カテゴリ:健康( 9 )

空気がうまい家


【8月3日 ヒカリめがねFBページ投稿分】


c0189426_09550239.jpg
c0189426_09543302.jpg
c0189426_09541840.jpg

c0189426_09554932.jpg
c0189426_09552743.jpg

【空気がうまい家】

前回の【チャンスの神様☆】へのリーチ数が2700人を超え!(見た人の数なので読んでくださったかは??にしても)、びっくり&うれしく思っています。ありがとうございます(^^)
「ヒカリめがね」メンバーには、数を競うような人はいないけれど、私は”もの書き”なので、心を込めて書いたものが多くの方に届くとうれしいです。


今回の当番では、先週から書くことを決めていたところがあって、鹿児島で体感してきたモデルハウスのお話を・・・

正真正銘天然素材のおうち、という感じで、有明海の赤貝の殻からつくられる「幻の漆喰」やら、南九州産の杉を使った「音響熟成木材」など、発明品とも呼べる建材でつくられた、住むことが健康につながる住宅。


ここで長々書くと押しつけになっては申し訳ないので、興味を持っていただける方は、先週書いた私のブログをご覧ください。今週末の豊橋での見学会にも触れています。
http://hihararara.exblog.jp/26852158/


「ヒカリめがね」のメンバーも読者さんも、天然素材がお好きかと思いますが、例えば、3番目に載せた写真は、4月から自分で弁当をつくり続けている長男(高1)の夏休み前のひとつ。

曲げわっぱのお弁当箱です(ふだんは肉肉の弁当ですが、これはたまたま魚)。曲げわっぱだとご飯が美味しいと、逗子に住む私の妹が、長男の入学祝いにプレゼントしてくれたものです。我が家は、弁当をつくる人・長男、弁当箱を洗う人・私となっていますが、暑い日の夜に洗っても、曲げわっぱのお弁当箱は木の良い香りがして、くさくないのがすごいなあと思います。自然の力はスゴイ!!


「空気がうまい家」というキャッチコピーのおうち。敏感な人、シックハウスやアレルギーなどで切実な人(お子さん)には、その良さが瞬時におわかりいただけるかと思います。

住むことで実際にアトピーが消えたり、モデルハウスに入った途端花粉症のくしゃみが止まった、など実例がいくつもあります。持病がある私も、その良さを実感しました。


我が家は新しく「建てる」ということはないだろうけど(営業を頼まれてるわけではなく、私も建てたかったなあ~と切に思ったので書いています)、検討中の方、今後に予定がある方、候補のひとつに入れていただけると、きっと幸いにつながると思います。






[PR]
by hihararara | 2017-08-04 09:58 | 健康 | Comments(0)

カイケンコーポレーション ③勉強会編



7月25,26日の鹿児島での勉強会のまとめです。

数々の学びを得る中で、一貫して感じたのは、カイケンコーポレーションの社長はじめ、集う方々の「心の美しさ」でした。


「利他の心」について語る浦上社長。
利他の心を口にする経営者は多いけれど、それが本当に真の芯からだと信じられるお方は限られるかと・・・。


c0189426_10135271.jpg


二日目の「さつま工場見学」の一場面。

職人さんが、一般的によくある「KD材」(機械乾燥された木材)と、カイケンの「音響熟成木材」を機械で削って、その削り片の"におい"をかがせてくれました。


c0189426_10143637.jpg


その場では写真を撮らなかったので、持ち帰った、音響熟成木材の方の削り片です。
実際にはもっと赤くて、削りたてはしなやかでした。

c0189426_10163614.jpg

KD材と音響熟成木材のにおいの違いは歴然としていました。
KD材は、酸っぱいようなにおいで、私がすぐに連想したのは割り箸でした。
割り箸にもいろいろあるけど、防腐剤たっぷりで危険だと言われるような割り箸・・・

対して、音響熟成木材の削り片は、甘い杉の木の香りで、自然を感じました(今もいい香りがします)。

アロマのお仕事をしている友達もいるけど、においというのは、本当に瞬時にいろいろな思考や感情を呼び起こします。

私は、既存のKD材のにおいを嗅いだ時に、例えば我が家の木造住宅も、木造=自然に近くてよきもの、として建てたけれど、このような木材に囲まれて暮らすこと、こんな酸っぱいにおいのする木材を「天然」と称して大量に使っている(売っている、流通させている)日本企業のおかしさ、みたいなものも想像して、反射的に涙がこみ上げました。

世の中の何かが間違っている、ということを、KD材のにおいによって、瞬時に突き付けられた思いがしました。



c0189426_10145098.jpg
c0189426_10150486.jpg
c0189426_10151892.jpg


汗をかきながら、拡声器であちこちの工程を丁寧に説明する浦上社長の姿にも、熱心に聞き入る取引先の方々の後ろ姿にも感心しました。



c0189426_10152894.jpg
c0189426_10154138.jpg


専門的な説明はうまくできませんが、例えば柱がまっすぐになるように、大型の機械で、念には念を入れるような調整をするとか(国の基準では必要とされていない領域)、そういう、お客様の安全や住宅の耐久性を考えた「心づかい」の徹底ぶりも、聞いているうちに泣けてくるほどでした。

*ブログの読者さんはご存知ですが、私はもともと、感動や感情が一定のラインを超えると、涙という形になって出てきます・・・


地震で崩れる家の多さ、火災で死ぬ人たちの多さ、それらも、家の構造に問題があることを知りました。

例えば、機械で不自然に乾燥させた木材(完成が速いので大量生産できる)は揺れに弱い(折れやすい)が、音響熟成木材は前回書いた通り弾力があり、よくしなるし、自分で戻る。

