カテゴリ:スポーツ( 49 )

スケルトン・中山英子さん引退






大好きな先輩、英子さん。
英子さんのいちばん苦しい時に結局なんの役にも立てなかったけど、いろんな思い出がよみがえります。

学生時代の英子さん、新聞記者だった頃の英子さん、
メールでうまく連絡とれない頃に、ミュンヘンにいた私に連絡くれて、オーストリア・インスブルックで待ち合わせて、スケルトンのワールドカップを観に行って、選手と同じ宿に泊まったこと、そのすぐあとの長野ワールドカップ、信濃毎日新聞社屋や、おうちでショパンを弾いてくれた姿、二大会連続のオリンピック、
長男がまだ小さかった時に我が家に来てくれてサインもいただいたね。

いつもお互いの唐突さを、理解し合える関係だったと思う。

おつかれさまでした。

私を通して英子さんを応援してくれてた友達や同窓生や記者さんもいるので、おこがましいけど、私からも、ありがとうございました。








[PR]
by hihararara | 2016-12-29 20:38 | スポーツ | Comments(0)

愛知駅伝2016



本日開催の愛知駅伝。万博跡地の記念公園で行われる愛知県内の市町村対抗駅伝です。

今年で11回目だけど、初回からのメイン実況は東海テレビ・森脇さん。
大学は入れ違いだったけど、在学中から飲んでたサークルOBさんです。
過去には私の『チョコレート色のほおずき』を東海テレビのHP上で朗読してくれたこともある!


そして、今日のゲストは鈴木亜由子ちゃん!
亜由子ちゃんがゲストと知り、森脇さんと亜由子ちゃんのご両親にメールしました(笑)
しゃべりが苦手とのことだけど、うま過ぎるゲストって視聴者からすると違和感だから、ありのままで好感持たれるからがんばって!森脇さんはゴリラみたいだけど紳士的でやさしい人だから心配ないよ!と・・・


森脇さんには豊橋チームの情報も伝えさせていただきました。
監督(前教育長)もコーチ(石場三兄弟のご長男)も、アンカーの河野くん(中学の陸上部の現役の先生で、教え子くんも走る予定だし、本人も32歳の今、自己記録更新中!)も知ってるので。
あ、文章講座にご参加くださった方、あの時の河野くんです!!


さきほどは別の関係者から、毎年恒例で、バスの中からメールをいただきました。


この駅伝には賛否両方の気持ちがあるのだけど(駅伝に出たいために一部激化してる競争や、選手がそろっている市町村はいいけど、毎年たいへんな思いをしてるところもあるわけで)、お祭りになってしまいます。


愛知県、例えば、男子800で、中学日本新を出した子もいるし、その世代、めちゃめちゃレベルが高いです。

豊橋は、亜由子ちゃんと小学校時代からのお友達&ライバルの伊澤菜々花ちゃん(ユニバーサル)も走ります。
みなさん、がんばって!






[PR]
by hihararara | 2016-12-03 11:02 | スポーツ | Comments(0)

クイーンズ駅伝


                       【11月27日 facebook投稿分】


日本郵政、クイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)、優勝すごい!!

亜由子ちゃんの復活が見たくて、2区前後を見る予定が最後まで・・・
思いがけない優勝に、私まで泣いてしまった。


敢えて先月の予選の記事をシェアさせてもらいます。

【日本郵政グループのfacebookページの10月23日分の投稿より】

本日(10/23(日))に行われた第2回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津)の結果についてお知らせします。

JP日本郵政グループ・・・総合タイム 2時間20分45秒
総合成績第8位 ☆本選出場決定!!


1区(7.0㎞) 鍋島 莉奈  23分07秒 区間第14位 (チーム順位14位)
2区(4.0㎞) 岩高 莉奈   13分04秒 区間第14位 (チーム順位14位)
3区(10.3㎞) 関根 花観   34分02秒 区間第16位 (チーム順位14位)
4区(3.8㎞) 東出 早紀子 12分58秒 区間第18位 (チーム順位16位)
5区(10.4㎞) 中川 京香  35分30秒 区間第1位☆区間賞 (チーム順位12位)
6区(6.695㎞)寺内 希  22分04秒 区間第1位☆区間賞 (チーム順位8位)


応援、ありがとうございました。

なお、本選の第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝in宮城)は、11月27日(日)宮城県にて開催され、今回の予選を勝ち抜いた14チームとシード8チーム、計22チームで日本一を競います!

