カテゴリ:食( 67 )

ノスタルジアおつかれさま会


【8月8日FB投稿分】

c0189426_22290844.jpg


c0189426_22283656.jpg
c0189426_22291796.jpg
c0189426_22292892.jpg


祝退院!
の席の食事じゃなくて、さっきまで参加していた6月の高校の同窓会総会のおつかれさま会のお料理です。
(長男も無事、今日の午前に退院しました)


ノスタルジア http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23036350/...
の飲み放題コースだけど、これはお料理の一部で、前菜も、飲み放題で選べるドリンクも豊富で満足でした♪

私は今日は、息子のことを考えて車で参加したので、アルコールが飲めなくて残念だったけど、本当に美味しかった!
(店長の中村くんにもあっちゃんにも会えてよかったです)


今日は同窓会で撮影された映像を観ながらの会で、パソコン上では見ていた動画(私は司会担当)が大画面になると、自分の目尻のシミとか気になったりもしたけど(笑)、楽しかったよ。

我が学年のことながら、素晴らしい演出だった。全体的に本当にいい時間だった。
最初は興味もなかったし、出るつもりもないくらいだったのに、関わらせてもらえて心から感謝しています。


卒業25年。42,43歳ってのは、人生の中でもきっといい時期で、あの頃と今を重ね合わせながらみんなで協力してがんばれたこと、思い出と糧になると思います。

みんな、おつかれさまでした!ありがとうございました☆




[PR]
by hihararara | 2015-08-12 22:30 | | Comments(0)

ぞうめし屋 ~ nido「桃パフェ」


c0189426_22262982.jpg

西尾の「ぞうめし屋」さんに行ってきました。

HP
http://www.zoumeshiya.com/

店主のいまだいさんのブログ
http://ameblo.jp/happy-imai/


知らない人からしたら「ぞうめし屋」ってどういう名前?どういうお店?って感じだろうけど、
ちょっとでも知ってる人からしたら、「絶対行きたい!!」って話題のお店。
味噌屋さんが始めたカフェです。

去年のアースデーたはらで、移動販売のぞうめし屋さんの味噌煮丼を食べて(正式な名前がわからなくて
すみません)、美味しかったのが最初の出会いでした。存在はその前から知りつつ・・・
少し話したいまだいさんの人柄のよさや、当時テレビでも見かけて興味を持ったので、facebookのぞうめし屋のページに登録したり、いまだいさんのブログを追ったりして、カフェの準備についてもずっと見てきました。

メニューや内装、食器などなど、あちこちにこだわりや温かみを感じ、食べたい!というよりも、
お店を体験してみたい!って気持ちで行ってきました。


c0189426_09082787.jpg


遠方への運転が苦手なので、こういう時、好奇心が合致すれば連れて行ってもらえる男友達にお願いし、事前にFBページから混雑状況を伺っていました。
「オープンは11時だけど、10時からボードに名前を書いてもらい、お名前順に入ってもらうので、10時半くらいまでに来てもらえるといいかと・・」みたいに丁寧に教えてもらっていました。

私たちの到着は10時40分くらいだったんだけど(私の遅刻!)、すでにお店の前の駐車場は満車で、行列ができていて、びっくり!!!!!
名前をボードに書いたら22番目で、その後、第二駐車場に停めて店に向かう時の写真が↑。
このようなのどかな立地に、急きょ出現という感じの満車風景・・・

想像以上の人気ですごいなあと思いました。

c0189426_22263719.jpg

開店前にこの人人人!!!