昔の住宅は火災で死ぬ人は少なかったが、現代の住宅は化学物質が大量に使われていたり、断熱材にも問題があり、火災が起こった時に、有毒なガスを発生し、そのために死に至る人が増えている。

カイケンでは、遮熱材としてリフレクティックスを使用していて(6月末の東京での講演の主催の会社のもの)、燃えない素材だそう。

人の安全、本物にこだわれば、おのずと選ぶものが決まってくる。


***********


座学や見学など、今回の様々なお話の中で、特に印象的だったのは、社長の「遠回り理論」でした。

AからBへ進む時に、最短のコースはA→Bだけれど、そこにCがあるのならば、Aから一度Cに寄ってからBに進む。遠回りではあるけれど、Cを知った体験がのちに生きてくる。AとBしか知らない人が多いとしたら、Cを見た分、誰も知らない世界をつくり出すことができる・・・みたいなお話。

浦上社長もいろいろなご苦労を経てきたり、修羅場をかいくぐってきたお方のようで、発明品と呼べる幻の漆喰、音響熟成木材等々を生み出した背景には、その遠回りした体験が生きているんだろうなあと思いました。

私自身も、自分は遠回りしたくなくても、わかりやすい例としては病気が訪れ、遠回りとなってしまうことを何度も体験している。

運命も含めて、超ハッピーもあれば、超アンラッキーもあり、アップダウン激しく過ごしている。
(できれば平坦に過ごしたいとも思うけど、押し寄せるどうしようもなさに、引き受けるしかないと思っている。それは例えば、パラリンピックでいくつもメダルを獲得した全盲の河合純一さんとfacebookでつながっていて、やりとりをしたこともあるけど(パソコンは音声入力だそう)、彼は本当にいつも前向きで、もともとの精神力の強さもあるだろうけれど、そうやって、自分自身の運命や社会を引き受けなければ、生きてこられなかったのだろうと思った。強い人です)


でも、間違いなく、そのアップダウンや遠回りのおかげで、自分にしかない体験を持ち、それを書いたり語ったりすることが今では生業となっている。

浦上社長を見ても、やはり何かを成し遂げる人というのは、とんでもないマイナスやどん底も味わっているんだなあと改めて思いました。


今回ご一緒させていただいたみなさまは、家業を継いでいる工務店や建設会社の方々が多く(若い男女が多かった)、親との葛藤や、本人の葛藤も垣間見せてもらえて、それにも感動しました。
初めて会った方々の、住んでいる場所においての日々を想像し、様々な厳しさの中で、正しい住宅や建材を広めていこうとがんばってるんだなあと、応援したくなったし、愛しい気持ちになりました。

浦上社長が、自分自身の会社のみならず、全国の取引先の方々の家族関係まで把握し、責任や愛情を持って思いやって支援や指導している、まさに「親分」という姿にもアッパレという思いでした。



こちらは、一日目の、専務のお話の部分。

激しく生きてこられたであろう(今後も使命感を持って)浦上社長の息子さんである専務が、穏やかそうなお方で、静かな熱意で正しく継承しているように感じられ、そんな面にも、浦上社長の人として、社長として、親としての正しさを感じました。と同時に、常務である奥様にお会いしたくなったのも事実です(笑)



c0189426_10141051.jpg


高度で濃密な二日間を過ごしたゲストハウス。
(懇親会とお泊まりは鹿児島市内でした)


c0189426_10182564.jpg


☆私の写真より素敵な、空間全体を楽しめるサイトです。



前回も触れましたが、豊橋での見学会のお知らせ。今週末、8月5,6日です。
本社から専務がお越しだそう。
私も5日のどこかのタイミングでおじゃまします。

c0189426_10242308.jpg

c0189426_10244866.jpg


☆野川建設さんのサイト


カイケンコーポレーションは九州発の会社ですが、今後、豊橋や愛知、全国でのシェアも広がっていくと思います。

私もカイケンさんとの関わりは終わりじゃないなあって思うので、「本物!」とか「心!」の部分で今後もつながり、応援していきたいと思っています。

お世話になったみなさま、ありがとうございました(^^)/











[PR]
by hihararara | 2017-08-02 16:22 | 健康 | Comments(0)

カイケンコーポレーション ②モデルハウス編



心地よい、素敵なモデルハウスの写真の羅列と、住宅にまつわる真面目なお話を書くので、興味のある方は是非じっくり読んでください!


私が今住んでいる家は、13年前に建てた某大手ハウスメーカーの木造・和風の家で、家づくりに強い思い入れがあった夫の希望を尊重してのものでした。

当時の私たちは未熟で、大手だから安心と思ったけれど(夫は今もそう思っていると思う)、想像以上にミスが多かったし、心無いなあと感じる箇所も多々・・・(うちばかりではなく、大手で建てて「え!?」と思うような体験をした友達多々)
新築時に、接着剤などの化学物質的なにおいを強く感じた記憶はないけれど、今は木のにおいより、自然ではないにおいを残念ながら感じる。

この先の人生で再び家を建てるということはないと思うけれど(宝くじが当たってほしい)、周囲で新築や建て替え、リフォームを望んでいる人がいたら、カイケンコーポレーションの家一本でおすすめするつもりです。
私もできることなら、お金を貯めて、長く過ごすリビングだけでもリフォームしたリ、カイケンの家具を置きたい。

