カテゴリ:ヒカリめがね( 14 )

尾崎豊 ヒカリめがねページ分


先週分を二つ続けて①

c0189426_22362404.jpg
c0189426_22363727.jpg
c0189426_22364699.jpg
c0189426_22365429.jpg
c0189426_22370244.jpg
c0189426_22371154.jpg
c0189426_22372146.jpg



(10月19日投稿分)


今回は、earthingについて書こうかと思っていたけど、変更で、尾崎豊について(笑)


今日、もともとの予定で、『ヒカリめがね』の編集長でもあるともちゃんの美容室LUZでのセミナーに伺いました。

LUZまでは車で約1時間。私の車は17年前の結婚時に夫が買ったもので、カセットデッキがついてるんです!
なので、ちょっと時間がかかるお出かけの時は、カセットテープを選びます。今日たまたま(←これが大事)選んだのは尾崎豊のテープ2本。

写真は反射して見にくくて申し訳ないけど、18歳で東京に出た時に、持って行くテープを選んだ時に、すべてオレンジ色の色画用紙に曲名を書き直してケースに入れたので、その頃のものです(「僕」という字が間違っていますw)


尾崎豊は私の中学時代に流行っていて、熱心なファンというほどではなかったけど、世界観がすごいなあと思っていました。

で、今日、久々に車で聴いて、即泣いた(笑)
すごい・・・


10代でつくった歌がたくさんあるようだけど、短命になってしまったのもやむを得ないのかなと思うほどの熱量と才気。椎名林檎の『無罪モラトリアム』(10代でつくった楽曲も多々)もスゴイと思うし、私にとって二人の初期(天才!という感じ)は重なります。


例えば(尾崎より)、
「鉄を喰え 飢えた狼よ 死んでも豚には 喰いつくな」
「この支配からの卒業」
よくもまあ、そんな成熟した言葉を使えたし、同時に、10代だからこその言葉だっただろうし・・・

中学の頃の私たちは、「きしむベッドの上で」について想像を巡らせるのと同様に(笑)、「代弁者」とか「存在」という言葉を尾崎豊から初めて知り、知らないことを知る、よくわからないけど知ろうとする、という感覚を彼から味わったように思います。


かつて、母のお友達が、自分の息子が思春期になって初めて尾崎豊を知り(母自身がね)、ハマっていると話してくれたことがありました。

私もいつの間にか、息子がまさに「15の夜」の今です(内容通りという意味じゃなくて、単純に長男がただいま15歳)☆


あー、短い文章が書けなくてすみません!!


前回書いたけど、来月講演で行く母校の中学には、48歳の校長先生をはじめ、私と同年代の先生方も複数いる様子。なので、尾崎豊が当時の中学生に与えた影響はわかっていただけると思うので、少しだけ触れたい。

彼がくり返し歌った「自由」という言葉。
私も中学時代、「自由になりたい」「自由っていったい何だろう?」「大人になったら自由を得られるのか?」などと思っていました。その空気感を、先生と生徒両方にお伝えしたいなあと思っています。


残りの写真は、今日のセミナーでいただいた、みき工房さんのケーキ、説明を書くとさらに長くなるので割愛するけど(*お世話になったみなさま、ありがとうございました)、「森林浴」というキーワードをいただいたのと、今日はもともと自然を意識していたこともあって、帰りに寄った砥鹿神社の木々。


earthingも、わかりやすいサイトを二つ添付しておきます。
(商品をおすすめする気は全くなく、知識として・・・)


① http://earthing.jp/aboutearthing/
② https://ameblo.jp/kuminchukitchen/entry-12301307278.html












[PR]
by hihararara | 2017-10-25 22:27 | ヒカリめがね | Comments(0)

シンクロニシティ


【ヒカリめがねFBページ投稿分】

c0189426_16453484.jpg
c0189426_16462134.jpg
c0189426_16455255.jpg
c0189426_16460547.jpg

【シンクロニシティ】

シンクロニシティは、「意味ある偶然の一致」とされていて、最初の提唱者はドイツの心理学者のユングで、ドイツ語だとこうなります。
【Synchronizität】 なんかちょっとワクワクする(笑)


