カテゴリ:食( 65 )

卒業式ランチ ~ 入試弁当



遅くなってしまったけど、卒業式のお昼、学校でわいわい騒いで、遅くに帰ってきた長男の希望で、石窯ピッツァのネアポリスにランチに行きました。

中2の時、長男が職業体験をさせてもらったお店です。

最初の2枚は私の撮影で、あとの4枚は長男が一眼レフで・・・
(この夜、友達とはしゃいで、レンズが壊れた!)



c0189426_14491745.jpg
c0189426_14501711.jpg


c0189426_21294920.jpg
c0189426_21300715.jpg
c0189426_21302261.jpg
c0189426_21303551.jpg

最後のドルチェは、顔なじみとなっている長男に向けて、店主ご夫妻が卒業のお祝いにサービスしてくださいました(ありがとうございました)。

どれもこれもやはり美味しくて、長男が偏愛的なほどに好いているのもわかります(笑)
ごちそうさまでした!


長男は、ネアポリスでの体験も大きくて、様々な夢を持っているけど、卒業式で渡された手紙に
<イタリアは絶対です>
とありました。

ひとつ前の記事で触れたけど、父親へ書いた手紙に、

<オヤジが描くような息子設計図の通りの進学校には行けなかったけど、いつか、料理で人の心を温められるような料理人や人間になりたい>
(*進学校は行けないよりは行かない感じで・・・今週受験中なのでまだ未定です)

みたいなことが、切々と書いてありました。

<お母さんが入院した時に、オヤジが作ってくれた料理が美味しくて、嫌なことや寂しさを忘れられたこと>

<小6の時に友達が泊まりに来た時に、オヤジが作ってくれたから揚げの美味しさを、友達が今でも思い出してくれること>

<人の心に残り続ける料理が作りたい>

などなど・・・

私の方の手紙には、
<国語の授業で習った『温かいスープ』のように、困っている人を助け、その時だけでも幸せな気持ちにさせてあげられるような、料理人に、人間になりたい>

とありました。

まだ今が入試の真っただ中だし、夢は移り変わるだろうけど、長男のベースにあるやさしい心に感動しました。


話があちこち飛んでるけど、入試の今朝、私が作ると言っても、から揚げと卵焼きを作ったお弁当です(^^)



c0189426_15031198.jpg


明日の面接で聞かれることがあったら「3年間お弁当の日は自分で作りました」と言いたいらしいです(笑)

<勉強のためには起きないけど、弁当のためには起きる>

を貫いた中学生活でした。

それが長男の個性。
褒められることばかりじゃなく、つい最近も叱ったりケンカになったり、いろいろですが、たくましいし、たのもしいと思います。

















[PR]
by hihararara | 2017-03-06 15:05 | | Comments(0)

岬のビストロ クルール



2月19日(日)、ふるさとの観音様の御開帳や、伊良湖岬での母たちの花展に行くにあたり、前から気になっていた、岬のビストロ「クルール」さんにランチに伺いました。


c0189426_20540850.jpg


☆HPはこちら・・・



ランチにセットで付くサラダ。野菜がめっちゃ美味しかった!!!



c0189426_20543273.jpg
スープも!

c0189426_20545629.jpg
こちらは、単品で追加した大葉としらすのピザ。

c0189426_20544618.jpg

この日のメンバーは、私と息子二人と父だったんだけど(母は花展の会場)、ピザ好きの父や長男も絶賛。


こちらは私が注文したハンバーグ。
次男が保美豚のグリルとハンバーグと迷ったために私がハンバーグにして、兄弟に分けたんだけど、食に対して保守的で、その分、本当に美味しいとすごく褒める次男が褒めていた(笑)
お肉がぎゅっとしていて美味しかったし、添えてある野菜もうまみが凝縮された感じで感激。


c0189426_20550829.jpg


私もいただいた保美豚のグリル。次男がハンバーグもグリルもソースを褒めていた。(ふだん、ソースが合わないとげんなりする人)


