<< 初まげわっぱ! 潮音寺の藤 >>

連休中の美味しかったもの&こぼれ話など




最近撮った写真で、UPはしなかったものの一部。


■「買ったタケノコ(皮付きから茹でた)」の炊き込みご飯

c0189426_15161416.jpg


■お隣からいただいたタケノコ(とれたてを茹でてもらったそう)で、
再び炊き込みご飯をやった後、
タイのグリーンカレー(パクチー大盛り)
*私が、食べたいくせに辛いものに強くないので、ルーは少な目。

c0189426_15160141.jpg

■初挑戦のシュウマイ
(形が良いものは家族へ回ってるので、私のお皿の片隅・・・
パクチーは私だけですw)

c0189426_15155572.jpg

タケノコをいただくと、①炊き込みご飯 ②土佐煮や筑前煮など和風の煮物
 ③青椒肉絲 ④タイカレー ⑤お味噌汁
ってな感じに料理したくなります。
シュウマイは初めて作った割には美味だった!




■なかしましほさんレシピのシフォンケーキ

c0189426_15154861.jpg
c0189426_15154262.jpg

次男の誕生日のシフォンケーキが、私としては不服だったので(笑)、
レシピを改めてのリベンジでもありました。
というか、なかしまさんレシピで作ってみたかった!
参考にしたのはこちらです・・・


何年か前にプリンが作りたくて買ったバニラビーンズ(賞味期限切れ)をようやく使いました。
このレシピ、簡単だし、ふわふわ&もちもちだったし、オススメ!
我が家の型はレシピより大きめだったので、あふれるような膨らみ方はしなかったけど、
満足の仕上がりだったので、満足したらしたで、また作りたくなる(笑)



■実家で再会した妹が逗子から持ってきてくれた「まげわっぱ」へ、
実家での夕食を次男用に(妹が)詰めたもの・・・


c0189426_15153348.jpg


長男がもともと独自に、まげわっぱを欲しがっていて、妹の家に遊びに行きながら、
鎌倉で買おうとしていました。

何も知らない妹夫婦が、大きなまげわっぱのお弁当箱を
見つけて、長男の入学祝いに買おうかと思うけど、どう?
と連休前に電話をくれて、買ってきてくれました。

それはまた後日UPしますが、こちらは、妹家族が使わなくなった
と言って気を利かせて次男用に持ってきてくれたもの。

まげわっぱ・・・息子のお弁当を作り続けて本にもなってる渡辺俊美さんも、
パリで息子のご飯を作り続けている辻仁成さんも愛用してる(笑)

私の友達も持ってるけど、弁当を美味しく作ろう&いただこうと思うと、
たどり着くんだろうね(^^)



■5月6日は、朝から祖父の13回忌で、昔からのおなじみの菩提寺で
家族だけでの簡単な法要を済ませました。

そのあとの、田植え!!
(ほかにも色々写真はあるけど、公開できるものは遠い)

c0189426_15152785.jpg




うちの田んぼは、母の実家と共同で、いとこの和くんが毎年上手に田植え機で植えてくれる。
今回は、子供たちが集合する法事の日に田植えを合わせてくれて、
田んぼの隅っこを、子供たちのために植えずにおいてくれて、
そこに、ばあばの指導のもと、みんなで手で植えました。



■田原市に3月にオープンした「みつまる」の蕎麦&天ぷらセット。
と、父のセットの中の大きなアナゴの入った天丼

c0189426_15151333.jpg

c0189426_15150564.jpg

「みつまる」の若き店主くんは私の実家の近くの出身で、
そのご両親を、うちの両親もよく知っていての訪問。

行ったら、そのご両親もたまたまいて(笑)、わいわいと食事。

田舎ならではでいいなあ~と温かい気持ちになりました。




■息子たちに米を運んでもらっての精米。


c0189426_15163878.png


↑基本的に顔出しは控えているので、画像のサイズを変えた関係で、空白ができちゃいました。

今回、2泊3日で実家に行き、実家の敷居をまたぐ前に、畑で決闘させたわけですが(*前の前の記事参照)、決闘、とか、次男の気が済むまで長男は手を出さない、と聞くと、え??って思う人もいたかもしれません。
が、あとで長男に聞いたら、全く痛くなかったと。

さすが柔道で鍛えたからか、高校1年生と中学1年生で、おそらく、二人の人生において、体格差や腕力の差が今がマックスで、弟が力いっぱい兄を蹴ったり叩いたりしたとしても、兄はだいじょうぶ。

それがわかっていたからやらせました。

逆を言えば、それほどの力の差がありながら、兄弟ゲンカが始まると、感情を抑えきれず、次男を力でねじ伏せようとする長男について、残念に思うことも多く・・・

次男もかなり生意気なので仕方ない面もあるのだけど、男兄弟のケンカの激しさは、経験した人じゃないとわからないと思う。

(夫が仲裁に入ると余計に厄介になり、助けを求めることもあるけど、求めない方がいいや、となってしまった背景がある)

母親として、兄弟が傷つけ合うような姿を見るのは情けなく悲しいけれど、友達との間でも、女子には理解できない、身体を使ってのコミュニケーションがあるということを息子たちから学んできた。

なので、一昨日、自然の中でやり合わせたのはよかったと思う。

ゆえに、二人のこの笑顔☺

いろんなタイプの子供がいるけど、うちの息子らの場合は、日常の生活の中に、自然や野性が足りないんだと思う。私もそう。

デジタルな時代、食べ物も簡単に手に入るけど、なるべく「自然」や「手と手」「ふれあい」を大切にして過ごしたいと改めて思いました。

さあ、連休も終わり。
毎年、ゴールデンウィークまでは新学年の子供のケア第一で、色々集中できなくて仕方ないと思ってるけど、気分新たに、がんばるぞ!
















[PR]
by hihararara | 2017-05-07 20:10 | | Comments(0)
<< 初まげわっぱ! 潮音寺の藤 >>