<< 増田明美さん@亜由子ちゃんのご実家 ちあきちゃん >>

大学時代の親友と渥美半島


ちょっと前のできごとになるけど、
3月15日~18日まで、大学時代の大好きなお友達が続けて泊まりに来てくれました。
埼玉から子連れで来てくれた「ちゃこ」と、東京から来てくれた「あさなちゃん」。二人とも、本当に本当に大切な友達で、遠距離恋愛中の恋人が来てくれたかのような幸せな時間でした。

ちゃこが来る前日、たまたま届いた渥美からのあさり。
親戚が自らとってきたものを、玄関先に置いておいてくれた。なんてタイムリー♪

c0189426_22325040.jpg

見るの、苦手な人もいるだろうけど、こんなににゅるんと伸びてたよ!
c0189426_22330078.jpg



こちらは、家の前の畑の無人販売の菜の花・・・おひたしに。

c0189426_22331504.jpg

ちゃこからの京都土産・・・(詳細は控えるけど、ちゃこは今回、雅楽の演奏(笙を担当)で京都に行ってきた翌日に来てくれました)
c0189426_22333098.jpg


埼玉の美味しいお店のクッキー

c0189426_22334124.jpg




16日に出かけた伊良湖岬・恋路ヶ浜

c0189426_22340104.jpg
c0189426_22340905.jpg



ちゃこの息子くんの「くーちゃん」が元々貝好きで、大あさりもすっごく喜んでくれた!

c0189426_22342557.jpg


こちらは焼き牡蠣。見たとおりプリップリ♪(「灯台茶屋」にて)

c0189426_22344401.jpg



菜の花まつり

c0189426_22345522.jpg
c0189426_22350445.jpg


くーちゃんからのお土産

c0189426_22351556.jpg


17日の朝ごはん(そんなにお腹が空いてないので残りもので・・・この、バラバラで素朴な感じがいいなあと撮影。夫が漬けた梅干しをくーちゃんはいっぱい食べてくれた)
c0189426_22362862.jpg

17日の昼間は、ちゃこと、東京から到着のあさなちゃん(同じ学部仲間)が合流。
二人とも、結婚式にも実家にも来てもらったし、8年前、『赤土に咲くダリア』を記念して仲間がセッティングしてくれた飲み会でも会ってる、本当に特別なお友達。
会ってすぐに黒髪を見て、「ねえ、染めてる?」って聞けるのが私たちらしい(私が切り出したんだけど:笑)。

こちらは、17日夜に、長男があさなちゃんのために作ったボンゴレ♪

c0189426_22363922.jpg

*ちなみに、ちゃこへのメニューは、切干大根(田原産)の煮物、あさりのお味噌汁、野菜&湯豆腐、菜の花、豚ロースの生姜焼きなど。
あさちゃんへは、ニギスの天ぷらとメヒカリのから揚げ(地もの)、青のりの酢の物、ほうれんそうと菜の花、ボンゴレなど・・・




あさちゃんからいただいたフランス産のハチミツ☆

c0189426_22364708.jpg

あさちゃんと寄った「DIEZカフェ」
(ちゃこと寄った時はその後「こもぱん」にも寄ったけど、たまたまお子さんの卒業式で臨時のお休みでした)
カフェ、二人とも気に入ってくれた~!
この、わさわさの植物と独特の空気感、美味しいマフィンとコーヒーをお伝えしたかった。

c0189426_10244451.jpg


あさちゃんのお帰り前に食べてもらった「豊橋カレーうどん」(玉川にて)

c0189426_22365900.jpg

この記事、とぎれとぎれに書いてきて、ここは今日(26日)に書いています。
2人の滞在からもう1週間以上経ったけど、本当に夢のような時間でした。

田舎から東京に出た大学時代、私はコンプレックスも強くて、大学時代の仲間の中に、憧れの存在がいっぱいいて、ちゃこもあさなちゃんもそんな存在でした。

ちゃこはほのぼのとしてるけど、当時から研究テーマがはっきりしていて(最初の出会いは体育で選択したトランポリンで、のちに同じゼミになって、ちゃこはゼミ長!)、そんなちゃこによって、田舎の良さ(自然と共生する大切さ)を教えられたところがありました。

あさなちゃんは、お洒落で美人で、私にとって「ザ・東京」みたいな存在で、映画やジャズに詳しかったり、キューバの映画学校に留学したり、まばゆい存在でした。

二人それぞれと、社会人になってから一層仲が深まったような面もあり、それはつまり、私自身が自分なりのもがきや成長によって、憧れの二人と臆することなく語れる自分自身を得ていったから、というのもあると思う。

私の卒業後のあれこれも具体的に知っててくれて、結婚式にも立ち会ってもらい、さらには結婚後のあれこれも話したりしながらきて(お互いの歴史を知ってる関係は、涙が出るほど温かい)、今回も、昔は語れなかったことを語れたことに、時の流れや、お互いの熟成みたいなものを感じて感慨深かったです。

実家に立ち寄り、うちの両親にも会ってもらい、うちの両親もちゃこやあさなちゃんが大好きなので、うれしい再会でした。あっという間に大きくなったうちの息子らにも会ってもらえてよかった。


どうしても行きたかった早稲田大学の中でも、当時は偏差値の低かった社会科学部(通称・社学。なんと今は偏差値跳ね上がっていてラッキー♪)には、ユニークな男女がいっぱい集まっていて、本当に思い出深いし行って良かった、生涯の友と呼べるような存在に出会えて良かった!!

こうして書きながらも涙が出てくる。

ちゃこ(くーちゃん)、あさちゃん、このたびはありがとうね。
離れていても二人の人生にずっと寄り添っていきます。
私のこの、凸凹人生のことも、見守っていてね!



おまけ・・・これは、あさなちゃんを見送った帰りに、駐車時間のタイミングから、ちょっと時間があったので、駅構内にできたPRONTOに寄り(わざわざ入場券を買ってw)、先輩のブログで見ていて、食べてみたいと思っていた「いもりこ」を(笑) 飲み物は、東京のバイト先の思い出の味「ブラッドオレンジジュース」。

この、充実感の後にもスキあらば好奇心をねじ込んでしまうような生き様?、、、ちゃこやあさちゃんたち社学仲間ならわかってもらえるよなあ~って思いながら、しばし一人時間を過ごしました。


c0189426_22370942.jpg



【追記】このブログを読んでくれた大学時代の男友達とのFB上でのやりとり・・・

<なんかいーねー>


<ありがとう!
すごくよかったよ~~
二人とも結婚式の時に、会場の伊良湖ビューホテルに泊まってくれて、その翌日に私の実家にも寄ってもらったんだけど、その後にも来てくれてるので、今回の両親との再会も感慨深いし、子供たちは大きくなってるし(前回のあさちゃんの時はまだ一人目が1歳くらいで)、なんかまあ、老いるもの(自分たち含めて)、育つものの変化だとか、変わらない海だとか、色々よかったな~

何よりも共有できる思い出があるって本当に温かいです!>





[PR]
by hihararara | 2016-03-26 19:58 | 友達 | Comments(0)
<< 増田明美さん@亜由子ちゃんのご実家 ちあきちゃん >>