c0189426_20552247.jpg

特別(観光イベント)メニューの牡蠣と大あさりのグリーングラタン。

c0189426_20553488.jpg

ランチにはドリンクとデザートも付いていて、これは長男のジンジャーエール。
長男は次男と正反対で、食もいろいろ挑戦や冒険したいタイプで、ザクロとハイビスカスのジンジャーエール♬

c0189426_20554509.jpg

デザートのアイス?も、何気ないけど特別なお味でした。

c0189426_20562753.jpg

カフェ・ラテ♥

c0189426_20560794.jpg

ブログでお知らせしようと思いつつ、結局忘れてしまったかもだけど、昨年、『恋路ヶ浜LOVEストーリー』が映像化されて(過去に私が連載していたインターネット小説)、ネット上で公開されました。その第2話と3話にクルールさんが出てきます。

せっかくなので、1話からご紹介します💛



大満足のランチでした。

私の投稿を見て、行きたい!って方のお声も聞くので、率直に書くと、HPや上記の映像の印象と思うと、空間としてはカジュアルですが、お味は抜群!!

地元野菜に力があるのがわかるし、様々なお料理の味わいも絶妙!

いかにもお人柄の温かさが伝わってくるご夫婦!

渥美半島で地元食材を売りにしているのは和の店の方が比較的多いように感じるので、洋のクルールさんの存在はうれしいです。

私もまた行きたいです。



最後に・・・すぐ近くの「宮下」の信号。

c0189426_20564257.jpg


同じお名前の中学の先生を思い出して、長男が撮影したものだけど、本当に昔、伊良湖神社があった辺りで(現在は別の場所に移転)、小説を書いていた時に調べたけど、なかなかのパワースポットなんですよ~~


『恋路ヶ浜LOVEストーリー』も載せておきます。宮下について出てくるのは、第9話です。
実際に取材したホントの話💛

















[PR]
by hihararara | 2017-02-20 17:47 | | Comments(0)

「SpecialtyCoffee 蒼 ~soh~」さんのコーヒー教室 @ かぁやん商店


☆投稿が重なっているので、前の記事も見てね。

昨日は、お友達夫妻の「かぁやん商店」で行われたコーヒーの教室に参加しました。

ご教授くださった、蒼さんのブログのお知らせ記事より・・・(ちなみに写真の男性は、蒼のオーナー倉橋さんではなくて、とぉやんです!)



蒼さんは、移動販売車で、例えば豊橋中央図書館にも出店していたり(本とコーヒーの組み合わせは素晴らしくて、蒼さんもですが、その企画を続けている豊橋市をお褒めしたいくらい)、あちこちのマルシェにも出店されているので存在は知っていたものの、なかなか伺う機会がありませんでした。

でもとても気になっていたのと、私は紅茶よりコーヒー派で、お客様にお出しする機会も多いので、学びたい!と思って告知を知ったと同時に申し込み。

わかりやすくて楽しくて、とても勉強になりました。
参加されていたのは私のほかは男性で、それもおもしろかったです。
コーヒーって男の文化でもあるよなあ、みたいな(^^)
これが紅茶だと、女性がいっぱい。


まずは、倉橋さんによるハンドドリップの実演。

蒼の豆をその場で挽いたもの(Aとします)と、大手コーヒーメーカーのスペシャルなんちゃらという、よくある粉(Bとします)で淹れたものの飲み比べ!

c0189426_21564693.jpg

これが、驚くほど歴然としていました。

違いがわかりやすいように、ある程度冷めてからいただいたのですが、コーヒーに詳しくない私でもすぐにわかるほど、Bは余計な苦みというか、雑味が強かったです。

Aの方はまろやかで、後味や余韻にうっとりするのに、Bの方は、途中で飲むのが嫌になってしまったほど(笑)

