カテゴリ:生活( 52 )

ゆきちゃんとランチ、モータース、長男の話



先週は打ち合わせ色々でバタバタしていて、なかなかブログに向かえなかったです。
3つのFB投稿を一気に・・・

c0189426_13542847.jpg
c0189426_13544806.jpg

c0189426_14390096.jpg
c0189426_14382780.jpg
c0189426_14384849.jpg

【10月11日】

今日のランチは、宮本ゆきちゃんちで。
ゆきちゃんは、私の婦人科の主治医であり、なんでも話せる盟友、親友
(*プライベートでの患者としての相談は控えてます)
仕事に育児に超多忙な中で、時間をいただきました。


ゆきちゃんは、産科婦人科のほかに、スポーツドクターを取得し、思春期スポーツ外来というありがたい科も担当してます。
全国レベルのあれこれを知るゆきちゃんが豊橋にいてくれること、ありがたい
これから講演も増えていくので楽しみです。

写真は、ゆきちゃんが用意してくれた、ミンチカツやまぐちのお弁当(感激)、私がお持ちしたみき工房のケーキ、ゆきちゃんからいただいたりんごを剥くために果物ナイフを研ぐ長男&真面目に剥いてる図(笑)、私の中でのゆきちゃんのイメージのポニョのお母さん(グランマンマーレ)


女は本来、とても大きな存在。
その女の一生を包み込む産婦人科医。
宮本医師奮闘記は涙が出る。
映画にもなってる、渥美の北山郁子先生とも重なる(私は本を贈り合った先生です)。

愛情とユーモアあふれるゆきちゃんのこれからを、ずっと応援してます



【10月11日】


c0189426_14404214.jpg


c0189426_14411180.jpg

モータースで、大好きなおじいちゃんと選挙談義(*写真掲載の許可いただきました)。
情報収集大事。
共通の知り合いで、今は亡きMちゃん(男性)のお話も。まさか社交ダンスをしていたとは

このモータースは、車の話だけじゃなく、偏屈な夫の愚痴も聞いてもらえる、私にとってのオアシス&ホームドクター



【10月13日】

おはようございます。
反抗期突入でわかりやすいくらい言葉数の減った次男(それでもかわいい)に対し、反抗期を抜け出して妙に爽やかになった長男がしゃべるしゃべる(笑)

今日までテスト期間で、今回は、クラスメイトの男子たちに数学や物理などをよく教えて過ごしてきたんだけど(「野球部が赤点回避できれば練習をがんばれる」とか言って)、教える楽しさ、理解してもらえる喜びに目覚めたことと、もともと学校の先生が夢だった時期もあったため、家庭教師をやろうと考え始めている(すでに調理のバイトもしてるけど)。


「商業高校の子に教えてもらいたがる人はあんまりいないんじゃない?」って伝えたけど、高度な受験を目指す子じゃなくて、数学や英語についていけなくて意欲をなくしてる子くらいなら、うちの長男、上手に教えられそう。


で、(家庭教師のお知らせをした後で)「最初に打ち合わせするのは、コメダくらいなら安心かね?」とか「たまに稲荷寿司とか作って持って行ったら喜ぶら?」とか、妄想が進行していて笑える


私の家庭教師経験は一度だけあって、東京にいた頃、ケニアからの帰国子女の女の子のお母さんに頼まれて、なぜだか超苦手な数学を教えていました。
よくわかってる自信満々な先生じゃなくて、私も自信がないから、「この答えでいいと思うけど、どうだろう??」って私が不安そうにすると、女の子も心配だから一生懸命に考えてくれて、頼りない先生だと子供が能動的に考えるから、それはそれでいいのかも、って思った(笑)


今日は実家にお米をもらいに行きがてら、母校の中学に寄って、講演の打ち合わせをしてきます。
何十年ぶりだろう~~??











