<< 小説・赤ワイン・お誕生会 アロハテーブル >>

Kado 幸せな土曜日

 

c0189426_06481865.jpg


 

前々から気になっていたお店「Kado」に、念願叶って行ってきました。

看板を見て、なぜか妙に心惹かれるものがあったところ、FacebookでKadoのページを知り、HPやブログを見たら、さらに気になり、まずはFBで「このお店が気になるんだけど、行ったことある人感想を聞かせてください」と呼びかけました。

好意的な感想をいくつかもらい、具体的に誰と行こう?と思っていたところ、私の投稿をたまたま見てくださったある方が、Kadoのオーナーのご両親をよく知っていて、そんな流れもあって、最初に行く時はこの人しかあり得ない!という感じでご一緒してもらった。

 

 

毎度ながら、ピタリピタリと決まっていく時はおもしろい流れで、これ以上はないという展開になる。
その方は、私が10年以上前の取材で、てきとーにこたえた(つくった)座右の銘「運に波乗り」を気に入ってくださってるけど、まさに日々そんな感じ。

まずは、私が心惹かれたKadoのHP→ http://www.gd-kado.com/

ブログ→ http://gdkado.dosugoi.net/

 

これらを、しっかりちゃっかり予習して出かけたので、飲みたいものや食べたいものをピンポイントでお伝えできた(笑)

☆以下、ブログの仕様で、縦の写真の方が大きく写っております(横幅が統一されているため)

 

c0189426_06481822.jpg
c0189426_06481802.jpg



 

 

 

 

 

c0189426_06481994.jpg
c0189426_06481932.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06481911.jpg
c0189426_06482013.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482065.jpg
c0189426_06482123.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482102.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

c0189426_06482100.jpg
c0189426_06482272.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを見ていた段階で、お料理はもちろん、こだわりのカクテルが気になり、お願いしたのは、季節の「三ケ日ネーブルのミモザ」と、自家製の生姜シロップを使った「モスコーミュール」.。
モスコーミュールは、時期によっては、こんなたまらん「金柑と生姜のモスコーミュール」も・・・(正直、コレにグッと心をつかまれました) http://gdkado.dosugoi.net/e722425.html

本日のおすすめの赤ワイン、「ラフォルジュ シラー」もすごく美味しかった。
南フランスのスパイシーな赤ワイン、とのことだけど、私はワインはスパイシーで辛口の方が好きなので、香りも深みもとても好みでした。

「ハマグリのホイル蒸し」にはタケノコと空豆も入っていて春を感じ、「根菜とキノコのサラダ オレンジ風味」も、ベーコンもチーズも、「三州豚のロースト ローズマリー風味」も、「ペンネゴルゴンゾーラ」も美味しかった!
全体的に、すごく好きなメニューなんです。オーソドックスからわざと外した感じや工夫が・・・。
私の友達には、ラズベリー(フランボワーズ)好きの女子が多いけど、その友達にはKadoのよさが、ピンポイントで通じると思う・・・(ね!笑)

オーナーマネージャーさんとオーナーバーテンダーさんは高校時代の同級生で(お二人とも若いイケメン♪)、カウンターでお聞きしたところ、二人とも飲みに行くのが好きで、自分たちが行きたいようなお店を5年前につくったらしい。

私は、豊橋において、「どうしても行きたい!」と思うことはそんなにないのだけど、Kadoには、どうしても行ってみたい、と思わせる魅力を感じたし、実際に行ってみて、やっぱりよかった。

カクテルやお料理を少しいただいただけでも、目指したいところがわかるような気がする。

東京で、まだ18歳や19歳の頃、目上の人に連れて行ってもらった素敵なお店の空気感を思い出す。

まだまだ食べてみたい、飲んでみたいものが、ズラリとあるので、また行きたいです。

 

あっという間に4時間もいて、コーヒーを飲もうと(Kadoにも美味しいコーヒーやスイーツあります♡)移動した先は、木曜日に、ランチで行ったばかりのアロハテーブル。

同行の素敵な方が、店長くんと親しくて、私たちが6月の同窓会総会後の二次会でアロハテーブルを使うと知って、店長くんと改めてつないでくれるために(そんな風には口にせず)連れて行ってくれたのだった。

・・・感激!

 

c0189426_06482205.jpg



二日前に会った料理長くんと店長くん(一つ前のブログ参照)に夜の顔で?ご挨拶し(笑)、FBにおける、記事の反響(「いいね」を70以上いただいたことやら、お店を褒めるコメントがたくさん入ったことなど)もお伝えできた。

 

 

 

 

 

 

Kadoも夜のアロハテーブルも素敵だったし、連れて行ってくれた方との会話も改めて感動することの連続で、言葉じゃないところで通じ合えるけれど、やはり人と人とは、言葉や行動によって信頼を深めるわけで、幸せな時間でした。

 

帰りのタクシーの中で、80年代の「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマのひとつ、EPOの『DOWN TOWN』のこの部分が浮かんできた。

<七色のたそがれ 降りてきて
風は なんだか涼し気
土曜日の夜は 賑やか>

家に帰って調べると、歌詞は伊藤銀次さん、曲は山下達郎さんとのこと。

うーん、名曲だったなあ。
夜のお出かけが気持ちいい季節になったなあ。

 

そして、いつもは、夜に私が出かけると、食器や洗いものがそのまんま、ってことが多いけれど、この日は、流し台がスッキリきれいで、食器たちは、食器洗い機の中ですっかり乾燥されて温まっており、子供たちの成長を、ありがたいなあと思いました。

色々なご縁やら、自分が大切に扱ってもらえたことやら、本当に幸せな時間でした。

ご恩返しします。

ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2015-04-26 04:04 |
<< 小説・赤ワイン・お誕生会 アロハテーブル >>