「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Facebook( 44 )

facebook投稿分4つ


【12月8日 FB投稿分】

明日、母校の豊橋南高校で、高校1年生に向けて進路や仕事に関する講座を行います。10人いる講師のうちの一人です。


講座内容について一時連載をしつつ、結局日常の書きたいことに埋もれてしまったけど、また明日が終わったら全体をブログなどにUPしたいです。


今年、長男が中3の受験生となり、息子との関わりを通して社会を改めて観察したことにより感じたこと。


それは当然のことなのに、親が見失いがちなことでした。


自分たちが育った時代と現代、さらに子供たちが大人になる未来は変化しているということ。


その時代感覚を念頭に置いた上で、自分の体験からお伝えできること、普遍的なお話をしたいと思っています。


facebookを通して様々な方から教えていただいた想いも込めて、お伝えしてきます。
ありがとうございます。


楽しみ~!!


【12月9日 朝 投稿分】

おはようございます。

自慢になっちゃうけど、感動の記録。

今日は午後から高校でのお話だけど、その前に、朝は小学校の旗当番でした。


次の順番のおうちに旗を届け、いつも通り次のお母さん(私よりとっても若い)と雑談をしていたら、終わりの方でそのお母さんが涙ぐみ始め、
「〇〇さん(私の本名)と話すこの時間が楽しみだった。旗当番が次回で最後と思うと寂しい」
と言ってくれた。
その涙を見て私も泣いちゃって、朝から玄関先で二人で抱き合って泣いた(笑)

私の他愛もないおしゃべりを、そんなふうに思っていてくれたなんて、ありがたい。

みんな、育児をがんばってる。
そして、兄弟とも、確かに卒業が近づいている。


実を言うと、何年か前、年度が変わって当番の順番が変化した時に、私は間違えて、それまでの相手に旗を持って行ってしまい行き違いが生じて、今日泣いてくれたお母さんとは、ご迷惑をおかけしたことから始まった関係でした。
その反省や申し訳なさから、サービス精神が一層高まっていたかも・・・


新聞で見て『ヒカリめがね』も買ってくれてて、しかしなんと、私がしっかり書いてることは名前も写真も違うから気づかずにいて・・・(笑)


ママ友のくくりの中にいると、できるだけ目立たないように過ごしてるところがあるんだけど(小説のこととか大学のこととか言わない)、卒業で終わる関係もあれば、のびのび自由に始まる関係もあるんだろうなあって思います。


うれしいエネルギーをいただいて、午後もがんばる!


【12月9日 夜 投稿分】

c0189426_22044971.jpg


豊橋南高校1年生に向けての「高校生のための仕事学」、行ってきました。
10ジャンルの講師が、それぞれ2コマずつ、私は20名と21名の生徒さんに向けてお話しました。


詳しくはまたブログにまとめますが、「教育」の講師として話をした校長先生をはじめ、みなさまの講座後のお話から、私自身もたいへん勉強となり、受験生の長男に向けても新たな、というよりは、そのまんまキミの道を行け!と伝えられそうです(笑)


クラスの担当の先生が、偶然夫(同じく南高校の6年上)の同級生で、講座後に夫の名前を伝えたら、よく知ってた様子で、びっくり!
「私は結婚に失敗しました~ あ、お互いに相手に失敗したと思ってます!」
と伝えたら笑っていた。


先週の教育長(夫自身が高校生の時からのつながり)も、今日の先生も、対外的には夫の評判は良いようで、外ヅラよくしやがって!と同時に、それはそれで良かったな!って思いました。


*写真は、先生方に許可をいただいて掲載OKのものです。毎度手でしゃべる私w


*さわちゃん、ミッションはたぶん成功だと思います♪また相談しましょう(笑)



【12月10日 投稿分】


c0189426_22042734.jpg

リアルに知ってる関係者様へのアピールでは決してなく(笑)、
次男のインコの絵がおもしろかったので・・・


私が「絵でも描いてアピールするといいよ」と言ったらこうなっていた♪
その代わり、宛名面の方の差出人のところへ自分の住所と名前と年齢を書いていたので、今からこちらにも書き足しておきます。


次男はピレーネのチョコが好きなんです。
私と長男も何かに応募します。
かぁやん商店の金券もあったよ!