なぜなら、発明品とも呼べる建材を使っていて、住むことが健康につながるから。
私は滅多にここまで書きませんが(笑)、今回現場を見て、その徹底ぶりに心を打たれました。

天然素材、無添加の家、という触れ込みはあちこちで目にするけれど、カイケンさんほど徹底して独自開発の天然素材を用い、身体に害のある化学物質を使わずに、社長の言葉で言うところの「生物的な家づくり」を実現している会社は他にないと思います。

カイケンの建材の3つの柱は、

①幻の漆喰
②音響熟成木材
③竹炭入り清活畳

この3つについては、以下で詳しく説明します。

畳のお部屋は撮り忘れたけど、純・天然素材のおうちと意識して、以下のお写真をご覧ください。
杉の木のいい香りと、撫でたり触りたくなる素材に囲まれるイメージで・・・




c0189426_16005721.jpg



c0189426_16011452.jpg
c0189426_16012782.jpg
c0189426_16014311.jpg
c0189426_16022335.jpg
c0189426_16015330.jpg
c0189426_16020782.jpg


c0189426_16024051.jpg

c0189426_16025974.jpg

c0189426_16031666.jpg

c0189426_09140685.jpg

c0189426_16041766.jpg

c0189426_16043334.jpg

c0189426_16044797.jpg

c0189426_16050284.jpg


ここからは、HPから拝借のお写真。
畳のお部屋も載せさせてもらいます。


c0189426_16052146.jpg

c0189426_16054447.jpg
c0189426_19491899.jpg
c0189426_16052991.jpg



今回、カイケンさんの勉強会での講演をお引き受けし、リサーチを重ね、さらに、勉強会に自分も出席させてもらったことで、今まで知らなかった住宅業界の現状を知りました。

例えば、2003年に施行されたシックハウス法は、消費者を守る良い法律かと思っていたけれど、実際には、シックハウス法が規制する化学物質は「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」の2種類だけで、つまり、ホルムアルデヒドの発散量が微少で、「F★★★★(フォースター)」に認定された化学建材であれば、他の化学物質がどんなに含まれていても無制限に使用できてしまうんだそう。

びっくり!!
これでは、守る先がお客様ではなく企業ということになってしまう。

そういうこと、情報に敏感な人なら、「またか」って思うよね。
食品中の放射性物質の出荷制限基準も甘々、「国産」表示に関しても、例えば豆腐の場合、<農水省も厚生省も国産原料が50%以上で輸入物の混入が50%未満であるならば「国産」表示をしても 良いと認めている>などなど、一見良さそうに見える表示や規制をよく調べたら、ごまかされているとしか思えない内容多々。

国民の健康よりも、経済優先・・・

残念だけど、日本のそういう側面は、3.11後、いろいろ明るみに出ています
(逆を言えば、一般市民の意識が高まってきたので、世の中が変わる転換期とも言える)。

そのようなおかしさに、カイケンの浦上社長は戦い続けてきたわけで、その信念や、実行力に感服しました。

その浦上社長の研究のたまもの、まずは、「幻の漆喰」について、カイケンのHPより・・・


干潟で名高い有明海。
『幻の漆喰』は、その豊穣な命の海に生息する
赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、
銀杏草(海藻)を煮てつくる糊と
無菌水を混ぜ合わせ、生成されます。

つなぎとして麻のスサを利用するなど、
伝統と高度な技術を組み合わせて生み出された、
今までにない新しい漆喰(壁材)です。

自然素材しか使っておらず、人体にも無害で安全。
さらに独自の「光熱触媒」作用により、
室内の化学物質を吸着・分解し、
住まいの空気をいつまでも清浄に保ちます。

『幻の漆喰』とは、言わば「天然の空気清浄器」。
完全天然素材で、安全な壁材です。

さらに特筆すべきは、「光熱触媒」の効果。
光が当たる場所だけでなく、
暗がりでも温度と反応を起こし、
空気中のゴミやホコリ、臭い、
化学物質や有害物質を吸着・分解します。

光と熱に反応するため、『幻の漆喰』は、
半永久的にクリーンな空気をつくり、
心地よい居住空間を保ってくれるのです。

********

すごくないですか?
(我が家は悲しいけど、よくあるビニールクロス貼りの家です)

この、吸着、分解というのが大きなポイント(実験で実証されています)。
現代人は、建材や家具に気をつけたとしても、衣服や雑貨など、化学物質に囲まれた生活をしているわけで、それらから発せられる見えないガスを、この幻の漆喰は吸着、分解してくれる・・・

実は私も気休めだけど、地元の社長さんからもらった、幻の漆喰ボードを枕元に置いたり、パソコンの下に敷いたりしています。

そして、木材については・・・


木材の質を決める乾燥方法を大きく分けると、
「自然乾燥」と「機械乾燥」の二種類。
時間をかけて自然に乾燥させる方法が自然乾燥、
熱風やスチームなどの高熱を利用して人工的に
乾燥させる方法が機械乾燥です。

木材にとって良いのは、もちろん自然乾燥ですが、時間がかかり、
乾燥途中で割れたり変形したりしてロスも多いため、
非常にコスト高になってしまいます。

逆に機械乾燥は短時間ですむため、
多くの木材が機械乾燥を採用しています。
しかし、機械によって一気に高温で乾燥させるため、
木材の最も大切な油分やエキスが水分と共に蒸発、
同時に木の細胞が破壊され、
木本来の力が失われてしまうデメリットがあります。