私がこれに興味を持ったのは、自分自身にやたら偶然が巻き起こるから・・・
霊感ほどではないけど、偶然力は我ながらスゴイと思う。

みなさんも大なり小なり、例えば、会いたい人に会う、知りたいことを知れる、「偶然だね!」というできごとをいくつか体験していると思います。


人のシンクロ話ほど、聞いていておもしろくないことはないので(本人はめちゃめちゃ感激したり驚いたりで語りたいけど、人からすると意外におもしろくないw 私もよくやっちゃうけど)羅列は控えますが、忘れがたいことを二つ。


①テレビのAD時代、何気なく通った編集室のモニター画面に、当時キューバの映画学校に留学中だった大学時代の友達が映し出された。
会いたいなぁ、どうしてるかなぁ?と思っていた、もともと憧れの友達。今みたいにメールがないから簡単に連絡を取れない彼女の動く姿に驚愕。「この子友達です!」と。
外部から来ていた女性ディレクターが、キューバまで取材に行き、自分の作品(CS放送分)として紹介していたのだった。


②facebookで知り合い、最初から通じ合う宮崎のソウルメイト的女性(みこさん)。
私の『赤土に咲くダリア』を読んだ感想を送ってくれた時、「この小説を読んで頭に浮かんだ曲がありました。それはこちらです」とYouTubeが添付してあり、見たら、中島ノブユキさんのピアノ演奏だった。
まさにドンピシャ。『赤土に咲くダリア』にはチェリストを登場させているけど(全く架空の人物)、音楽のモデルは当時ハマっていた中島ノブユキさんのCD『エテパルマ』だった。
一言も触れていなかったので驚いた。今ではジェーン・バーキンのワールドツアーに同行している中島さんだけど(2年前、みこさんと名古屋での中島さんのコンサートに行き、二人そろってご挨拶!)、私が小説で描かせてもらった頃はまだ無名の存在で、でも、一部の感度の高い人たちから絶大な支持を得ていた。


他にもいろいろあるし、恋愛絡みでは、一気に運命!とかラブ!を感じてしまうシンクロが頻発するけど割愛(笑)
<福山雅治の『最愛』にまつわるシンクロとか、すっごいファンでもないけど、福山さん本人にどうしても伝えたくなって、お手紙書いて、業界の方に託した>


書いていて思ったけど、シンクロは「無意識に感じ取る力」のような気がする。
起こることに気づけるかどうか・・・

解明の手がかりになればと、10年以上前に、写真の文献を取り寄せたり(これまた偶然で著者は元彼の友達)、シンクロニシティのコミュニティーの運営者(のちにスプーン曲げでお会いした竹炭の古橋さん)と語ったこともあったけど、わからない。

一時期ハマった須藤元気もシンクロばんばんの人で、みなさんの言うことを総合すると、「シンクロがよく起こる時というのは、自分が素直に生きていて、運気の波にうまく乗れている時」らしい・・・


今週の1回目の【チャンスの神様】にも通じますが、一度しかない人生、自分を高めて、コミュニケーションを高めて(非言語のコミュニケーションも含めて)、出逢いや自分のステージが変化していくと、運が上がるし、不思議な流れに乗れて、シンクロにも恵まれると実感しています。


「人生は受け身でいた方がうまくいく」というのも巨匠たちがみんな言う。

人生で出逢うこと、例えば、家族、友達、恋人、仕事、食、旅、学問、芸術、恋愛、セックスなどは、人によって進化や深化のさせ方が異なるけど、私は、できることなら一生の間に、好きなことは深く知りたい。シンクロもそう。不思議なこの現象を、神様からのプレゼントとありがたく受けとめつつ、自然に深め、高めてみたい。


まとまりませんが、人生楽しく生きようね♬という気持ちです。


実は今週、体調的には絶不調でした(笑)
無理して書いてなくて、良い時に書きたくて書いています。
『100万回生きたねこ』で有名な絵本作家であり、エッセイも素晴らしかった故・佐野洋子さんも体調が悪い日の方が多かったらしく、自分で自分を励ますために書いてる内容も多い、とのことでした(同感)。
横尾忠則も『病の神様』という本を出してるくらいいろいろ体験してる。
私も無理せず、つくり、歩みたいです。