[PR]
by hihararara | 2016-12-10 22:07 | Facebook | Comments(0)

FB投稿二つ。宇宙の話と映画の話



【11月22日投稿分】

信頼するお方から知った情報で、一昨日から昨日にかけての不調の原因を知れてホッとした気分です。
(地震もあったし、震源地方面の方、お大事にしてください)


一昨日の夜から昨日の朝にかけて、気持ち悪くて足がむくんでふらついて、日曜の夕食の煮魚の鰆にあたったのかと思っていました(あたったことないし、火も通していたけど)。


むくみの体験もほとんどないけど、寝ていられないくらいで、身体がおかしくなったのかと心配していたけど、宇宙的な圧によると思うと納得。
本当に、どうしようもない感覚で、昨日の新城での座談会は、お友達に乗せていってもらうことになっていたので良かったけど、自分で運転して出かける場合はヤバイなあと思うほどでした。

朝食を抜いて出かけ、座談会が始まる頃には復活できました。
それでもまだ今日もちょっと引きずっています。

(同じような不調を感じていた人もいるかと思ってのシェアです)


私は持病もあるので、低気圧や、元々月の満ち欠けには敏感で、霊感ほどではないけど、それに準ずるものはやっぱり認めざるを得ないところがあって、感受性ってことだろうけど、不思議なことが集まってくるし、今日もまた、不思議で感動的なお話を聴きました。


すべてが完結したらここにも書こうかと思っていたけど、今、ある方の追悼本の制作のお仕事をしていて、私は元々霊の存在を信じているし、信じざるを得ない体験をしてきてるけど、今日もまた、ああやっぱり、つながってるんだなあ、見守ってるんだなあという奇跡的な話を聴いて、一緒に泣きました。


『red』に収録した、「生と死の快楽」でも少し触れたけど、死というのは移行なんだなあ、恐れなくてもいいことなんだなあって思いを深めています。
でも、だからこそ、「生きてこそ」というのは実感します。
生きてることに感謝して、生きてる今を謳歌しましょうね!



***********


【11月23日 朝 投稿分】



今や会いたい人ナンバーワンになってる(猪子寿之熱も続いてますがw)三浦監督の映画『裏切りの街』。
昨日は寺島しのぶさんが舞台挨拶したそうで・・・

私が好きな世界が好きな人はきっと好きな映画だと思うので、東京方面の方、三浦監督がいるタイミングに是非、私の分も込めて行ってください。


『何者』みたいな大メジャーな映画を撮りながらも、地道に自分で広報活動をしている姿勢に触発されます。
この時代、メジャーとかマイナーとかそういう価値じゃなくて、自分が表現したいこと、自分がいいと思う世界観が大事なんだと改めて思う。

また、寺島さんも、有名無名とか大きい小さいとかにこだわらずに、自分が出たいと思ったものには出て裸になるっての、前々から尊敬しています。


前も書いたことあるけど、8年前の『赤土に咲くダリア』の帯の推薦文は重松清さんだったけど、私が希望する候補者の中に寺島しのぶさんもいて、ほぼ決まりかけてたんだけど、出版社の意向で重松さんになりました。家族小説の大家だし、ありがたかったけど、寺島さんにも読んでもらいたくて、時を経てからお送りし、感想のメールをいただいたこともありました。


物理的に服を脱ぐってことじゃなく、表現者としては脱いでなんぼってところあるので、三浦監督の舞台も含めた一連の作品(むしろ『何者』が例外というか)には、とても興味があります。












[PR]
by hihararara | 2016-11-23 20:56 | Facebook | Comments(0)

FB記事二つ



【10月14日投稿分】



曲は共有できないので歌詞になるけど、
宇多田ヒカルのアルバムは買ってないけど、『道』はどうしても
欲しくて初めてダウンロード版を買って、繰り返し聴いてる。

CMよりも、ラジオで最初に聴いた時に、...
まるで鳥が鳴くみたいに歌うことがごく自然で、宇多田ヒカルって
本当に歌うことが天職なんだなと思った。

そして、ダウンロード版を聴きながら、じっくり歌詞を見たら、泣けて泣けて・・・

歌姫って呼ばれる人たち、例えば安室奈美恵もYUKIもUAも宇多田ヒカルも壮絶な体験をしている。

背負ってしまう運命というか、
とにかく『道』は、何度聴いても涙がこみ上げてくる。

この歌を聴いて、宇多田ヒカルにとって、歌は天職ってよりも天命なんだなと実感した。




【10月15日投稿分】



2000年の結婚直後、夫の出張について行き、アメリカのポートランドに滞在したことがあった。

たぶんちょうど今頃で、街はハロウィンと大統領選挙の話題で持ちきりだった。
それ以来、4年ごとの選挙戦のニュースを見ると、あの秋を思い出す。


ヒラリーさんがいいとは言い切れなくても、トランプさんは一見して「変!」なので(私は変な人は大好きだけど、害のある変な人は当然NO!)、どうして支持者がいるのかずっと不思議だった。
でも、彼を支持する人たちが多いという現象そのものが、病んだ社会を表していると思うので、慎重に受けとめなくちゃならないと思う。


