カテゴリ:食( 67 )

かぁやん商店!!


2月13日にオープンした「かぁやん商店」に行ってきました。

「かぁやん商店」HP http://kaayanshoten.com/


c0189426_17453561.jpg
c0189426_17454709.jpg




店内には、かぁやん商店の伊藤夫妻(かぁやん&とぉやん)が選りすぐった商品が所狭しと並んでいます。
お野菜や調味料、手づくりのお惣菜、お菓子などなど、どれもこれも、力のある商品で、わくわくが伝わってくるよ!
生産者さんたちのおもい、心、本物の味、食の大切さを伝えたいという、とぉやん、かぁやんのキラキラした気持ちが詰まったお店。

c0189426_17455510.jpg


入ってすぐに思い出したのは、幼い頃、実家の近くのお店に買い物に行った時の風景。

樽に入った醤油を瓶に入れてもらったり、一斗缶に入ったお豆腐を一丁ずつ薄い板のような紙で包んで、ビニール袋に入れてもらったこと。その時のお店のおばさんの手際の良さ、本物の醤油のにおい・・・

そんな、昭和の古き良き風景を「かぁやん商店」という名前の響きとともに思い浮かべていた。
とぉやん、かぁやんと、「家の容器を持って買い物に来れるようなお店、いいね」など話しながら・・・



                    【とぉやん、かぁやんは、こんなお2人☆】

c0189426_20240340.jpg


素晴らしい笑顔☆☆☆

撮影は、お友達のデザイナー・いーちゃん(『red』『ヒカリめがね』でもおなじみの)です♪ とってもいいな、と思ってお願いして使わせてもらいました。

この衣装(ユニフォーム?コスチューム?)も前掛けも素敵!!

お店のつくりにしても、ロゴや看板にしても、すべてがフィットしていて、「誰か総合的なプロデューサーがいるの?」って聞いちゃったくらいに、ピッタリ(二人のご縁から直感で依頼した設計師さんだったり服だったり、だそう)。


店内には、つい最近『虫たちと作った世界に一つだけのレモン』という本が出版されたばかりの河合果樹園さんのレモネーディアも!

c0189426_17460352.jpg


私も大好きな道長さんのかりんとう(かれんとう)や、サンコーさんのお菓子色々!

c0189426_17461460.jpg

『ヒカリめがね』もさりげなく置いてあったり(笑)、ごとう製茶さんの紅茶や、
chachaさんの焼き菓子も・・・

c0189426_17462549.jpg


有機野菜もいっぱい。星農園さんや居土畑さん、撮り忘れたけど、拓也くんのお野菜などなど・・・
c0189426_17464031.jpg


看板商品の「かぁやんの福神漬」!!
c0189426_17465304.jpg

梅干しも~
c0189426_17470601.jpg



こちらは私も知ってる、ゆみちん(ご主人・よこちんさん作)の干支のお猿さんの親子。
生きてるねえ~♪
c0189426_17471507.jpg


今日買ってきたもの。
c0189426_17472490.jpg


いーちゃん作の飛び出すリーフレット☆ (ほんと素晴らしい)
c0189426_17473973.jpg

個人的には、10年以上前から知ってるお友達(りんねしゃのさんちゃん)、高校・大学の先輩でもあるサンコー社長の多恵さん、星さんご夫妻、居土畑ご夫妻、ゆみちん、いーちゃん、HP担当の晒柿さんなどなど、元々のお友達が集結!みたいな不思議な気持ちにもなりました。

 
                                  ☆


すでに長いけど、かぁやんこと、千恵ちゃんとの出会いから振り返ってみます。

初めて会ったのは、2011年の秋、「豊橋いのちと未来を守る会」を発起した頃でした。

その頃の千恵ちゃんは、小さいお子さんを連れた食に関心の高いお母さん、という感じで、私が主催する講座にもほとんど来てくれたり、そのほかにも勉強熱心、好奇心いっぱいで、様々な勉強会や料理の講座に参加していました。

ふと会う時や、我が家に寄ってくれる時など、必ず手づくりのおやつを持ってきてくれて、それが「皮も中身も手づくりのお焼き」とか、「キャロブのスコーン」とか「びわのタルト」とか手が込んでいて(!)、感心するし、そのエネルギーを仕事として活かせそうに感じていました。