明日は出かけるので、今回の当番はこれにておしまいです。
いつも長々読んでくださり、ありがとうございました。


あ、写真は、①シンクロの文献 ②『エテパルマ』 ③宮崎のみこさんとの出逢いの時の写真(みこさん撮影の写真にただならぬものを感じたら、やっぱりただならぬ関係に発展するようなお方でした)④仲良しの宗教人類学者・植島啓司さんの名著『偶然のチカラ』


来週は「えりこさん」です!
いろいろと調和して生きてるようなえりこさん、憧れます





[PR]
by hihararara | 2017-08-05 22:48 | ヒカリめがね | Comments(0)

「3月からの変化」 ヒカリめがねFBページ投稿分



c0189426_12245099.jpg
c0189426_12243714.jpg
c0189426_12242021.jpg
c0189426_12235967.jpg


おはようございます。
日原いずみ こと まーちゃんです。
自分のページでの投稿との配分もあり、お当番初日の早めに書いてますが、私の前のかなちゃん、たまちゃん、みなさん、素敵な投稿をしているので、よかったらさかのぼってご覧ください

3月の『リトルプレスサミット』ではお世話になりました。
お越しいただいたみなさま、応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

私はトーク+座談会ということもあって、なかなか表に出られず、でも、2000人近いお客様があったと聞いて、とてもうれしかったです。

私のトークに参加してくださった方、ありがとうございました。伝えたいことが多いのと、なんと言ってもライヴなので、お客様の反応を見ながらお話してるうちに脱線が多くてすみませんでした。
(なお、参加者リストを見れなかったのですが、もしもチケットを買ったのに当日参加できなかった方には第3号をお送りしているので教えてください)


あれから2ヶ月・・・
温かかったイベントが、なんだかとても遠いことのように感じられます。
というのも、大きな変化がいろいろありました。


長男が高校に入学!次男は中学生に!
今では毎朝二人が制服を着て(この季節は合服と夏服)学校へ行く風景が当たり前になったけど、うれしく頼もしく感じられると同時に、成長の速さが切なくもあります。

長男は、高校を卒業したら家を出て行くと思うので、いよいよ一緒に暮らせる日々もカウントダウンという気持ちです。
成長期&反抗期でイライラもしてしまうけど、大切に過ごしたいです。


そして、7年使っていたガラケーがついに壊れて初のスマホとなりました(笑)
携帯に執着がないのと、どんな機械も壊れるまでは使いたい方で(タマシイを感じ)、行けるところまではガラケーで行きたかったのですが、スマホの便利さに驚くと同時に、早くも飽きてるのも事実(笑) *これはパソコンからの投稿です。


その他、うれしいできごと、悲しいできごともありました。


添付のお弁当の写真は、料理が好きな長男が、毎朝作っているお弁当の一部です。
(ちなみに、長男のお弁当用のツイッターはこちら→ https://twitter.com/masaonigiri0104 *今日から3日間はテスト期間でお弁当なしです)


中学時代は私が起こす日の方が多かったのに、自分で決めたことのためならがんばる子なので、毎朝6時に起き、自分で選んだ高校で勉強も部活も遊びも充実しています。


変化するものだよ・・・


ところで、たまたまですが、ちょうど明後日も講座を行うので、興味を持っていただける方、お席に余裕があるので、お越しください。
詳しくはイベントページをご覧ください☆

https://www.facebook.com/events/455345144809731/


では、お互い、緑の季節、楽しみましょうね









[PR]
by hihararara | 2017-05-15 12:26 | ヒカリめがね | Comments(0)