その後味で終わりたくない~~という味でした。


私はふだんは、「良さげと思う粉」を買ってるんだけど(昔は豆で買って電動ミルで挽いていたけど、最近は、豆乳と一緒に飲むのが好きなこともあって手抜き)、フェアトレードやオーガニックと表示されてるから良いというわけでもないこともわかりました。

たくさんのコーヒーにまつわるいろいろを教わりつつ、すべて正確には書けないけど、メモより・・・(倉橋さんは自由に書いてOKとのことなので、書かせてもらいますが、間違ってたらごめんなさい)


■ドリップの仕方で味はさほど変わらない。

(お湯を注いだ時に)膨らむかどうかは鮮度が第一。
豆が焼き立てか、挽き立てか、淹れ立てか・・・

■泡がポコポコ 落ち切る前に次。

土手には(お湯を)かけない  最後は外す

■粉の量とお湯の量を決めておく

などなど。

お話を聴いていて、コーヒーってのは、お米やワイン(産地や鮮度・・・ワインの場合は新しければいいわけじゃないけど。精米したてのお米は断然美味しいわけで)にも通じるなあと思いました。



さて、最後に自分たちも実践です。

c0189426_21565645.jpg



私がお湯を注いでも、挽き立てのコーヒーちゃんは、膨らんでくれました!
生きもののように力強く・・・



c0189426_22081223.jpg


こちらは、みなさんで淹れた(見た目じゃわからないけど)、エチオピア、グァテマラ、ブラジル、コロンビア。

c0189426_22082119.jpg

エチオピアは初めて味わったけど、ひとつだけ確かに異質で、フルーティーで個性的!
グァテマラとブラジルはマイルドで飲みやすくて、コロンビアはちょっと尖っていた(あくまでも私の感想ですが、エチオピアが違う!ってのはみんなわかる感じ)。



こちらはお土産にいただいた3種類のドリップバッグとバレンタインにちなんでのチョコレートも!

c0189426_22083309.jpg

倉橋さんの温かいお人柄もあって、とてもアットホームで幸せなひとときでした。

実践してみる!!

ご一緒いただいたみなさま、ありがとうございました(^_-)-☆

☆出店情報も出ている、蒼さんのHP → 




*********


帰りに、かぁやん商店、1周年ということもあって、お買い物。

前から欲しかった、BLUE BIRDの手作り石けん。
c0189426_22084540.jpg
c0189426_22085738.jpg


実は、『ヒカリめがね』の副編集長でもあるお友達が作ってるんだけど、ご案内の紙には・・・

<ベトナムで一目ぼれした石けんをゆっくりつくっています。
肌にやさしくはたらきかけてほしいから 手にとってもらうまで
だいたい1年。熟れに熟れた子たちなんです。>

とのこと!
素敵~~♥

さっそく昨夜から使ってみて、天然精油の自然な香りで幸せな気持ちに。


午前のコーヒーも、夜の石けんも、自然の香り高くて、つくり手さんの温かさも伝わってくるようで、何度も思っているけど、顔の見える相手からものを買えるというのは、ありがたくて大切なことだなあと思いました。









[PR]
by hihararara | 2017-02-18 09:21 | | Comments(0)

あんこ & ピッツァ



c0189426_21163866.jpg
c0189426_21164784.jpg
c0189426_21170683.jpg

c0189426_21174880.jpg

c0189426_21182566.jpg



夕食後に次男が土鍋で炊いたあんこ!
いっぱい作っておいて、おしるこにするらしい。


長男も次男も、料理に興味を持ったきっかけは、おやつ作りだったかも。
いっぱい食べたい、買わなくても作れば安いし、作ってみると市販のものがいかに砂糖たっぷりかがわかる!
みたいな感じで、二人とも今ではケーキを上手に焼く。

今回も、つい最近私があんこを作って小出しに食べさせたら「まだあるの?(←うれしい意味で)」みたいに感じ、自分で作りました。
上出来!
この成功体験(少々の失敗や最初は片付けもフォロー)が次につながる!