ご案内によると、あくまでも目安だけど、名前を書いたうちの上から13組目くらいまでが、1巡目で入れて(実際昨日もその通りだった)、
迷ったけど待つことにしました(本来行列は苦手。でも椅子に座れたこともあり・・)。

待っている間に、店頭脇のドーナッツの販売スペースに並び、味噌関係のお食事メニューと並んで目玉のドーナッツを買いました。

c0189426_22264421.jpg

二つはその場で友達と食べ(それはここ↑には入ってない:笑)、息子たちにもお土産として買って帰ったけど、やさしい味で美味しかった♪

お店の看板の下の多肉植物類もかわいかったけど、ふと見た、外の椅子の下の植物もかわいい。


c0189426_22265685.jpg



こんなふうにお店の外も中も、細部に渡りセンスのいい小物や緑であふれていました。
つまりそれら全体が見たかったのです!
「ぞうめし屋に行く」ってのは、私にとっては「アートの展覧会に行く」みたいな気持ちでした。
食べものだけじゃなく、店づくりも含めて、「つくる」「つくられた」現場を体感したいという気持ち。
実はそういう心遣いを感じることが、自分自身の創作の刺激にもなります。

c0189426_22270390.jpg



そして、入れた店内。
やっぱり素敵☆


c0189426_22271066.jpg


   カウンター席やテーブル席も、形状が様々で、小さいお子さん連れも過ごしやすいスペースとなっていました。

c0189426_22271742.jpg

私は行く前から検討していた「みそ屋のキーマカレー定食」。
友達は定番の「肉みそごはん定食」。
肉みそも食べさせてもらったけど、文句なしに美味しいし、キーマカレーも、和風な感じで、野菜もたっぷりでうれしかった。


c0189426_22272250.jpg

混雑した状況なのに、お店のスタッフの方々みんな笑顔で、建物も集う人たちも心地よい空気感に満ちていました。

12時40分くらいに外に出たら行列もなく、駐車場にも空きができていて、日によって違うだろうけど、
11時の開店直後を目指すより、1時過ぎとかのほうが比較的空いているのかなあと思いました(あくまでも、7月8日の状況として)。


*********

移動中の道端で見かけた亀。でかい!
戻ってもらって撮影(笑)

c0189426_22272987.jpg

実は昨日はワケあって、インコも連れて行ってました。雨で気温も低く、車に置いておいても大丈夫だったので・・・
こんな希望をゆるしてくれる友達(そういう友達(妹曰く「奇特なアナタにつき合ってくれる奇特な友達」)多数)に
感謝!

c0189426_22273679.jpg
c0189426_22274675.jpg


***********

そして、もうひとつ、nido(豊川市のブックカフェ。2度目の訪問)の桃パフェ☆
この桃は、お友達でもある、「居土畑」さんのもの。
説明に間違いがあってはいけないので、nidoのFBページより・・・

<nidoの桃パフェは、豊橋市石巻で農業を営む、「居土畑」の竹田夫婦とそのお父さんが
丹精込めてつくってくれた桃を使用しています。
お客様への直販のみで、市場には決して出ません。

nidoでは、ゼリー、カスタード、ブラマンジェ、グラニテなど桃の美味しさを引き出せるように層を重ね、パイ生地を挟んで、ミルフィーユ仕立てにパフェをつくりました。

桃が採れる季節限定の一品です。
ぜひ、お召し上がりください。

モモパフェ ¥1,200(税別)>


c0189426_22275480.jpg


桃パフェにはちょっとした思い入れがあったので(東京時代にあるお店で食べたかったのに
食べられなかった思い出w)、どうしても!と思って行ったけど、
熟れどきの桃と全体のハーモニーもよく、大満足でした。

nidoの店員さんに、以前別のお店にいて私を知っててくれた方がいて、声をかけてもらえて
うれしかった♪
ぞうめし屋のいまだいさんにぞうめし屋では会えなかったけど、前日nidoに来たそうで、
それもなんだかおもしろかった。



まあつまりは、夏休みになると思うように動けなくなるので、その前に、、と相変わらずバタバタ過ごしています。



出版を考えていたり、講座もちょこちょこやっているので、お金をいただくためには、お金をいただく側の「おもてなしの心」についてよく考えるけど、この頃、本当にいいもの、とか、
本音の心遣い、みたいなものを感じさせてくれるお店や商品が増えてきた。
というか、そういうものを選択して買っています。