「ヒカリめがね」打ち上げ @ アトワタン 


c0189426_21132395.jpg
c0189426_21142337.jpg
c0189426_21121123.jpg
c0189426_21141290.jpg
c0189426_21130170.jpg

c0189426_21134288.jpg
c0189426_21135871.jpg
c0189426_21122580.jpg


昨日のことですが、「ヒカリめがね」第3号&イベントの打ち上げで、「アトワタン」(大国町・合同庁舎の近く)に行ってきました。
写真は、ともちゃん、千恵ちゃん、ゆかりちゃんよりいただいてます。あ、最後の写真は、今朝の長男作のハンバーグ弁当ですw

今日会った相手との間でもそうだったんだけど、昨日も、みんなに会った途端に涙がうっすら目を覆い、花粉症かと思ったけど、どうも、うれしいを感知した時に涙の方が先に湧いてくるようだ。元々涙がすぐ出るけど、そうなっちゃったのか?(笑)
とにかく、うれしい、楽しい、美味しい時間でした

仲間を褒めるのは内輪ウケのようですが、本当に心のきれいなメンバーで、心地よいし気持ちよい。
そんな空気感も詰まった第3号、この後のシェアで販売店をお知らせします。


アトワタンは、近藤剛さんと行って以来だったけど、若き山田シェフの成長が、お料理にも、本人のトークや人柄からも窺えて、それもうれしかった。

今回の会場がアトワタンと決まる前に、たまたま3年前のFB投稿が上がってきた時に、アークリッシュを勇退する直前の酒井シェフとレストランKEIの厨房でみなさんと記念写真を撮った時に、私の後ろ、写真の真ん中に写っていたのが、酒井さんの部下時代の山田シェフだったことに気づき、それにも不思議なご縁を感じました(その後それぞれ独立&ご活躍)。


さらに言えば、アトワタンと同じ建物の2階に、中学時代の同級生の直克の会計事務所があるよ(笑)
初めて行った時にそれにも驚いたことを、昨日、看板見て思い出し、「そうだった」と笑いました。



[PR]
by hihararara | 2017-04-13 21:16 | ヒカリめがね | Comments(0)

リトルプレスサミット 大成功!




c0189426_22320455.jpg
c0189426_22321634.jpg
c0189426_22323070.jpg





c0189426_22331561.jpg
c0189426_22332710.jpg


【3月19日夜 facebook 投稿分】

リトルプレスサミット、無事結びとなりました!
参加してくださったみなさま、協力してくださったみなさま、ありがとうございました。

集合写真、欠けてしまったメンバーもいるけど、片づけ終了後に撮影
(イベント分の写真は3枚ともメンバーからいただきました)。

講演会&座談会のチケットは、昨日の会場準備中に、私の保育園時代からの親友から電話が入り、ラストの2枚がちょうど完売!という状態で(その友達も同じく受験生がいるので、決まるまでは予約できなかった)、
駒屋の館長さんが、編集長のともちゃんの亡きお父さんの同級生と判明したり、お天気も含めて、いろいろに助けてもらって、守ってもらって・・という感じでした。


私は自分の担当分をがんばりつつ、希望して同行したものの飽きちゃった次男を家に送ったりバタバタで、挨拶できないままの人たちもいっぱいいたり、マルシェやワークショップには参加できなくて残念でもありました。


とはいえ、編集長の投稿から抜粋すると、


<駒屋さんの入り口に設置してある来場者カウンターによると、2000人近い方に来ていただけたようです!(◎_◎;)>


とのことで、ちょうど館長さんが喜んで副編集長に話してる場面に立ち会ったので、本当にその人数!
すごいわ~~
ありがとうございます!!


講演会には名古屋や安城、岡崎等々遠方からも来てくれて、今回は資料を配らなかったので、興味のある方には送りますと伝えたら、トーク終了後に希望の方々が列を作ってくださり、うれしかったです。


また改めてじっくり書きたいけど、最後の2枚は、荷物運びを手伝った長男との約束で帰りに寄ったバイク屋の「レッドバロン」(笑)
店長さんとの間で、今日話したようなコミュニケーション講座の手腕全開?となってしまい、高校時代にバイトで40万貯めてバイク買ったとか、その後200万貯めてオーストラリアに渡った等々の武勇伝を聞かせていただき、長男とよく似ていて、おもしろかったです。

今日のマルシェ設営等のお手伝いも勉強になったようで、これからますます、学校以外の場所で魅力的な大人たちと関わっていろいろ吸収していってほしいです!


