カテゴリ:食( 74 )

かぁやん商店のキムチ・ヤンニョム・焼きそば

【12月5日 FB投稿分】

c0189426_15554878.jpg
c0189426_15555609.jpg
c0189426_15560227.jpg


大人気の千恵ちゃんのキムチ講座に、今年は子供の行事で二日とも行けず、ヤンニョムを買わせてもらいました(キムチの写真は千恵ちゃんより)。
有機唐辛子をはじめ、安心安全な材料を使ってのヤンニョム。昨年分も、キムチ鍋や白菜キムチなどに大事に大事に使いました。

ヤンニョムと一緒に、たまたま材料が余っていたとのことで、「とぉやんのお野菜たっぷり塩糀やきそば」のおすそ分け☆
これがまた美味しかった!
塩糀の風味をベースに、みうらやさんの麺と野菜の美味しさが際立ち、やさしいのにくせになる味。
中央に載っている柴漬けみたいなのは、ローゼルだって(紅生姜代わりにとのこと)。
ローゼルは、りんねしゃのさんちゃんや、酒井シェフや廣瀬ちえさんたち食関係の錚々たるお友達の投稿で見たことがあったけど、初めて食べてみて、さわやかな酸味がよいです。素敵!

塩糀やきそばに関して書かれた「かぁやん商店」のブログです。
http://kaayanshoten.com/20151103/

☆お野菜を中心に色々販売予定の実店舗は2月オープンだそうです。
看板商品の福神漬けもそうだけど、一般的な漬物やジャンクな焼きそばに感じがちな罪悪感を、ほっとする美味しさに変えてくれます。

かぁやん、とぉやん、応援してます!!


*その後、2016年2月13日にオープン!!

オープン後の記事です☆ http://hihararara.exblog.jp/25343553/










[PR]
by hihararara | 2015-12-07 15:58 | | Comments(0)

こもぱん 「秋のぱん」


画像はこもぱんさんのFBページ&HPより・・・

秋ぱんの中の、「りんごの黒糖クランブル」と「チョコとくりのクロワッサン」、
金、土販売のライ麦パン。

c0189426_20455909.jpg
c0189426_20461376.jpg
c0189426_20592374.jpg


前回のブログの続きになるけど、母の様子が心配とはいえ、渥美病院へ行くのなら!と、近くのこもぱんに寄って来ようと決めていた。

次男がいつも「パン・オ・ショコラ」を食べたがるのでそれと、私の希望の上記2種類を電話で予約し、病院の帰りに寄りました。

予約分を確保の上で、ライ麦パンやベーグルなども・・・
このライ麦パンがまた絶妙の風味と食感。

こもぱん、ほんっとうに美味しい!!
東京時代、パン屋巡りをしていたけど、その頃の、ここが最高!レベルのパンが地元でも食べられるなんてって、いつも感激する(本当はもっと近くにあってほしいくらい)。

HPです♪

http://comopan.net/57514/

















[PR]
by hihararara | 2015-10-11 06:58 | | Comments(0)

カフェ・アコーディアナ

【10月8日 FB投稿分】

c0189426_19382591.jpg

c0189426_19385598.jpg

おはようございます。
昨日のことになるけど、竹下いくちゃんと、カフェ・アコーディアナでランチ♪
濃い話を色々しながら、お姉さんキャラに見えるいくちゃんの、かわいらしい表情をいっぱいキャッチしました。

ちょうど一緒に語ったような内容が、的確に書かれた香西慶子さんの真に迫るブログです。いくちゃんの静かなシェアの反響がすごいです。ぜひご一読を・・・
http://ameblo.jp/aromawest/entry-12081373774.html


話をまたカフェに戻すと、
カレーも美味しかったし、注文を受けてから巻き巻きするという噂のモンブランはやっぱり絶品だった!