ある時、看護師経験もある千恵ちゃんに、「千恵ちゃんこそ、健康や食に関する先生ができる人だよ」と伝えたことがありました。

それから約3年後くらいの今、かぁやん商店オープン。

今日、ご夫妻の話を聞くと、決して迷いなく順調に、というわけではなく、各々で、二人で、悩んだり葛藤した時期もあった様子。

でも、千恵ちゃん単体の歩みも、とぉやんこと健司さん単体の歩みも、そして、夫婦一緒の歩みもひっくるめて、この、「かぁやん商店」の誕生に向かっていたんだなあと、清々しいものを感じました。

お店に立つ二人は、素敵な衣装を着て舞台に立つ役者さんのようです。


年上の千恵ちゃんに向かっておこがましいけど、千恵ちゃん、この数年ですごく成長したと思う。
みなさまのおかげ、という千恵ちゃんで、もちろんその通りだけど、千恵ちゃん本人が色々学び、動き、その中での出会いやご縁を大事にしてきて、迎えている今、発展していくこれからだと思います。

女性の歩みやストーリーとしても、おもしろいなあと思う。

「かぁやん商店」のかぁやん・おかみさんとして、立ち働く姿や、facebookで発信する写真や文章を見ても、まさに水を得た魚という感じで、イキイキしてる。

元気なお店には人が寄ってくる。

古き良き日本の「商店」のおかあさん、ピッタリです!!

これからも応援しています☆


久々に会った息子くんの「よしくん」が、「まあちゃん」と覚えていてくれてうれしかったよ♡

あ、家に帰ったら料理意欲が増していて、さっそく煮物を作りました。
買った大根やたまりではなく、家に残っていた大根や井上醤油を使ってだけど(笑)
そんな風に、手づくりをもっと楽しみたくなるお店です♪
かぁやんに料理のコツを聞くのも楽しいよ!
























[PR]
by hihararara | 2016-02-26 12:21 | | Comments(0)

パティスリーコガワ


2月4日は、お誕生日でした。

けど、最近少し触れてるように、1月の終わりに悲しいできごとがあったのと、2月3日の節分にも、夫と長男の壮大な親子ゲンカがあって(思春期炸裂・・・ハタから見れば笑える展開なんだけど)、珍しく(もしかしたら、43歳にして初めてくらい)祝う気持ちじゃなかったです。

節分を一年の終わりと考えて、立春が新年の始まり、とするのなら、年末に向けてたいへんなできごとが重なったけど、なんとか新年が晴れやかに上向いていってほしい。

とはいえとはいえ、お誕生日の自分へのケーキはココ!と決めていたお店に行ってきました。
昨年の11月にオープンしたばかりの、年下のお友達夫婦のお店です。


【pâtisserie kogawa(パティスリーコガワ)】

 http://patisseriekogawa.dosugoi.net/


c0189426_19164839.jpg
c0189426_19165713.jpg

エントランスの素敵なディスプレイと鉢物は、私も知ってるお友達(サクラハナミセの桜子ちゃん)の作品!




c0189426_19170662.jpg
美しいショーケース!



c0189426_19171517.jpg
c0189426_19172700.jpg
c0189426_19174270.jpg


私用の「いちごのムース」と「紫いものモンブラン」♪

看板商品の「朝丘ちーずたると」も、タルトが香ばしくて(私好みの焼き具合)、とーっても美味しかったです!

いちごのムースの食べかけの写真はキタナくて申し訳ないけど、美味しいのと、見えないところまで手が込んでる様子に感心し(こういう時、日本人ってすごいなあと思う)思わず・・・


我が家のお祝い事のケーキは、息子たちの希望もあって、私が手づくりするので、ケーキ屋さんにはあんまり行かないんだけど、コガワさんは、前のお店の時にひょんなことから親しくなり(やっぱり接客って重要。お店の方の誠意が心をつかむことって確かにある)、これからも応援したいです。

自分たちのお店を持って、たくましくがんばってる姿に、元気をいただきました☆




























[PR]
by hihararara | 2016-02-07 09:26 | | Comments(0)