みなさまありがとうございました(^^)








[PR]
by hihararara | 2017-03-20 22:35 | ヒカリめがね | Comments(0)

チケット締め切ります~



c0189426_11351306.jpg




【お知らせ】

3月19日のリトルプレスサミットの講演会&座談会のチケットが残席わずかで、
私自身も個別に希望を受け付けてきたけど、私の分は締め切らせてもらいます!
近々、中日新聞にも載る予定なので、完売は間近と思います。


どうしても、という方は、お早めに「かぁやん商店」(0532-62-1508)
にお問い合わせください。*申し訳ないですが今日(月曜)は定休日です。


ありがとうございます
当日、素晴らしい時間にできるように、今週は集中して内容をととのえます!!

☆写真は先週お取り置きした友達分です。









[PR]
by hihararara | 2017-03-13 11:36 | ヒカリめがね | Comments(0)

イベント&卒業式向けカット


イベント準備や長男の入試、次男の卒業のことでバタバタで、この記事は、3月5日のfacebook投稿分だったのに、ブログ用に書き足したいと思っているうちに転載が遅れました。

情報を見て「日原いずみ」で検索の方、ありがとうございます(笑)

イベント、ぜひお越しください。
ご無理でなければトーク&座談会も!
(直前はこたえられませんが、質問等あれば、コメント欄にどうぞ)
昔々の頃からの小説やブログの読者さんも、良かったらこの機会に会いに来ていただきたいです。

今日は午後、中日新聞の取材です。


c0189426_15350129.jpg


【イベント&卒業式向けにカット

日原いずみ こと まーちゃんです。
(☆日原いずみというペンネームは、独身時代に書いた1作目の主人公の名前で、子供が二人になっていた2作目の時に「家庭を守って自由に表現するために」という編集者のススメで、ペンネームとして設定しました)


イベント前最後のお当番です(^^)

写真は、3日前に編集長chomokoの美容室LUZでカットしてもらった時のものです。
カットも写真も美しく仕上げてくれてますが、実際は、シミシワシラガが気になり始めたシジュウシの私です(笑)


chomoちゃんはいろいろやってる活動的で愛あふれる人なんだけど、本業の美容師の技術も抜群で、驚くほどです(そういえば本業はこれだったよね!みたいな)。


さて、イベントも2週間後となりました。
このトークのご依頼を受けてから、不思議なことに講演や講座が増えたのですが、この1年、長男が中3の受験生だったため社会や教育や子育てについて改めて考えることが多く、私自身もいっぱい学びました。
たくさんのインプットを私というフィルターを通してアウトプットしている感じです。


その中で見えてきたことは、社会や大人たちの不安が子供たちに伝播してしまうということです。
子供自身は本来とても自由でキラキラしていて、その魂を汚すも、一層輝かせるのも親や大人次第と思うところがありました。

幸いにも我が息子たちは彼らのよさを生かしながらここまで来ているように思います。
もちろんたいへんな時もあったし、日々いろいろあるけど、自分らしくたくましく生きていくと思っています。


そういう、自分が自分らしく生きていくためのコツを、トークではお話できたらと思います。
大人たちの空気感が子供たちに響くので、大人たちがまず、フラットに希望を持って過ごしていけたら、という気持ちです。


ではでは、会場でお会いできるのを楽しみにしています
当日は、きみどり作のこの服を着てるので、気楽に話しかけてくださいね!