ピッツァの写真は、長男が先週友達と行ってきた、職業体験でもお世話になったネアポリス。
長男が一眼レフで撮影(笑)


師匠とのそこでの会話が


師匠:「最近何作った?」
長男:「ボンゴレ・スパゲッティー」
師匠:「ロッソ?ビアンカ?」
長男:「ロッソ」
師匠:「トマト(水煮缶)どうやって入れた?」
長男:「ホールのまま入れてフライパンでつぶした」
師匠:「センスあるじゃん!」


みたいな。

いいな~って思った。
社会の人に鍛えられる感じ、すごくいい。

ってか、まずは受験がんばれよ、だけど、バイトもしっかりしたいみたい。


今日夫が、長男が滑り止めで受けた私立の納入金?(2万円)を払ってくれて、当然といえば当然だけど、私までとてもありがたい気持ちになった。

親にいっぱいお金をかけさせてきちゃったんだよなあと今更・・・
夫と長男は冷戦だけど、私は心の安全基地、夫は経済的な安全基地になってくれてるのは確かで、私も長男も改めて感謝です。











[PR]
by hihararara | 2017-02-16 21:21 | | Comments(0)

手作り味噌オープン!(くらし部門)



c0189426_08362219.jpg


c0189426_08363096.jpg

c0189426_08363912.jpg

c0189426_08365077.jpg




~Open the Homemade MISO!!~


1年前に仕込んだ味噌を、今日の朝食から使いました。
なんとこの大豆、貴重な豊橋産大豆です。

去年の1月に行われた豊橋市の味噌づくり講座に当たって
(ブログを読み返すと78名の応募の中の15名!)
農村生活アドバイザーのおばちゃんたちにお世話になりながら作りました。
(最後の1枚はティーズに映った時の番宣写真より)

近年の異常気象で、豊橋での大豆作りはとても難しくなったそう。
ありがたくいただきます。


夏にカビが出たけど、その頃何かで見たアドバイスで、
ワサビを載せておくといいと知り、
ラップの上に銀パックに入れたワサビを載せておいたら、
その後は見事にカビなかったです。


私にとって味噌づくりは、5年くらい前に豊川の曙麹店で仲間とやってみたのが始まり。
2年連続で曙麹店に一緒に行った友達は今は亡くなっています。

多くの人に温かい思い出を残した友達で、
私にとっては手作り味噌に触れる時がいちばん彼女を思い出し、
いろいろなことを大切にしなくちゃと改めて思います。







第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by hihararara | 2017-02-03 08:47 | | Comments(0)

打ち合わせ@ベジカフェロータス





c0189426_21205021.jpg





食べてばっかり、みたいな今日だけど(笑)、
午後の打ち合わせの一コマ@ベジカフェロータス。
キャロットケーキです。
もう一枚撮らせてもらった黒ゴマとさつまいものパウンドケーキも美味しかったけど、
ガラケーであんまり画像がよくなかったのでこちらを(こっちも実物の方がGOOD)。

事情によりメインゲスト?は不在だったけど、楽しくて濃い時間でした。
私はやっぱり、出逢い運に恵まれてるなあと思う。感謝!!

❇オーナーの安竹さん、いつもありがとうございます(^^)/










[PR]
by hihararara | 2017-01-24 21:21 | | Comments(0)

今日のブランチ



c0189426_11012802.jpg
c0189426_11013801.jpg
c0189426_11014892.jpg



中途半端なブランチ(笑)
さっき食べたスパゲッティー、同じ具材で2種とアボカド&トマトは昨日の間食。

私はまず、夫の朝食を5時に出してるんだけど、毎年1月は彼の希望でお雑煮(早朝にお雑煮はキツイので、前夜に葉物と餅以外は煮ておく)。
そのあと、6時半に息子たちの朝食(6時半に食べたがる次男と、起きてくるのが7時くらいの長男)に、ご飯と味噌汁、今日は焼き鮭も・・・