[PR]
by hihararara | 2017-10-15 14:43 | 生活 | Comments(0)

昭和歌謡と初物ぶどう



c0189426_14555839.jpg

【9月10日 FB投稿分】

やることあるのに、頭に浮かんだことをアウトプットしたくなっちゃうんだけど(日曜の朝から失礼します)、
昭和の時代の子供だった私は、おじいちゃんおばあちゃんとも同居だったし、ふと聴く演歌の歌詞に、よく、どういうこと??と思っていた。

例えば、最初にその歌が歌われた時はまだ生まれてなかったけど、
「あなたが噛んだ 小指が痛い」
ってやつなど、あなたが噛んだ??大人が小指をどうして噛むの?と保育園頃の私はナゾに思っていた(笑)
<今調べると「あなたがかんだ小指がもえる」とかさらにスゴイ>


思い出す歌は数限りなくあるが、例えば、
「ごめんなさいね 私見ちゃったの あなたの黒い電話帳 私の家の 電話番号が 男名前で書いてある」
これも、なんか曲調も盛り上がっていくし、どういうこと??あ、そういうこと?と思った小学生時代(笑)
<ホテルで逢って ホテルで別れる 小さな恋の幸せ>
これまた露骨。


すでにどういうことかわかるようになった、小学校高学年頃の『恋に落ちて』は、金妻こそ見てなかったものの(「毎度おさわがせします」は見てました)、奥様たちの話題になってるのは知ってた。
「土曜の夜と日曜の 貴方がいつも 欲しいから」
ふーん。ってな感じに(笑)


私は子供の頃感じた、なんかエロティック、みたいなのを、大人になってから、ああ、そういうことか、って知っていくのは自然だと思う。なので、自主規制し過ぎて隠すことはないと思っているけれど、初の出逢いは美しくあってほしいと思うし、昭和の歌はそれなりに詩的だった。


そう思うと、まさに今って、「一線は超えてません」とか「男女の関係はありません」とかを、政治家から知るってのは、複雑だなあと思う。その言葉より、責め立てられる風潮が下品。昭和の時代の政治家はお妾さんとか当たり前だったし、男尊女卑はどうかと思うけど、みんなたくましかった気がする。


政治家の基本姿勢としては、有名な話だけど、フランスのミッテラン大統領が、愛人問題について騒ぎ立てられた時に、「Et alors ?(それがどうしたの?)」ってこたえたのが好き。
いいとか悪いとか狭い話じゃなくて、かつて、ヨーロッパを3ヶ月旅していろんな男女と語った時にも痛感したけど、日本って遅れてるなあって思っちゃう。
本懐がズレてる。


写真は、昨日近所のおじさんからいただいた、畑でできた初物のぶどう。
ぶかっこうだけど、その気持ちがうれしい

*コメント欄で、年代によって様々な反響をいただきました!(笑)











[PR]
by hihararara | 2017-09-11 14:57 | 生活 | Comments(0)

先週の、1週間


予定が詰まってると、ブログに反映できなかったりで、
ランチが珍しく3日続いた先週を簡単に振り返り・・・


フレンチ「アモンダン」でのお花のイベント。
『ヒカリめがね』でも取材させていただいたことのある坂東さんの
展示ということで、ヒカリめがねメンバーで行ってきました。


c0189426_20003978.jpg

c0189426_20005994.jpg

c0189426_20012038.jpg

c0189426_20014187.jpg

c0189426_20020434.jpg

c0189426_20022357.jpg

c0189426_20024193.jpg

c0189426_20030223.jpg

c0189426_20032291.jpg

c0189426_20034673.jpg

c0189426_20040469.jpg



c0189426_22462109.jpg

c0189426_20042246.jpg

c0189426_20044008.jpg

c0189426_20045525.jpg


とってもハッピーな時間だったけど、実はこの帰りに切符を買う必要があって寄った豊橋駅のすぐ近くで、一時停止違反で警察にピピピーッと誘導され(笑)、初の罰金!!!