アコーディアナは、高校時代の同級生男子くんの妹さんがオーナーで、いくちゃんがオーナーさんと仲良しなので、そこにしてもらいました。行ったことあったけど、改めて。

私の周囲や、カフェのコミュニティなどでもアコーディアナは人気が高く、そのわけがよーくわかった気がした。

随所で感じる「心・心・心♡」
このHPも好きで、あちこち読み込んじゃってます。

http://cafe-accordiana.com/index.html







[PR]
by hihararara | 2015-10-09 19:40 | | Comments(0)

Nonno-cafe 田原



c0189426_20410431.jpg
c0189426_20411784.jpg
c0189426_20412950.jpg
c0189426_20414454.jpg
c0189426_20415798.jpg

シルバーウィーク(とやらw)
渥美の実家に2泊で行ってきました。お盆にのんびりできなかったこともあり、今回はゆったりと・・・
田舎で生まれ育った私には、自然浴が必要なんだと実感。
小学生の頃、青年団と思っていたお兄ちゃんたちが、なんともう老人会でびっくり(笑)


旅時間のようないい時間を過ごせたけど、その中で、お店のご紹介。
田原のガーデリアGGさんの1階に入っている「Nonno-cafe」(写真はランチ+デザート)
http://ameblo.jp/nonnocafe-tahara/

その昔、妹がGGに勤務していたので(建物の雰囲気に惹かれて私がすすめた)、何度か出入りしていた場所。素敵なカフェに生まれ変わっていて、美味しかったし、お店の若いご夫妻もいい笑顔で応援したくなりました。

☆逗子の妹へ・・・
両親とまーむーと行ったけど、今度一緒に行こうね!




[PR]
by hihararara | 2015-09-22 20:44 | | Comments(0)

「銀しゃり食堂」 豊橋


こちらも、時期がズレての投稿になっちゃうけど、長男のお友達兄弟のお母さんがやっている食堂のご紹介です。

長男がお願いした「ロースカツ定食」より、カツの写真。



c0189426_08094835.jpg



私がお願いした「糠さんま定食」

c0189426_08100574.jpg


facebookには前に書かせてもらったけど、私はこのご家族が勝手に大好きで、オープン後に初めて行った時、お母さん(女将さん)がまさに「水を得た魚」のようにイキイキと動き回っていて、素敵だなあと思いました。

お料理も美味しいし、女将さんの人柄や心づかいが随所で感じられるようなメニューやお店の空気感。

この時は、夏休みに長男&次男と病院帰りに寄ったんだけど、夏休みで、ご飯作りに疲弊していた私は、人様がつくってくれた美味しい食事をいただける幸せを味わいました。

本当は、夜にビールでも飲みながら、色々つまみをいただきに行きたかったけど、長男の足の手術があって、しばらくうまく歩けなくて叶わず・・・。またぜひ夜にも行ってみたいです!


食べログより・・・

http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23056367/







[PR]
by hihararara | 2015-09-17 16:10 | | Comments(0)

『Salon inachevé サロン・イナシュヴェ』

c0189426_13274257.jpg


9月2日にオープンした、酒井シェフ(ホテルアークリッシュ豊橋・前総料理長)のお店、
『Salon inachevé サロン・イナシュヴェ』に行ってきました。

■Salon inachevé
〒461-0001 名古屋市東区泉2-1-28 ヴィアーレ・ストリア 2B

HP→ http://salon-inacheve.com/

桜通線の高岳駅から歩いて行ったけど、名古屋駅からタクシー往復も便利。
こんな感じの新しいビルの2階です。


c0189426_22280687.jpg


c0189426_13312706.jpg

入口のドアには鹿の角(毎年春に自然に落ちるものだそう)があしらってあり、店内の大きな一枚板のテーブル(設楽産の木材で地元の職人さんが仕上げたもの)の存在感により、都会の一角にあるお店なのに、森の中のレストランという雰囲気も感じる。

シンボルマークをハチドリとしていることも大きいと思う。


c0189426_08345251.jpg

オープンの一ヶ月前に酒井さんがfacebookに書いていた文章より抜粋・・・

<店名のイナシュヴェは未完を意味し、常に革新、進化し、終わりなくフランス料理に精進していければとの思いと、、シンボルマークには可愛らしいハチドリを…ハチドリの一雫の様に、森羅万象、ひとそれぞれ役割があり、無駄なこと、必要のない事など無く、少しでも世の中が明るく元気にと願いを込めました。