最近のおいしかったもの・・・


思わず撮らずにいられなかった美味しかったものの写真をまとめて・・・

◆長男作のケーキの断面

c0189426_09445235.jpg
c0189426_09451024.jpg




◆次男が作った(茹でた)ほうれんそうのおひたしが美しかった。
家庭科で習った通りに二束、忠実に・・・

c0189426_09453065.jpg
c0189426_09454237.jpg


◆こちらも次男作のシフォンケーキ
お兄ちゃんがケーキを作るのを見て、来週はオレ!と。
私はお手伝いで、自分でがんばっていました。
メレンゲをなぜか「イシカワ」と記憶していたことにウケた(笑)

c0189426_09455286.jpg



◆「やまやす」のベーカリーのサーモンサンド
スモークサーモン、ゆで卵、パリパリのレタス、トマト、アクセントにケッパー☆

c0189426_09455861.jpg




◆夫の実家の近くの駄菓子屋さんの焼き芋。
めっちゃうまい!!
焼き芋には新聞紙が合う!(家での撮影で、お店で新聞紙にくるまれたわけじゃないです)
初対面のおばちゃんに幼い頃の夫の話を聞いたり、現在の愚痴を聞いてもらったりした(笑)

c0189426_09460603.jpg



いもによって味わいが違うけど、どれもこれも美味しかった。
今シーズン、さつまいもをいっぱい食べてる!

c0189426_09461511.jpg


またいつかまとめたいけど、病気を経て、改めて食事を見直しています。甘いお菓子はたまの喜びに。
今の私の状態としては、糖質(炭水化物)制限気味で(さつまいもいっぱい食べてると書きつつ:笑)、
上質の油にして、野菜、たんぱく質をしっかり。
小麦製品は控え気味で、乳製品は前々からだけどゼロに近く・・・。
漢方薬や酵素を取り入れています。

身体が強い人はいいけど、弱ってる時は色々気をつけることが確かに効果あると思う。






















[PR]
by hihararara | 2015-12-09 11:28 | | Comments(0)

かぁやん商店のキムチ・ヤンニョム・焼きそば

【12月5日 FB投稿分】

c0189426_15554878.jpg
c0189426_15555609.jpg
c0189426_15560227.jpg


大人気の千恵ちゃんのキムチ講座に、今年は子供の行事で二日とも行けず、ヤンニョムを買わせてもらいました(キムチの写真は千恵ちゃんより)。
有機唐辛子をはじめ、安心安全な材料を使ってのヤンニョム。昨年分も、キムチ鍋や白菜キムチなどに大事に大事に使いました。

ヤンニョムと一緒に、たまたま材料が余っていたとのことで、「とぉやんのお野菜たっぷり塩糀やきそば」のおすそ分け☆
これがまた美味しかった!
塩糀の風味をベースに、みうらやさんの麺と野菜の美味しさが際立ち、やさしいのにくせになる味。
中央に載っている柴漬けみたいなのは、ローゼルだって(紅生姜代わりにとのこと)。
ローゼルは、りんねしゃのさんちゃんや、酒井シェフや廣瀬ちえさんたち食関係の錚々たるお友達の投稿で見たことがあったけど、初めて食べてみて、さわやかな酸味がよいです。素敵!

塩糀やきそばに関して書かれた「かぁやん商店」のブログです。
http://kaayanshoten.com/20151103/

☆お野菜を中心に色々販売予定の実店舗は2月オープンだそうです。
看板商品の福神漬けもそうだけど、一般的な漬物やジャンクな焼きそばに感じがちな罪悪感を、ほっとする美味しさに変えてくれます。

かぁやん、とぉやん、応援してます!!


*その後、2016年2月13日にオープン!!

