<< 加賀温泉のホテル&金沢の和ちゃ... 日本の現状と反響 >>

永平寺トリップ


8月6日、福井県の永平寺に、義父の納骨で伺いました。
私の実家も夫の実家も曹洞宗で、永平寺が大本山にあたり、「納骨で永平寺」というのは、親戚の間でもよく聞くフレーズでした。

ずっと行ってみたかった永平寺に初トリップ。

夫が慎重なタイプのため、朝5時半過ぎに出発・・・
(先に結果を書くと、同じ豊橋を7時出発の義兄と義母も同じ10時半に到着。集合はお昼の12時だった)

車のラジオで、8時頃から広島の平和祈念式典の中継を聴きながらの移動でした。

そのラジオを聴いた後は、寝る寝る・・・


c0189426_09250627.jpg

c0189426_09253386.jpg


早く着いたため、永平寺近くのお店で早めの昼食。

名物の胡麻豆腐もソースカツ丼も美味しかった!

c0189426_09261742.jpg


行かれた方も多いであろう、永平寺。


c0189426_09273882.jpg


門の前でヤンキー座りの兄弟。

c0189426_09265561.jpg


これも、気づいてる人もいるかと思うけど、まさに私たちの地元・豊橋の人が建立した記念碑??

c0189426_09281675.jpg


蓮の花がきれいでした。

c0189426_09285898.jpg

c0189426_09294468.jpg


たまたま写った息子ら。もーとにかく、待つのが嫌で退屈つづきの二人。

c0189426_09302313.jpg



納骨の法要を終えての外の風景。
法要は、大勢のお坊さんたちが出てきて、まるで演劇のようでした。
群読や演奏?含むショーのようだった。

たまたま、自分たちから見て右半分のお坊さんたちがメガネをしていて、左半分(ど真ん中はお偉いお坊さん)はメガネをしていなかったので、長男と「メガネチームとないチームだね」とか言っていた。
とにかく演劇だった(笑)

とはいえ、最後のお坊さんの挨拶には感動して涙が出た。

「もうすぐお盆ですね。
(中略)
ご家族がわずらったりせず、平穏に暮らすことが仏様へのご供養にもなります」
みたいな。

そのお話に感動しつつも、つまらないことですぐに夫ともめました・・・


c0189426_09305963.jpg

もめた原因でもある、永平寺内の見学・・・

子供たちが朝の早い出発から飽き飽きだったため(おまけにその日の永平寺は、おばちゃんもびっくりの超暑さ!!)、見学はいいから早く宿に行こうという感じだったのに、夫はせっかくだからとか、回るものだという感じでお坊さんが案内してくれるツアーみたいなのに参加したがり(ちなみに日帰りの義母と義兄は即帰路へ・・・)、渋々息子たちも私もつき合ったけれど、結果的には回って良かったです。
ツアーの輪からは途中外れて色々見学。

こちらはまだツアーにいた頃の絵天井。


c0189426_09312912.jpg

c0189426_09320365.jpg

c0189426_10154900.jpg

c0189426_10164577.jpg

c0189426_10173736.jpg

c0189426_10181599.jpg

c0189426_10191357.jpg

c0189426_10184595.jpg


全体を見なければ、永平寺の広さを感じることができなかったので、暑いし眠いし疲れてるしでけっこうたいへんだったけど(私は今は良くなってきたけど、体調も悪くて)、巡って良かったです。夫にも後でお詫びと感謝を伝えました。


まあ、飽き飽きの二人ですが・・・(笑)

c0189426_20534004.jpg

c0189426_11180844.jpg
c0189426_11183889.jpg


料理好きの夫が前々からこの本を持っているので、改めて読み返したいと思います。


c0189426_20052218.jpg


この後は、石川県・加賀温泉のホテルへ移動。
そこで私はお友達と会ったのでした!それは次回に(それもあって移動を急いでいたけど、当然ながら家族第一で、理解あるお友達でありがたかったです)。













[PR]
by hihararara | 2017-08-10 20:07 | | Comments(0)
<< 加賀温泉のホテル&金沢の和ちゃ... 日本の現状と反響 >>