「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:健康( 4 )

両親とmixs.へ



今日はお世話になっているmixs. (ミックス:私が週一通っている腹式呼吸と細胞活性ストレッチ)に、両親を連れて行きました。


実は年末から母が体調を崩し、夜に熱が上がり、一時は首が回らない、手足がうまく動かないというほどの状態になってしまいました(治ると思っていたので呑気な投稿もしてたけど)。完全に疲れと冷えで、血流が悪くなっていたんだと思う。


母の兄は長年リウマチを患っていて(他界)、私も膠原病の持病(リウマチもお仲間)があるけど、母にもやはり同じ系統の病気が来てしまったのかと心配していたけど(本人や父が)、私は自分の体験からも、副腎の疲労が引き起こす不具合について体感や勉強済みだったので、例えば、急逝してしまったけど、免疫学の安保徹さんの本から得た知識を母に伝えていた。


母も私も、自分より家族やよそ様に注いでしまいがちだけど(感受性が強くて交感神経優位系)、病気というのは、自分の身体が自分に戻ってくるように訴えてるんだと思う。


mixs.の腹式呼吸と的確な動きのストレッチによって(学んだことを応用して)、酸素や血液を身体中に巡らせれば、たいていのことはよくなるはず。


事実、一昨年書いた、パーキンソン病のこの方は、mixs.の効果の生き証人のようで、私が初めて出会った時は、まったく動けないくらいだったのに、今ではライヴもできちゃうくらいに、別人のように回復している。





豊橋のスタジオに、全国から訪ねてくる人がいて、今日も千葉から通っている方と一緒だった。近々奄美大島からもいらっしゃるらしい。

両親も満足して帰って行き、今後どういう風に通うか検討中。


健康に関して、本当に困った体験を持つ人じゃないとわからないところもあるとは思うけれど、本当に困っている方はおつなぎするので、言ってくださいね。










[PR]
by hihararara | 2017-01-11 20:07 | 健康 | Comments(0)

薬ゼロ!!


【2月29日 facebook投稿分】

今、病院行ってきて、夏以来飲んでいた薬がゼロになった!!!
うれしくて泣けそう~~~


*最近お友達になった方への解説・・・8月に、持病の膠原病(難病指定の成人スティル病・・・私の場合は、高熱が続く)が6年ぶりに再発し、ステロイドを飲みたくないのでしばらく粘ったら悪化して一時は地獄を見ました。
その後、薬を飲むようになったら落ち着いたけど(心配していた副作用もさほどなく)、減薬で再燃したり、苦しい時期もあったけど、思ったより早く3月になる前、うるう日にゼロ!!


今後も油断せず、がんばり過ぎないように暮らしたいと思います。


再発直後に相談させてもらった頼りになる複数のお友達、本当にありがとうございました。
一人一人にメッセージするのが筋だけど、この場ですみません。
心配して電話をくれた遠方のお友達、ありがとう(涙)。


当たり前だけど、一人一人身体は違って、よいと思う健康法や食事法が必ずしも当てはまるわけではなく、どんなに気をつけていても病気になる時はなるし、私の場合はとにかく、感情即身体なので、心を平穏に保つことの大切さを改めて実感しました。


今回の半年で学んだこともたっぷりあるので、またまとめたいと思っています。

今日は自分で自分にお祝いしたいと思います!


病気で苦しんでいるお友達へ・・・きっと抜け出せると信じて、無理せず過ごしてください。
私が持ってる知恵はなんでもお伝えします。














[PR]
by hihararara | 2016-03-03 20:27 | 健康 | Comments(0)

異次元・熱風・mixs.LIVE☆


c0189426_07111221.jpg


12月27日(日)、2015年のファイナルにふさわしい、素晴らしいイベントに参加しました。
この写真は開演前の様子。 *お写真は、関係者の方々からいただいております。

会場は、大好きなホテル、アークリッシュ豊橋。
6月に高校の同級生たちと幹事学年として同窓会総会をがんばった(私も司会を務めさせていただいた)THE GRACEにて・・・