げげげ~~

もちろん私がいけないけど、ほとんどの人が一時停止とわかってない場所でした。

とはいえ、このところ運が良かったので、運の調整と思ってすぐにお支払い。
郵便局の窓口のおばちゃんが、笑顔で同情してくれて救われた(笑)

むしろ「初」(今まで違反なし)ということがラッキーだったんだと思う。
いろいろな意味で気をつけます。




こちらは、翌日のランチの時にお渡しした贈り物。
親戚がつくったメロン。
お世話になった方とのお別れランチでした。


c0189426_22454341.jpg



その翌日のランチ(前述した「おやぢの台所」)での贈り物(お餞別)

メロンリボンもそうだけど、リボンの効力ってすごい!!



c0189426_19445135.jpg

【7月13日の朝、facebookに投稿してあった分】

おめかしの魔力
リボンの効力

昨日の贈り物(お餞別)は、リボンメロン
今日は、リボンレッド(笑)


新しいお友達も増えたので、宣伝
小作品集「red」は、地元なら豊川堂各店(本店、カルミア店、
セントファーレ田原店、アピタ店、nidoにございます)

ネットショップはこちらです。
http://hihararara.thebase.in/items/2150915

過激な短編2編と、育児期のエッセイ9編を収録。解説は植島啓司さんです

人生において、どんどん関心が変化していく中での創作、
「red 」にも、二度と書けないあの頃が詰まっています。


          今は講演活動が増えてて幸せだけど、やっぱりベースはいろいろ書きたい。



**************


ブログの記事が前後するけど、つまり、『red』を贈り物に、おやぢの台所へ行った夕方に次男が骨折で、最終の患者で近所の整形外科へ・・・

いや~本当に、毎日いろいろある。

とはいえ、息子たちも成長したので、病院にずっと付き添うこともなく、いったん家事のために戻り、結局は9時くらいまでかかってしまったけど、次男は待合室で宿題をしていた。

翌日に「漢字コンクール」というテストがあって右手首の骨折ということで、右手にギプスで不自由でかわいそうだったけど、結果は、99点!!
よくがんばった。

長男だったら、怪我をラッキーとして投げ出すだろうけど(笑)、次男の解答用紙を見たら、書きにくそうな文字で一生懸命解答欄を埋めていて、涙が出そうになった。

二人とも、タイプは全然違うけど、それぞれ頼もしく、たくましく育っていて、ありがたいし、楽しみです。
















[PR]
by hihararara | 2017-07-19 09:23 | 生活 | Comments(0)

講座・カール・「糖分」


パソコンの何かが更新されたら、ブログの投稿がしにくくなってしまいました。
また、facebookでお知らせしていることも重なったりで、こちらへの反映が遅れました。

これは、6月5日にお知らせして、7日に満席となった講座です。
8名様少人数ということもあるけど、みなさまの関心がうれしいです。

c0189426_13510590.jpg
(主催してくれる友達の投稿)

自己肯定感やコミュニケーション講座などさまざなジャンルのお話が面白い大人気の日原いずみさんこと、まーちゃんの講座をかぁやんにて開催します♪

以下、まーちゃんより

******

混沌とした時代とよく言われますが、私たち親世代が子供
の頃は漠然と信じられた「いい大学へ行って、いい会社に入ったら安泰」みたいな時代は終わりました。
将来どんな仕事に就こうとも、学歴や肩書ではなく、内側から自分を支え、温めてくれる自己肯定感が今後、一層大切かと思います。

その子その子が「持って生まれた」個性を一層輝かせ、心豊かな人生を送れるように、お子さんの前に(同時に)ご自身を見つめ直す時間にもしていただけたらと思っています。

講座終了後、かぁやん商店さんの美味しいお弁当をいただきながら、集ったみなさんで色々自由に語りましょう。
泣いてくださってもOK!スッキリ前向きな気持ちになって、心新たに育児をがんばろう~♪