お昼はお料理教室形式で私のデモンストレーションを見ながらランチを楽しんでいただき、夜はご自宅のダイニングのようにプライベート感満載のシェフズテーブル!!・・・>

この世界観を随所で感じました。


c0189426_15162767.jpg

c0189426_09322660.jpg

c0189426_09323821.jpg

c0189426_09324886.jpg
c0189426_15134381.jpg
c0189426_09325784.jpg

c0189426_09330924.jpg

c0189426_09331902.jpg
c0189426_08425793.jpg

c0189426_09333092.jpg

c0189426_09334167.jpg

c0189426_09335644.jpg

c0189426_09340911.jpg


c0189426_15194835.jpg

(私が走り書きし、友達や酒井さんに確認はしたけど、不確実なお料理名です。スミマセン)

■北海道産のムラサキウニと坊ちゃんかぼちゃのムース

■鳥取県産のヤギ乳のババロアと生ハム、無花果とヘーゼルナッツの香りで

■ニュージーランド産のバター(浜名湖の青さ海苔入り)
パン(シャンピニオン)

■鴨のフォアグラ まつたけを添えて

■三重県産のスズキ 甲殻類のソース 北海道の毛ガニと一緒に 富ちゃんの茄子を添えて

■北海道産仔牛のかたまり肉(みなさんで切り分け)コンテチーズとトリュフ、落花生、アンチョビのソース

■北海道産とイタリア産のデュラムセモリナ粉の麺を使ったラーメン しじみと青さのスープ

■フルーツ(パッションフルーツ・シャインマスカット・梨)

■ピーチメルバ

■コーヒー&焼き立てのショコラマドレーヌ


***************


酒井さんの美しいお料理は、何度味わっても、食材や食感、ソースの組み合わせなどが本当に絶妙で(斬新なのにしっかり着地する)、うっとりと同時に感嘆する。
お料理に合わせて出していただけるワインも感動的な美味しさでした。

内装や調度品、カトラリーなども含めて、酒井さんの美学が詰まりながらも、主張が強過ぎない、全体的に抑え気味のトーンのお店こそが、「inachevé」のコンセプトと合っていて、すごくよかったです。

クールでいて、温かい。

フレンチを柱としながら、酒井さんの想像力、創造力、遊び心が満載で、元々感じていたことだけど、酒井さんのお店もお料理も、現代アートだなあと思った。

あっという間に過ぎてしまった夢のような時間でした☆☆☆☆☆


c0189426_09513807.jpg


c0189426_15110711.jpg


今回は、前々からの豊橋での飲み仲間(色んな職業のユニークな面々)に加え、今後、名古屋でがんばっていく酒井さんのために、名古屋のスペシャルなお友達を紹介したくて、産婦人科医の伊藤加奈子先生に声をかけ、かなちゃんが、親友の料理家・廣瀬ちえさんに声をかけてくれました。

なんと、酒井さんのお店の真上にちえさんのキッチンスタジオがあるんです!

帰りに駆け足でおじゃまさせてもらった3階の素敵なスタジオ☆


c0189426_15210727.jpg

有名な廣瀬さんの存在はメディアを通して知っていたけど、すごく綺麗で、話しやすい気さくな方でした。

■CHIE'S KITCHEN HP → http://www.chies-kitchen.com/

■ちえさんオフィシャルブログ → http://ameblo.jp/hirose-chie



このビル、ますますホットな場所になること間違いないです!!


☆酒井さんのインタビュー動画も出ている「ガジェット通信」
料理の臨場感とシェフの人柄をすぐさま感じられるようなお店の特長も語られています。

<高級料理店の特等席は調理場の中? 『シェフズテーブル』の魅力とは>
http://getnews.jp/archives/1100645

☆毎週月曜更新のお料理番組 (シラバス)
https://youtu.be/ytLui_cHIq0

*お写真は自分撮影分以外に、同席したお友達、酒井さんのFBよりいただきました。








[PR]
by hihararara | 2015-09-09 07:05 | | Comments(0)

長男家庭科の宿題

【とどこおってますが、8月17日FB投稿分】

明日出校日の長男(中2)、何度も確認したのに、やはり、今になって家庭科の宿題がやってないことが判明。
二種類ある宿題のうちの一つは、「アイデア料理コンテスト」で、指定された豊橋の食材を盛り込んでの料理を作り、写真を撮って(←これがあるから気になったわけだ)レポート。