オープン後の記事です☆ http://hihararara.exblog.jp/25343553/










[PR]
by hihararara | 2015-12-07 15:58 | | Comments(0)

こもぱん 「秋のぱん」


画像はこもぱんさんのFBページ&HPより・・・

秋ぱんの中の、「りんごの黒糖クランブル」と「チョコとくりのクロワッサン」、
金、土販売のライ麦パン。

c0189426_20455909.jpg
c0189426_20461376.jpg
c0189426_20592374.jpg


前回のブログの続きになるけど、母の様子が心配とはいえ、渥美病院へ行くのなら!と、近くのこもぱんに寄って来ようと決めていた。

次男がいつも「パン・オ・ショコラ」を食べたがるのでそれと、私の希望の上記2種類を電話で予約し、病院の帰りに寄りました。

予約分を確保の上で、ライ麦パンやベーグルなども・・・
このライ麦パンがまた絶妙の風味と食感。

こもぱん、ほんっとうに美味しい!!
東京時代、パン屋巡りをしていたけど、その頃の、ここが最高!レベルのパンが地元でも食べられるなんてって、いつも感激する(本当はもっと近くにあってほしいくらい)。

HPです♪

http://comopan.net/57514/

















[PR]
by hihararara | 2015-10-11 06:58 | | Comments(0)

カフェ・アコーディアナ

【10月8日 FB投稿分】

c0189426_19382591.jpg

c0189426_19385598.jpg

おはようございます。
昨日のことになるけど、竹下いくちゃんと、カフェ・アコーディアナでランチ♪
濃い話を色々しながら、お姉さんキャラに見えるいくちゃんの、かわいらしい表情をいっぱいキャッチしました。

ちょうど一緒に語ったような内容が、的確に書かれた香西慶子さんの真に迫るブログです。いくちゃんの静かなシェアの反響がすごいです。ぜひご一読を・・・
http://ameblo.jp/aromawest/entry-12081373774.html


話をまたカフェに戻すと、
カレーも美味しかったし、注文を受けてから巻き巻きするという噂のモンブランはやっぱり絶品だった!

アコーディアナは、高校時代の同級生男子くんの妹さんがオーナーで、いくちゃんがオーナーさんと仲良しなので、そこにしてもらいました。行ったことあったけど、改めて。

私の周囲や、カフェのコミュニティなどでもアコーディアナは人気が高く、そのわけがよーくわかった気がした。

随所で感じる「心・心・心♡」
このHPも好きで、あちこち読み込んじゃってます。

http://cafe-accordiana.com/index.html







[PR]
by hihararara | 2015-10-09 19:40 | | Comments(0)

Nonno-cafe 田原



c0189426_20410431.jpg
c0189426_20411784.jpg
c0189426_20412950.jpg
c0189426_20414454.jpg
c0189426_20415798.jpg

シルバーウィーク(とやらw)
渥美の実家に2泊で行ってきました。お盆にのんびりできなかったこともあり、今回はゆったりと・・・
田舎で生まれ育った私には、自然浴が必要なんだと実感。
小学生の頃、青年団と思っていたお兄ちゃんたちが、なんともう老人会でびっくり(笑)


旅時間のようないい時間を過ごせたけど、その中で、お店のご紹介。
田原のガーデリアGGさんの1階に入っている「Nonno-cafe」(写真はランチ+デザート)
http://ameblo.jp/nonnocafe-tahara/

その昔、妹がGGに勤務していたので(建物の雰囲気に惹かれて私がすすめた)、何度か出入りしていた場所。素敵なカフェに生まれ変わっていて、美味しかったし、お店の若いご夫妻もいい笑顔で応援したくなりました。

☆逗子の妹へ・・・
両親とまーむーと行ったけど、今度一緒に行こうね!




[PR]
by hihararara | 2015-09-22 20:44 | | Comments(0)

「銀しゃり食堂」 豊橋


こちらも、時期がズレての投稿になっちゃうけど、長男のお友達兄弟のお母さんがやっている食堂のご紹介です。

長男がお願いした「ロースカツ定食」より、カツの写真。



c0189426_08094835.jpg



私がお願いした「糠さんま定食」

c0189426_08100574.jpg


facebookには前に書かせてもらったけど、私はこのご家族が勝手に大好きで、オープン後に初めて行った時、お母さん(女将さん)がまさに「水を得た魚」のようにイキイキと動き回っていて、素敵だなあと思いました。

お料理も美味しいし、女将さんの人柄や心づかいが随所で感じられるようなメニューやお店の空気感。

この時は、夏休みに長男&次男と病院帰りに寄ったんだけど、夏休みで、ご飯作りに疲弊していた私は、人様がつくってくれた美味しい食事をいただける幸せを味わいました。

本当は、夜にビールでも飲みながら、色々つまみをいただきに行きたかったけど、長男の足の手術があって、しばらくうまく歩けなくて叶わず・・・。またぜひ夜にも行ってみたいです!