私は年末からスムージーにハマってるので、今日は小松菜とりんごとレモンと豆乳とモリンガの粉末と亜麻仁オイルを入れて作って、長男にも分けて飲みつつ、昨夜の講演会(ひとつ前の投稿も見てね!)で夕食を早めにとったので、お腹が空いてて、
でも今日は残ったご飯を息子たちが食べちゃったので、スパゲッティーを作ったのでした。焼き鮭の残りをちょっと入れて・・・


そして今は、昨日の残りのデカフェを温めなおして飲みながらパソコン仕事。


わびしいんだか、豊かなんだかわからない(笑)
小松菜やほうれん草は実家のものなのでありがたい。


ひょいひょいお出かけしてるけど、その裏側はこんな感じです。












[PR]
by hihararara | 2017-01-24 11:03 | | Comments(0)

料理写真


いくつかの記事をまとめてUPしています。

2016年5月の母の日に、長男が作ってくれたカルボナーラを筆頭に、あとは、私が作ったふだんのおかずを適当に撮りためたものです。
本当は年末にも撮ったものがあったけど、パソコンが壊れたので(実はその後復活もしてる)、掲載できず残念!
年間通して、パクチーをよく食べた気がする。


c0189426_21020293.jpg
c0189426_21021968.jpg

c0189426_21023046.jpg
c0189426_10364451.jpg

c0189426_21235951.jpg
c0189426_21243217.jpg

c0189426_19274426.jpg

c0189426_19283240.jpg
c0189426_15032613.jpg
c0189426_15034064.jpg
c0189426_15040195.jpg

これは、夫が10月のお祭りの時に作った「ちらしずし」に混ぜ込んだ具。
私より夫は細かくて、繊細な仕事するなあと感心したので(笑)

c0189426_13563411.jpg

c0189426_20025248.jpg
c0189426_20043206.jpg
c0189426_20085111.jpg
c0189426_20095783.jpg
c0189426_20104138.jpg
c0189426_20411861.jpg

c0189426_20330518.jpg
c0189426_20332367.jpg

c0189426_20355333.jpg
c0189426_20362817.jpg
c0189426_20402390.jpg
c0189426_20111627.jpg
c0189426_20114303.jpg
c0189426_20423322.jpg



[PR]
by hihararara | 2016-12-29 19:59 | | Comments(0)

名古屋トリップ③ 蕎麦つづら


c0189426_15235483.jpg
c0189426_15232710.jpg


名古屋トリップ②からの続きです。

りえちゃんの舞台の後、吹上の蕎麦「つづら」へ行きました。

家族にはハヤシライスを作って出たのとお土産の、(説明は省くけど)「つぶあんぱん」も約束したので心おきなく・・・・(自由奔放に飛び回ってるように見られるけど、けっこう努力(涙)もしております)

今回は、これまた食べてみたかった鴨南蛮を!

前も書いたけど、季節ごとに変わるメニューもあるし、とにかくお蕎麦が美味しくて、名古屋へ行くたびに寄りたいお店。

鴨南蛮、最初にそのまま食べて、添えてあるわさびや赤山椒、しいたけビネガーを加えて、最後の最後まで楽しめました。

よそではおつゆを全部飲み干さないけど、ここでは美味しいし、奥深い出汁のお味、加える調味料で変化するおもしろさに、しみじみ味わいながら完食!

写真では下になってるけど、お蕎麦の前と同時に日本酒もいただきました。お願いしてハーフで・・・
愛媛県西条市の「石鎚」だそうです。
お酒が飲みたくなるかも、と思って、豊橋駅までを車じゃなくてバスにしたのでした(笑)


この日はたまたま夜の部の開店直後に伺い、今や顔なじみとなった店主ご夫妻とも色々お話できてうれしかった。子育ての話も・・・

つづらは4回目の訪問だったけど(最初に知ったのは酒井シェフより)、名古屋はイベントで出かけることが多いので、感度の高いものと抱き合わせでつづらに寄り、相乗効果ですべての素晴らしさが一層色濃く残ります。