母親がちゃちゃっと手伝っちゃう家も多いと思うけど、長男は料理が好きなので自分でやりたがる姿勢は尊重してやりたい。が、時間がない。
朝は(やってないことを責めたので)「口出しするな」と言ってきたけど、作って食べて写真を撮るなら昼間のうちと思い、しかし、提案の仕方を間違えると反発するので(過保護じゃなくて思春期めんどくせー。私の目的は家で写真のプリントアウトができないし、食材の買い出しにしてもどのみち関わるのならさっさと済ませたい)、
私の口から出た言葉が自分でもよくわからないけど、まず外人調だった・・・

私「リョウリノシュクダイヲ ヤルナラヒルマガイイト オモウノデスガ、、」
長男「All right ヤリマショウ(笑顔)」

てな感じに2人でしばらく外人調に相談・・・(スムーズ!)
そうか、これから反抗的な時は、英語を混ぜて外人調で会話することにしよう(どこまで通用するかは不明w)。


*************************

c0189426_09291619.jpg
c0189426_09292957.jpg
c0189426_09293895.jpg

長男の家庭科宿題におつき合いいただき、ありがとうございます(笑)
先ほど完成し、試食も終えました。
題して「オムライス 夏の陣」だそう(笑)

ギプスなので、買い出しや写真のプリントアウトは私が手伝ったけど、料理についてはすべてがんばった!
指定の野菜や卵(うずらの卵入り)等、ほとんど使った感じ。

本当は、タンポポオムライスみたいに(映画『タンポポ』に出てくるオムライス)、半熟のオムレツを上にのせて、カットしてとろ~りが理想だったけど、それはうまくいかなかったが、盛り付けでごまかせたでしょう。

オムレツは、酒井シェフに教わって以来、家で何十回も練習した成果です。
みなさま、ありがとうございました☆
一回目の出校日は入院中で行けなかったので、明日はとても楽しみだと思います。






[PR]
by hihararara | 2015-08-26 09:31 | | Comments(0)

ノスタルジアおつかれさま会


【8月8日FB投稿分】

c0189426_22290844.jpg


c0189426_22283656.jpg
c0189426_22291796.jpg
c0189426_22292892.jpg


祝退院!
の席の食事じゃなくて、さっきまで参加していた6月の高校の同窓会総会のおつかれさま会のお料理です。
(長男も無事、今日の午前に退院しました)


ノスタルジア http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23036350/...
の飲み放題コースだけど、これはお料理の一部で、前菜も、飲み放題で選べるドリンクも豊富で満足でした♪

私は今日は、息子のことを考えて車で参加したので、アルコールが飲めなくて残念だったけど、本当に美味しかった!
(店長の中村くんにもあっちゃんにも会えてよかったです)


今日は同窓会で撮影された映像を観ながらの会で、パソコン上では見ていた動画(私は司会担当)が大画面になると、自分の目尻のシミとか気になったりもしたけど(笑)、楽しかったよ。

我が学年のことながら、素晴らしい演出だった。全体的に本当にいい時間だった。
最初は興味もなかったし、出るつもりもないくらいだったのに、関わらせてもらえて心から感謝しています。


卒業25年。42,43歳ってのは、人生の中でもきっといい時期で、あの頃と今を重ね合わせながらみんなで協力してがんばれたこと、思い出と糧になると思います。

みんな、おつかれさまでした!ありがとうございました☆




[PR]
by hihararara | 2015-08-12 22:30 | | Comments(0)

ぞうめし屋 ~ nido「桃パフェ」


c0189426_22262982.jpg

西尾の「ぞうめし屋」さんに行ってきました。

HP
http://www.zoumeshiya.com/

店主のいまだいさんのブログ
http://ameblo.jp/happy-imai/


知らない人からしたら「ぞうめし屋」ってどういう名前?どういうお店?って感じだろうけど、
ちょっとでも知ってる人からしたら、「絶対行きたい!!」って話題のお店。
味噌屋さんが始めたカフェです。

去年のアースデーたはらで、移動販売のぞうめし屋さんの味噌煮丼を食べて(正式な名前がわからなくて
すみません)、美味しかったのが最初の出会いでした。存在はその前から知りつつ・・・
少し話したいまだいさんの人柄のよさや、当時テレビでも見かけて興味を持ったので、facebookのぞうめし屋のページに登録したり、いまだいさんのブログを追ったりして、カフェの準備についてもずっと見てきました。