食べログより・・・

http://tabelog.com/aichi/A2306/A230601/23056367/







[PR]
by hihararara | 2015-09-17 16:10 | | Comments(0)

『Salon inachevé サロン・イナシュヴェ』

c0189426_13274257.jpg


9月2日にオープンした、酒井シェフ(ホテルアークリッシュ豊橋・前総料理長)のお店、
『Salon inachevé サロン・イナシュヴェ』に行ってきました。

■Salon inachevé
〒461-0001 名古屋市東区泉2-1-28 ヴィアーレ・ストリア 2B

HP→ http://salon-inacheve.com/

桜通線の高岳駅から歩いて行ったけど、名古屋駅からタクシー往復も便利。
こんな感じの新しいビルの2階です。


c0189426_22280687.jpg


c0189426_13312706.jpg

入口のドアには鹿の角(毎年春に自然に落ちるものだそう)があしらってあり、店内の大きな一枚板のテーブル(設楽産の木材で地元の職人さんが仕上げたもの)の存在感により、都会の一角にあるお店なのに、森の中のレストランという雰囲気も感じる。

シンボルマークをハチドリとしていることも大きいと思う。


c0189426_08345251.jpg

オープンの一ヶ月前に酒井さんがfacebookに書いていた文章より抜粋・・・

<店名のイナシュヴェは未完を意味し、常に革新、進化し、終わりなくフランス料理に精進していければとの思いと、、シンボルマークには可愛らしいハチドリを…ハチドリの一雫の様に、森羅万象、ひとそれぞれ役割があり、無駄なこと、必要のない事など無く、少しでも世の中が明るく元気にと願いを込めました。

お昼はお料理教室形式で私のデモンストレーションを見ながらランチを楽しんでいただき、夜はご自宅のダイニングのようにプライベート感満載のシェフズテーブル!!・・・>

この世界観を随所で感じました。


c0189426_15162767.jpg

c0189426_09322660.jpg

c0189426_09323821.jpg

c0189426_09324886.jpg
c0189426_15134381.jpg
c0189426_09325784.jpg

c0189426_09330924.jpg

c0189426_09331902.jpg
c0189426_08425793.jpg

c0189426_09333092.jpg

c0189426_09334167.jpg

c0189426_09335644.jpg

c0189426_09340911.jpg


c0189426_15194835.jpg

(私が走り書きし、友達や酒井さんに確認はしたけど、不確実なお料理名です。スミマセン)

■北海道産のムラサキウニと坊ちゃんかぼちゃのムース

■鳥取県産のヤギ乳のババロアと生ハム、無花果とヘーゼルナッツの香りで

■ニュージーランド産のバター(浜名湖の青さ海苔入り)
パン(シャンピニオン)

■鴨のフォアグラ まつたけを添えて

■三重県産のスズキ 甲殻類のソース 北海道の毛ガニと一緒に 富ちゃんの茄子を添えて

■北海道産仔牛のかたまり肉(みなさんで切り分け)コンテチーズとトリュフ、落花生、アンチョビのソース

■北海道産とイタリア産のデュラムセモリナ粉の麺を使ったラーメン しじみと青さのスープ

■フルーツ(パッションフルーツ・シャインマスカット・梨)

■ピーチメルバ

■コーヒー&焼き立てのショコラマドレーヌ


***************


酒井さんの美しいお料理は、何度味わっても、食材や食感、ソースの組み合わせなどが本当に絶妙で(斬新なのにしっかり着地する)、うっとりと同時に感嘆する。
お料理に合わせて出していただけるワインも感動的な美味しさでした。

内装や調度品、カトラリーなども含めて、酒井さんの美学が詰まりながらも、主張が強過ぎない、全体的に抑え気味のトーンのお店こそが、「inachevé」のコンセプトと合っていて、すごくよかったです。