引き続き、応援をよろしくお願いいたします!


************

予選で8位から、本選で優勝!

予選の時は亜由子ちゃんは出てなくて、4区でがんばった東出さんも豊橋の出身で、3月に亜由子ちゃんの実家で、6月には、日本選手権の瑞穂競技場で会いました(1万Mの亜由子ちゃんと関根さんの走りを見て号泣していた)。


日本選手権の時は、日本郵政のコーチの方にもお会いしたんだけど、とても感じのいい方で、チームのメンバーも本当にいい子たちで、今回の優勝を見ても、やっぱりチームの環境や空気感がいいんだろうなあって思う。


スポーツも会社(仕事)も、昔とは確実に違ってきてると思う(これが言いたくて書いてます)。
「苦しい」の前に「楽しい」がベースにあるかどうか。
押しつけの指導じゃなくて、信頼や尊敬があるかどうか。


長くなるのでここでは控えるけど、ジュニア期の子供たちの練習(陸上に限らずすべてのスポーツ)も、やらせ過ぎず保護の大切さを伝える人たちのお手伝いをしています。


駅伝の感動は、亜由子ちゃんの両親と、実況していた土井さんにもメールしました。増田さんにもそのうち。
いろいろうれしい。







[PR]
by hihararara | 2016-11-28 21:00 | スポーツ | Comments(0)

全日本大学駅伝


【追記 のんきな投稿しちゃったけど、内部の方々は、狙えたからこそ悔しいみたい】

オタク投稿、駅伝編です(笑)お好きな方、読んでください。
昨日の映画編も、好きな人は見てね!たまたまどちらも早稲田絡み(卒業後が一層楽しい大学です)
☆新しいお友達へ・・・私は元は文学少女じゃなくて陸上少女でした。


全日本大学駅伝、早稲田の2位、うれしかった!(ずっと見てたわけじゃないけど)
この頃、上位にいないレースが多かったので・・・


事前に競走部OBさん(仲井さん)から早稲田の仕上がりの良さをちょっと聞いてて、文化放送の松島さん(サークルの先輩)は監督車に同乗とのことだったし(最後テレビにも映ってたね)、
増田明美さん(7月に会った)も解説、自分たちの現役時代のスター選手の花田さんや渡辺前監督も解説で参加、
瀬古さんには会ったことないけど(会ってみたい!)、
選手も、早稲田のキャプテンの平くん(2区で素晴らしかった)は前々からFBでつながってもらってるし(豊川工業出身)、青学の一色くんや小野田くんは豊川高校出身(小野田くんの中学時代の恩師は知ってるw)、キャプテンの安藤くんも豊川工業出身(小中では仲井さんのTTRにも所属)、解説に来ていた神野大地くんは清田真央ちゃん(お父さんとFB友達)と中京大中京高時代の同期・・・


ってことで、直接知ってたり、知らなくても勝手に親近感ある選手やアナウンサーや解説のみなさんで、もしかしたら、昔よりも今、駅伝を見ることが多角的におもしろいかもです。


息子たちも育ってきたので(走るのが速いわけでも早稲田に興味あるわけでもない)、大学生男子への親しみも増してきたりで・・・


一昨日の記事になるけど、なんか笑えたので好きな人読んでください~
けっこう予想通りになったね!









[PR]
by hihararara | 2016-11-06 20:11 | スポーツ | Comments(0)

三遠ネオフェニックス戦


【9月25日 FB投稿分】

c0189426_20242864.jpg
c0189426_20243843.jpg
c0189426_20245088.jpg
c0189426_20250754.jpg
c0189426_20251716.jpg


今日は息子たちと、三遠ネオフェニックス戦に行ってきました。
Bリーグ開幕第2戦。
昨日に引き続いての劇的勝利で大盛り上がり!