社会は、進歩しているようでいて、根は変わってないんだ、とガッカリすることも多い。
東京都の問題を見ていても、変えられるのは女なんじゃないか?と思う。
私も最近、男の社会の方が、気をつかい合ってて、めんどくさそうだなあって思うことも増えた。


男も女も大好きだけど、例えば家庭の中で、女が子供たちに社会のことをもっともっと伝えていけば、絶対に世の中変わっていくはず。一代、二代かかる覚悟で、私は息子らといろんな話をする。


**************

上記の投稿に入ったコメントに対する返事。

<私も最初は、富裕層に有利な世の中にしようとしてるクリントンと底辺層にやさしいトランプくらいに見てたんだけど、それでもどうしても、トランプさんへの違和感は最初からずっとぬぐえなくて、フィリピンのドゥテルテ大統領にも似た空気感なのですが、どうしても気持ち悪いんです・・・

私は本来、ダメなオジサンをかなり許容する方だし、性的な話とか出たとしても、そのくらいいいんじゃない?って思う方なんだけど、トランプとドゥテルテはダメだと思う・・・

私が参考にしているのは、アメリカに住んでる映画監督の想田さんです。>






[PR]
by hihararara | 2016-10-16 20:15 | Facebook | Comments(0)

有楽製菓・ナチュラルリーフ・VIVA YOU



【8月23日FB投稿分】

c0189426_21204510.jpg
c0189426_21205343.jpg
c0189426_21210365.jpg


夏休みも終盤。
がんばれ、私! がんばれ、みんな!(笑)


以下頼まれてもいない宣伝です♪
色々な背景や次男の希望で、有楽製菓の直営店へ行ってきました。

有楽製菓とは『ブラックサンダー』で有名なチョコレート系のお菓子の会社。
体操の内村航平選手が2,008年の北京オリンピックの時に「大好物」と言って一気に有名になったチョコです。


有楽製菓HP→ http://www.yurakuseika.co.jp/index.html


直営店は思ったより狭くて、値段も安いわけじゃなくて消費税がかからない、という程度ではあるけど、おまけがスゴいんです!!
1,000円以上買うと、その日によって異なるおまけ(B級品だけど味や品質には問題ない)が付くんだけど、今日は、写真の右上の「ビッグサンダー」が20枚!
電話でも聞いていたけど、おまけは、だいたい800gくらい入っているそうで、ここに書くために計ってみたら、750gでした。
ほんと、たっぷりでびっくりするよ~

(私のお友達は健康志向が強いので弁解したくなるけど、いつもこんなに食べてないからね。長男も次男も虫歯はないからね!)


帰り際、工場から出てきた一人のおじさんと車越しに会ったら、すっごくいい笑顔で頭を下げてくれました。
たぶん、チョコを手にした次男がウキウキしながら車に乗っていたからだと思う。
その工場は「豊橋夢工場」って言うんだけど、そのおじさんの笑顔に、きっといい会社だろうと想像しました。


*******


もうひとつは、オーガニックコスメ等の「ナチュラルリーフ」(西岩田)のセール。

http://natural-leaf.co.jp/

写真のハーブウォータースプレーは、5,400円が80%OFFの1,080円!

その場でお試ししたら、本当に顔がリフトアップされたので(左半分で検証w)、2本買っちゃったよ。夏の疲れた肌や髪に良さそうです。

元々愛用しているココナッツオイル(色々使えるけど料理用)も半額だったのでそれも。

私はあんまり化粧をしないので、するとしたらオーガニックのものが好きで、ナチュラルリーフか、ロータスさんのところの「玄気」で買っています。

そのハーブスプレーは残りわずかだったので(ベルガモットの香り)、興味ある方は是非☆






【8月25日投稿分】

c0189426_21211403.jpg
c0189426_21212297.jpg
c0189426_21214401.jpg
c0189426_21234363.jpg

今日、引っ張り出して着てみた「VIVA YOU」のTシャツ。
なんと、25年前に買ったもの!!