☆日原いずみ(まーちゃん)プロフィール

1973年 愛知県渥美半島生まれ
早稲田大学卒業後、テレビ番組のAD、現代美術作家助手などを経て執筆活動へ。
著書『チョコレート色のほおずき』『赤土に咲くダリア』『red』
インターネット小説『恋路ヶ浜LOVEストーリー』
ミニマガジン『ヒカリめがね』参加

独自のカウンセリング「青空クリアリング」、
コミュニケーション、自己肯定感、文章に関する講座実績多数。
高1&中1兄弟の母。

*********

☆7月7日 10〜13時
11時半からシェア会
*8名
*料金 3000円(かぁやんのお弁当付き)


**************


6月9日投稿分

c0189426_13525968.jpg

雲の切れ間に見え始めたストロベリームーンとパンチングマシーンと、ありゃ買っちゃうだろのカール(笑)


******************


6月10日投稿分

c0189426_13513130.jpg


今日参加した、桜丘高校(中学)での講演、とてもおもしろかったです。

タイトルは『一瞬で好意を獲得するコミュニケーションスキル』・・・講師は岡本卓也先生。

ご案内いただいた、あっこさんの紹介より・・・

<長年に渡り教育機関大阪YMCAの学校事業本部教務部長としてご活躍。その後、人材育成開発「いい奴プロジェクト」コミュニケーションカリキュラムのモデルに抜擢!...
その経緯が実に面白い!^_−☆
拠点を海外に移され、自ら学ばれ、実践、考察からの就職率100%という実績を積まれ、昨年帰国されたばかりの岡本卓也先生>


さすがに海外経験が豊富で、体験からの分析や説得力あるアドバイスもおもしろかったし、例えば、発声の違いにより人に与える印象や緊張度の違いなどを実践してくれて、納得だった(講演の中のごく一部分です)。


理事長先生(大学のOBさん)とも久しぶりにお話できてうれしかったし、生徒さんたちも明るくてよかった!


今月末に行う自分の講演のパワーポイントはほぼ完成していて、今日の岡本先生のお話と、行きつく結論は重なっていてうれしかったし、ホッとした。
予定されている100名ほどの参加者さんのうち、9割くらいは男性とのことなので、男性脳になるべくわかりやすくまとめたつもり(笑)

例えば、女性より男性の方が言語的な情報が一度にたくさんは入らないので(科学的にも言われているけど、私自身、例えば男性とのメールと女性とのメールの違いを実感していて、男性は、複数質問を投げかけると、①~⑤みたいにわかりやすく質問のみをまとめないと返事に漏れがある。女性はダラダラした会話調で書いたとしても大丈夫)、なるべく端的に示すこと(一文を短く)を心がけます。

自己肯定感とコミュニケーションの考察は自分の得意分野になりそう(^^)


写真の『糖分』という文字は、今日、突然習字がやりたいと言い出した長男用に書かされたお手本(笑)
横文字にしろと言うので・・・不服な仕上がりですが!
柔道部の部室に貼るらしい。まだ本人が納得した文字が書けてないから、お手本はお手本で保留(なぜ糖分かは理由があるんだけど割愛。たんぱく質にしろとも伝えつつw)。





[PR]
by hihararara | 2017-06-12 14:04 | 生活 | Comments(0)

梅・ぶどう・お弁当



時間差での転載ですみません。
地元の女子高生の行方不明の件についても、
facebookの友達限定記事で思うところを書きました。
社会のひずみについてです。

私はもともと控えましたが、善意や好奇心でネットに顔写真が出てしまったので、
今の時代、二次的な余波が心配だなあと思います。
女の子が無事に学校や普通の生活に戻れますように・・・



【6月4日 FB投稿分】

*携帯写真の大きさのバラツキが謎。


c0189426_22093386.jpg

c0189426_22090960.jpg

c0189426_22085529.jpg





お隣様の梅をとらせていただき、梅干しをつくるそう(笑) 
何年か前にも夫と挑戦し、その時の梅干しは今もいただいてます(^^)