昨年6月からお世話になっている、mixs. http://www.mixs.jp 主催のパーティーで、まさにタイトル通りの「LIVE」 一言では言えない盛りだくさんの内容でした。

mixs.を支持する参加者150名のうち、全国からの生徒さんが、半数の75名!
北海道、東北、関東、北陸、近畿などから実際に足を運ばれる方々の熱、すごいです。

司会のお二人は神奈川と栃木から・・・とっても華やかで素敵でした☆☆☆


c0189426_17214927.jpg


c0189426_17215747.jpg


mixs.の松本先生が元々空手家であることから、LIVEの始まりは先生とお弟子さんによる演武から。


c0189426_07112059.jpg
c0189426_21062270.jpg

facebookに綴られた先生のコメントより・・・

<人は、1秒でも時間があれば演じられる、

ただ、空間が切り裂かれる一瞬には今までの生き方すべてが刹那に出る、、

演武とは、途方もなく泥臭く退屈な修行の繰り返しによりつくられた今の佇まいそのものと言える、。>

まさに刹那。真剣勝負。
日々鍛錬を重ね、心身を研ぎ澄ませた猛者にしか到達できない境地。


空間がピリリと引き締まった演武から一転、司会のお二人が場を和ませてくれたのちの登場は、ピアニストの野畑さおりさん。

c0189426_07112800.jpg

野畑さんもmixs.の生徒さんで、前日のクラスで久々にお会いしていました。

野畑さんは誰もが褒めるお人柄で、いつもにこやかで温かく、お互いトレーニングウェア姿でほのぼのとお話をしたのだけど、プロとしての演奏は別格。格別。
優雅で優美で、聴き惚れます。流麗でしなやかで凛としていて・・・反射的に涙が出てくる音色です。

演奏後の、先生と野畑さんの対談では、超絶技法と言われたリストを表現した絵が紹介されたり、野畑さんの、緊張を深呼吸で乗り切るコツや、強いタッチは身体ごと、弱い(繊細な)タッチは「指紋で弾くようなイメージで」などと語られ、演奏家ならではの表現が興味深かったです。


c0189426_15541807.jpg


その後、演武に登場したお弟子さん二人のインタビューがあり、続く映像では、松本先生の中学校での講演や、中学の陸上短距離で全国レベルにある男子くんへの指導(走り方の変化)が紹介されました。

先生がよく口にする「正しい身体の使い方」による変化が表れていました。


引き続いて、なんとなんと、私もステージに上がらせていただきました。

c0189426_07113668.jpg


自分の病歴、mixs.に行くようになったきっかけ、その後の変化、私が作家ということで、「言葉の力」についてのお話。

松本先生と初めてお話した時から、先生の言葉は、頭や心だけではなく、細胞にダイレクトに「効く」気がしていて、ふだんのクラスにおいても、先生の身体を使った指導に加え、生徒への愛情と責任と覚悟を持った言葉によって、引き上げてもらっているように感じます。

お医者さんは立場上なかなか難しいだろうけれど、患者の側としては「絶対治るよ!」とか、「大丈夫だよ!」と言ってもらいたい。

その安心感が希望となって、快復へ向かうように思うから。

人間は他の動物と違い、頭脳や言葉を持ち、素晴らしいことであると同時に、それによる苦しみやストレスも背負ってしまったけれど、その分、言葉によっての改善や復活もあるわけで・・・

先生の言葉、例えば「縁を運につなぐ」「なりたい景色を思い浮かべる」「今まで生きてきたすべてが準備なのだから」などなど、どれもオリジナルで、圧倒的に前向きで肯定のエネルギーに満ちていて、作家的観点からしてもいつも「うまいなあ!」と感心しています。
情景が思い浮かぶような、情感的な、言葉づかいのセンスを感じます。

そんなようなお話を、まぶしいスポットライトの下で、緊張しつつさせていただきました。

時間がなくてそこまでは話せなかったけれど、常々先生とも語るのは、ただ強い、前向きなだけの言葉だと、弱っている側からすると置いていかれるように感じる(孤独感が増す)けれど、先生は、ご自身が幼少期に病弱だった体験があるからか、強さと同時に深いやさしさと繊細さを兼ね備えていて、頼りにする生徒を、すくい(救い&掬い)上げ、引っ張り上げてくれるようなイメージ。


先生が気を利かせて私の新作『red』についても紹介してくださり、その後の休憩時間に本の販売とサイン会までセッティングしてくださいました。

偶然とはいえ、本が出たタイミングもちょうど今月で、心からありがたいと思いました。

c0189426_07114425.jpg

いつの間にか撮ってもらっていたサイン会の様子。
私の表情、うれしそうです(^-^)/

松本マジックで、本は文字通り「飛ぶように売れ」て、行列ができ、サインも連続で・・・
「私、今、作家っぽい!」と思っちゃいました(笑)

今回の作品集は、過去の2作と違って、出版社を通さず自分で制作費を負担したもので(かねてからの出版不況、特に小説は厳しい)、出版を検討中の頃から先生が応援してくださっていて、その流れもあり、与えていただいた場でした。

先生、みなさま、ありがとうございました☆


思いのほかたくさんの方が本を買ってくださり、サインも休憩時間だけでは終わらず、見逃してしまった場面・・・

c0189426_07115105.jpg

地元の経済界のトップ、サーラグループ名誉顧問の神野信郎さんも、mixs.の生徒さんです。
クラスでご一緒したことも何度かあるけど、いつも柔和な笑顔で、神々しいほどのお方。


c0189426_07115917.jpg

こちらは先生の末の息子さんのりゅうのすけくん。
やんちゃで堂々としていて、将来が楽しみ♪


c0189426_07121013.jpg

私も現在お世話になっている、西田メディカルクリニック http://www.medi-plus.info/clinic/ の院長、西田先生。漢方や民間療法を取り入れたり、ホリスティック医学の普及を目指している先生。

詳しくは書かないけど(笑)、この対談、めっちゃおもしろかった!!

