<< 小説について PeaceMaman勉強会vo... >>

この日、この場に集った人達との愛しい時間

 

 

c0189426_06305786.jpg


 

c0189426_06305705.jpg


 

昨日は、かねてから憧れていた、晒柿(しゃれがき)さんのおうちに行かせてもらいました。

新城で美容室 LUZ  を経営しているともちゃんのご縁(2枚目の写真はともちゃんのアレンジです)。

晒柿さんのことは、何年か前から知っていました。

豊橋周辺の気になるお店の検索をしている時に、何度か晒柿さんのHPに出会い、そのセンスに、「ただものじゃない」と思い(笑)、いったいどんな素敵な方がつくっているんだろう?と思っていました。

どこをどう紹介したらいいかと思って、いくつか・・・

http://www.share-gaki.com/index.html

http://www.share-gaki.com/menu.html

http://www.share-gaki.com/menu_sweet.html

 

ちょうど昨日のことを晒柿さんが書いてくださっているブログの部分も・・・

http://www.share-gaki.com/wordpress/?p=8639

 

写真は持ち寄りランチで、とっても豪華でした。私は自分の中では定番のおいなりさんを持っていきました。
中のご飯には、今月頭の放射能講座で、和歌山から寄ってくださった堀さんがお土産に持って来てくれた、ゆず風味のひじきを混ぜてあり、それをみなさんに食べていただけてうれしかったです。

とにかく、夢のような時空間でした。

晒柿さんの、どこを切り取っても美しく、まさに絵になるお部屋のあちこち、

集ったみなさんの心地よさ、

最初の自己紹介で話したんだけど、かつて一年暮らした島根県で、まさにサロン的な場をいくつもつくっていた群言堂さんを思い出しました。http://www.gungendo.co.jp/

年上の素敵な方々に囲まれて、ちょっと背伸びしながら語っていたあの頃・・・。

この頃、自分より年下の友達と会うことが増え、たまたま私の方が子供が大きいという理由だけで、先輩お母さん的なふるまいをすることもあるけど(天然ボケだし、先輩ってことなく同列並列ですが)、目上の方々に囲まれ、まだまだ私などが何か語るなんておこがましい!って思えるその場がうれしかった(笑)

素敵な出会いがいっぱいあったけど(総勢12名☆)、私にとっては、晒柿さんのお友達のSさんという女性が、たまたま珍しい病気を体験していて、私も変な病気を抱えてきたので、個別にお話ししたところ(意識的に、直感距離縮め話術?で)、なんと(というか、やはりというか)同じお方にお世話になったことがあると判明し、一気にツーカーの仲という感じでうれしかった。

私の病気の体験は珍しいので、それ以上(というのも失礼だけど)の方に出会えると、申し訳ないけどホッとします。体験しないに越したことはないけど、病気というのは、似たような苦しみを経た(得た)人でないとわかってもらえないところあるので、ごくたまにすごい体験の方に出会えると、ようやく甘えさせてもらえる器の方に巡り合えたような気になります。Sさんは、病を経て、病に感謝し、前向きに魅力的に生きている様子が窺えて、最初のお話の時点で、素晴らしいと思いました。

 

宴も終盤に差しかかった頃、シャンソンの先生でもあるKさんが、みなさんのリクエストにより歌ってくださり、その歌を聴きながらひそかに泣いていました。
まさに、この場に集まり、この瞬間しかあり得ない人と空間なんだよなあとか、みんな違う身体を持っていて、色々それぞれ抱えながら生きて今一緒に過ごしてるんだなあって思いました。

今後もご縁がつながっていきそうなみなさんだったけど、「一期一会」って言葉も浮かびました。

そうそう、ともちゃんがみんなの気持ちを込めて用意してくれた花束(窓際に写ってる)は、Sakura Hanamise さん作です。ほんと、この地域、センスがよくて心根のいい人達が溢れてる。

 

この日は、明星ライブラリーの正美ちゃんにも会い、私は今、自分の文章や小説の表への出し方について思案してるんだけど、そのヒントとなる話も聞かせてもらえて、よかったです。

みなさんおひとりおひとりに触れたいけど、とにかく、たまたま集ったみなさんによるライヴな時間という感じで、晒柿さんが自然につくり出している空間全体がパフォーマンスアートや展覧会、アトラクションのようで、堪能させてもらいました。

また、晒柿さんが、しゃしゃり出てお話するわけでもなく、みなさんが交流することを見守ってくださっているのもすごいことだなあと思いました。

 

会が終わって表に出たら、一気に現実に引き戻されたような、、、

現実と非現実、どちらが現実でどちらが非現実かわからないし、どちらももちろん現実なんだけど、夢だったのかな?って思っちゃうくらいの不思議なひとときでした。

晒柿さん、ともちゃん、みなさん、本当にありがとうございました☆

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2013-10-29 15:10 |
<< 小説について PeaceMaman勉強会vo... >>