前回は6月の陸上日本選手権の前に・・・

鈴木亜由子ちゃんが、1万メートルで優勝し、オリンピック代表を決めた時。

その前は、昨年の7月、中島ノブユキさんのピアノコンサートの前。

フランスでは、ジェーン・バーキンのツアーにも伴奏で同行しているようなマエストロなのに、名古屋のコンサートは観客が少なかったんだけど、素っっ晴らしい演奏で、その時も宮崎からのみこさんをつづらにご案内し、満足しました。

今回もまた、ノコスアレタージュのケーキ、舞台『シネマと恋人』のあと、つづらの鴨南蛮で締めくくり、私の中では、前倒しの年越し蕎麦の気持ちでした。


去年は病気で思うように動けず、りえちゃんの舞台も、愛知で2回も別の演劇であったのに伺えず、でも今年は、色々と充実していたなあ。

名古屋トリップのどの瞬間にも、ご縁に「ありがとう」と心から感謝していました。


*つづらについては、初めて伺った時にたまたまお隣で、今ではFB友達のこのお方のブログが愛情こもっています。

































[PR]
by hihararara | 2016-12-20 12:29 | | Comments(0)

名古屋トリップ① nokos à l'étage ノコスアレタージュ


c0189426_21371755.jpg
c0189426_21372985.jpg



c0189426_21364995.jpg
c0189426_21375322.jpg
c0189426_21380415.jpg
c0189426_21383660.jpg

c0189426_21511929.jpg



豪華な週末土曜日編。

名古屋に出かけ、たまたま桜通線沿いの3つの幸せな予定。

ひとつ目は、私も会ったことのある妹のお友達のカフェへ・・・

人気がすごくて、応援もしたいけど保護もしたいので、お名前は控えます。

と書いていたところに、本人からちょうどメールをいただき(笑)、
店名出してOKとのことなので、
美し過ぎるInstagramをご紹介・・・




Instagramのフォロワーが2万7千人を超えてて(私が最初に見た時からも
1ヶ月で3千人増えてるような)、初めて会った時から、とびっきりのセンスのお方。

妹を通して、たった一度お会いしたくらいだけど(まだお店を
やってない15年以上前)、たった一度でも、
華奢で可愛らしい彼女の美しいケーキや美意識の高さが忘れられなかった。


今日の写真で見てもらうだけでも、すごさがわかる人には伝わるかと思うけど、
うっとりの美しさ・・・

エクレールやミルフィーユは焼き加減が最高で、
味も食感も彩りも私のど真ん中で、射抜かれるような思いでした。

お店でいただいた2品に加えて(予約が取りにくいこともあって
みなさん、2品3品いただいていて)、
ミルクレープもお持ち帰りさせていただき、
私はこのあと、ともさかりえちゃんの舞台を観に
急いだのだけど、そのお隣の施設(飲食自由のフリースペース)で
ちゃっかりいただいてしまった(笑)

ミルクレープは、私がセロファンをはがした部分など、
お店でのクオリティーに反する面もあるだろうから、
ネットで探した、人様のお写真を拝借します。

とにかく、このミルクレープのすごさ(多種類のフルーツ、断面の美しさ)も
お伝えしたくて・・・


目で見る美しさと絶妙のお味(コーヒーも)、心地よい空間で、
とてもとても幸せでした。


サロン・イナシュヴェ(これまた桜通線沿線)の酒井シェフもそうだけど
お料理やケーキを極めると、芸術家だなあ~ 芸術作品だなあ~って思う。
(去年のブログより)



センスって大切だなあって、この頃一層思います。

今日のnokoさんは、圧倒的!!
見て、食べて、涙が出る・・・

控えめな彼女の隠しきれない才能に、たくさんの人が
行列をつくっていて、感動したし、
改めて尊敬しました。

nokoさん、ほんとにほんとにありがとうね☆




















[PR]
by hihararara | 2016-12-17 22:43 | | Comments(0)