私が東京へ出た頃は、バブルは崩壊していたけど、DCブランドブームは引きずっていて、お金ないくせに、バイト代や奨学金とかで工面して、今思えば高い5000円くらいのTシャツを買っていた。


このVIVA YOUのTシャツは大好きで、よく着ておりました。
しかも、ネットに入れて洗濯とかしてなかったのに、長もちしてる!!
大学時代の服、実はけっこうある!(高校の頃のもちょっと笑)


私の写真(VIVA YOU着てる)はお恥ずかしいけど(高校時代から内緒でかけてたソバージュねw)、まだ18歳だった大学1年の夏休みに「箱根・彫刻の森美術館」で撮ったものです。
そこで買った岡本太郎の太陽型のペンダントも大切にしていたのに、ナイ。


上京したばかりの夏頃、背景はわからないけど、サイケデリックなものが流行っていて、例えばDeee-Liteの音楽やファッションも印象深いし、ベルボトムをはいてる男女もいた。
このVIVA YOUのTシャツも、ちょっとサイケなロゴが好きだった。


今回、ここに載せようと思って、果たしてサイケデリックってどういう意味だ?って調べるうちに、「サイケデリック 文字」で検索して出てきたチェルシーのパッケージ。懐かしい。
そして、ダリがデザインしたチュッパチャップスのロゴ。


今、中日新聞の夕刊で、横尾忠則が自伝を連載中ですが、デザインに勢いがある時代っていいよな!




           


[PR]
by hihararara | 2016-08-26 17:06 | Facebook | Comments(0)

夏休み投稿分②


【8月17日 投稿分】

お盆明けて、文章仕事。
前々からまとめ読みしてる小島聖さんのブログ。
http://fatale.honeyee.com/blog/hkojima/archives/2016/08/05/talkeetna.html

やっぱり彼女が好きなもの、好きだなあ~


未知の土地。未知の味。

あんなに一人旅が好きだった自分が今は出かけずにいるけど。


【8月18日 投稿分】

大学のOBさんで、スーパーサンヨネの親族のお方とつながり(FBじゃなくて送りたい写真があったのでお送りし)、
私はこの地域のスーパーだと、アツミフーズとサンヨネ、がんばってるなあと思うので(各々お気に入りあると思うけど、我が家の近くの安いコロナも好き!)、色々思うところや感謝を書いたら、

<これからも、地域の皆様のご要望に出来うる限り応えていきますので、ご意見いただければありがたいです。>

とのことなので、何かあったら今後お伝えするからね~~
(サンヨネやアツミは地元以外の方にも評判高い)

アツミの渡会社長ともつながってるし、主婦としてこの地域で生きる上では心強い。
地元の政治家さんたちもだけど、豊橋の規模だとあらゆる分野と直でつながれるので、ダイレクトに地域の色々に関われておもしろい。ますます愛すべき地域になってほしいな。

http://www.sanyone.co.jp/


【8月21日 投稿分】

(8月21日付 報知新聞より)
http://www.hochi.co.jp/giants/20160821-OHT1T50113.html


新聞で知った親戚のご出産(笑)

寛ちゃんの今季一勝目はしっかり見つつ、いつの間にか5勝ってのも知らなかった。
(長男は巨人ファン、私と次男は、寛ちゃんの古巣のカープファンのままです)


長男誕生の時は、奥さんの豊橋の実家で齊藤悠葵くん(当時の広島の中でいちばん好きだった)にも会ったけど、その後齊藤くんは引退、結婚、お子さん誕生で、このたび寛ちゃんに次男誕生。
時は経っているんだなあ~

カープには、ぜひとも優勝してほしい!!


*寛ちゃんとは、奥さんのお母さんが私のいとこという距離感ですが、今、いとこに「ダブルでおめでとう」のメールしたら、家族の色々が重なって、てんやわんやだった。舞台裏はチョーたいへん!(笑)


☆いとこは、昔からきれいで溌剌としてて、娘婿がプロ野球選手でも媚びたところがなくて、グレイトマザーとして豊橋での自主トレの頃はお料理もいっぱいふるまったり(全部まとめて面倒見るって感じで)、尊敬しています♪












[PR]
by hihararara | 2016-08-22 18:55 | Facebook | Comments(0)

夏休み投稿分いろいろ①


いろんな事情があって、facebookの投稿は増えていたけど、こちらに転載できなかった分を一挙に・・・


【8月11日 FB投稿分】

忙しい日々なんだけど、今日は絶対に何を差し置いてでも、と思った会に参加してきました。

書こうか迷ったけど、主役のお方が私の文章を好きでいてくれるので書かせていただきます。


一般的に言えば(ご案内の中にもそのワードが出ていたので書くと)、「生前葬」。私は人生において初めての出席でした。涙は出ちゃうけど、楽しい、楽しいパーティーでした。

その方との出会いは、2,012年、ふるさとの田原市に震災ガレキが持ち込まれるかも、という時に放射能の危険性や広域処理の問題点(被災地支援ではなくおかしな政治)を伝えるための講演会の講師として声をかけていただいたのが最初でした。


