<< 家族ゲーム ソフトボールの試合 >>

ベジライフフェスタ

 

今日は、市内のサイエンスコアでのベジライフフェスタに子供たちと行って来ました。

こんなイベント・・・

http://www.cha-min.com/tarato2013/event2.html

昨年私はここで、講師としてお話しました。

はーー、懐かしい(恥ずかしい)。

本当は昨日も行きたかったけど、息子のソフトボールの試合だったので行けず、今日は、ベジカフェロータスの安竹さんのお話を目当てに伺いました。

ロータスさんのブログ・・・

http://blog.livedoor.jp/vegecafe_lotus/

ロータスさんは、とっても好きなお店で、マクロビとかベジとか言うと、昔はいかにも自然食という感じの、なんと言ったらいいんだろう、イメージ「生成り!」って感じだったけど、ロータスさんに初めて行った時、ハワイみたいな開放感を感じて、とても心地よかった。お料理も美味しいし、目にも鮮やかで、特に、デザートのカラフルさに感動しました。

安竹さんは2歳からマクロビで育ったそうで、お母さんの覚悟ってすごいなあと感心しました。安竹さんとはちょうど同じ学年に当たることが判明したのですが、その時代に、給食をやめて玄米菜食弁当を持たせるなど、なかなかできないこと。

私は今、野菜中心の料理にしているけれど、肉・魚・卵をゼロにはしていない(乳製品はほぼゼロ)。以前「肉食について」を書いた時、びっくりした人もいたけれど、その後、厳密に肉食をやめているのではなく、夫も息子たちも望むので食べているし、でもやっぱり、話を聞けば聞くほど、野菜中心でって思います。

ちなみにマドンナもレディ・ガガもカール・ルイスもレオナルド・ダ・ヴィンチもアインシュタインも菜食の人(今調べたら、信じられないくらいのビッグネームが、たっくさん菜食主義)。

我が家は、土日の料理は夫がしてくれるので、土日は彼の好きなように色々作ってもらい、平日はやはり私が野菜いっぱいで作りたいなあと改めて決意しました。

安竹さんは、とっても朗らかな方で、いい意味でヘラヘラしていて(失礼をおゆるしください・・・とにかく人が良さそう)、私もついつい笑ってしまうタイプなので、安竹さんの話はかなりツボというか、安竹さんの体験を追体験するようにして途中爆笑してしまった。
初めてマクドナルドを食べた時の衝撃など!!

家で禁じられていたアイスクリームへの憧れがあり、大学(農学部)では、アイスクリームの研究をした(論文が英訳で掲載されたほど。・・・その後の研究により、現在お店で卵・牛乳・砂糖を使わないアイスクリームを開発)等々、この人本物だ~~と随所で感じました。

一人暮らしになってから、色んなものを食べたそうですが、悪いもの(世の中には添加物たっぷりの加工食品があふれている)を食べると体にすぐ反応が出るそうで、玄米菜食に戻ってきて、今はお店をがんばっていらっしゃる。

全体を通して、「健康に体を保つ」ことの大切さを教えていただきました。

 

会場では友達にいーっぱい会いました。

(ここ↓なぜだか、めぐりやさんのURLだけ色をつけようと思ったのに、全部についちゃう)

田原のめぐりやさん 、茶~民さん、ヨガやマグロビの先生、有機野菜のベジモのメンバー、メキシコのお仕事してる町内の方、市議会議員さん、豊橋いのちと未来を守る会のメンバー、アースデイたはらの愛しい面々、活動家の小島さんなどなどなど・・・

(アースデイたはらは、一週間後です!http://taharaearthday.dosugoi.net/

手づくりマスクを売ってるなかちゃんのマンガ「菜花屋マスクのはなし」には感動しました。

福島からの母子避難、豊橋いのちと未来を守る会の発足、布マスクを作るようになったきっかけやこれまで、2012年からの売り上げ枚数が1000枚突破!収益の一部を、福島からの保養プログラムや被災地の子どもたちの支援に役立てていることなど・・・

たいへんな日本において、なかちゃんの、静かに朗らかに毅然として歩みを続けている姿勢、尊敬します。

ベジライフフェスタを定点として、自分の内面や周囲の変化を観測すると、色々と感慨深い。

昨年から今年までの間にも、ベジライフフェスタに関わるようなメンバーとの新しい出会いや深め合いがあった。

食への関心、いのちや環境への関心、世の中を見渡すと絶望したくなることも多いけれど、そんな中で、自分にできることをコツコツと続けている仲間たち。

みんな本当に気持ちの良い人達だし、この地域のベジ周辺のレベルの高さを感じました。

 

*************

 

さてさて、本当は、春休みに出かけた岐阜旅行やモンキーパーク、犬山城、実家方面の山桜やお花見弁当(お赤飯のおにぎりやおいなりさん等々)の写真をここにUPしたかったけど、カメラの設定を間違えて、容量が大きくて載せられず、残念!(ゴメンナサイ)

他にも日々の色々を書ききれずにいるけど、最近のできごととして、先週中日新聞の東三河版に出た、弟も関わった田原の小冊子「NUKUTOI」

 

c0189426_06292814.jpg


 

担当記者の那須くんは大学もサークルも後輩に当たり、豊川堂の高須くんにもお世話になりました(田原店に引き続き、本店にも置いてくださるそう)。

 

 

 

 

 

 

なんだか地元ライフが楽しいし、前も書いたけど、全国的に見てもハイレベルの人達が集っていて、ありがたいなあと思います。

あと、余談ですが、今日うれしかったこと。
私が企画した木下黄太講演で初めて会い、その後もガレキに関する講演等々に来てくれた年下のキュートな友達に、「意外に私、運転が下手で」と伝えたら、「意外でもない~」って笑われ、さらに、「運動はできるけど運転は下手なんだよ」と言ったら「運動できるも意外」と言われ、そういう私のイメージがうれしかった!!

放射能に関する活動や講師をやったりすると、恐がられることもあるのに、私の天然ボケぶりをちゃんとわかってもらえてて、ホッとした。
恐そうな女みたいなの嫌だもんなあ。

FBやブログだけ読んでくださってる方も、どういうイメージお持ちかわからないけど、私、色々ダメなんです!

怪しくて恐そうな活動家の小島さんも、私にとってはほんとにかわいい。木下だってそうなんです。

 

☆みんなが集まる場所へ行くと、テンション上がりまくって、求められてもいない芸人根性丸出しで、失礼しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2013-04-14 12:04 |
<< 家族ゲーム ソフトボールの試合 >>