カテゴリ:ふるさと( 8 )

「渥美の自然を文章に込めて」 @ 渥美ロータリークラブ


講演のご依頼が急に増えた今年度のラストとして、ふるさと、渥美ロータリークラブさんの例会に伺いました。

声をかけてくださったのは、ロータリークラブ会長のみうらや製麺社長さん。

元々私の家族が大好きな麺で、私が素で書いたブログをたまたま読んでくださり、facebookでつながったご縁です。

30分という短い講話で、タイトルは「渥美の自然を文章に込めて」にさせていただきました。

みうらさんの投稿写真より・・・(そうそう、高校の講演に引き続いての黄色いシャツですが、渥美の菜の花のイメージです!)


c0189426_21033440.jpg


かつて、私の小説を読んだ都会育ちの年上女性から、自然描写についてお褒めいただいたことがありました。自然豊かな田舎で生まれ育ったからこそできる表現だ、と。

そんなこともあって、私自身の自己紹介の後、用意していた3つの文章を朗読しました。

まずは、小学校2年生の時の日記より、「ちょうちょ」


c0189426_21020526.jpg

「せみ」

c0189426_21030376.jpg


私の文章表現の原点であるこの日記帳は宝物で、担任の先生の温かい花丸や言葉も励みになりました。
ふるさとの自然や風景に加えて、同居していたおじいちゃん、おばあちゃんのこと、友達のこと、様々な職業の人たちと間近で触れ合った体験、お祭りや子供会などなど、古き良き田舎ならではのほのぼのとした光景が綴られています。

その後、「恋路ヶ浜LOVEストーリー」の第一話から、伊良湖岬で眺める日の出の話を読みました。



その後、田舎が嫌で飛び出して東京で暮らしたものの、なぜ戻ってきたのか、揺るぎない、かけがえのない渥美半島の自然の素晴らしさについてお伝えしました。

東京に出たおかげで尊敬する友達から知った「闇が闇であることの大切さ」、ふるさとを持てること自体が幸せであること、執筆活動のほかに行ってきた豊橋での社会活動や政治、教育への関わり、田舎ならではの濃密でごちゃ混ぜの人間関係を排除するのではなく、受け入れることで養われた自分の感性などなどお伝えし、「ロータリークラブさんの慈善活動も素晴らしいし、お互い本当の愛を持ってがんばりましょう」みたいな感じに結びました。

温かい空気感の中、みなさまの笑顔に包まれ、気持ちよくお話できました。


その日行われていたフォトコンテストより。
こちらも渥美の代表的な美しい風景です。


c0189426_21022135.jpg

ご厚意に甘えて販売させていただいた『red』と『ヒカリめがね』3号。

3月19日のリトルプレスサミットで、メンバーが作ってくれたポップをちゃっかり持参で・・・


c0189426_21041995.jpg


この『red』、過激な短編も込みなので、ふるさと渥美では販売するのを今まで控えていたのですが、今日も講話の前から、買って読んでくださったお方の周辺で盛り上がって?おり・・・(笑)

「みうら会長より、変な噂を立てるような方はいない、紳士の集まりと聞いて持って来た本なので、よろしくお願いしますね!!」と冒頭でお伝えしました(^^)



こちらはお土産にいただいた蘭。
 

c0189426_21023588.jpg


みうら屋製麺さんの麺類!
(このほかに味噌煮込みうどんもあったけど、夕食で早速いただきました。あ、「昭和うどん」も撮り忘れました。ラーメンのスープの味はすべて違います。すごい!)

c0189426_21031832.jpg


4月からの新年度には、母校の中学校で全校生徒向けにお話する予定です。

母校は統合が決まっています。

ふるさとのためにできることは、喜んでさせていただきたいです!


今日は昔から知ってる方々との再会もあり、うれしかったです。

お世話になったみなさま、ありがとうございました🌸🌸🌸



☆弟が制作している渥美ロータリークラブHP




[PR]
by hihararara | 2017-03-29 21:28 | ふるさと | Comments(0)

石神観音様の御開帳



2月19日のブログ、その③です。

その日のメインの目的は、私が生まれ育った「石神」という地域の
観音様の17年に一度の大開帳でした。

今年の観音様の前に、17年前を振り返ります。


17年前の御開帳の時、私は独身でした。

東京~島根~ヨーロッパの旅を経て、実家に戻って3日目に
新人賞に応募してあった小説が最終選考に残ったという連絡をもらい、
ふるさとを拠点にバイトをしながら小説を書いていた頃。