松本先生と西田先生は同じロータリークラブに属していて、長年の盟友という感じ。



c0189426_07121789.jpg

こちらは、京都と埼玉からmixs.に通っていらっしゃるお二方。

京都の方は整体師さんで、患者さんの治療をする中で限界を感じていた頃、松本先生の存在を知り、「指一本触らないで治すというのはどういうことか?」と興味を持ったそう。

埼玉の方は、介護の仕事をしていて、デイサービスで出会う方にマイナス思考の方が多く、なんとかできないか、と考えていたところでmixs.の心地よさを体感し、月に一度通っているそう。
距離を超えさせる学びがあるのだと思います。

私はお二人の、善のエネルギーが素晴らしいと思いました。

ご自身が向き合っている患者さんに対し、より良い施術をしたり、より良い対応をするために考えた中でのmixs.松本先生との出会いと実践。

mixs.に集う人達は、医師や薬剤師等の医療関係者のほかに、様々な治療家やインストラクター、セラピストなど、心身と向き合う生徒さんを抱えている人たちも多い。

Musician's musician (ミュージシャンズ・ミュージシャン)という言葉があるけど、ミュージシャンが愛する、リスペクトする真のミュージシャンみたいに、松本先生は、カテゴライズはできないけど、本物の中の本物なんだろうなと思います。


その後、書家の森田先生の色紙プレゼントとトーク少々で、その場で衣装を変えて(笑)ギター演奏♪
森田先生とは入会の時期が同じで、楽しく関わっています(二次会後、酔っぱらった森田さんを渥美線の駅まで爆笑しながら見送った)。

c0189426_21070694.jpg

c0189426_16383761.jpg



私がmixs.を知るきっかけとなった山崎歯科 http://yamazakishika.net/ のふれでぃーさんの弾き語り(荒木一郎さんの『空に星があるように』をエレガントにしみじみと)も素晴らしく、引き込まれました。

c0189426_21073099.jpg


先生の強力なお弟子さんの中西さん。
mixs.関連の様々な企画、プロデュース、Web mixs. http://webmixs.com/lp/1st の運営など、大活躍。
Web mixs.は、一年も経っていないのに、会員が4,500人だそう!!びっくり!
中西さん自身が英語の先生でもあったり、パイロット免許を持ってたり、食や健康、社会に関して詳しかったり、多才なお方。
つくづくおもしろい人たちがmixs.の周りにいます。

c0189426_11480511.jpg


Web mixs.は、「離れた人々を救うことが出来たら」という先生の想いから始まったもので、この場に参加した京都や東京のWeb会員の方のインタビューもありました。

会員の方々へのインタビューの最後に、静岡県の袋井市から、12月に通うようになった斉藤さんのお話がありました。

斉藤さん親子とは私もたまたまスタジオでお会いして話したことがあり、その時は、たった3回通っただけで、血圧が下がり、間質性肺炎で苦しんでいた呼吸が楽になったと言っていました。
具体的には、最高血圧が180~200あって降圧剤を飲んでいたのに薬を一切やめて、現在は140~150だそうです。

会場でのインタビューの前に、たまたま親子のうれしそうなお顔を間近で見て、私もその奇跡に驚いていたので(他にもこれまでにパーキンソン病でまともに歩けなかった方の復活体験もご本人から伺ったり)、斉藤さんのマイク越しのお声を聞いて、涙が出ました。


c0189426_07122525.jpg


大トリは、なんと、先生の歌(笑)

浜田省吾の『愛という名のもとに』

伴奏は野畑さんのピアノ!!