クールでいて、温かい。

フレンチを柱としながら、酒井さんの想像力、創造力、遊び心が満載で、元々感じていたことだけど、酒井さんのお店もお料理も、現代アートだなあと思った。

あっという間に過ぎてしまった夢のような時間でした☆☆☆☆☆


c0189426_09513807.jpg


c0189426_15110711.jpg


今回は、前々からの豊橋での飲み仲間(色んな職業のユニークな面々)に加え、今後、名古屋でがんばっていく酒井さんのために、名古屋のスペシャルなお友達を紹介したくて、産婦人科医の伊藤加奈子先生に声をかけ、かなちゃんが、親友の料理家・廣瀬ちえさんに声をかけてくれました。

なんと、酒井さんのお店の真上にちえさんのキッチンスタジオがあるんです!

帰りに駆け足でおじゃまさせてもらった3階の素敵なスタジオ☆


c0189426_15210727.jpg

有名な廣瀬さんの存在はメディアを通して知っていたけど、すごく綺麗で、話しやすい気さくな方でした。

■CHIE'S KITCHEN HP → http://www.chies-kitchen.com/

■ちえさんオフィシャルブログ → http://ameblo.jp/hirose-chie



このビル、ますますホットな場所になること間違いないです!!


☆酒井さんのインタビュー動画も出ている「ガジェット通信」
料理の臨場感とシェフの人柄をすぐさま感じられるようなお店の特長も語られています。

<高級料理店の特等席は調理場の中? 『シェフズテーブル』の魅力とは>
http://getnews.jp/archives/1100645

☆毎週月曜更新のお料理番組 (シラバス)
https://youtu.be/ytLui_cHIq0

*お写真は自分撮影分以外に、同席したお友達、酒井さんのFBよりいただきました。








[PR]
by hihararara | 2015-09-09 07:05 | | Comments(0)

長男家庭科の宿題

【とどこおってますが、8月17日FB投稿分】

明日出校日の長男(中2)、何度も確認したのに、やはり、今になって家庭科の宿題がやってないことが判明。
二種類ある宿題のうちの一つは、「アイデア料理コンテスト」で、指定された豊橋の食材を盛り込んでの料理を作り、写真を撮って(←これがあるから気になったわけだ)レポート。

母親がちゃちゃっと手伝っちゃう家も多いと思うけど、長男は料理が好きなので自分でやりたがる姿勢は尊重してやりたい。が、時間がない。
朝は(やってないことを責めたので)「口出しするな」と言ってきたけど、作って食べて写真を撮るなら昼間のうちと思い、しかし、提案の仕方を間違えると反発するので(過保護じゃなくて思春期めんどくせー。私の目的は家で写真のプリントアウトができないし、食材の買い出しにしてもどのみち関わるのならさっさと済ませたい)、
私の口から出た言葉が自分でもよくわからないけど、まず外人調だった・・・

私「リョウリノシュクダイヲ ヤルナラヒルマガイイト オモウノデスガ、、」
長男「All right ヤリマショウ(笑顔)」

てな感じに2人でしばらく外人調に相談・・・(スムーズ!)
そうか、これから反抗的な時は、英語を混ぜて外人調で会話することにしよう(どこまで通用するかは不明w)。


*************************

c0189426_09291619.jpg
c0189426_09292957.jpg
c0189426_09293895.jpg

長男の家庭科宿題におつき合いいただき、ありがとうございます(笑)
先ほど完成し、試食も終えました。
題して「オムライス 夏の陣」だそう(笑)

ギプスなので、買い出しや写真のプリントアウトは私が手伝ったけど、料理についてはすべてがんばった!
指定の野菜や卵(うずらの卵入り)等、ほとんど使った感じ。

本当は、タンポポオムライスみたいに(映画『タンポポ』に出てくるオムライス)、半熟のオムレツを上にのせて、カットしてとろ~りが理想だったけど、それはうまくいかなかったが、盛り付けでごまかせたでしょう。

オムレツは、酒井シェフに教わって以来、家で何十回も練習した成果です。
みなさま、ありがとうございました☆
一回目の出校日は入院中で行けなかったので、明日はとても楽しみだと思います。






[PR]
by hihararara | 2015-08-26 09:31 | | Comments(0)