☆ヒカリめがねHP (イベント情報、続々更新されています) 

http://www.hikarimegane.kirara.st/







[PR]
by hihararara | 2017-03-10 11:03 | ヒカリめがね | Comments(0)

トークの詳細


c0189426_20494445.jpg
c0189426_20495847.jpg
c0189426_20501056.jpg
c0189426_20502062.jpg


【更新増えててすみません。「ヒカリめがね」「リトルプレスサミット」FBページ投稿分より】


3月19日のリトルプレスサミットでトーク&座談会に出る日原いずみです(何回も書いてすみませんが、初めて読む方もいるので・・・)

以下、トークの詳細です【毎度長いです】
今回の写真、自分好き!ってわけじゃないけど、ご紹介として、ふだんそんなにやらない顔出しで。


1枚目は、当日予定している衣装(笑)。ヒカリめがねで「おしゃれめがね」担当のきみどりさん作です
(編集長chomokoの美容室でchomokoカット&撮影(^^) これは3年前?の写真で、明日もイベント向けにカットしてもらいます)


2枚目は、2月に行った母校の高校での講話風景。お題は校長先生のご依頼もあって「自己肯定感について 親からの自立 子からの自立」でした。
写真は、講話終了後に担当の先生から感謝の言葉をいただいてる場面。小さい画像ですが、うれしそうな私です。

この写真では高校生しか写ってないけど、実際には先生方や保護者も複数、さらに校医さんたちもいらっしゃいました。
これまでにも、名古屋の女子大やら中学校やら市の子育て講座やら自分で主催するものやらいろいろお話ししてきたけど(この後もロータリークラブなど)、昔は実はかなり緊張するタイプでしたが、オバチャン化によってクリア(笑)


3枚目は、「文学で読み解く食と性」という講座での一枚。手持ちの本をいっぱい持参しました(撮影はふれでぃー山崎さん)。


4枚目は、今回のトークで使う画像のうちの一枚より・・・(ネットより「カピバラ連続ヘブン状態」)


トークのタイトルは、「日原いずみのコミュニケーション講座 表現すること、愛すること」としています。これは、編集部のみなさんからの希望を総合して設定しました。

コミュニケーションで意外と悩んでいるお方が多いですが、自分をひらき、相手をひらくコツや、まずは自分を好きになること、相手の懐に入るコツなどをスライドを使って、わかりやすく楽しくお伝えします。
恋愛にも仕事にも子育てにも役立つはず!


私自身、順調そうに見られますが、その昔はコンプレックスいっぱいで、持病はあるし、夫は万年思春期だし(笑)、いろいろあります。
でも、そのおかげで、たくさんの本を読み、たくさんの方々から学び、乗り越えながらの心地よい今です。


1時間のトークを聴いていただけたら、きっと大らかな気持ちになり、歩みが軽くなるのでは?と思っています。
男性も女性も大歓迎ですよ!
チケットに動きが出てきて、経験上、直前にばばばーって埋まったりするので、興味のある方はお早めに・・・


お手数おかけする形で申し訳ないですが、豊橋市佐藤町の「かぁやん商店(0532-62-1508)」か、新城市の「LUZ(09044457827)」でお求めいただくか、ネットショップのBaseも、郵送料82円が上乗せではありますが、お気軽に購入いただけるので、ご検討ください。
http://hikarimegane.thebase.in/items/5287429



子連れOKだし、当日のお子さんの具合で心配な方も多いと思うけれど、チケット購入後の急なキャンセルの場合は、第3号や私のトーク内容のダイジェストをお渡ししたり、何らかの対応をしたいと考えています。

座談会参加の原田章生さんも編集長chomokoも私も、男兄弟の親ですので(原田さんと私2人、chomoko3人!)、やんちゃなお子さんへの理解は最大級にあるのでは、と思っています(^_-)-☆







[PR]
by hihararara | 2017-03-01 20:52 | ヒカリめがね | Comments(0)

ヒカリめがね第3号表紙画&イベントゲストの原田章生さんの絵画展へ


c0189426_08511738.jpg
c0189426_08513729.jpg
c0189426_08515237.jpg
c0189426_08520127.jpg
c0189426_08522956.jpg
c0189426_08521554.jpg
c0189426_08534177.jpg
c0189426_08525486.jpg
c0189426_08530882.jpg
c0189426_08532097.jpg
c0189426_08535076.jpg
c0189426_08540252.jpg

【facebook ヒカリめがねページ&HP 2月27日投稿分】


今週書かせていただく日原いずみです。
『ヒカリめがね』創刊号より、エッセイと座談会に参加させてもらっています。
3月19日(日)のリトルプレスサミットでは、トーク&座談会の進行役をさせていただきます

