<< 伯父の通夜 全日本大学駅伝 >>

『サラダでげんき』のサラダ。

 

次男の国語の教科書に『サラダでげんき』というお話がある。

「りっちゃんは、おかあさんが びょうきなので、なにか いいことを してあげたいと おもいました」

という書き出しで始まる文章。

りっちゃんは色々考えた末、「おいしい サラダを つくって あげよう」と思い立ち、冷蔵庫を開けて材料を見て、サラダをつくりはじめます。

「きゅうりを トン トン トン、 キャベツは シャキ シャキ シャキ・・・」

するとそこに、のらねこがのっそり入ってきて「サラダに かつおぶしを入れるといいですよ」とアドバイス。てな具合に、犬やらすずめやら、あり、うま、ほっきょくかい白くまやら、飛行機でアフリカぞうまでやってきて、「ハム」「にんじん」「おさとうを少し」「うみのこんぶ入れろ」最後に「あぶらとしおとす」をかけて、でき上がり!

「りっちゃんの おかあさんは、サラダをたべて、たちまち げんきに なりました」

で結びになる、楽しくて美味しそうなお話。

長男の時も、同じお話が教科書に出ていて、このサラダを親子で一緒に作った。

私自身が子どもの頃から食いしん坊で、こういうお話を読むと、絶対の絶対に作りたくなるタイプだったので、子どもたちの「作りたい!」にも当然!という感じで一緒に。

で、今年の作品(お恥ずかしいけど、クリックで大きくなるので、動物たちのアドバイスの材料、ご覧ください)。

 

c0189426_06251273.jpg


 

次男とともに、ちゃんと、きゅうりをトントントン、キャベツをシャキシャキシャキって音立てて、お話の順序どおりに仕上げました。

長男の時も思ったけど、このサラダのポイントは昆布と鰹節だと思う!我が家は塩コンブを使います。

和風テイストで、本当に美味しいのだよ!!

 

・・・実はこのサラダ、作ったのは2週間くらい前で、ここに書きたいと思っていたけれど、あまりに忙しい日々で書けなかった。明日は伯父の通夜で、お葬式も不謹慎であるがおもしろそうで(弔辞4人。中日の白井オーナーも!)、そのことが書きたくなるだろうから慌ててUPしました。

ハムみたいな加工食品は、ふだんはあまり食べないようにしてるけど、子どもって本当にハム好きなんだよね。で、よくある伊藤ハムだったかの4パックものだったけど、食べる前に電話してちゃんと肉の産地を確認しました。オランダとかカナダとか、外国産が多いんだね。

キャベツも、愛知・田原産です。食材気をつけつつ、子どもと楽しんでいます。

 

「サラダでげんき」絵本も出ています。 文:角野栄子 絵:長新太の王道でした!

 

c0189426_06251306.jpg


 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2011-11-07 11:11 |
<< 伯父の通夜 全日本大学駅伝 >>