飛び出したくて出たふるさとと、時を経て、自分の願いもあって、
再び向き合っていた頃。

ちょうど同じ年度の秋に、氏神様の遷宮も行われ、
父が実行委員であったことや(実に氏神様は家の近くで、
代々世話方をしてきた家でもあり)、
親しい総代さんだったので、遷宮祭も手伝いました。

焼きそばの屋台を手伝ったり、いろいろ・・・

遷宮祭の余興のカラオケ(2トントラックをステージとして神社の敷地に入れて)
の担当者も親しいおじさんで、そのおじさんから頼まれて、
カラオケも歌いました(笑)

歌ったのは、今井美樹の「PRIDE」。
宇多田ヒカルの「Automatic」と、石嶺聡子の「花」と迷って
選んだ「PRIDE」・・・

まあそれなりに、村の人たちも知っているだろうってのと
キー的に歌いやすいから選んだんだけど、
歌い終えた時に、村の人たちに向けて、

「この歌の「プライド」は誇りという意味です。
この石神で生まれ育ったことを誇りに思って、これからも生きていきたいです」

と、マイクを通して伝えた記憶がある。
(ちなみに当時の私は茶髪のショートカット。軽薄そうなシャツにジーンズをはいて
屋台にカラオケに飲み会に奔走した一日)

その時、ステージ(トラックです)から眺めた村の人たちの姿を思い出すと
今でも泣けてくる。

遷宮が何十年ぶりだったのか、どれくらいかわからないけど、
ステージの上から「100年後にはこの人たちはみんないないんだよなあ」
って思った。自分も含めて。

まさに諸行無常。

幼い頃から知ってるおじいさんやおばあさん、みんなそれぞれ年をとっていて、
膝の痛い私の祖父は確か、パイプ椅子に座っていたと思う。

現に祖父は、その5年後に亡くなってるわけで・・・

過去繰り広げられた遷宮祭の村の光景や、未来の村の光景を想像し、
たまたま遷宮祭に立ち会えた幸運をありがたいと思った。

そんなわけで、ふるさとを離れていたブランクを経て、再び戻ったタイミングで、
村の人たちとも再びつながりができた頃の17年前の御開帳。

私がお観音様を見に行ったら、親しくなっていたおじさんが
いかにもじゃじゃ馬の私に対し、「まさよちゃんは、次の遷宮も独身かな?」と
言ってきたので、確かにそうかもだけど、結婚していたいなあって思って笑った。

その2ヶ月後に夫と出会い、その年のうちに結婚しちゃったわけだ(笑)

おかげさまで、無事に?結婚し、大きく育った息子たちを連れての今回の観音様との再会。

長くなりましたが、そんな気持ちで眺めたのがこちらの観音様です・・・



c0189426_21245347.jpg



この観音様、不思議なのだけど、目の前にすると涙が自然に出てくる。

17年前も全く同じだった。

17年前は、村のおばちゃんたちと眺めたんだけど、
「いつまでもここにいたくなるね~」「不思議と涙が出てくるね~」
と話していた。

空気がとてもまろやかになるのだ。

これは感じ方の違いなので、なんともない人はなんともないけど、
私にとっては、また、その日バッタリお会いしたお友達も泣けると言っていた。


この観音様そのものの力なのか、何百年前から繰り返されてきた人々の信仰を想像するからか、
観音様が背負う人々の祈りや念の重さを感じるからか、
自分自身の17年を思うからか・・・

きっとすべてが混然一体となり、言葉で説明できない涙が出てくるのだと思う。



c0189426_21254004.jpg
c0189426_21252389.jpg
c0189426_21250731.jpg




もっと長くとどまりたかったけど、次男に急かされてお寺を後にしました。
長男は一眼レフで写真をいっぱい撮っていた。
次男は写真を撮るものじゃないと言っていて、それもその通りと思った。

いずれにしても、15歳と12歳の息子たちを連れて行けて(夫も誘ったけど家で休養)
感謝の気持ちを伝えられてよかったです。

観音様、みなさま、ありがとうございました。


c0189426_21255029.jpg


17年後も、健康で、伺えますように・・・

















[PR]
by hihararara | 2017-02-22 08:43 | ふるさと | Comments(0)