試合後、重鎮等々と大喜びで握手する中で佐原市長とも・・・(笑)
冬にはできなかった(インフルエンザ予防で)選手ともハイタッチできて感激。


いろんな背景から、今日は今季初導入というVIPルーム(会場内のテント)にも入らせていただき、不似合いな息子たちがいい思いをさせていただきました。
私にとっては、南フランスで体験した、F2レースのレセプションを思い出す空気感でした。
親子でフェニックスカラーの赤を身につけて行きました。


やっぱり生で観る迫力は違います。
(写真だと、どうしても雰囲気が出せない)
これからも応援していきます!!


あ、清田さんのカメラマン姿も、しっかり見ましたよ~
そうそう、試合後に中日新聞の取材を受けました。お題はフェニックスかと思ったら違う件で・・・
載るかどうかわからないけど、出たらまたお知らせします(笑)







[PR]
by hihararara | 2016-09-26 20:27 | スポーツ | Comments(0)

カープ優勝!!!


【9月11日 FB投稿分】
*9月10日から、優勝がかかったカープ戦について書いていました。過去に参列させてもらった、当時カープの大竹寛ちゃん(現・ジャイアンツ)と親戚の素晴らしい結婚式のことにも触れつつ。その結婚式で見たカープの選手たちのかっこよさや礼儀正しさに、一気にカープファンになったのでした。


くどくてすみませんが、しみじみカープ祭り。

昨日は、NHKで中継をやっているとは知らず、日テレG+で見てたんだけど、優勝後の、黒田さんと新井さんが抱き合う場面は、そっちの映像の方がしっかりとらえていたかな。
これは、NHKの映像の方。

https://youtu.be/a92NJomctZo

1分40秒くらいから、二人が抱き合う&男泣きのシーンがあります。
これ、本当に感動的だった。
いかにも強そうな男2人、特に、黒田さんは長いこと身を屈めてて、その思いを想像すると涙が出るし、本当にかっこいいなと思った。

一緒に見ていた息子たちに「あんたたちも、一生のうちのいつか、なんでもいいから、こういうものをつくりんね(つくってね)」って伝えたよ。


今朝来ていた、ある広島ファンのアナウンサーからのメールより。


「大竹投手が一日延ばして、結果最高のシーンになったね」


そうか、そういう見立てもあるのか、とありがたく思いました。








[PR]
by hihararara | 2016-09-11 21:29 | スポーツ | Comments(0)

カキ氷と亜由子ちゃん


【8月30日 FB投稿分+加筆分】

c0189426_19511083.jpg
c0189426_19512390.jpg
c0189426_19513140.jpg


update updateの日々ですが、今日は大正軒でカキ氷の後、急な展開で鈴木亜由子ちゃんに会ってきました。


昨日の番組の感想をご両親にメールしたところ、お父さんから電話があり、亜由子ちゃんを連れて我が家に来てくださるとのことだったんだけど(今家にいるとは知らなかった)、つかの間の滞在期間に申し訳なく、元々今日は夏休みのセミファイナル?として息子たちのリクエストで大正軒に行くことになっていたので、帰りに寄りますよ!と。


というわけで、大正軒で宇治金時(ふわふわおもちトッピング)をいただいた後、大正軒の和菓子をあれこれお土産にして、鈴木家におじゃましました。


亜由子ちゃんは12月に会った時よりも、オリンピック直後ということもあって引き締まっていて、顔がチョー小さくて、やっぱりとてもかわいかった!!
今回のオリンピックの映像でも本当に様々な表情があると感じたけど、走っている時は勇ましくてかっこいいのに、素の時はドキドキするほどかわいいです。


書かないとお伝えして、色々とオリンピックの背景や心境を聞かせていただきました。
オリンピック選手から直接話をしてもらうという贅沢な状況に途中で身震い・・・


詳しいことは控えるけど、一番驚いたことを(問題ないかな、という範囲で)書かせていただくと、私も競技場で観ていた日本選手権の10,000M、亜由子ちゃんは雨の中で自己ベストに近い好タイムで優勝したけど、自分では納得いかなかったそう。