質を保ちつつ、コストをかけない新しい乾燥法はないものか…と
試行錯誤を重ねた末、
カイケンが行き着いた答えが「音響熟成」でした。

常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、
じっくりと熟成乾燥させる方法です。
音響熟成であれば、木の細胞が破壊されることなく、
木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、
保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、
時間とともに美しいツヤも出てくるという、
まさに「生きた素材」に仕上がります。

木が持つ本来の力を生かすことで、
人の暮らしを快適で心地よくする様々な効果を生み出すのです。


**********

これもすごい。
生きた木材であるため、弾力やしなりがあり、地震に強く、傷ついても木材自ら修復したり、呼吸してくれている(住環境を心地よく調整してくれる)。
木材については、次の回で、別の実感をお伝えします。

畳についても少し・・・

畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ『清活畳』。
竹炭の量は、六畳二間でドラム缶一本分の量。
だからこそ、竹炭の持つ「保湿・断熱」「消臭」パワーを、
そのまま畳で実現できたのです。
さらに、半永久的に発生する「マイナスイオン」は、
自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進。
ストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・
電磁波の無害化などの効果があると言われています。
アレルギー体質のお子様にも安心です。

**********


私がカイケンの建物に初めて触れたのは今年の2月のことで、大学OBさんの新事務所の見学会の時だったけど、その時受けた印象は、「生きている家」でした。
時が経って振り返った時、建物の印象から浮かび上がってくるキーワードは、「静寂と吸収」。

とにかく、こちらのエネルギーや化学物質含む雑多なものものを「受けとめてくれる、吸い込んでくれる、包み込んでくれる家」という感じ。
カイケンの建物の中にいると、心身が安らぐのを実感します。

今回、自分の講演内のスライドでもご紹介したけど、山の気、海の気を感じる家、それは、親しい宗教人類学者の植島啓司さんからお聞きした、聖地やパワースポットの特徴にも通じる。

イメージとしては私のふるさとの、渥美半島伊良湖岬・・・


c0189426_16160619.jpg


世界遺産の熊野古道は、まさに、山、海、杉!!

c0189426_16055468.jpg


白雪姫が7人の小人と暮らす森の中のおうちも浮かびました。

c0189426_16080818.jpg


前回のブログで触れたけど、カイケンのおうちに住んで、お子さんのアトピーが消えたという手記を寄せていた方が書いていた<とにかく自宅に帰りさえすれば、【自然のまま】が私たち家族を受け入れてくれるのです>という言葉の通り、カイケンの建物は自然に近い。

何年か前に子連れで山登りをした時に、まだ幼かった次男がぎゃーぎゃーに泣いてしまったのだけど、一緒に登った男性(肩書におさまらない不思議な能力をお持ちの方)がフォローしてくれた言葉を思い出した。

「いっぱい泣けばいいよ。今の街なかでの暮らしは、建物も環境も、いろいろなものをはね返しちゃうから子供たちは生きにくくなる。自然は吸収してくれます」

その「吸収」をカイケンの建物からは感じるのです。


カイケンは、全国に取引先を持っているので、興味のある方はおつなぎします。
頼まれてもいないのに、営業ブログと化していますが(笑)、それだけの理由があり、引き続き、次のブログもご覧ください。
本物を知ってほしい一心です。

地元の豊橋においては、今回の勉強会で初めてお会いした、野川建設さんをご紹介します。

ちょうどのタイミングですが、8月5、6日に、完成見学会があるので、よかったら体感してみてください。私も5日に伺う予定です。



本物を理解するには、受け手の側にも知性と感性と経験を要すると思います。

カイケンのおうちの場合、経験というのは、病の経験も含みます。病の経験は辛いけど、知らなかった領域や気持ちを知れたことをプラスに思いたいですよね。
私も持病がある分、良さを敏感に感じ取れたように思う。

花粉症やアトピーなど、アレルギーを持つ人が見学に来ると、症状がおさまったり、和らいだりするそう。
今回の勉強会でも、体調が悪かった人が、カイケンの建物の中で過ごすことにより快復したりしていました(笑)

ぜひお近くで、カイケンのおうちを、体感していただきたいし、それはつまり、本物とはどういうことなのか、現代の日本が抱える問題についても感じ、考える時間になるかと思います。

次回また、詳しく書きます。













[PR]
by hihararara | 2017-07-30 10:28 | 健康 | Comments(0)

『養生の力』 松本孝一著



【5月23日 投稿分】


c0189426_12104980.jpg


この本を最初に手にして撮影したのは4月29日だったのに(本のイメージの、生命力を感じる草花を背景に)、いろいろまとめてお伝えしようと遅くなりました。


私がお世話になっている、腹式呼吸と細胞活性ストレッチmixs.(ミックス)の松本先生の新刊『養生の力』です。


mixs.HP→ http://mixs.jp/ の「読者の声」をクリックしていただくと、特別書評 として私の文章が最初に載っています。 

~圧倒的な事実の集積、温もり、悠久の著~ 日原 いずみ  です。


本の内容としては、mixs.の運動をすることによって病から復活した方々の体験談(パニック障害、パーキンソン病、統合失調症、喘息、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症、脳内出血など)、薬師寺の山田ご長老と松本先生の対談、腹式呼吸のイメージや骨盤呼吸による内臓活性のイラスト、豊橋市内の学校や熊本の被災地での指導など盛りだくさんです。
カラーページや写真もあって読みやすいと思います。


本文中でも「復活の証言」という部分に寄稿しています(大げさなタイトルで私が付けたわけじゃないけど、書いてあることは事実です)。


松本先生が先週、奈良の薬師寺に献本されました。
人々の祈りを受けとめる、仏教とmixs.の親和性を感じます。
(mixs.は宗教ではなく、健康法・養生法の一つです)


1冊2,000円で、遠方の方でも送料180円で購入できるので、よかったら。
心身の健康に役に立つ知識や、励まされる言葉が多数です!