色彩トリップ




c0189426_23154851.jpg
c0189426_23161106.jpg
c0189426_23162005.jpg




c0189426_23163123.jpg

c0189426_23164055.jpg

c0189426_23164964.jpg

c0189426_23170070.jpg

c0189426_23170994.jpg

c0189426_23171829.jpg

c0189426_23172889.jpg

c0189426_23174139.jpg

c0189426_23175083.jpg

c0189426_23180124.jpg



朝のつづき・・・(詩はまたまとめます)


どうってことない、ふるさとへの旅だったんだけど、実家ではなくて(実家に少し寄って、母の元気を確かめ、野菜をとらせてもらいつつ)伊良湖岬へ・・・


息子たちと実家に行くと、私が行きたい海へはなかなか行けないけど、やっぱり私にとっては、定期的にこの風景を見ておくこと、触れておくことが必要。


本当は伊良湖ビューホテルのスパが第一の目的で、割引券を持って行ったけど、改装中で!(笑)お茶してきました~


出発前は曇っていたけど、みるみる晴れていって、まさに色彩ストックの小さな旅でした。


ふだんは、家族のために、人のためにって動いていることが多いけど、自分の細胞を喜ばせることって大切。
文字通りエネルギーチャージできた。


私が乗っている車は17年前の結婚時に夫が買ったもので、いまだにカセットなんだけど、その分ドライブ中は、むか~しのテープを聴く時間になっている。

今日はオザケン、オリジナルラブ、UA、カーディガンズ、コーネリアスといった90年代バリバリの音楽を聴きながら、たまたま最後に出てきたミーシャの『包み込むように』を聴いて号泣(笑)

その曲がすごく好きってよりは、その曲の頃の状況がヒリヒリ痛いもので(当時のお友達はご存知の通り)反射的に。


私の場合、96年の表参道や98年のヨーロッパ一人旅、その辺りは人生の節目で、その後結婚して子供にも恵まれたけど、あの頃のヒリヒリした気持ちは今ではすごく大切な宝物。


今日は、このでっかい石門に向かう時、ほかの観光客がいなかったので、海に向かって叫んでみたり、高いところから見下ろしてみたけど、その時に、一人旅独特の孤独感が少しよみがえって、うれしかった。


一人にかえる時間、大好き。
まじめに、新たな健康法を見つけた気分(笑)

近々、神島へ渡ろうと思います!(三島由紀夫の『潮騒』の舞台として有名ですが、写真の通り、伊良湖岬から近いんです)











[PR]
by hihararara | 2017-01-19 23:19 | ふるさと | Comments(0)

野菜の成長




c0189426_22051057.jpg
c0189426_21512806.jpg

昨日の続きというか、補足だけど、実家のすぐ近くの畑、
同じ場所の、10月30日撮影分と昨日撮影分。
1ヶ月ちょっとで、こんなに野菜が育ってる!
土の恵み、自然の恵み、ありがたいです。

かくいう私は土いじりに向かなくて(地道さが足りない)、親も含めた農家のみなさまを尊敬します。
昔から周囲ががんばってるそばで、写真撮ってるようなていたらくでした・・・













[PR]
by hihararara | 2016-12-12 22:06 | ふるさと | Comments(0)

My Hometown 渥美!!



c0189426_21271398.jpg
c0189426_21272314.jpg
c0189426_21273176.jpg
c0189426_21274083.jpg
c0189426_21274765.jpg
c0189426_21275449.jpg
c0189426_21280179.jpg
c0189426_21280872.jpg
c0189426_21281564.jpg


My Hometown 渥美!!

息子らが大きくなってお米が終わるのが早く、実家へ・・・
野菜もたっぷりいただきました。ありがたいよ~

またいとこのミチヤがキャベツを持ってきてくれました。
ミチヤは渥美に住んでるのに、私の豊橋の重鎮様と独自に知り合っていて(笑)、その方々にも明日宅配します♪


長男は実家でもらったゆずで、ゆずジャムを仕込み中w
部屋がゆずのいい香りです。


昨日の続きで、次男がさらに増やしたインコと(笑)、実家の玄関のバラと父が描いたタケノコと、「むらかみ」の蒸し牡蠣、煮魚など~
ミチヤ、ありがとう!!