やっぱり「心」ですね。
ぞうめし屋には「ヒットのひみつ」がいくつもあったし、
そういう心を感じるお店が支持されるのはうれしいです。












[PR]
by hihararara | 2015-07-09 11:32 | | Comments(0)

名古屋吹上 蕎麦「つづら」  


【5月11日のFB投稿より】
c0189426_20242433.jpg
c0189426_20244481.jpg

昨日は一日名古屋デーでした。
(朝、生意気な息子らに「Today is Mother's Day?」って呼びかけたら、次男が「Pardon me?」ってどこで覚えたのかうまいこと言いやがって、ウケた。しかしまあ、子供が泣いて手を振るような時期を過ぎ、楽々お出かけできるようになっただけでじゅうぶんありがたい、と思いながら出発w)

最初の目的は、元彼のお姉ちゃんに20年ぶりに名古屋駅で会う!ということだったけど、個展開催中のミワちゃん♡にも会い、その前には松坂屋での期間限定・桐島かれんさんのHOUSE OF LOTUSに行き、お昼には酒井シェフおすすめの「つづら」(蕎麦屋さん)に行き・・と、当日になって盛り込み盛り込みで、まとめきれないので、まずは吹上の「つづら」について。

写真は酒井さんの投稿で最初に見た「山かけ」(温かい二八蕎麦)
酒井さんが確か、長崎のおばあちゃんのとろろを思い出すみたいに書いてた気持ちがわかる、どこかノスタルジックな味わい。
蕎麦屋さんで(ラーメン屋でもうどん屋でも)、おつゆを飲み干すってやったことなかったけど、美味しくて全部いただきました。

私も、幼い頃、おじいちゃんが山でとってくる自然薯を母がとろろ汁にしてくれた時の味を思い出した。出汁や醤油や焼き海苔の昔ながらの正しい(力強い)味というか・・・

デザートでいただいた黒蜜ときなこのジュレも美味しかった!

注文後出てくるのは早いのに、とても丁寧なお味で、ひとつひとつ作品という趣きがあった。って、店主さんともお友達になった今、恐縮ですが・・・(笑)

で、店主さんのところでたまたま発見したんだけど、昨日お隣に座った男性が、熱心に写真を撮ってて(同行の息子くんへ蕎麦談義をしてて)、きっとブログをやってる人だろうなあって思ったんだけど、まさにそうで、本当に愛情深く昨日の「つづら」さんについても書いてて(全くもって「そうそう、そうやって撮ってた!」という写真が載っててw)、それがとても参考になるので(他のメニューも)紹介させてもらいます。私が見た風景そのまんま(笑)
http://ameblo.jp/fmk3776/entry-11990691474.html


「つづら」絶対にまた行きます♪


       



[PR]
by hihararara | 2015-05-12 20:26 | | Comments(0)

Kado 幸せな土曜日

 

c0189426_06481865.jpg


 

前々から気になっていたお店「Kado」に、念願叶って行ってきました。

看板を見て、なぜか妙に心惹かれるものがあったところ、FacebookでKadoのページを知り、HPやブログを見たら、さらに気になり、まずはFBで「このお店が気になるんだけど、行ったことある人感想を聞かせてください」と呼びかけました。

好意的な感想をいくつかもらい、具体的に誰と行こう?と思っていたところ、私の投稿をたまたま見てくださったある方が、Kadoのオーナーのご両親をよく知っていて、そんな流れもあって、最初に行く時はこの人しかあり得ない!という感じでご一緒してもらった。

 

 

毎度ながら、ピタリピタリと決まっていく時はおもしろい流れで、これ以上はないという展開になる。
その方は、私が10年以上前の取材で、てきとーにこたえた(つくった)座右の銘「運に波乗り」を気に入ってくださってるけど、まさに日々そんな感じ。

まずは、私が心惹かれたKadoのHP→ http://www.gd-kado.com/

ブログ→ http://gdkado.dosugoi.net/

 

これらを、しっかりちゃっかり予習して出かけたので、飲みたいものや食べたいものをピンポイントでお伝えできた(笑)

☆以下、ブログの仕様で、縦の写真の方が大きく写っております(横幅が統一されているため)