足元の、我が家側の敷地に植わってるのは、お弁当用のパセリやイタリアンパセリ、ミニトマト、私が植えたミント。見えないところには夫のミニ畑もあるけど、共有じゃなく独立(笑)
実家の田んぼからもらってきた稲も成長中。


次男はドラゴンボール見ながら、今年初のぶどうをいただき中(おちょぼ口)
去年の旬にあんまり食べられなかったと責められ続けたので、たまたまの島根産を見つけて即。コロナで20%引きでゲットよ、奥さん


c0189426_22092238.jpg




【6月5日 投稿分】


c0189426_14203610.jpg


c0189426_14205268.jpg


朝、長男が自転車で学校へ行ったと思ったら、本人から電話がかかってきて、「体操服忘れたから、1時に校門に持ってきて」と。切る前に、「中学の体操服じゃないでね!!」と念押しされ、お願いされてる身なのに、お互いに頼りにならないと思い合ってることが笑えた・・・
たまたま対応できる日でよかったわけで。

小学校の頃から忘れ物が多い子だったけど、中学、高校と減っていって(というか、高校はよくわからない)、初の電話。
携帯電話を持ったばかりだけど、校内からかけるのは禁止のはずなので、約束の時間に届けつつ、コソコソ隠れるようにしていたら、同様の親子を発見(笑)


長男が出てきて、電話して大丈夫なのか聞いたら、先生の目の前でかけた、とのことで、どうも複数忘れたっぽい。イレギュラーの体育だったのかなあ~


そこで渡された食べ終わった弁当箱。
というわけで、公開するつもりはなかった、今朝撮影の長男作の弁当と、受けとって来た弁当箱です
弁当写真も30個ほどになりました。
男子のすることなので野菜料理は少ないけど、一日トータルで野菜を食べさせてます!このまげわっぱは、でっかいです。






[PR]
by hihararara | 2017-06-07 20:30 | 生活 | Comments(0)

ガラケーとのお別れ


愛用していたガラケーが、昨日の朝突然フリーズし、いよいよお別れかもと思って、スマホを持つ場合のシミュレーションのために最寄りのショップに行きました。

バッテリーを外して再度入れたら、日中は何の問題もなく機能してくれました。

ところが夜になって、いつも通り充電して寝ようと思ったら、うまく充電できない。

夫の充電器で試したところ、本体の側に問題があるとわかり、動いてる間に、アドレス帳のみなさまの電話番号だけ手書きで記録しました(アドレスが移せるのかどうかわからなかったので念のための作業)。

その数なんと400件超!

・・・何度も心が折れそうになったし、パソコンが壊れる時と同様、人間関係の整理という気持ちもあったので、消えてもいいとも思いつつ、なんとか書き切って寝ました。

そして今朝、やはり充電は進んでなかったので、再度ショップに行き、最初はガラケー希望だったけど、値段的に今や変わらないので、とうとうスマホへ機種変更。

いまだにスマホじゃない意外性みたいなのも気に入ってたし(笑)、だいたいはパソコンで事足りてたし(携帯や機種への執着がない)、タブレットもあるし、スマホの地図に頼らず手描きで出かけたり、LINEに誘われても「ガラケーだから」と断る口実にできたし(笑)、依存せずに済むことで良しと思っていたけど、いざ手にしてみたら、思ったよりも見やすいし、使いやすい。

一時期は、大勢の人たちがスマホに慣れずにボヤいていたし、自分もタッチパネル自体が苦手だったけど、進化していたし、タブレットで慣れていた分、思いのほかすぐに順応できている。