先生の声がいいのはみなさんよくご存じのことで、浜田省吾もピッタリなんだけど、野畑さんの豪華なピアノのアレンジに乗せての伸びやかな歌声を聴いているうちに、なんだか私は笑えてきて、いい意味で、「なんなんだ?この空間??」って思いました(笑)

異次元、異空間、全国から集結した方々・・・

健康への希求、感謝と希望に満ちた、まさにエネルギー空間。

何よりも、松本先生の愛情とサービス精神に充ち満ちたmixs.LIVE。 私にとって先生は、風のようなイメージで、熱風(とはいえ、暑苦しくなく軽やかな)を感じるような時間でした。

イベントとしては長時間だったのに、あっという間で、長い時を共に過ごしても、まだみなさんと一緒にいたいような、温かい、ありがたい場でした。

ご年配の方からお子さんまで、また、地元豊橋周辺ばかりではなく、全国各地からの参加者、mixs.に救いを求めていらっしゃる方の中には、身体の不自由な方もいるわけですが、みなさま、一様に、大満足の笑顔で、余韻に浸りながら、ゆっくりゆっくり会場をあとにしていました。


松本先生、中西さん、みなさま、ありがとうございました!!!



c0189426_15402582.jpg

この日発表されましたが、2016年の秋には、「mixs.養生セミナー in 世界遺産 薬師寺 玄奘三蔵院」が開催されます。
mixs.の今後の発展を、内部から楽しみにしています。



**********

☆本の販売とサイン会をお手伝いしてくださった有紀子さんと♡
c0189426_07123338.jpg

☆二次会にて 司会の由里絵ちゃんと、松本先生の奥様の華奈美さんと♡
(きれいに写るという華奈美さんのスマホにてw)
c0189426_15490054.jpg




mixs.関連ブログ記事 

① 『腹式呼吸と細胞活性ストレッチmixs.』(2014年6月23日付) 
http://hihararara.exblog.jp/24038154/

② 『mixs. 理論と実技特別セミナー』(2015年3月17日付)
http://hihararara.exblog.jp/24038233/

③ 『アンビリバボーmixs.!!』(2015年6月30日付)
http://hihararara.exblog.jp/24333786

*①②は前のブログから現在のブログへ引っ越した記事のため
レイアウトが少しおかしいです



◆おまけ◆
日原いずみ『red』は、こちらからご購入いただけます♪

http://hihararara.thebase.in/items/2150915

入会直後から、広報担当的に、mixs.について時々発信させてもらっています。
またお目にかかれる日を楽しみにしています☆











[PR]
by hihararara | 2015-12-29 16:55 | 健康 | Comments(0)

「副腎疲労」と「あいうべ」の本


c0189426_21560789.jpg
c0189426_21561234.jpg

この1週間、体調が悪かったけど(今は大丈夫)、辛くとも学ぶことが多くておもしろい。私は今は自分の身体に帰る(還る)時と前向きにとらえて実験中。

そんな学びをお伝えしたひととき。
次男の整形外科の付き添いで、たまたま隣り合わせたおばあさん(80歳)と体調の話になり、おばあさんが、①足の指が痛い ②夜中におしっこが出なくて眠れなくて救急車呼んだ(膀胱に1リットルもたまっていた) ③鼻血が出て耳鼻科に行った
と言うので、そりゃたいへんだってのと、個々の病院を回っていても解決しないんじゃないかと思って(あちこちの老人がそうだろうけど、国の医療費もたいへん)、私なりに最近学んだお知恵を・・・

おばあちゃんに自分の持病も打ち明けた上で、「パンや甘いもの食べてない?」って聞いたら、「おじいさんが亡くなってから、朝、ご飯とお味噌汁が面倒になってパン食になった」とか、「娘が二人いるけど遠くに嫁いでいて一人暮らし」「一人は寂しい」「パチンコに行ってる時は痛みや辛さを忘れる」と言うので、少しでも歩いて身体を巡らせる大切さとか(車ばかりらしい)、口寂しい時は甘いものより豆や小魚や昆布とか、口の体操の『あいうべ』まで伝えたら、大きな声でやり出して一緒に笑った。

お別れ前にまとめとして、
「パンや甘いものを減らして、一人の時間が長いと悪いことばかり考えちゃうけど、パチンコは我慢して外に出て歩くようにして、娘さんに心配かけないようにしてるだろうけど、もっと甘えていいよ!」
おばあちゃん、泣きそうになってたけど、そうやって、実の子供に迷惑かけないようにと気を張りながらも、実はすごく寂しいし苦しいご老人、多いんだろうなと思った。

というわけで、参考文献をこちらに。
お友達に教えてもらった、私にとって今年一番の良書『自分で治す!副腎疲労』・・・あらゆる不調に通じるわかりやすい本なので(お医者さん夫妻が書いてるけど、ダンナさんの方は副腎疲労の患者でもあった人なので、痛みを知った上で書かれている点も良いです)、体調悪い人にはあちこちおすすめしてます。

ふれでぃーさんに教えてもらった(山崎歯科でお借りした)『免疫を高めて病気を治す 口の体操 「あいうべ」』
こちらも、実際に効くと私は思っています。







[PR]
by hihararara | 2015-11-28 21:57 | 健康 | Comments(0)