[PR]
by hihararara | 2016-12-11 21:29 | ふるさと | Comments(0)

実家のお米と野菜・秋の風景少し


c0189426_19510666.jpg
c0189426_19512585.jpg
c0189426_19513888.jpg
c0189426_19514838.jpg
c0189426_19520029.jpg
c0189426_19521158.jpg
c0189426_19522313.jpg
c0189426_19524190.jpg
c0189426_19545128.jpg

c0189426_19525933.jpg
c0189426_19525311.jpg


昨日の写真ですが・・・

実家にお米をもらいに行ったら、野菜もいっぱい用意してくれていた。
野菜、今高いので、土(父母)の恵みのありがたさを実感!

お米は、コイン精米機で、もみから精米します。
30kgの米袋を、息子たちも抱えられるようになったのでうれしい。


その他の写真は、逗子の妹に見せたい実家付近の風景。
母が花を生けるので、花材用の極楽鳥(ストレリチア)なども育っています。


昨日は温室仕事に来てくれていた、昔から知ってるおばちゃんと話し、そのおばちゃんは、早くにダンナさんを亡くしてるんだけど(お子さんたちがまだ小学生頃)、そのたいへんさが実感できる年頃になったので、一緒にちょっと泣きました。


地べたに座ってお茶を飲む、ほっこり一服の時。
















[PR]
by hihararara | 2016-10-31 19:56 | ふるさと | Comments(0)

渥美半島 花の超祭典


c0189426_20282396.jpg


前回に引き続いて宣伝です。


一週間後に行われる『渥美半島 花の超祭典』


運営側でお友達もたくさん参加、ポスターやHPは弟が担当しています♪...
HP→ http://www.hanachosai.com/


菜の花まつりも開催中だし、渥美半島へ是非☆










[PR]
by hihararara | 2016-02-14 20:30 | ふるさと | Comments(0)

光降り注ぐ渥美半島


 『red』の入稿(現在印刷中~)を終え、12月4日の金曜日は、実家にお米と野菜をもらいがてら、えりこさんの全身テルミー&脳みそヒーリングを受けに行ってきました。

 温熱パンダ☆えりこさんのブログ。 http://panda99.dosugoi.net/


 まずは、家の温室近くの風景。緑のグラデーションがきれい。山は雨乞山です。

c0189426_21455154.jpg
c0189426_21460884.jpg
◆隣のバラ温室の前の、たわわに実ったみかん。


c0189426_21460194.jpg
◆母が準備してくれていた野菜(毎度ありがたい。えりこさんちや友達のおうちにもお届け)。


c0189426_21500121.jpg
◆うちの温室(両親&菊の苗です)。



そして、じゃじゃん!えりこさんちの看板。

c0189426_21461461.jpg
沖縄とかアジアを連想させるおもしろい建物で、自分が生まれ育ったふるさとで、こんな素敵に暮らしてる夫婦がいるなんて!(移住してきて8年だそう)と感動しました。



c0189426_21464751.jpg
 これは実は帰りなんだけど、私が車に乗せてきたインコを覗いてくれてるえりこさん♪


 イトオテルミーは、何年か前に、神奈川で助産師をしている年上の友人が豊橋に来た時にやってくれて、どんなものかはわかっていたけど、えりこさんのテルミーは、とーっても心地よかった。

 施術後の説明の紙にあった、まさに「栄養のある熱」を全身に入れてもらい、身体がほっこりポカポカ。これから生きていく身体を大切にしてもらった、という充実感で満たされました(「これから生きていく身体」ってのは、当たり前といえば当たり前なんだけど、病を経たのでそう思った)。

 「脳みそヒーリング」は、ここでは内容は内緒にするけど、イメージの旅というか、脳みそを浄化してもらった上に、私にとっては、次はそういう創作をしよう!(読む人が浄化され癒される内容)って思いました。

 『red』は過去の作品をまとめているのでその時にしか書けない衝動が込められてるけど、今後目指したいのはそこ。

 そして、自分の病気の関係から夫婦の話をしたんだけど、えりこさんが感じ取って話してくれた我が夫婦の印象がピッタリで、聞いてるうちに泣けてきた。

 「私は見える人とかではないけど」とえりこさんが添えた上で、ざっくり、こんな内容。

 <同じ戦場で戦う戦士とかで、最初は意気投合して一緒に戦ってたけど、戦術の違いが気になって、相手を心配して言うことがケンカになっちゃうんじゃないか>
 みたいな・・・。

 これ、その通り。

 我が夫婦は、違いに惹かれて結婚したのに、家庭とか、子育てという場において、「戦術の違い」が露呈され、お互いの違いを心配したり過剰に警戒してしまって、(開きが大き過ぎるからこそ)お互いがお互いを引っ張り合って(引き締め合って)しまう。