今日は、第3号の表紙画を描いていただき、イベントの座談会にもゲストとしてご登場いただく原田章生さんのCafe gradualでの絵画展(最終日)におじゃまさせてもらいました。

表紙画の原画、最高です!
表紙のデータと並べてご紹介。テーマは「夫婦のカタチ」です。

この原画(表表紙もいいけど、リンゴとめがねの裏表紙もイイ!)、来月のイベントでも展示させていただきます。
雑誌の表紙とはまた違った風合いをぜひ生でご覧いただきたいです

そのほかにもgradualの白い空間が、原田さんの作品でLovely worldと化していました。
あらためて作品も人柄も素敵なお方です(^^)

チョー人気者の原田さんを私が独占しては申し訳ないと、そそくさと?帰ってきましたが、ちょっと打ち合わせも・・・

原田さんをお招きしての座談会(メンバーは原田さん、ヒカリめがね編集長chomoko、私の3人)では、第3号や表紙画の制作秘話や原田さんが思う夫婦のカタチ、この地域で創作活動をすることについて、など伺いたいと思っています(原田さんはステージにもご登場いただきます)。
絶対おもしろいと思うので、ぜひお越しください✰


座談会にはチケット(1500円)が必要ですが、私のトーク~座談会で(どちらか一方だけでも通しでもOK)、ヒカリめがね第3号が付きます🎶)
お子様連れも大歓迎です!
よろしくお願いします。

【余談】私のこの黄色いバッグは長男作で、大切にしたいのであまり持ち歩かなかったんだけど、持ってけ持ってけうるさいので、証拠として目立つように構えました(笑)
(撮影してくださったのは美術系の美女さんで、さすがのアングル、ありがとうございました


☆ヒカリめがねHP
→ 






[PR]
by hihararara | 2017-02-28 08:59 | ヒカリめがね | Comments(0)

『ヒカリめがね』第3号表紙&イベントについて


このところ、一日に複数の記事をUPしたり、コピペも増えてるので、
よかったら、さかのぼってくださいね(^^)/


c0189426_20185800.jpg

いろいろと宣伝活動を開始しています。
『ヒカリめがね』第3号の表紙です!
テーマは夫婦!おもしろいよ~~


描いてくださったのは画家&音楽家の原田章生さん💛
愛あふれる動物の絵で有名なアーティストさんで、今回、イベントの座談会ゲストとしてお願いした流れもあって、表紙画を編集長が依頼しました。

豊橋出身のお方で、一度だけミーティングでお会いしたけど、すっごくナイス。気が合う(笑)

この発売と合わせての3月19日(日)には、二川・駒屋でイベントを行います。

すでに何度か載せてるけど、こんな感じ。

c0189426_22214831.png

c0189426_22221658.png


私のトークもございます。
もうすぐ、全部ではないけど、小学校のお便りにもチラシが入ります。

一昨日も駒屋さんに出かけてきたのですが、小学校の、前の教頭先生にバッタリ会って(私は本当にバッタリが多い)、「覚えてますか?」と聞いたら「覚えてるよ!」と。
PTAでもお世話になったし、長男たちのクラスの学級崩壊もあったしね(笑)

教頭先生にもちゃっかりチラシをお渡ししました。


今までの催しや講座では割と遠慮してきたけど、みなさまぜひ来てくださいね!
(女性が多そうなイベントですが、男性も大歓迎ですよ~)


イベント自体には無料でご入場いただけるけど、講演会と座談会はチケットが必要です。
通しチケット1500円で、ヒカリめがね第3号付き!


豊橋市内なら、かぁやん商店(佐藤町2丁目28-9  電話0532-62-1508)でお求めいただけます。


チケットのネット販売はこちらから・・・


わかりにくくて、私のところに買いに来れそうな方はメールください。

ブログの読者さんは、質問やコメントをお気軽にどうぞ~






[PR]
by hihararara | 2017-02-12 20:26 | ヒカリめがね | Comments(0)