<< 伊良湖岬・カエル・ラビリンス 講座・カール・「糖分」 >>

東神観光記事三つ


【6月12日FB投稿分】

この東神観光は豊橋の会社で、運転手さんご夫妻は友達のお店のお客さんとのことで、本当に地元の人たちが乗っていたんだなあと思った。
昨日、入院中の運転手さん(68歳)のインタビューを全国ニュースで見て、三河弁や人柄が伝わってきて涙が出た。
奥さんがバスガイドとして一緒に乗っていて、シートベルトの着用をしっかりアナウンスしていたらしく、すべて含めて、誠実さを感じた。











【上記についていただいたコメントへのご返事の一部】


私も、昨日のニュースで運転手さんの三河弁を聞いた時に泣いてしまいました。また、車内の様子を想像して、奥さんの気丈なふるまいや責任感など、本当にすごいことです。

亡くなった方がいるので不謹慎かと思いながらも、この地域に住む方やバス会社の誠実さが感じられてうれしく、誇らしくも思いました。
こんな風にネットで騒がれるなんて想像もせずに、ただ業務を全うした様子なのも、日常的な仕事が窺えて素晴らしいです。

いつかこのご夫妻が、この時のことを夫婦で乗り越えたひとつとして振り返ることができるくらいに、余力を残した回復であってほしいし、余生がしっかりと続いてほしいと勝手ながら願います。










私の友達の中に二人、運転手ご夫妻をよく知っているという人がいました。
ふだんからお人柄がよい夫婦だそうです。
それぞれのインタビューや会見からも、誠実さや、積み重ねてきた、夫婦として、職業人としてのキャリアが窺えてとても感動しました。
亡くなった方のご冥福、怪我をされたみなさまのご回復を祈ります。







[PR]
by hihararara | 2017-06-15 16:59 | 地域 | Comments(0)
<< 伊良湖岬・カエル・ラビリンス 講座・カール・「糖分」 >>