明るくて朗らかで温かくて、生活や政治にまつわる活動を楽しくがんばっていて、私のことをメールで書く時は「ま~ちゃん」と書いてくれて、自分と似ていると感じたのは、「楽しい」が人生の基盤にあったり(そうおっしゃっていたわけじゃないけど)、政党に関係なく信頼した政治家を応援する姿勢でした。

いつも人々のことを肯定的に見ていて、包容力があるその方に会いたくて、今日は200人を超える人が集まりました。


今日配られたカードにも共感する言葉があり、公開するのは許可をいただいてないので控えるけど、それを見て浮かんだ私も常々思っていること・・・


「生きるとは地球で遊ぶこと」


昨日は息子の進路のことを書いたりしたけど、人はみんな生きて死ぬわけで、シンプルに生きてる間を楽しみたい、楽しんでほしいと強く思いました。


成人している息子さん二人がお母さんに宛てたビデオレターで、「お母さんの子に生まれてよかった」と言っていて号泣しました。
「みなさん、お母さんの思いつきの会に集まってくださってありがとうございます」「お母さんはいつもてきとーで」とも言っていて、素敵だなあと思いました。


今日のことは一生残り続けると思うし、教わったことを引き継ぎたいです。


4年前の出会いの時のブログ(前のブログからの引っ越し記事なので読みにくいです)。

『すずらんの時間 ~環~』

http://hihararara.exblog.jp/24037836/


お会いしたみなさま、ありがとうございました。


<*ここに書かせていただいた主役のお方は、8月20日の朝、お亡くなりになりました。
とても悲しいけれど、その方のお言葉通り、空を見上げて「お先にいい席とっておいてね~」と祈りました>







【8月12日 投稿分】

今日は、長男の希望で、私もかつて定期的にお世話になっていた「ほその整体室」へ行ってきました。

ほその整体室 HP
http://www.hosonoseitai.com/


施術してもらったのは長男。

ほそのさんとの出会いは、次男の産後。
先天的な側頸嚢胞(首の左下にある嚢胞)が、出産直後にぶわっと腫れてしまい(私のこと)、乳飲み子抱えて手術もできず、肩や首や全身の疲れをとってもらうことで乗り切っていました。


ほその整体室の良いところは色々あるけど、ご主人が施術してくださる間、奥さんが子供たちを見ていてくれることもありがたいです。
当時住んでいたマンションから近かったので、夫に預けて徒歩で一人伺いつつ、引越してからは、夫に子供を預けて行くこともあれば、子供たちの希望で、ほそのさん夫妻に会いに一緒におじゃますることもよくありました。


子供の成長とともに慢性的な凝りはなくなったので、私がお世話になることは減っていったけど、大きくなった長男が「ほその整体に行きたい!」と前から言っていたので初めて・・・


ご夫妻は、幼児だった頃の長男、次男も知ってくださっているので、大きくなった姿を見てもらえて、長男は体に触ってもらえてうれしかったです。「気持ち良かった~」とのことです。

奥さんと子育てについて話す久々の時間もやっぱり良かった。
かつてご主人に施術してもらいながらの会話も、例えば小説のことなど、今でも励みになっています。

ほそのさん、ありがとうございました☆

育児がたいへんなお母さん(あらゆるみなさま向けですが)、おすすめですよ~~



【8月13日 投稿分】

昨日のオリンピック、女子10000Mは、鈴木亜由子ちゃんが欠場で、本人やご家族の気持ちを思うと言葉がありませんでした。

レースが始まり、関根さんや高島さんが出てきて、亜由子ちゃん不在の中、NHKの解説はこの間お会いしたばかりの増田明美さんで、増田さんのお気持ちや、リオに行っている亜由子ちゃんのお母さんや夏目先生のお気持ちを想像し、複雑な思いで見ていました。

10日に出発したお母さんが出発直前にくださったメールに、亜由子ちゃんの足の調子が悪い様子とあり、心配はしていたけど、出場できないほどとは(きっと誰も)思っていませんでした。

無理のない範囲で5000Mは出られたらいいなあと祈っています。


女子10000Mについては、高速で進むレースを見つつ、
・・・気づいたら寝てしまっていた!!!
本命不在だと寝ちゃうんだ!と自分に呆れつつ、慌ててレース結果を見たら、驚異的な世界記録で、目が覚めました・・・


レース結果(記録掲載)はこちら。
http://rio.yahoo-net.jp/sport/AT/AT100W101/result


NHKのコンパクトな映像はこちら。
https://youtu.be/vjw0KbxcaaI


23年ぶりの記録更新で、従来の記録を14秒33も縮めたそう。

「29分17秒45」アヤナ選手(エチオピア)