 

c0189426_06481822.jpg
c0189426_06481802.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06481994.jpg
c0189426_06481932.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06481911.jpg
c0189426_06482013.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482065.jpg
c0189426_06482123.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482102.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482100.jpg
c0189426_06482272.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを見ていた段階で、お料理はもちろん、こだわりのカクテルが気になり、お願いしたのは、季節の「三ケ日ネーブルのミモザ」と、自家製の生姜シロップを使った「モスコーミュール」.。
モスコーミュールは、時期によっては、こんなたまらん「金柑と生姜のモスコーミュール」も・・・(正直、コレにグッと心をつかまれました) http://gdkado.dosugoi.net/e722425.html

本日のおすすめの赤ワイン、「ラフォルジュ シラー」もすごく美味しかった。
南フランスのスパイシーな赤ワイン、とのことだけど、私はワインはスパイシーで辛口の方が好きなので、香りも深みもとても好みでした。

「ハマグリのホイル蒸し」にはタケノコと空豆も入っていて春を感じ、「根菜とキノコのサラダ オレンジ風味」も、ベーコンもチーズも、「三州豚のロースト ローズマリー風味」も、「ペンネゴルゴンゾーラ」も美味しかった!
全体的に、すごく好きなメニューなんです。オーソドックスからわざと外した感じや工夫が・・・。
私の友達には、ラズベリー(フランボワーズ)好きの女子が多いけど、その友達にはKadoのよさが、ピンポイントで通じると思う・・・(ね!笑)

オーナーマネージャーさんとオーナーバーテンダーさんは高校時代の同級生で(お二人とも若いイケメン♪)、カウンターでお聞きしたところ、二人とも飲みに行くのが好きで、自分たちが行きたいようなお店を5年前につくったらしい。

私は、豊橋において、「どうしても行きたい!」と思うことはそんなにないのだけど、Kadoには、どうしても行ってみたい、と思わせる魅力を感じたし、実際に行ってみて、やっぱりよかった。

カクテルやお料理を少しいただいただけでも、目指したいところがわかるような気がする。

東京で、まだ18歳や19歳の頃、目上の人に連れて行ってもらった素敵なお店の空気感を思い出す。

まだまだ食べてみたい、飲んでみたいものが、ズラリとあるので、また行きたいです。

 

あっという間に4時間もいて、コーヒーを飲もうと(Kadoにも美味しいコーヒーやスイーツあります♡)移動した先は、木曜日に、ランチで行ったばかりのアロハテーブル。

同行の素敵な方が、店長くんと親しくて、私たちが6月の同窓会総会後の二次会でアロハテーブルを使うと知って、店長くんと改めてつないでくれるために(そんな風には口にせず)連れて行ってくれたのだった。

・・・感激!

 

c0189426_06482205.jpg



二日前に会った料理長くんと店長くん(一つ前のブログ参照)に夜の顔で?ご挨拶し(笑)、FBにおける、記事の反響(「いいね」を70以上いただいたことやら、お店を褒めるコメントがたくさん入ったことなど)もお伝えできた。

 

 

 

 

 

 

Kadoも夜のアロハテーブルも素敵だったし、連れて行ってくれた方との会話も改めて感動することの連続で、言葉じゃないところで通じ合えるけれど、やはり人と人とは、言葉や行動によって信頼を深めるわけで、幸せな時間でした。

 

帰りのタクシーの中で、80年代の「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマのひとつ、EPOの『DOWN TOWN』のこの部分が浮かんできた。

<七色のたそがれ 降りてきて
風は なんだか涼し気
土曜日の夜は 賑やか>

家に帰って調べると、歌詞は伊藤銀次さん、曲は山下達郎さんとのこと。

うーん、名曲だったなあ。
夜のお出かけが気持ちいい季節になったなあ。

 

そして、いつもは、夜に私が出かけると、食器や洗いものがそのまんま、ってことが多いけれど、この日は、流し台がスッキリきれいで、食器たちは、食器洗い機の中ですっかり乾燥されて温まっており、子供たちの成長を、ありがたいなあと思いました。