メニューや内装、食器などなど、あちこちにこだわりや温かみを感じ、食べたい!というよりも、
お店を体験してみたい!って気持ちで行ってきました。


c0189426_09082787.jpg


遠方への運転が苦手なので、こういう時、好奇心が合致すれば連れて行ってもらえる男友達にお願いし、事前にFBページから混雑状況を伺っていました。
「オープンは11時だけど、10時からボードに名前を書いてもらい、お名前順に入ってもらうので、10時半くらいまでに来てもらえるといいかと・・」みたいに丁寧に教えてもらっていました。

私たちの到着は10時40分くらいだったんだけど(私の遅刻!)、すでにお店の前の駐車場は満車で、行列ができていて、びっくり!!!!!
名前をボードに書いたら22番目で、その後、第二駐車場に停めて店に向かう時の写真が↑。
このようなのどかな立地に、急きょ出現という感じの満車風景・・・

想像以上の人気ですごいなあと思いました。

c0189426_22263719.jpg

開店前にこの人人人!!!

ご案内によると、あくまでも目安だけど、名前を書いたうちの上から13組目くらいまでが、1巡目で入れて(実際昨日もその通りだった)、
迷ったけど待つことにしました(本来行列は苦手。でも椅子に座れたこともあり・・)。

待っている間に、店頭脇のドーナッツの販売スペースに並び、味噌関係のお食事メニューと並んで目玉のドーナッツを買いました。

c0189426_22264421.jpg

二つはその場で友達と食べ(それはここ↑には入ってない:笑)、息子たちにもお土産として買って帰ったけど、やさしい味で美味しかった♪

お店の看板の下の多肉植物類もかわいかったけど、ふと見た、外の椅子の下の植物もかわいい。


c0189426_22265685.jpg



こんなふうにお店の外も中も、細部に渡りセンスのいい小物や緑であふれていました。
つまりそれら全体が見たかったのです!
「ぞうめし屋に行く」ってのは、私にとっては「アートの展覧会に行く」みたいな気持ちでした。
食べものだけじゃなく、店づくりも含めて、「つくる」「つくられた」現場を体感したいという気持ち。
実はそういう心遣いを感じることが、自分自身の創作の刺激にもなります。

c0189426_22270390.jpg



そして、入れた店内。
やっぱり素敵☆


c0189426_22271066.jpg


   カウンター席やテーブル席も、形状が様々で、小さいお子さん連れも過ごしやすいスペースとなっていました。

c0189426_22271742.jpg

私は行く前から検討していた「みそ屋のキーマカレー定食」。
友達は定番の「肉みそごはん定食」。
肉みそも食べさせてもらったけど、文句なしに美味しいし、キーマカレーも、和風な感じで、野菜もたっぷりでうれしかった。


c0189426_22272250.jpg

混雑した状況なのに、お店のスタッフの方々みんな笑顔で、建物も集う人たちも心地よい空気感に満ちていました。

12時40分くらいに外に出たら行列もなく、駐車場にも空きができていて、日によって違うだろうけど、
11時の開店直後を目指すより、1時過ぎとかのほうが比較的空いているのかなあと思いました(あくまでも、7月8日の状況として)。


*********

移動中の道端で見かけた亀。でかい!
戻ってもらって撮影(笑)

c0189426_22272987.jpg

実は昨日はワケあって、インコも連れて行ってました。雨で気温も低く、車に置いておいても大丈夫だったので・・・
こんな希望をゆるしてくれる友達(そういう友達(妹曰く「奇特なアナタにつき合ってくれる奇特な友達」)多数)に
感謝!

c0189426_22273679.jpg
c0189426_22274675.jpg


***********

そして、もうひとつ、nido(豊川市のブックカフェ。2度目の訪問)の桃パフェ☆
この桃は、お友達でもある、「居土畑」さんのもの。
説明に間違いがあってはいけないので、nidoのFBページより・・・