オリンピックまでにもっと行けるはずだと自分を追い込んで故障してしまったのだけど、「自分をゆるせていたら、そうならなかったかもしれない」と反省していました。

野口みずきさんも、練習をし過ぎてしまうと聞いたことがあったけど、志が高過ぎて、言葉を失いました。
すごいです。

科学者でも芸術家でもアスリートでも、トップクラスの人たちは共通する思想や哲学を持っているけど、亜由子ちゃんのその話を聞いて、心底感動し、感銘を受けました。

その心がある限り、亜由子ちゃんはまだまだ伸びると思うし、私も分野はまるで違うし次元も違うけど、魂の強さが肉体を引っ張ってしまう点では共感するところがあるので、増田明美さんが講演で口にしていたところの心技体のバランス(増田さんも亜由子ちゃんの心の強さを絶賛していた)を保って、納得のいく走り、納得のいく人生を、がんばり過ぎずに目指してほしいです。

美しい神様に会ったようなひとときでした。


**********


☆この投稿を読んで、中学時代、800Mを競い合っていた他校の友達がコメントをくれました。亜由子ちゃんには遠く及ばなくても、精一杯走った体験を持つ私たちは、亜由子ちゃんの走りを心から応援したくなるし、走っていた頃の心身の記憶がよみがえります。
そして、お互い母となった今、亜由子ちゃんのお母さんにも思いを馳せています。

本当に、ありがとうございます。













[PR]
by hihararara | 2016-08-31 16:45 | スポーツ | Comments(0)

親子


リオデジャネイロオリンピックが終わって一週間。
渦中の時は書けなかった、陸上の鈴木亜由子選手について。

亜由子ちゃんのことをずっと追ってきたので、ご迷惑ではない範囲で書かせてもらいます。末尾に、今夜放送の特番のお知らせもあります。

オリンピックの開幕後、リオへの出発前にお母さんがメールをくださいました。
その時は、足の調子が悪そう、とのことで、お母さんも詳しいことはわからなかったんだけど、途中のドバイで、10,000Mの欠場を知ったそうです。

私は最初、インターネットの情報で欠場を知り、責任感の強い亜由子ちゃんだから、さぞ重い気持ちを抱えているだろうと思い、かと言って、お母さんの携帯宛にメールして、それを読むことにお金がかかっても申し訳ないと思い(内村選手のポケモンGOで50万円にびびり、通信形態がどうなのかわからなくて)、豊橋に残っているお父さんにメールさせてもらいました。

そうしたら、お父さんが電話をくださり、そこから、私の気持ちをLINEでお母さんと亜由子ちゃん宛に送ってくださることになりました(私はLINEをやってないので)。

日本代表選手の亜由子ちゃんに気持ちを伝えることはおこがましいし、そっとしておくべきかな、とか、こういう時は何も言わない人の方が多いだろうな、と逡巡はもちろんありました。でも、中学の頃から(存在としては小学校の頃から)ずっと応援してきて、高校の時の、疲労骨折で走れなかった頃や、復帰したインターハイ3,000Mなどを思い出したりし、いい時に寄ってくる人は多いけど、どんな時も亜由子ちゃんに寄り添いたい気持ちで、亜由子ちゃん、そして、お母さんのことも励ましたいと思いました。

私には書くことくらいしかできず、きっと、リオにおいて、陸上関係者からの意見は多くいただいているだろうから、5,000Mに出るか出ないかわからない段階で、外部からの視点を届けたいと思いました。