 いろんな背景から私は夫を悪人と決めつけたり、子供たちを守らなくちゃと思って過敏になってしまったところがあったけど、えりこさんも言う通り「見方を変えたら、関係も一気に変わる」っての、そうだと思う。

 心身ともに、癒しと学びをいただいたような時間で、なんといっても、海が見えて光が降り注ぐような空間が素晴らしく(えりこさんの言葉にもあった「光が降り注ぐ」ってのがこの日のキーワード☆)、今思い出しても、白い、まさに浄化される時間でした。



こちらは、ご主人のケンチャンの工房からの景色。
雑誌にも取り上げられたようなおうちなんです。
最高!!!!!

c0189426_21462218.jpg

ここで、えりこさんとケンチャンとお茶を飲んだんだけど、話している間中、テルミーのおかげで、ゆるんで温まって涙がじわじわ出ていた。



                         デッキからの風景。
c0189426_21464138.jpg


ちょうどオープン日(1~7日)だった、ケンチャン作の革製品。
「PEANUTS」HP http://peanuts-t.com/
c0189426_21463061.jpg

ケンチャンが色々手づくりする方で、えりこさんもだけど、自分たちの手でおもしろくリフォームしていて、素敵な空間が広がり、昔一人旅をしたギリシャの島などを連想しました。



                                 ☆



佐原夫妻のおうちを出て、実家でもらった米を精米し(豊橋に嫁いで知ったけど、渥美の方は「もみ保管」が主流で、豊橋の方は玄米保管のようで、渥美にはもみ用の精米機があるけど、豊橋では以前探したけど見つからなかった)、もみからは8分づきまでにしかならないのだけど(玄米からなら5分とかも選べる)、10分より味わい深くて私は(家族も)好きです。

c0189426_21502129.jpg


精米の後は、これまた行きたかった「DIEZ CAFE」へ。
最初に知ったのは、沖縄に住んでいるFB友達さんからで(海仲間とのことで)、そしたらお友達が奥さんと友達だったりと色々つながっているところ。

たまたまケンチャンのブログや、えりこさん作の渥美半島mapで知っていたけど、店内のこの植物がすごい!!
c0189426_21465621.jpg

種類豊富なマフィンが有名で、さつまいものマフィンとメープルのマフィン、エスプレッソがベースのコーヒーの、アメリカンをお願いしました。
(時間的に途中で持ち帰るかもってことで、テイクアウト用のカップに入れてくれました)
これが、噂通りの美味しさだった!!

c0189426_21470294.jpg

奥さんと最初に話し、ご主人とも話したけど、植物は、ふつーにその辺で売ってるような小さい鉢植えだったものを、水道水だけで、てきとーに世話をしてたら、ここまで育ったと!!!
これほんと、実物見ると圧倒されて笑えてくるよ。

あんまり書くと個人情報的に申し訳ないので控えるけど、ご主人は関西の出身で、腰を痛めて苦しんでいた時に、「海の近くに住もう」と思ったことで好転し、一人赤羽根にやってきて、体調は良くなり、その後奥さんと出会ったと。
赤羽根がパワースポットなのか、その店の磁場なのか(ご主人のエネルギーもあると思う)、植物はわさわさ育ち、とにかくご主人は「自分に合う土地に出会えて幸せだと思ってます」とのことで、渥美半島の出身者としてはうれしかった。

この植物を見た外国の方から、「green thumb」と言われたりするらしい。

ちなみに・・・< [a green thumb] 《主に米国で用いられる》 園芸の才
《主に英国で用いられる》 green fingers 用例have a green thumb 園芸の才がある>

えりこさん夫妻もそうだけど、移住者の方々によって改めて教えてもらえるふるさとの感動や驚きがある。

そういえば、って思った、この日の緑の服装(笑)


c0189426_00124352.jpg

家に着き、息子らへのおやつとして、DIEZカフェのメープルマフィンと、赤羽根ロコステーションで買ったトマトと、実家のブロッコリー。
一見して野菜のエネルギーが違うのがわかるよね!

c0189426_21502731.jpg

すてき、すごい、すばらしい、すすすの空間と
ふふふの夫婦について色々おもいを巡らせた、よきショートトリップでした☆














[PR]
by hihararara | 2015-12-06 08:57 | ふるさと | Comments(0)