色々なご縁やら、自分が大切に扱ってもらえたことやら、本当に幸せな時間でした。

ご恩返しします。

ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-26 04:04 |

アロハテーブル

 

【4月22日 FB公開分 次の回との関連もあって・・・】

c0189426_06482330.jpg


 

今日のランチは、ゆきちゃんとアロハテーブル♪ http://www.cocolafront.jp/shop/shop_detail.php?siid=8

 

 

 

 

目的は、先月飲み会でお会いしたミッシェルくん(料理長・日本人・酒井シェフ命名)を励まし(冷やかし)に・・・☆
あの時一緒だったみなさん、ミッシェルくんは、アロハスタイル?でがんばってたよ~~

アロハテーブルは、6月の南高校の同窓会総会後の私たちの学年の二次会の会場です(先月末は行けなくてすみませんでした)。
店長の辻くんにもご挨拶し、さらに、アークリッシュからも要人が二人テーブルまで来てくれたので(私ら何者?と私らが思うw)、「6月13日はよろしくお願いします」としっかりお伝えしました。

途中、元々お友達の要人との話に熱が入り(料理の世界の感動話)、私はグレープフルーツジュースを豪快にこぼしました。めったにやらないのに、申し訳なかったです。
知ってる人は知ってる、神宮球場でのソバぶちまけ事件を思い出しました・・・(笑)
今日は暖かい日でよかったです(写真のジーンズの左足はビショビショです)。

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-26 01:04 |

チョコの話♡

 

回し者じゃないけど、自分が良いと思ったチョコレート関係のまとめ。

前記事もバレンタインにちなんでのクッキー作りだったけど、今回は、今年のギフトとして買ったり、食べたりしたもののまとめ・・・

ちなみに、夫は甘いものが苦手なので、お酒をお贈りします(先にエクスキューズw)

 

c0189426_06473731.jpg
c0189426_06473738.jpg



 

 

 

 

c0189426_06473839.jpg



昨年に引き続いて、A.マキノの生チョコ。

(その前2年はベルカントの生チョコだったけど、息子等のリクエストによりマキノ)

ガッツリ正統派って感じの華やかなケーキ類が並ぶお店で、私はあんまり甘いものを食べなくなったので、年に一度バレンタインの時期にって感じになってるけど、生チョコも立方体で食べ応えあり、この、クラシックショコラというケーキも絶品!
表面のフランボワーズと下に層になってる濃厚なチョコレートケーキのマリアージュ(笑)が素晴らしい♪

    HP→   http://www.amakino.com/

 

 

c0189426_06473895.jpg
c0189426_06473968.jpg



 

 

 

 

 

もうほとんど売り切れになってる、ベジカフェロータスの生チョコレート。

ロータスは大好きなカフェ。

オーナーの安竹さんとFB友達で、彼の投稿は勉強になるし、彼の朗らかさが好きなので、投稿されるとお知らせが来る設定にしており、この貴重なチョコレートについて発表された時、コメント一番乗りで予約しました(笑)

チョコについて解説されたブログ・・・http://blog.livedoor.jp/vegecafe_lotus/archives/42641493.html

 

ちょうど今日、元々大切なお客様の予定があったので、一緒にいただきました。
砂糖もクリームも使ってないなんてびっくり!!

チョコレートは好きだけど(昔は中毒くらい好きだったけど、今はそんなに食べない。食べるなら上質な物を)、ロータスのこのチョコは身体への負担や様々な罪悪感のない、スッキリした(心身清々しい)チョコレート☆

さすがです!

 

c0189426_06473933.jpg
今日お客様といただいた飲み物は、お友達の美容師ともちゃん(新城の美容室 LUZ http://loveluz22.pazru.com/ )に、以前いただいていたハーブティー。

オリジナルの 「Hikari no Mori」ブレンド。

パッケージと中身はこんな感じ・・・↓

(瓶に入れ直したもので、この瓶はちなみに、夫の元上司で仲人をしてくださった方がのちにオリジナルのジャムを販売してて、その空き瓶)

 

 

 

c0189426_06473950.jpg
c0189426_06474074.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

ふだんはチョコとコーヒーの組み合わせが好きだけど、今回はこのハーブティーが合うと思いました。

もったいなくて開封せずにいたけど、昨日初めて開けて飲んでみたら、想像以上に美味しかった!