<nidoの桃パフェは、豊橋市石巻で農業を営む、「居土畑」の竹田夫婦とそのお父さんが
丹精込めてつくってくれた桃を使用しています。
お客様への直販のみで、市場には決して出ません。

nidoでは、ゼリー、カスタード、ブラマンジェ、グラニテなど桃の美味しさを引き出せるように層を重ね、パイ生地を挟んで、ミルフィーユ仕立てにパフェをつくりました。

桃が採れる季節限定の一品です。
ぜひ、お召し上がりください。

モモパフェ ¥1,200(税別)>


c0189426_22275480.jpg


桃パフェにはちょっとした思い入れがあったので(東京時代にあるお店で食べたかったのに
食べられなかった思い出w)、どうしても!と思って行ったけど、
熟れどきの桃と全体のハーモニーもよく、大満足でした。

nidoの店員さんに、以前別のお店にいて私を知っててくれた方がいて、声をかけてもらえて
うれしかった♪
ぞうめし屋のいまだいさんにぞうめし屋では会えなかったけど、前日nidoに来たそうで、
それもなんだかおもしろかった。



まあつまりは、夏休みになると思うように動けなくなるので、その前に、、と相変わらずバタバタ過ごしています。



出版を考えていたり、講座もちょこちょこやっているので、お金をいただくためには、お金をいただく側の「おもてなしの心」についてよく考えるけど、この頃、本当にいいもの、とか、
本音の心遣い、みたいなものを感じさせてくれるお店や商品が増えてきた。
というか、そういうものを選択して買っています。

やっぱり「心」ですね。
ぞうめし屋には「ヒットのひみつ」がいくつもあったし、
そういう心を感じるお店が支持されるのはうれしいです。












[PR]
by hihararara | 2015-07-09 11:32 | | Comments(0)

名古屋吹上 蕎麦「つづら」  


【5月11日のFB投稿より】
c0189426_20242433.jpg
c0189426_20244481.jpg

昨日は一日名古屋デーでした。
(朝、生意気な息子らに「Today is Mother's Day?」って呼びかけたら、次男が「Pardon me?」ってどこで覚えたのかうまいこと言いやがって、ウケた。しかしまあ、子供が泣いて手を振るような時期を過ぎ、楽々お出かけできるようになっただけでじゅうぶんありがたい、と思いながら出発w)

最初の目的は、元彼のお姉ちゃんに20年ぶりに名古屋駅で会う!ということだったけど、個展開催中のミワちゃん♡にも会い、その前には松坂屋での期間限定・桐島かれんさんのHOUSE OF LOTUSに行き、お昼には酒井シェフおすすめの「つづら」(蕎麦屋さん)に行き・・と、当日になって盛り込み盛り込みで、まとめきれないので、まずは吹上の「つづら」について。

写真は酒井さんの投稿で最初に見た「山かけ」(温かい二八蕎麦)
酒井さんが確か、長崎のおばあちゃんのとろろを思い出すみたいに書いてた気持ちがわかる、どこかノスタルジックな味わい。
蕎麦屋さんで(ラーメン屋でもうどん屋でも)、おつゆを飲み干すってやったことなかったけど、美味しくて全部いただきました。

私も、幼い頃、おじいちゃんが山でとってくる自然薯を母がとろろ汁にしてくれた時の味を思い出した。出汁や醤油や焼き海苔の昔ながらの正しい(力強い)味というか・・・

デザートでいただいた黒蜜ときなこのジュレも美味しかった!

注文後出てくるのは早いのに、とても丁寧なお味で、ひとつひとつ作品という趣きがあった。って、店主さんともお友達になった今、恐縮ですが・・・(笑)

で、店主さんのところでたまたま発見したんだけど、昨日お隣に座った男性が、熱心に写真を撮ってて(同行の息子くんへ蕎麦談義をしてて)、きっとブログをやってる人だろうなあって思ったんだけど、まさにそうで、本当に愛情深く昨日の「つづら」さんについても書いてて(全くもって「そうそう、そうやって撮ってた!」という写真が載っててw)、それがとても参考になるので(他のメニューも)紹介させてもらいます。私が見た風景そのまんま(笑)
http://ameblo.jp/fmk3776/entry-11990691474.html


「つづら」絶対にまた行きます♪


       



[PR]
by hihararara | 2015-05-12 20:26 | | Comments(0)