<< 「潮風の村から~ある女性医師の軌跡」 「みんな!エスパーだよ!」ロケ... >>

お月見

 

c0189426_06304141.jpg


めっちゃ思いつきで夕方だんご粉を買って、我が家のウサギがペッタンペッタンついて、お月様にお供え!〇〇〇
外灯やよその家の灯りもあるんだけど、たまたま月とだんごが浮かび上がった写真を見ると、電気がなかった頃の昔の人は、本当に月に感謝と畏敬の念を持っていたんだろうなあと思いました。

 

 

 

c0189426_06304271.jpg


ネットで拾った「月見団子の由来」より・・・
<昔から我が国では秋に新穀の取入れが終わると、その新穀を神仏にお供えし感謝をする風習がありました。藤原氏の時代の中期頃より宮中では9月15日の満月に新穀を粉にし、それをだんごに丸くまるめ平年の年は12ケ、うる年には13ケと萩とすすきと共にお供えしたとされています。 いつのころからか一般市民も9月満月の夜には月見だんごと萩とすすきを共にお供 えし日々の食物に感謝する事を忘れぬ様にしたと言い伝えられています。>

 

 

 

 

 

c0189426_06304295.jpg


中秋の名月は必ずしも満月ではなく、今年はちょうど満月に当たったけど、次の中秋の名月と満月が重なるのは2021年だそうで・・・(昼間のラジオの情報)  実家では祖母や母がちゃんと月見団子作ってたなあ~と思い出しつつ、いびつなお団子、これから月の光を浴びながら、きなこや黒蜜でいただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2013-09-19 11:09 | 家族
<< 「潮風の村から~ある女性医師の軌跡」 「みんな!エスパーだよ!」ロケ... >>