<< 白水ロコ 彫刻展 「ユグドラシ... 名古屋WAK 会 >>

保護者会にて


【5月26日 FB投稿分】


夜遅い吐露


今日、長男の商業高校での保護者会があり、担任の簿記の女の先生から、「授業態度、すごくいいですよ」と言われて驚いた。小中学校時代に、授業態度がいいなんて言われたこと1度もない(笑)

こんな時期になってからの成長があるんだ、と思った。中間テストの成績も良かった。


1年前の今頃は、商業高校という選択はまだなくて、進学校を第一希望としていた(その後のことは何度か書いたので割愛します)。

確かに、高校生になってから、何かが吹っ切れたようになって、近所の人や、1ヶ月ぶりとかに行く歯医者さんに「さわやかになったね」と言われる。

お弁当も毎朝作っている(笑)
☆積み重なっていってる長男のツイッターです。「いいね」くださってるみなさま、ありがとうございます。
ゼロだったフォロワーも32!(笑) 




失敗を恐れないから発言も多く、今週あったクラスマッチでも、バレーが下手なのに、失敗を恐れずにボールに食らいつき、サーブもがんばって、1日の終わりには一番上達していたそう(笑)

知らなかったことだけど、始業式の日にいきなり教壇で、クラスのみんなに「朝ごはんはパン?ごはん?」というアンケートをしたらしい(笑)
長男が言うには、友達男子4人でじゃんけんをして、負けた人がその質問をすることになっていたそうだけど、そのおかげでクラスが盛り上がり、「恥ずかしがらずに手を挙げてもいいんだな」という空気が芽生え、確かに、先日行った授業参観では、男女とも活発に手を挙げていて、すごく元気だった(長男のクラスが特別らしい)。


失敗を恐れない=日本人っぽくないですよね?と言われ、私も前から思っていたけど、サンディエゴに短期留学した時の英語のクラスで、日本人はほとんど手を挙げないのに、イタリア人がやたらひょいひょい手を挙げていた姿に長男は重なるのだった。


また、そんなふうに、長男のことを欠点も込みで肯定的に見守ってくださる温かい先生の存在が本当にありがたかった。


いま、自己肯定感の講座をやっていて、また新しくお声がかかってうれしく思っているけど、長男は我が子ながらその点はすごいと思う(笑)
始まりは、「さかあがりができなかった」頃だろうけど、できない時に、親がどう受けとめて励ますかで子供の心の持ち方は変わってくる。


むしろ次男の方が運動も勉強もできるタイプで、打たれ弱いかもしれない。
長男が中学3年間で大きく変化したように、次男もこの3年間でどんなふうに変化するか、大らかに見守りたい。


受験生を持って悩んでいるお母さんも多いので、書いてみました。

次男は進学校系だと思うので、次男への励まし方はまた違うけど、高校へ行ってからの方がしっかり勉強している長男(資格試験に挑戦したい)を見て、いろんな選択があるし、当然ながら、自分で責任もって選ぶことが大切なんだろうね!












[PR]
by hihararara | 2017-05-29 20:23 | 長男 | Comments(0)
<< 白水ロコ 彫刻展 「ユグドラシ... 名古屋WAK 会 >>