この記録は、例えば日本記録との比較で言えば、
「30分48秒89」(渋井陽子・2002年)
これよりも、1分半速い・・・


亜由子ちゃんの自己ベストは、31分18秒16(日本歴代8位)、
日本選手権で優勝した時、雨の悪条件の中で出した記録は、31分18秒73。

亜由子ちゃんがあのレースの中にいたら、きっと先頭集団に食らいついていっただろうなあ、なども思っていたけど、それにしても速過ぎる!!
(結果的に1位~8位のメンバーで先頭集団を形成していたわけだけど、9位以降とはっきり記録が分かれている)


ここまで来ると、私の頭に浮かんだのは、魚の白身と赤身とか生息地の違いとか回遊魚と深海魚など、生態や筋肉の違いで・・・
生物学的に、白人と黒人、黄色人種の筋肉の違いや、エチオピアを改めて調べると、
<国土の大部分がエチオピア高原を中心とする高地で、年平均気温は13℃と冷涼である。>
とのことで、生まれた時から高地トレーニングをしているような環境にある国、アフリカは暑いイメージだけど、昨日のリオの気候もアヤナ選手にはぴったりだったのかな、など色々思いました。


体操や水泳の選手には黒人があまりいないこと、経済的な背景よりも、生物学的に向く競技、向かない競技があるだろうし、スポーツマンの、国を超えた祭典としての見解以上に、生物学者や社会学者に色々聞いてみたいと思ってしまった、昨日の10000メートルでした。




【8月16日 投稿分】


c0189426_14535501.jpg
c0189426_14540204.jpg
c0189426_14541072.jpg
c0189426_14542073.jpg
c0189426_14543385.jpg

渥美の実家から豊橋までの海岸線で次男が撮った今日の写真(&連れて行ったインコ)。

それと、手巻き寿司の具を載せたミニ海鮮丼(タコは、いただいた地のもの。きゅうりとしそは家の畑のもの)。

みなさんの楽しそうな投稿を見つつ、「いいね」が追いつかなくてすみません!


鈴木亜由子ちゃんについて、先日の10000M欠場から今朝までの間に、日本にいるお父さんやリオにいるお母さんとやりとりしました。
今夜の5000Mのレース後、タイミングを見て書かせてもらおうと思います。

オリンピックの実況で活躍中の先輩たちの声を聴けるのも感慨深いです。
なんだか当たり前のように受けとめてるけど、一緒にじゃれ合ってた先輩が複数大舞台に行ってるのって、やっぱりすごい。










[PR]
by hihararara | 2016-08-22 18:52 | Facebook | Comments(0)

道場・mixs.・ベジカフェロータス


【7月27日投稿分二つ】

c0189426_22401035.jpg

昨夜は、長男の希望で、小学校時代通っていた伊神道場へ稽古に行ってきました(私は送り迎えと先生へのご挨拶で、ずっと張り付いてたわけじゃないですよ~)。

写真は、みなさんが集まる前に、先生からマンツーマンで指導を受けているところ。


通い始めた頃は小さかった長男も、先生と同じくらいの背になりました。
70歳を過ぎてる先生だけど、お元気そうで良かった!

私が口添えしたのではなく、長男自らふと、「伊神道場行きたい。先生に報告したい」と言い出してうれしく思いました。


先生は八段??くらいで、パッと組み合っただけで、今の長男に必要なことやここ数年の練習の仕方もきっと伝わり、技の掛け方のポイントなどを身体で教えてくれました。
その道の達人はさすがだし、武道は深い!!

こういう形で道場に久々に行けて良かったです。


思いがけない県大会出場で、この1週間はプレゼントだなあと思う。
部活とEnglish Campのはしごでバタバタだけど(送る私も)、充実してる。
ドライに見えた最後の部活へも名残惜しさが芽生え、金曜日は高校見学と重なってしまったけど、最初の30分だけでも行くと言う。


私自身も、中学時代「県大会」を目指して陸上をやっていて、中2、中3と800Mで出場しました。
(ちなみに陸上の大きな大会は、通信陸上と総体とあり、中2は東三で2位と3位、中3はどちらも4位で、県大会は行けるだけで満足、という状態でした。泉中学と福江中学が合同のバスと宿だったので、ウキウキ旅行気分だったww)

いよいよ本当に終わっていくから、一瞬一瞬を大切に過ごしておくれ!!


