。

 

そんなモヤモヤを抱えた夜、家事も片付き、子どもも寝て、ホッと一息のところで、ベジフェスの会場で会った(講演も聴いてくれた)友達が事前に書いてきてくれた手紙を読んだ。

号泣・・・

本当にありがとう。

 

今までFB等ではつながっていて、今日初めて会った人も何人かいた。

わざわざ足を運んでくれたことに感謝です。

 

木下黄太講演に来てくれて、やっていたカフェを閉めて、九州へ移住しようとしていた親子(奥さん)とも再会できてうれしかった。彼女たちはまだ田原市におり、がれきのこともとても心配していた。一緒に熱く語るうちにお互い涙が出てきた。

がんばらなくちゃ、と思う。

 

今日の講演のトップバッター・ベジモの小林くんは、「なんていい笑顔で話すんだろう」と思った。

彼の笑顔に何度も何度も、心が洗われた。

中島デコさんとは、小林くんの講演の時間、隣で聴いていて、ちょこちょこお話できた。

昨年の11月に、木下講演と日にちが重なったために、初めて存在を知ったデコさん(マクロビ界ではとても有名な千葉のお方です)。その時に仲間と、「デコさんにもどこかで会いそうだよね」と話していたら、本当にすぐ会えてお話できておもしろかった。とっても可愛らしいお方だった。

 

全体を通して、イベントの趣旨のおかげもあって、とっても気持ちのいい人たちとばかり出会えた。

今までの小説関係の講演は、自分の好きなように自分のことを語ればよかったけれど、今日はわかりにくい話題をわかりやすく、なるべく正確なデータや人様の言葉をお伝えすることが本当にたいへんでした。とにかく、小林くんの笑顔に反し、私はどうしても真面目な顔になってしまって、内容上仕方がないのだけど、早く(と言いつつ長くかかるのは承知してるけど)、笑顔で世の中について語れる日が来て欲しいなあと、心から思いました。

今回、全国からも、いっぱい応援の声をいただきました。本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-15 12:04 | 豊橋 いのちと未来を守る会

お医者さんの言葉

 

被災地にボランティアに出かけ、支援も続けている、知り合いのお医者さんの言葉です。

 

私も政府の対策は間違っているように思います。

がれきは、基本的には被災地で処理してもらうのがいいと思います。

これは、経済的にも被災地のためにもまた放射能を拡散させないためにも大事な事だと思います。

人間は、放射能には頑張ってもかないません。

人間のもとであるDNAを破壊されてしまうのですから太刀打ち出来ようはずもありません。

また、半減期からもわかるように、放射能がなくなるには人間の人生を越えた年月がかかります。

加えて、基本的に放射性物質は煮ても焼いてもなくなりません。

従って、がれきに混じった放射性物質を処理するとその放射能がばらまかれることになります。

もうこれ以上日本全体に放射能をばらまくのはやめましょう。

政府寄りの報道をする大手メディア(新聞やテレビ)の言いなりになっていると大変な事になるでしょう。

国民をだます政府、東電、大手メディアによる世論誘導にごまかされないようにする事が日本人に求められているように思います。

ピンチはチャンスなので今日本人が試されているときでしょう。

 

**********

 

どの言葉が正しいのかわかりにくくなっている今、専門家の言葉には重みがあります。

私は引き続き田原の応援をしていますが、詳しい内容は伏せます。

県や国の人に見られてマークされても嫌だからね!

単純明快なこと。生きものとしての戦いです。

放射性物質の寿命に人間は勝てない。

しかし、私たちは命をつないでいく。

その悠久を守りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-12 11:04 | 豊橋 いのちと未来を守る会

ベジライフフェスタ

c0189426_06265957.jpg




 

Informationでは告知してありましたが、

今週末開催のベジライフフェスタ(@豊橋サイエンスコア)で、講師としてお話します。
タイトルは「豊橋のいのちと未来を守るために」 私の出番は、15日の13時~14時です。

バタバタの中、昨日ようやく私の書いたレジュメを、なぶちゃんに「おめかし」してもらい、当日成り行き任せでしゃべる!という状態になりました。

給食要望書提出から食品、がれき広域処理の心配について、土壌や給食用牛乳の放射能測定結果、私のコラムなどまとめたレジュメ♪は、後日公開しますが、興味を持っていただけそうな方にはぜひご案内ください。

人前で話すの苦手だし、最初はひっそりと、と思っていたけど、思いがけず地元が揺れている今、多くの方にこの問題について知っていただきたいです。会のブログより・・http://inomira.jugem.jp/?day=20120317

よろしくお願いします☆

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2012-04-09 23:04 |