これが、新しいスマホとガラケーの写真。レッドとグリーン。


c0189426_21010836.jpg

今日お店で知ったけど、なんと2010年の2月から、約7年使ってきました。
長生きしてくれたよ~~

c0189426_21003391.jpg


このストラップは購入時(と言っても当時は無料だった)に付いていたもので、その後、息子たちが幼稚園で拾ってきたどんぐりを着けていた時期もあった。

グリーンを選んだのは、その頃、2009年に再発した膠原病の治療で苦しんでいたので、生命力を感じさせる緑をいっぱい集めていたからだったと思う。

そのあと、とても元気に過ごしていたのに、一昨年も再発しちゃったんだから、激動の日々をともに過ごしたような気持ちもある。


c0189426_21004804.jpg


待ち受け画像は、伊良湖の海の時もあったけど、幼稚園の遠足で撮ったカバの夫婦?で定着していました。

パソコンや携帯は、昨日まで元気で仲良しだったのに、今日突然動かなくなってしまってお別れ、、みたいなことが起こる。

ハードとソフトが、肉体と精神の関係みたいだと思ったりする。

ちょうど今読んでいる、星野源の『いのちの車窓から』に出てくる一節。

<体という乗り物を星野源という精神が操縦していることの奇跡の実感・・・>

くも膜下出血から復帰した体験を持つ、星野源さんの言葉はいろいろ素晴らしいし、共感する視点も多い。


ともかく、7年も一緒に過ごし、ほとんど毎日一緒に出かけていた携帯とのお別れはとても寂しいけれど、新しいレッドスマホをしばらくは楽しんでみようと思います(保護フィルムとカバーも買いました)。

その上で、私の友達には、しっかり仕事してお金もあるのに、携帯電話を持たない姿勢を貫いている素敵な女性もいるので、携帯に振り回されることなく、大切なものを見極めて、時間やお金の使い方を、改めて見つめ直したいなあと思います。


*息子らにはスマホが似合わないと言われています(笑)
今では息子たちの方がスマホの操作方法をよくわかっていて(二人ともまだ携帯電話は持ってないけど、端末やタブレットはあり)、セッティングしたり、教えてくれて助かります。

*バッテリーがかろうじて残っていたおかげで、(400件手書きしておいた)アドレス帳は簡単に新しいスマホに移せました(笑)

*古いガラケーには、増田明美さんからの留守電が残っていて、マラソン好きな実家の両親に聞かせたいと思いながらまだなので、なんとかそれまではバッテリーが残っていて欲しいなあ~


【追伸】LINEに早速出てる?らしいけど、長男が自分用に設定したようなので、スルーしておいてください~








[PR]
by hihararara | 2017-04-22 21:38 | 生活 | Comments(0)

記念切手 + 卒業間近



c0189426_09011340.jpg

記念切手大好き。

来月のイベントのために、家事や仕事の合間に、お手紙でチラシをお送りしています。
よかったら来てください!という方もいれば、近況として・・・


たった今は、ふるさとに住む87歳の男性に向けて。
先週久しぶりに電話をいただき、朝日新聞で連載された渥美半島にまつわる記事をコピーして送ってくださったのです。


故・杉浦明平さんとのつながりもあり、私の創作活動をずっと応援してくださる方で、2作目の『赤土に咲くダリア』は、このおじいちゃんに最初にお渡ししました。
白内障の手術をした頃で、それでも読みたいとおっしゃってくださり、読んでもらえるうちにと急いで・・・
今日もそんな気持ち。


駒屋まで足を運ぶのは難しいだろうけど、今も「書くこと」「伝えること」を続けてますよ~のお便りです。


相手を想いながら切手を選ぶのも楽しみですよね!
(例えばいちばん上の桜は、同じ受験生の子を持つ友達に「サクラ咲きますように」の願いを込めて


*************

【2月28日 FB投稿分】

実はいろいろな背景があって、3月19日のイベントでトークすることに決まったけど(ひとつ前の投稿も見てね!)、当初は受験生の長男の今頃の様子がどうか心配でした。


今週の金曜日、3月3日は中学の卒業式。
来週は公立高校の入試。
さらに言えば、16日は次男の小学校の卒業式!