***************


c0189426_22402250.jpg
c0189426_22403272.jpg
c0189426_22404576.jpg
c0189426_22405246.jpg

これまた長男の希望で親子でmixs. http://www.mixs.jp/ に行き(長男曰く、疲労が取れるのと痛いところが治る)、松本先生の驚異的な身体能力を見せていただいた後(笑)
私の希望で、前から行きたかったベジカフェロータス http://www.vegecafe-lotus.com/ の夜カフェへ・・・

お食事系も色々食べてみたいけど、今日は夕食後だったのでスイーツを。
長男は食に興味があるので大絶賛。次男だとまだベジ系の良さがわからないかな。


やっぱりロータス好きだなあ~ 息子を連れて来たかったのでうれしい(夫はわからんタイプ)。
いつの間にか私より背も高くなって、デートのようになってきた。
バトルもしてますが、荒波の時期は去ったな!






[PR]
by hihararara | 2016-07-27 22:44 | Facebook | Comments(0)

選挙前に転載


色々ブログへ転載してなかった記事をまとめて選挙前に。

【7月4日 facebook投稿分】

先週金曜の、中学での進路学習会で(初めて読む方へ・・・この地域の各高校(8校)の校長先生や教頭先生がいらして、高校の説明をしてくださった)、
豊橋工業高校の校長先生のお話に感動したので、今電話して気持ちをお伝えしちゃった(笑)
とっても喜んでくださったよ!

*我が子は工業高校を受験しないと思うので、入試のためのゴマすりではないです。


どの先生方のお話もよかったけれど、持ち時間10分の中で、どうしても自分の学校のアピールだけで終わってしまう先生方が多かった中、工業と西高校の先生が、必ずしも志望者向けではなく、生徒全体や保護者に向けて、「今きみたちに伝えたいこと」的に話してくれた。


内容を詳しく書くことは誤解やご迷惑につながってはいけないので控えるけど、社会の片鱗も感じたし、この大事な時期に全体へのメッセージを伝えてくれた先生は「教育者」だと思った。


企業もそうだけど、成績成績で推し進めていった結果、大事なものを失ってしまうことがある。
折しも7月10日は選挙だけど、日本は間違いなく岐路だよね。
自分たちだけの利益ではなく、広く周囲を見渡して、大切なことを、大人は子供たちに伝えていく義務があると思う。


感動やお褒めの言葉は本人に伝えることをモットーとしてるので(これからもがんばっていただきたいから)直接話せてよかったです。
自分の受験の頃から疑問に思っていたことや、現代の教育や社会に関して共感するところ多々で、とってもうれしかった!


**********

【7月6日 投稿分】

昨日お友達から知った動画。 

https://youtu.be/Fx5FNxv4hS4

(YouTubeでの再生回数は少ないけど、facebookでは100万回以上を超えています)

なんでフランス語?って感じもあるけど、こういう、逆輸入っぽい形でしか日本の本当の姿が届いてこないような、そんな変なニッポン含めて、私には響いた。

背景はわからないけど、この女性、きっと批判も承知で、制作したと思う。


かつて3週間南フランスに滞在した時(98年)、聞いてはいたけど本当に、フランス人は議論や政治の話が好きだった。
泊めてもらっていた友達がたまたまテレビ局のカメラマンだったので、地方のテレビ局の老若男女とランチをしながら語り合った。昼間からワインを自然に飲むのも本当だったし、垣根なく熱く語るのも本当だった。


その友達(何度か書いたことあるけどゲイで、彼がゲイであることを明らかにしつつ仕事をしている様子も良かった)は日本が好きで、畳の置いてある自分の部屋で、「日本人はアメリカに対してもっと怒っていい」と涙をためながら話してくれたことがあった。


そのまた友達から私は谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』の素晴らしさを教わった。一緒にフランス語字幕が流れる今村昌平の『カンゾー先生』を観たし、大島渚の『愛のコリーダ』も深夜にテレビで放映されていた(無修正)。


シンガポールに住んでいる友達は、日本はいい国なのに政治だけがダメと言う。

ここらへんで、ちょっとでもなんとかしなくちゃと思う。
完全なる諦めに変わる前に・・・









[PR]
by hihararara | 2016-07-08 21:09 | Facebook | Comments(0)

子供の進路について考える中で・・・①


【7月2日FB投稿分】

まずは、この記事・・・

「 日本はイケてないっていう現実を突きつけられた。」椎木里佳が、18歳に伝えたいこと。」

https://cakes.mu/posts/13227


<これを受けての私の投稿>

猪子寿之さんが3年前のインタビューで言っていた「日本って世界の中では特殊な環境なので、最も若者が20世紀に侵されてる国になっちゃってる」という言葉が印象的で、そう思うと、政治や経済や環境への取り組みに関しても、日本がダメだなあって思うわけがわかるような気がする。