材料は、アールグレイ、オレンジピール、マリーゴールド、ステビアとのことで、マリーゴールドの花びらなのかな、まさに、森の中の光を感じるような美しさ。

ロータスさんも、このハーブティーも、お友達を通して、こんなに美味しくて質の高いものをいただけるなんて、感激です。

ちなみに、今年は用意しなかったけど、フェアトレードのピープルツリーのチョコレートも大好きだし、過去にお贈りしたこともあります。

http://www.peopletree.co.jp/choco/

 

*********

【余談】

チョコと言って思い出す「ステットラー」。
日本の生チョコブームの火付け役とも言えるスイスのチョコ。

結婚前に雅子さまが皇太子さまにお贈りしたとかで話題となり、テレビのAD時代(1995年)、当時代官山にあった本店に取材に行き、オーナーのお子さん(当時まだ幼稚園児)にほっぺにキスしてもらった思い出がある。

http://www.chocolaterie-stettler.com/

同様に取材に行った「ショコラティエ・エリカ」
http://www.erica.co.jp/

ステットラーもショコラティエエリカも、20年!経った今も発展してるのがうれしい。

 

***********

百貨店のフェアに出るようなチョコはあんまり好きじゃないけど(美味しいし、高級だろうけど、人だかりが無理・・・)、この、ミッシェル・ブランはいずれ名古屋の池下のお店に行ってみたいです。

知り合いの神谷さん(神谷デザイン)が店舗デザインをしたのと、本店のある南フランスのアルビは、かつて3週間滞在した町なので・・・

アルビの風景が出てるページを添付します♪

http://michel-belin.jp/about/albi/

 

 

**********

やっぱり2月は楽しいな。

寒いけど、一番華やぐホットな月かも♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
[PR]
by hihararara | 2015-02-12 03:02 |

クッキー☆

 

c0189426_06473532.jpg


c0189426_06473579.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06473539.jpg


c0189426_06473644.jpg


 

 

 

 

 

c0189426_06473627.jpg



 

 

 

 

 

 

お世話になっている3組の方へ、バレンタインのチョコは集まると思ってクッキーを・・・

簡単なのにおいしい「きなこクッキー」を、最初はお一人に向けて作り出したら、昨日作ってあった甘酒入れたらおいしいかも、家にある無農薬のゆずを入れたらおいしいかも、と実験(←小声w)していったら、種類が増え、さらに、それならばあのご夫妻にも、あの方にもってなっていって、ラッピングも買い足してこの状態(笑)
ちょっとずつ包んで、残りは息子らへ・・・

さらにチョコレートを渡すお方もいます。Aマキノの生チョコとベジカフェロータスさんでゲット☆
(息子らは生チョコ、夫は甘いものが苦手なのでお酒を贈ります)
2月は楽しいなあ~♡

ちなみに、レシピはすでに伝えてる友達もいるコレです。
http://cookpad.com/recipe/941141

牛乳を豆乳に変えて全粒粉使って、砂糖や油の分量を調整しながら色々アレンジ。
私は塩をマストで入れています。
今日のお塩は、宮崎のみこさんにいただいて、大事な時に使ってる沖縄・久高島の2月4日の塩!