☆購入ページはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S66220082/


☆詳しい説明が必要な方は本書紹介ページ。
http://mixs.jp/wp-conte…/uploads/…/04/youjyouchikara5555.pdf










[PR]
by hihararara | 2017-05-25 12:10 | 健康 | Comments(0)

新事務所(健康住宅)の見学会 @ 株式会社仲井


c0189426_08273486.jpg


c0189426_08283763.jpg

c0189426_08274837.jpg

c0189426_08292528.jpg


c0189426_08280635.jpg



c0189426_08293825.jpg


c0189426_08285029.jpg


c0189426_08291479.jpg


c0189426_08290004.jpg


c0189426_08295844.jpg




             【2月23日 facebook 投稿分】

今日の夕方、親しいOBさん(仲井さん)の会社の新しい事務所の、内々での見学会に参加してきました。
元々知ってるデザイナーの岡さんの作品(仲井さんの会社の技術も反映された)も玄関に飾られたので、そちらもしっかり拝見。

すっごく心地よい建物でした!
私のお友達、気に入る人多いと思う~~

間違ったことを書いちゃいけないので、使われていた素材を扱う会社のHPを・・・

☆健康住宅 カイケンコーポレーション(九州の会社です)

HPにも出ている幻の漆喰(有明海の赤貝の殻からつくられる)や音響熟成木材(南九州産の杉)が使用されていて、大げさではなく呼吸する家、生きている家という感じ。
自然素材の壁や床は触りたくなるし、仲良くしたくなるし、仲良くなれそう(笑)

我が家は12年前に建てちゃったのでもう無理ですが、これからおうちを考える方、HPに詳しく出てるけど、まさに健康になれるおうちという感じです。

最初の写真の2階の会議室は、会社がお休みの日曜に貸し出しも考えているそうです。

本物の発酵食品(味噌や酒や漬物など)は杉の樽で作られたりするけど、私も『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』などでも天然素材の大切さを読んでいたので(天然酵母の菌は天然素材の容器じゃないとうまく育たない)、事務所におじゃまして、味噌の気持ちになったよ(褒めてます)。この写真にはないけど、ダークな床材の社長室も素敵でした。

味噌が杉樽の中で熟成されて美味しくなるように、人間も美味しくなっていくような、健康になっていくような、そんなイメージ。暮らすことが治癒につながるような、気持ちまでやさしくなれるような・・・

もとは板金業だけど、最近の看板商品のリフレクティックスという遮熱材も入っていたので、暖房を入れてなくても部屋や床が暖かかった。

おうちや会社や工場の建築などで興味ある方、仲井さんにおつなぎするので、言ってくださいね~
(ブログの読者さんで興味ある方は、コメント欄に書いてください)

みなさん今頃飲んでるけど、今日は帰ってきたよ(笑)

*末尾になりますが、岡さんの作品も、岡さんのふだんの作風の和の美や温かみと板金の職人さんの技術が融合されていて、これ以上ないフィット感でした。

☆株式会社 仲井(豊橋の会社です)



[PR]
by hihararara | 2017-02-24 08:39 | 健康 | Comments(0)

両親とmixs.へ



今日はお世話になっているmixs. (ミックス:私が週一通っている腹式呼吸と細胞活性ストレッチ)に、両親を連れて行きました。


実は年末から母が体調を崩し、夜に熱が上がり、一時は首が回らない、手足がうまく動かないというほどの状態になってしまいました(治ると思っていたので呑気な投稿もしてたけど)。完全に疲れと冷えで、血流が悪くなっていたんだと思う。


母の兄は長年リウマチを患っていて(他界)、私も膠原病の持病(リウマチもお仲間)があるけど、母にもやはり同じ系統の病気が来てしまったのかと心配していたけど(本人や父が)、私は自分の体験からも、副腎の疲労が引き起こす不具合について体感や勉強済みだったので、例えば、急逝してしまったけど、免疫学の安保徹さんの本から得た知識を母に伝えていた。


母も私も、自分より家族やよそ様に注いでしまいがちだけど(感受性が強くて交感神経優位系)、病気というのは、自分の身体が自分に戻ってくるように訴えてるんだと思う。


mixs.の腹式呼吸と的確な動きのストレッチによって(学んだことを応用して)、酸素や血液を身体中に巡らせれば、たいていのことはよくなるはず。


事実、一昨年書いた、パーキンソン病のこの方は、mixs.の効果の生き証人のようで、私が初めて出会った時は、まったく動けないくらいだったのに、今ではライヴもできちゃうくらいに、別人のように回復している。





豊橋のスタジオに、全国から訪ねてくる人がいて、今日も千葉から通っている方と一緒だった。近々奄美大島からもいらっしゃるらしい。

両親も満足して帰って行き、今後どういう風に通うか検討中。


健康に関して、本当に困った体験を持つ人じゃないとわからないところもあるとは思うけれど、本当に困っている方はおつなぎするので、言ってくださいね。










[PR]
by hihararara | 2017-01-11 20:07 | 健康 | Comments(0)

薬ゼロ!!