恐縮しながらも長々書いてしまったのだけど、

亜由子ちゃんが欠場した10,000Mで世界新記録が出たことを受けて、女子長距離界は新たな次元やステージに入ったと感じたこと、

人生は死ぬまですべて、過程の連続であること、

亜由子ちゃんが今後迎える競技者としての円熟期のために、今は自分を守り、心身を大事にしてほしいこと、

「生きる」とは地球で遊ぶことだとすれば、亜由子ちゃんはすでに上級者で、見たことのない景色を見ていること、

どう走りたいか、どう生きたいか、

5,000に出ても出なくても、ずっと応援しているし、帰国後何か言う人がいたら、私も全力で亜由子ちゃんを守りたい、

などなど。

亜由子ちゃんの状況がわからなかったので、的外れだったかもだし、読んでもらえる心境じゃなかったかもですが、届けていただきました。

お母さんからすぐに返信をいただき、私は、地球の裏側にいる、亜由子ちゃんとお母さんを抱きしめたいような気持ちでいました。

結果的には、5,000Mに出場。
その決断のかげには、本人や、監督、関係者の様々な思いがあったと思います。

迎えたレースの時。
最初に観客席のお母さんがテレビに映り、どんな気持ちだろうとドキドキしました。
スタートしてすぐ、万全ではない中で先頭に立つ亜由子ちゃんを見て、インターハイの決勝を再び思い出していました。
亜由子ちゃんは亜由子ちゃんのままで、でも、戦うステージは日本から世界へ移っていて、確実に成長を続けていて、それだけで本当に素晴らしいと心を打たれました。

レースも、レース後の亜由子ちゃんのインタビューも、私も勝手に身内のような気持ちで見ていました。

お母さんが帰国して、律儀にメールをくださり、すごくたいへんなリオだったと思うけれど、男子400Mリレーの銀メダルも生で見れたそうで、色々吹っ飛んだ様子でした。

最後にはリオの、「青い蒼い」海や空も楽しんでこられた様子でした。



たまたまやりとりさせていただいた、世界最高峰の舞台での、親子それぞれの気持ち。

鈴木親子と出会ってから10年になるけど、亜由子ちゃんが、中学生から高校生、大学生、社会人と歩む中で、お母さんとメールのやり取りをさせてもらってきたので、この10年間の親心に触れさせてもらってきたこと、
私の息子も、幼稚園児から、最初に出会った亜由子ちゃんと同じ中学生になったことなど、いろいろよみがえりました。

お世辞ではなく、本当に素敵な親子やご家族で、いつも心洗われるし、丸ごと応援したくなるし、私自身、とても勉強になります。

本当にありがとうございます。

どんなに優秀でも、高いステージで勝負を重ねていたら、本人がどんなに強くて自立していたとしても、また違う心配はついて回るし、親はいつまでも親なんだなあと感じます。

出会えて、一方的に色々いただいてばかりで、申し訳ないくらいですが、これからも応援させていただきます☆



【日本郵政のHPに出ている亜由子ちゃんと関根さんのコメントなど】

http://www.japanpost.jp/athlete/result/2016/index15.html

そして、今夜になりますが、亜由子ちゃんのドキュメンタリーが放映されます。
東海ローカルですが、こんな感じです。

【日本郵政のFBページより】

○ 東海テレビ「未来への手紙 鈴木亜由子 リオへ駆けた12年」
 ・放映日時:2016年8月29日(月)24:55~26:10(※30日(火)午前0:55~午前2:10)
 ・放映エリア:東海3県
 ・ナレーション:増田明美
 ・オリジナルテーマ曲:伊藤ゴロ―

 
(番組概要)
 2005年~2016年までの12年間、中学~高校~大学~日本郵政までの競技者人生を描くスポーツ&ヒューマンドキュメンタリー。
 転んでも立ち上がり、困難を乗り越え強くなっていく1人のランナーの物語。そこにあったのは、家族や指導者に支えられ、憧れのランナーの背中を追って成長していく姿。そして未来への手紙とは?

【東海テレビの番組情報】(*翌日には削除となっておりました。今はつながらないです↓)
http://tokai-tv.com/whatsnew/70/70142.html


7月28日にお会いした増田明美さんも、この番組(ナレーション担当)や、長年追い続けている東海テレビのディレクターの話をしてくださいました。

亜由子ちゃんへの愛情のこもった、とても貴重な番組だと思います。

うちは録画ができないので(壊れたままで)、仮眠をとってでも見ます!!