で、長男は現在、受験勉強よりも、卒業式の後にクラスでサプライズで流す動画制作に奮闘中(笑)
いや~~、やっぱりそっち系の血も流れてる。
私もADやってたし、パソコンへの知識をふだんはバカにされつつも、さっきは長男がわからないことをフォロー!


卒業式で、保護者たちもいる場での上映かもなので、色んな人に配慮しろと伝えたら「卒業してもう会わなくなるからいい」と言い出すので、
「お前は良くても、〇〇(次男)が入学するんだよ。その親たちともまた私はつき合っていくんだよ!」
と伝えたら、
「わかってるよ!だから最近は行動をデクレッシェンドしてるんだよ!」
と言うのでまた爆笑!!


なぜなら、長男は音楽の授業が苦手だったのに(歌うことは大好き)、音楽用語を使ったので・・・
「あんたの3年間で、いつがクレッシェンドだった?」と聞いたところで次男が、
「アクセントもあったよなあ!」
と言い出し、さらに長男が「フォルテッシモ!!」と叫んでまた爆笑。
次男もふだんは音楽が苦手なのです(笑)


いずれにしても、自由奔放で豪快なタイプの長男が、入れ替わりに入学の次男のために、今日の「3年生を送る会」でも、ふざけ過ぎなかったらしい・・・

最後の最後まで気が抜けないけど、まずは長男の卒業式、本人も泣くとみんなに宣言してるので、私も力いっぱい泣く予定!











[PR]
by hihararara | 2017-03-01 09:04 | 生活 | Comments(0)

最近の写真より


昨日行った、下地(豊橋のシモジという場所)のスーパー、一期家一笑の社長、杉浦大西洋(ヒロシ)くんと!


c0189426_12144425.jpg

このスーパー、スーパーってより、半分カフェのようなおもしろいところなんです。

もともと、先代の時にも、テレビをはじめ、様々なメディアに取り上げられ、あちこちから視察が来るような「超ローカルスーパー」だったんだけど、思い切ったリニューアルで、ヒロシくんらしい、あたらしいお店。

デリ(お惣菜)がとっても充実しています。
イートインもできます。
(昨日は私はお仕事の前に慌ててだったので色々は買えなかったんだけど、焼き芋が激ウマだった!)

この日は、【いちごやかふぇ】というイベント開催で、私は出店のお友達に会いに行ったり、来月のイベントポスターを快く貼ってくださったのでそのお礼に伺ったんだけど、久々にヒロシくんに会えてよかった。

会うってとっても大切。

SNSでつながってる気になってるけど、会うのは圧倒的に温かい。

ヒロシくんにも、お店にも、健やかな空気がびゅんびゅんあふれてました。


お店の写真が出ているサイトを探して行き当たった、こちらもリアルに知り合いの渥美のみうらやさんのブログ・・・


この地域の食関係、充実していて、本当にありがたいです。

                         ✰


こちらは、おとといの「ヒカリめがね」ミーティング風景。
撮影はかなちゃん♪

私は、お口にパンが入っています(笑)


c0189426_12145589.jpg

みんながバラバラな感じが良いです(笑)
第3号もいよいよ大詰め。

テーマは「夫婦のカタチ」で、夫婦やパートナーシップにまつわるいろいろが詰まった充実の内容です。


                       ✰


こちらは、お友達の投稿をきっかけに撮った、20年前にヨーロッパのどこかの国で買ったお菓子の缶。


c0189426_12151371.jpg

立体的でおもしろいんだよね。
初めて見ると感動します。

今、ホワイトデーに合わせて、フードオアシスアツミに最近のヴァージョンが置いてあります。


好きな人や好きなものに囲まれる生活って楽しいな!
