【2月29日 facebook投稿分】

今、病院行ってきて、夏以来飲んでいた薬がゼロになった!!!
うれしくて泣けそう~~~


*最近お友達になった方への解説・・・8月に、持病の膠原病(難病指定の成人スティル病・・・私の場合は、高熱が続く)が6年ぶりに再発し、ステロイドを飲みたくないのでしばらく粘ったら悪化して一時は地獄を見ました。
その後、薬を飲むようになったら落ち着いたけど(心配していた副作用もさほどなく)、減薬で再燃したり、苦しい時期もあったけど、思ったより早く3月になる前、うるう日にゼロ!!


今後も油断せず、がんばり過ぎないように暮らしたいと思います。


再発直後に相談させてもらった頼りになる複数のお友達、本当にありがとうございました。
一人一人にメッセージするのが筋だけど、この場ですみません。
心配して電話をくれた遠方のお友達、ありがとう(涙)。


当たり前だけど、一人一人身体は違って、よいと思う健康法や食事法が必ずしも当てはまるわけではなく、どんなに気をつけていても病気になる時はなるし、私の場合はとにかく、感情即身体なので、心を平穏に保つことの大切さを改めて実感しました。


今回の半年で学んだこともたっぷりあるので、またまとめたいと思っています。

今日は自分で自分にお祝いしたいと思います!


病気で苦しんでいるお友達へ・・・きっと抜け出せると信じて、無理せず過ごしてください。
私が持ってる知恵はなんでもお伝えします。














[PR]
by hihararara | 2016-03-03 20:27 | 健康 | Comments(0)

異次元・熱風・mixs.LIVE☆


c0189426_07111221.jpg


12月27日(日)、2015年のファイナルにふさわしい、素晴らしいイベントに参加しました。
この写真は開演前の様子。 *お写真は、関係者の方々からいただいております。

会場は、大好きなホテル、アークリッシュ豊橋。
6月に高校の同級生たちと幹事学年として同窓会総会をがんばった(私も司会を務めさせていただいた)THE GRACEにて・・・

昨年6月からお世話になっている、mixs. http://www.mixs.jp 主催のパーティーで、まさにタイトル通りの「LIVE」 一言では言えない盛りだくさんの内容でした。

mixs.を支持する参加者150名のうち、全国からの生徒さんが、半数の75名!
北海道、東北、関東、北陸、近畿などから実際に足を運ばれる方々の熱、すごいです。

司会のお二人は神奈川と栃木から・・・とっても華やかで素敵でした☆☆☆


c0189426_17214927.jpg


c0189426_17215747.jpg


mixs.の松本先生が元々空手家であることから、LIVEの始まりは先生とお弟子さんによる演武から。


c0189426_07112059.jpg
c0189426_21062270.jpg

facebookに綴られた先生のコメントより・・・

<人は、1秒でも時間があれば演じられる、

ただ、空間が切り裂かれる一瞬には今までの生き方すべてが刹那に出る、、

演武とは、途方もなく泥臭く退屈な修行の繰り返しによりつくられた今の佇まいそのものと言える、。>

まさに刹那。真剣勝負。
日々鍛錬を重ね、心身を研ぎ澄ませた猛者にしか到達できない境地。


空間がピリリと引き締まった演武から一転、司会のお二人が場を和ませてくれたのちの登場は、ピアニストの野畑さおりさん。

c0189426_07112800.jpg

野畑さんもmixs.の生徒さんで、前日のクラスで久々にお会いしていました。

野畑さんは誰もが褒めるお人柄で、いつもにこやかで温かく、お互いトレーニングウェア姿でほのぼのとお話をしたのだけど、プロとしての演奏は別格。格別。
優雅で優美で、聴き惚れます。流麗でしなやかで凛としていて・・・反射的に涙が出てくる音色です。

演奏後の、先生と野畑さんの対談では、超絶技法と言われたリストを表現した絵が紹介されたり、野畑さんの、緊張を深呼吸で乗り切るコツや、強いタッチは身体ごと、弱い(繊細な)タッチは「指紋で弾くようなイメージで」などと語られ、演奏家ならではの表現が興味深かったです。


c0189426_15541807.jpg


その後、演武に登場したお弟子さん二人のインタビューがあり、続く映像では、松本先生の中学校での講演や、中学の陸上短距離で全国レベルにある男子くんへの指導(走り方の変化)が紹介されました。

先生がよく口にする「正しい身体の使い方」による変化が表れていました。


引き続いて、なんとなんと、私もステージに上がらせていただきました。

c0189426_07113668.jpg


自分の病歴、mixs.に行くようになったきっかけ、その後の変化、私が作家ということで、「言葉の力」についてのお話。

松本先生と初めてお話した時から、先生の言葉は、頭や心だけではなく、細胞にダイレクトに「効く」気がしていて、ふだんのクラスにおいても、先生の身体を使った指導に加え、生徒への愛情と責任と覚悟を持った言葉によって、引き上げてもらっているように感じます。

お医者さんは立場上なかなか難しいだろうけれど、患者の側としては「絶対治るよ!」とか、「大丈夫だよ!」と言ってもらいたい。

その安心感が希望となって、快復へ向かうように思うから。

人間は他の動物と違い、頭脳や言葉を持ち、素晴らしいことであると同時に、それによる苦しみやストレスも背負ってしまったけれど、その分、言葉によっての改善や復活もあるわけで・・・

先生の言葉、例えば「縁を運につなぐ」「なりたい景色を思い浮かべる」「今まで生きてきたすべてが準備なのだから」などなど、どれもオリジナルで、圧倒的に前向きで肯定のエネルギーに満ちていて、作家的観点からしてもいつも「うまいなあ!」と感心しています。
情景が思い浮かぶような、情感的な、言葉づかいのセンスを感じます。