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-02-10 11:02 |

プロのお料理@友達のおうち

 

先週末は色々うれしいことが重なって、なかなかブログにまとめられないけど、土曜分より先に、日曜分についてFBに書いた分です。

 

c0189426_06472603.jpg
c0189426_06472610.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06472798.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06472767.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中で、金土日と3連続、イイ男祭りでございまして(笑)、昨日はなんと、酒井シェフ(アークリッシュの前総料理長で、現在はフードコーディネーター、今年のうちには名古屋に新店舗オープン予定!)が、友達のゆきちゃん(美人産婦人科医w)の家でお料理してくれて、うちの息子らも参加で、みんなでワイワイいただきました。

色んなご縁やご恩やお祝いごとが重なってのメンバーで、この約束は昨年からのものだったけど、先週発表された絹姫サーモンのスタンプラリーでのプレミアム賞が「酒井シェフが自宅でフレンチ料理をご提供!」なので、恐縮~~って思いながら楽しませてもらいました。

酒井さんは料理がうまくて(そりゃもちろんプロ中のプロだし)、かっこいいし、その上性格もいい! 笑っちゃうくらいキラキラした人です。プライベートの服装も雰囲気も、モデルか!?ってくらいお洒落。

今回は、子供も楽しめるメニューということで、牡蠣入りチキンクリームシチュー、山芋入りサラダ、蟹やブロッコリーの入ったトマトパスタ、チーズオムレツと続き、大きい子も小さい子もガッツガツでした(料理名は私が今書いたのと、写真は一部で「お母さん盛り付け」です)。 うちの長男は料理が好きなので、興味津々で張り付いていて、そんな息子らにもやさしい酒井アニキ!

家庭の調理器具や調味料で、驚きのプロの味でした。  酒井さんのお顔&絹姫サーモンのプロジェクト紹介として、用紙の画像(「したら(設楽)いいじゃん」のFBページより拝借)も添付します。

長男は今朝さっそく、酒井さんから教わったオムレツを作ってました。  巨人の選手もそうだけど、プロの技を間近で見られる貴重さや幸せを、じわじわわかってほしい。  私も毎日感謝と感動。 みなさん、ありがとうございました☆

【追記 長男の弁】酒井さん、写真で見るよりかっこよかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-01-22 05:01 |

料理写真

 

今パソコンの調子が悪いので、前からFBにはちょいちょい載せた料理の写真を少し、記録的に。

 

c0189426_06465845.jpg


 

鶏挽肉と、にんじんのみじん切りと、芽ひじきと、水切りした豆腐を合わせてハンバーグ風にして焼いて、ひじきの戻し汁をだしにしたとろみあんをかけたもの。

薬味に大根おろし、みょうが、しょうが、大葉。

 

 

c0189426_06465895.jpg



自家製甘酒をほんの少し入れたホットケーキ。

つやつやのもちもちになるので、麹の力ってすごいと思って調べたら、やはり甘酒をわざわざ入れるお菓子があった。

 

 

c0189426_06465925.jpg



爆発シフォンケーキ!(息子ら爆笑!)

爆発させたかったわけじゃないけど、卵の勢いがあったのかふくらんだ(過去にはこぼれたことも・・・)。

これを型のまま持って友達家族(長男と同じ誕生日で病院で知り合って以来の仲良し)のおうちへのお土産に~

 

c0189426_06465965.jpg



旬に買って冷凍してあった実山椒を使いたくて、いただきものの昆布を使った佃煮(煮立つ前)。

 

 

 

c0189426_06465950.jpg

赤大根とにんじんを使った、紅白なますならぬ、紅赤なます的マリネ。
バジルも添えると色彩がきれいだったので撮ってみたけど、この後は漬かっています。

昆布の佃煮にも、マリネにも、伊良湖の黒潮くんhttp://www.kurosio.net/ からいただいた梅シロップ(こだわりのハチミツ漬け)使用です。

 

 

 




と、いつもがんばってるわけじゃないけど(むしろたいていはお見せできませ~ん)、料理写真は独身の頃からつい撮っちゃう♪

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-10-26 12:10 |

ふれでぃー山崎&ミス檸檬の現代養生訓

 

夏休みで、自分のことは色々スローダウンしていますが、子供に注いでますよ(笑)
まさか、8月1日の出校日に出す宿題がこんなにあるとは・・・ってことで親子で大慌て!(出かける予定もあるため)