昨日参加した中学の「進路学習会」で、この地域の高校の校長先生や教頭先生がやって来て、各校の話をしてくれて興味深かったけど、一方で「20世紀に侵されてる」教育についても考えてしまった。
長男とはそこまで話してないけど、長男が何か感じとってる塾や受験への違和感(塾に頑なに行こうとせずにここまで来た)も、読み解いていけばそういうことかも。


この記事に書かれていることで言えば、何年か前にシンガポールを拠点としている男友達(ちなみにわかりやすい記号として東大卒)が、「地に堕ちた赤いパスポート」と言っていたんだけど、世界の人たちと仕事をして情勢を肌で感じている人にしか見えない感覚がある。


当時(2011年10月)書いたブログに、椎木さんが言ってることと重なることを感じるので抜粋・・・


<今日の彼との会話で印象的だったのは、「80年代90年代の日本とはもう、海外の受けとめ方が違う。今の子どもたちが世界へ出ていく頃には、日本がアジアの中で一目置かれた国ではなく、例えばカンボジアと変わらないアジアの国の一つという受けとられ方をするだろう」
「シンガポールの子どもたちだって、中国は強い国と教えられてるけど、日本のことが特別だなんて思ってない。日本がアジアを牽引していた時代とはもう違うんだ」>


同じ時、子供をどんな風に育てていったらいいか相談したやりとり。


<「これからの日本はどんどんたいへんになっていくけど、子どもにやらせておくといいことは何か?」と尋ねたら「英語は絶対やらせた方がいい」とのことだった。今回さらに、将来を憂うような話を聞き、ならば私は親としてどうしたらいい?と聞いたら、「まーちゃんは、そのままでいいよ」とのこと。


アジアにおける日本の話になる前に、日本が今、自分でものをしっかり考えられる人が少ないのは仕方がないという話をしていた。戦後がむしゃらに働いてきた世代に思想を求めるのは難しい、と。画一化された教育で、出る杭は打たれ、個性の芽を摘まれてきたのだから。日本を変えていけるとしたら、俺たちの子ども世代じゃないか、と。>



やみくもに、いい高校、いい大学(偏差値という意味)へ導く時代は終わっていると思う。
決めるのは子供本人でも、親の在り方として、色々思う今日この頃・・・
(暑い!!)


******

このところ、年下世代の魅力女子が、慶応から出てきてるなあ~って実感してます。





















[PR]
by hihararara | 2016-07-05 09:05 | Facebook | Comments(0)

大好きなブログ・タルマーリー・南方熊楠


【6月30日投稿分】

こんばんは。
昨日、自分のところに投稿した文章に補足してこちらへ・・・

◆発見して以来大ファンの料理ブログのご紹介。
母一人子一人のおうちのようで、お母さんが仕事で遅くなっても、なんとかして手作りの夕食を準備している様子など応援したくなるし、自分もがんばろうと思う。...
お料理はもちろん、時々挟まれる人間ウォッチングが最高で、料理ブログランキングの上位にありながら、自分を素敵に見せようとしていないところがとてもいいです!


【がんばってる姿に感動・枝豆かき揚げ編】
 http://sobubu.exblog.jp/21299645/


【人間ウォッチング最高・怖い女編】
http://sobubu.exblog.jp/22942325/


◆一昨日読み終えた『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』が想像以上におもしろくて、天然酵母のパン作りと言えばありがちだけど、マルクスの資本論に触れつつ、経済についてわかりやすく体験を交えて語り、古民家に宿る菌を味方に、色々試行錯誤を重ねる様子や、自然素材の力、やっぱりだけどプラスチックが奪ってしまったものなど色々考えた。筆者の歩みは、男の子の子育てに関しても参考になり、最後に泣いてしまいました。


   パン屋「タルマーリー」HP http://talmary.com/


本のタイトルで検索すると、反響のすごさ、この本のすごさが伝わると思うので、興味のある方は検索してみてください。

『ヒカリめがね』の読者さんは、自然素材の服や食や製品が好きな方々も多いと思いますが、自然なものの良さや大切さが証明されている箇所もあり、感動します。
経済至上主義が世の中をおかしくさせてしまったわけも、なんとなくわかるような、読みやすくて、様々な観点において勉強になる本です。


◆菌と言えば・・・と南方熊楠を思い出し、そこから水木しげるさんが描いた南方熊楠の生涯『猫楠』にたどり着いて、買って読んでいます。
このマンガはマニアックなので万人におすすめしませんが(笑)、私が好きな人というのは、自然体で生きてる人たちです。
ナチュラルに憧れるんじゃなくて、そのようにしか生きられない人たち、かな。












[PR]
by hihararara | 2016-07-02 09:49 | Facebook | Comments(0)