[PR]
by hihararara | 2017-02-23 12:56 | 生活 | Comments(0)

藤ノ花女子高校 ~ おばちゃんショコラ♥



c0189426_19495941.jpg
c0189426_19504068.jpg


今日は、3月のリトルプレスサミットのポスターを、豊橋創造大学に貼っていただくために、本部のある藤ノ花女子高校に伺いました。
経営陣(創立者や現理事長のご家族)に大学のOBさんがいらっしゃるのです。

藤ノ花、初めて入ることができて感激でした。しかも理事長室(笑)
自分の旧姓が藤村なので、藤ノ花の存在はなんとなく気になってました。

高校時代に出会った藤ノ花の陸上部の同学年の子たちが美人ぞろいだったり、ユニフォームやウェアに藤色が使われていたり、印象深かったです。


そのOBさん含めて、超優秀で人柄も良い方が経営側にいらっしゃるので、信頼できる高校であり、大学というイメージ。

イベントでちょっとでもお世話になる方々のことは、お褒めしたくなります(笑)



もう一枚の写真は、長男の友達が家に来たので、帰り際に渡したチョコレート。
私も今日一袋もらったものなんだけど、ビターなので、息子らからは苦い苦いと不評で、気持ちとして3つ。


とっさに、「はい、おばちゃんショコラ」と渡したんだけど、我ながらいいネーミング(笑)
イメージは、大阪のおばちゃん(おかん)が、よく知らない人にも配るという飴玉🍬


今朝のテレビで女子高生にバレンタインデーについて聞いたら、「チョコを渡して告白なんて、昭和っぽい」とバッサリ(笑)


私の中学時代なんて、チョコ作りやチョコ渡しが、友達ひっくるめての大行事だったのに、昭和は遠くなりにけり。

同時に、自分たちの時代の価値観を子育てで押し付けるのは時代遅れなことも多々なんだろうなあと再認識して、時代は変化している、と清々しい気持ちにもなりました。












[PR]
by hihararara | 2017-02-14 19:53 | 生活 | Comments(0)

ケーキ・生チョコ・飛騨路


【2月9日 facebook投稿分】


c0189426_21110880.jpg
c0189426_21112611.jpg
c0189426_21113924.jpg


今日、市民病院へ行ったので、帰りに新しくなったパティスリーA.マキノに寄って、バレンタイン用の生チョコを買いました(賞味期限2週間)。

いろいろ試してきて、この数年は、生チョコに関してはマキノさんに落ち着いてます。
プラスして、ロータスのベジの生チョコを買ったり、アークリッシュで買ってみたり、海外ものもいいけど、地元のフレッシュなチョコを楽しませてもらっています。


ケーキ屋さんはほとんど行かなくなったけど、マキノに関しては、このショコラスペシャルがドンピシャの好み。
年に一度生チョコとともに買ってる感じ(笑)
フランボワーズ部のみなさんにも食べていただきたいお味


夜は、いつもの仲良しオヤジたちとの飲み会!!
実を言うと、出かける前は熱が38度あり、風邪やインフルエンザではなく、首の先天性の嚢胞の炎症によるものだと思うんだけど、市民病院でもともとの予定で水抜きしてきたので、おさまるだろうと出かけちゃった。

大好きなメンバーとのリラックスの飲みだし、車で行って飲まずに調子悪かったらすぐ帰ろうと思って・・・(熱のことは伝えなかったし、誰も私が調子悪いとは思わなかったでしょうw)

結果、楽しくて最後までいて、今熱を計ったら平熱に戻っていた!
そんなもんだ~


私は元気だけど持病がいくつかあり、無理は絶対にしないようにしている。
気をつけていても病気になる時はなるし、先天的なものはどうしようもない。
でも、持病のために楽しいことをやめたくない。
小林麻央ちゃんが言われたという「ガンの陰に隠れないで」って言葉、よくわかる。

膠原病もあるから発熱とのつき合いは人より多いけど、誤解を恐れずに実感として書くのなら、持病というより障害と思った方が気楽に感じる。


飲み会の『飛騨路』では、偶然のバッタリも二組あって、楽しい夜でした♪
ありがとうございました。おやすみなさい☆












[PR]
by hihararara | 2017-02-10 21:14 | 生活 | Comments(0)