そんなようなお話を、まぶしいスポットライトの下で、緊張しつつさせていただきました。

時間がなくてそこまでは話せなかったけれど、常々先生とも語るのは、ただ強い、前向きなだけの言葉だと、弱っている側からすると置いていかれるように感じる(孤独感が増す)けれど、先生は、ご自身が幼少期に病弱だった体験があるからか、強さと同時に深いやさしさと繊細さを兼ね備えていて、頼りにする生徒を、すくい(救い&掬い)上げ、引っ張り上げてくれるようなイメージ。


先生が気を利かせて私の新作『red』についても紹介してくださり、その後の休憩時間に本の販売とサイン会までセッティングしてくださいました。

偶然とはいえ、本が出たタイミングもちょうど今月で、心からありがたいと思いました。

c0189426_07114425.jpg

いつの間にか撮ってもらっていたサイン会の様子。
私の表情、うれしそうです(^-^)/

松本マジックで、本は文字通り「飛ぶように売れ」て、行列ができ、サインも連続で・・・
「私、今、作家っぽい!」と思っちゃいました(笑)

今回の作品集は、過去の2作と違って、出版社を通さず自分で制作費を負担したもので(かねてからの出版不況、特に小説は厳しい)、出版を検討中の頃から先生が応援してくださっていて、その流れもあり、与えていただいた場でした。

先生、みなさま、ありがとうございました☆


思いのほかたくさんの方が本を買ってくださり、サインも休憩時間だけでは終わらず、見逃してしまった場面・・・

c0189426_07115105.jpg

地元の経済界のトップ、サーラグループ名誉顧問の神野信郎さんも、mixs.の生徒さんです。
クラスでご一緒したことも何度かあるけど、いつも柔和な笑顔で、神々しいほどのお方。


c0189426_07115917.jpg

こちらは先生の末の息子さんのりゅうのすけくん。
やんちゃで堂々としていて、将来が楽しみ♪


c0189426_07121013.jpg

私も現在お世話になっている、西田メディカルクリニック http://www.medi-plus.info/clinic/ の院長、西田先生。漢方や民間療法を取り入れたり、ホリスティック医学の普及を目指している先生。

詳しくは書かないけど(笑)、この対談、めっちゃおもしろかった!!

松本先生と西田先生は同じロータリークラブに属していて、長年の盟友という感じ。



c0189426_07121789.jpg

こちらは、京都と埼玉からmixs.に通っていらっしゃるお二方。

京都の方は整体師さんで、患者さんの治療をする中で限界を感じていた頃、松本先生の存在を知り、「指一本触らないで治すというのはどういうことか?」と興味を持ったそう。

埼玉の方は、介護の仕事をしていて、デイサービスで出会う方にマイナス思考の方が多く、なんとかできないか、と考えていたところでmixs.の心地よさを体感し、月に一度通っているそう。
距離を超えさせる学びがあるのだと思います。

私はお二人の、善のエネルギーが素晴らしいと思いました。

ご自身が向き合っている患者さんに対し、より良い施術をしたり、より良い対応をするために考えた中でのmixs.松本先生との出会いと実践。

mixs.に集う人達は、医師や薬剤師等の医療関係者のほかに、様々な治療家やインストラクター、セラピストなど、心身と向き合う生徒さんを抱えている人たちも多い。

Musician's musician (ミュージシャンズ・ミュージシャン)という言葉があるけど、ミュージシャンが愛する、リスペクトする真のミュージシャンみたいに、松本先生は、カテゴライズはできないけど、本物の中の本物なんだろうなと思います。


その後、書家の森田先生の色紙プレゼントとトーク少々で、その場で衣装を変えて(笑)ギター演奏♪
森田先生とは入会の時期が同じで、楽しく関わっています(二次会後、酔っぱらった森田さんを渥美線の駅まで爆笑しながら見送った)。

c0189426_21070694.jpg

c0189426_16383761.jpg



私がmixs.を知るきっかけとなった山崎歯科 http://yamazakishika.net/ のふれでぃーさんの弾き語り(荒木一郎さんの『空に星があるように』をエレガントにしみじみと)も素晴らしく、引き込まれました。

c0189426_21073099.jpg


先生の強力なお弟子さんの中西さん。
mixs.関連の様々な企画、プロデュース、Web mixs. http://webmixs.com/lp/1st の運営など、大活躍。
Web mixs.は、一年も経っていないのに、会員が4,500人だそう!!びっくり!
中西さん自身が英語の先生でもあったり、パイロット免許を持ってたり、食や健康、社会に関して詳しかったり、多才なお方。
つくづくおもしろい人たちがmixs.の周りにいます。

c0189426_11480511.jpg


Web mixs.は、「離れた人々を救うことが出来たら」という先生の想いから始まったもので、この場に参加した京都や東京のWeb会員の方のインタビューもありました。

会員の方々へのインタビューの最後に、静岡県の袋井市から、12月に通うようになった斉藤さんのお話がありました。

斉藤さん親子とは私もたまたまスタジオでお会いして話したことがあり、その時は、たった3回通っただけで、血圧が下がり、間質性肺炎で苦しんでいた呼吸が楽になったと言っていました。
具体的には、最高血圧が180~200あって降圧剤を飲んでいたのに薬を一切やめて、現在は140~150だそうです。

会場でのインタビューの前に、たまたま親子のうれしそうなお顔を間近で見て、私もその奇跡に驚いていたので(他にもこれまでにパーキンソン病でまともに歩けなかった方の復活体験もご本人から伺ったり)、斉藤さんのマイク越しのお声を聞いて、涙が出ました。


c0189426_07122525.jpg


大トリは、なんと、先生の歌(笑)

浜田省吾の『愛という名のもとに』

伴奏は野畑さんのピアノ!!