【翌8月30日 追記】

素晴らしい番組でした。
一人の少女ランナーがトップアスリートへ成長する10年間の記録。そして、まだ途上・・・
手術など辛い場面も多く、私は、勝手に亜由子ちゃんを追いかけてきた気になっていたけど、想像以上にたいへんな時を過ごしてきたんだなあ(丁寧な取材だとしても氷山の一角なわけで)と、涙涙でした。

自分が苦しいよりも、子供が苦しい方が親としては辛いわけで、亜由子ちゃんを支えてきたご両親、ご家族も改めてすごいなあと思いました。

リオにメッセージした自分を恥ずかしいと思い、ご両親にもメールをさせてもらったけど、亜由子ちゃんには本当に惹きつけられる輝きがあります。
存在自体が宝という印象です。

貴重な記録の放送、ありがとうございました。

















[PR]
by hihararara | 2016-08-29 09:30 | スポーツ | Comments(0)

椎名林檎プロデュース引き継ぎ式について


おはようございます。
夏休みはどうしても集中できない分、FBの投稿が増えちゃってすみません。書くことや分析が純粋に好きで・・・

こちらもオリンピックネタとして昨日から書きたかった分。

閉会式の椎名林檎プロデュース、中田ヤスタカ音楽等々のまさにクールジャパンの引き継ぎ式が素晴らしくて(あそこまで豪華にする必要あるのか?ってのはいったん置いておいて)
書きたいことをさすが、「NAVERまとめ」が今日付けで早速出してた(まとめた人速い)。

http://matome.naver.jp/odai/2145375782497025201?&page=1


(ちなみに、引き継ぎ式の映像はこちら・・・)
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=30468.html


私も、上記まとめに出てる、NHKの「SONGS」をリアルタイムで見ていて、林檎ちゃんが蜷川実花と語っていた「東京オリンピックの演出に関して「あちゃー」はやめてほしい」というのにすっごくうなずいていた。
その時点で、蜷川さんはすでにオリンピックの委員会に属していたので、今回の林檎ちゃんの起用は不思議じゃなかったというより、ちゃっかり念願叶えてる!とか「してやったり」だねと思った。

NHKのサッカーワールドカップの主題歌が右翼っぽいとか批判された経験のある林檎ちゃんは、あるインタビューで「読解力のない方たちの言うことなので」みたいに切り捨てててかっこいいと思った。


私は東京五輪には決定前から反対だったけど、やるとなったからには、かっこよくあってほしい。
二人が言ってた「あちゃー」への共感は、冬の長野五輪の時の、浅利慶太演出の開会式が私はチョーがっかりだったので(御柱祭の男たちが出てきた後に、森山良子の歌と伊藤みどりの聖火点火だったので、アムロちゃんを出せと思っていた。ふだんはそういう思想ないけど、ああいう場においては、歌手でもモデルでも日本が誇れる若くて美しい女を世界にアピールしてほしかった)、あの悪夢はやめてほしい(笑)


今回の引き継ぎ式で実績をつくったので、東京オリンピックにも椎名林檎が絡むと思うし、あとはどう考えてもチームラボ(猪子寿之さん)が関わってほしいです。


その上で、本当は、何十億もかけるような演出はやめてほしくて(結局のところは変わらないだろうけど)、1年前に林檎ちゃんが言ってたという・・・


<「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、歌手の椎名林檎が、東京オリンピックに対して独自の提案「もうオリンピックの開会式、花火一発でいいんじゃないかといってるんですけどね。」>


この精神も生かしてほしいな!
















[PR]
by hihararara | 2016-08-23 13:06 | スポーツ | Comments(0)

男子400MR決勝の映像など。


何回見ても清々しい!

【男子400MR決勝】
https://youtu.be/2RWr2KwBoIY

そして、再生回数の伸びがすごい。

私は、この中では山縣くんが慶応時代から好きです。
次男は、桐生くんのことを「アナゴさん」に似てると言います(笑)


キリバスの重量挙げの選手のダンスも忘れたくない。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/18/david-katoatau_n_11578752.html


ロンドンと北京は、子供が小さかったせいか、熱中して見た記憶がないけど、今回はよく見たなあ~






[PR]
by hihararara | 2016-08-22 21:39 | スポーツ | Comments(0)