そんな中、今日は、やまざき歯科クリニック http://yamazakishika.net/

の、ふれでぃー山崎さん&ミス檸檬さんによる、「現代養生訓~口から始める健康づくり~日本の伝統食への回帰」に行ってきました。

開催場所の南陽地区市民館の館長さんも知り合いと前日に判明し、行ってみたら車の誘導をしてくれた方も昨年放射能講座やLove the Momentカフェに来てくださったFさんで、会場に着いた途端クリーニング屋さんでお見かけする店員さんやお友達もいて、豊橋が狭いのか年をとるってこういうことなのか(もちろん私の行動や人脈にもよるけど)、とにかく、今日もまた、すべて知り合いになっていくんじゃないか、ってのを実感する幕開けでした。

ふれでぃーさんと檸檬さんは、14日のダリア会にも来てくださり、本当に大好きなご夫妻。

元々プライベートの場で知り合い、その後親子で転院してやまざき歯科さんにお世話になっていて、ふだんから色々健康にまつわるお話を聞かせてもらっています。

会場は満席で、盛況でした。

ふれでぃーさんがたくさん研究されてきた書物の中から、これは、という本の内容を紹介してくださったり(例えば「日本の長寿村・短命村」など・・・同じ海女さんでも、地域や食事によって長寿短命に分かれるなど興味深い調査がいっぱい)、自分自身が長年の不調から脱するきっかけや決め手となった食養法などを具体的に教えてくれました。

その後で奥さんの檸檬さんが実際のご夫妻の食事をプロジェクターで紹介してくれて、ストイックになり過ぎない、まさにお話にあった通り、「笑顔で心豊かに」という食事や生活が垣間見れて、説得力があると同時に、ふんわりさわやかなメッセージが伝わってきました。

最初にお会いした時から本当に素敵なご夫妻で、お二人の美しさや笑顔を見ているだけで、「ついていこう」という気持ちになります(笑)

山崎夫妻の自然体の指南法は、やわらかくて温かくて心地よいです。

いつもの同年代のお母さんや年下女性の多い会と違って、今日は年配の女性も多く、みなさんがお話に夢中になって、「はぁ~」「ふぅ~ん」「へぇ~」など思わず声が漏れている様子が微笑ましかったです。

講座終了後、ふれでぃーさんからの紹介で中国出身で早稲田の大学院にも行かれたというSさんとお話したり、冒頭のクリーニングの店員さんともお話できたり、Fさんには車の移動までしてもらったり(すみません)、ありがたかったです。

ふれでぃーさんが私の小説を2冊とも持って来てくれていてサインをしたり、サインを書きながら、やっぱりもっと小説を発表したい、がんばろうと思いました。


帰りは、次男の柔道があるため大慌てでお昼ご飯をどうしよう?と思いながら車を走らせ、ふとたどった道から思いつきで、兄弟が好きなコロッケ屋さんに寄り、食事の話を聞いた帰りにお惣菜を買う自分が笑えたけど、そうめんだけじゃなあって思ってコロッケと手羽先を買いつつ、店のおじさんおばさんとおしゃべり。

おじさんが「こう暑いと揚げもの買ってもらえないのにありがとう」とのことで、色々話していたら「そりゃ今はみんな、そーめんと豆腐だよ!」とおじさんが言うので爆笑してしまい(毎年、暑くなり始めはいったん売り上げが落ち、その後暑さが定着すると、復活するらしい)、こんな風にお話できるお店ができたことを改めてうれしいなあと思っていました。

独身時代や子供が小さい頃は、自分の刺激は東京に求めていたところがあったけれど、子供の成長とともに、私も豊橋に定着するようになり、そのおかげで見えてきたおもしろさや深まってきた地域や人とのつながりが確かにあって、なじみのお店とか、なじみの人ってのができて初めて、生活が、生まれ育った渥美半島でも、望んで出た東京でもなく、豊橋にできてきたんだなあと感じるのでした。

と、養生訓から、生活の話。

暑いけど、みなさま(お互いに)身体に気をつけて、乗り切りましょうね!

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2014-07-26 06:07 |