先生の声がいいのはみなさんよくご存じのことで、浜田省吾もピッタリなんだけど、野畑さんの豪華なピアノのアレンジに乗せての伸びやかな歌声を聴いているうちに、なんだか私は笑えてきて、いい意味で、「なんなんだ?この空間??」って思いました(笑)

異次元、異空間、全国から集結した方々・・・

健康への希求、感謝と希望に満ちた、まさにエネルギー空間。

何よりも、松本先生の愛情とサービス精神に充ち満ちたmixs.LIVE。 私にとって先生は、風のようなイメージで、熱風(とはいえ、暑苦しくなく軽やかな)を感じるような時間でした。

イベントとしては長時間だったのに、あっという間で、長い時を共に過ごしても、まだみなさんと一緒にいたいような、温かい、ありがたい場でした。

ご年配の方からお子さんまで、また、地元豊橋周辺ばかりではなく、全国各地からの参加者、mixs.に救いを求めていらっしゃる方の中には、身体の不自由な方もいるわけですが、みなさま、一様に、大満足の笑顔で、余韻に浸りながら、ゆっくりゆっくり会場をあとにしていました。


松本先生、中西さん、みなさま、ありがとうございました!!!



c0189426_15402582.jpg

この日発表されましたが、2016年の秋には、「mixs.養生セミナー in 世界遺産 薬師寺 玄奘三蔵院」が開催されます。
mixs.の今後の発展を、内部から楽しみにしています。



**********

☆本の販売とサイン会をお手伝いしてくださった有紀子さんと♡
c0189426_07123338.jpg

☆二次会にて 司会の由里絵ちゃんと、松本先生の奥様の華奈美さんと♡
(きれいに写るという華奈美さんのスマホにてw)
c0189426_15490054.jpg




mixs.関連ブログ記事 

① 『腹式呼吸と細胞活性ストレッチmixs.』(2014年6月23日付) 
http://hihararara.exblog.jp/24038154/

② 『mixs. 理論と実技特別セミナー』(2015年3月17日付)
http://hihararara.exblog.jp/24038233/

③ 『アンビリバボーmixs.!!』(2015年6月30日付)
http://hihararara.exblog.jp/24333786

*①②は前のブログから現在のブログへ引っ越した記事のため
レイアウトが少しおかしいです



◆おまけ◆
日原いずみ『red』は、こちらからご購入いただけます♪

http://hihararara.thebase.in/items/2150915

入会直後から、広報担当的に、mixs.について時々発信させてもらっています。
またお目にかかれる日を楽しみにしています☆











[PR]
by hihararara | 2015-12-29 16:55 | 健康 | Comments(0)

「副腎疲労」と「あいうべ」の本


c0189426_21560789.jpg
c0189426_21561234.jpg

この1週間、体調が悪かったけど(今は大丈夫)、辛くとも学ぶことが多くておもしろい。私は今は自分の身体に帰る(還る)時と前向きにとらえて実験中。

そんな学びをお伝えしたひととき。
次男の整形外科の付き添いで、たまたま隣り合わせたおばあさん(80歳)と体調の話になり、おばあさんが、①足の指が痛い ②夜中におしっこが出なくて眠れなくて救急車呼んだ(膀胱に1リットルもたまっていた) ③鼻血が出て耳鼻科に行った
と言うので、そりゃたいへんだってのと、個々の病院を回っていても解決しないんじゃないかと思って(あちこちの老人がそうだろうけど、国の医療費もたいへん)、私なりに最近学んだお知恵を・・・

おばあちゃんに自分の持病も打ち明けた上で、「パンや甘いもの食べてない?」って聞いたら、「おじいさんが亡くなってから、朝、ご飯とお味噌汁が面倒になってパン食になった」とか、「娘が二人いるけど遠くに嫁いでいて一人暮らし」「一人は寂しい」「パチンコに行ってる時は痛みや辛さを忘れる」と言うので、少しでも歩いて身体を巡らせる大切さとか(車ばかりらしい)、口寂しい時は甘いものより豆や小魚や昆布とか、口の体操の『あいうべ』まで伝えたら、大きな声でやり出して一緒に笑った。

お別れ前にまとめとして、
「パンや甘いものを減らして、一人の時間が長いと悪いことばかり考えちゃうけど、パチンコは我慢して外に出て歩くようにして、娘さんに心配かけないようにしてるだろうけど、もっと甘えていいよ!」
おばあちゃん、泣きそうになってたけど、そうやって、実の子供に迷惑かけないようにと気を張りながらも、実はすごく寂しいし苦しいご老人、多いんだろうなと思った。

というわけで、参考文献をこちらに。
お友達に教えてもらった、私にとって今年一番の良書『自分で治す!副腎疲労』・・・あらゆる不調に通じるわかりやすい本なので(お医者さん夫妻が書いてるけど、ダンナさんの方は副腎疲労の患者でもあった人なので、痛みを知った上で書かれている点も良いです)、体調悪い人にはあちこちおすすめしてます。

ふれでぃーさんに教えてもらった(山崎歯科でお借りした)『免疫を高めて病気を治す 口の体操 「あいうべ」』
こちらも、実際に効くと私は思っています。







[PR]
by hihararara | 2015-11-28 21:57 | 健康 | Comments(0)