<< メディアをうらむな、メディアを... 日常 >>

夫の失敗

 

たいした失敗じゃないです。

昨日の夜、会社の飲み会帰りの夫が、電車を乗り越し、サウナに泊まって朝帰ってきた。私は自分が失敗だらけなのと、遊びに出たいので、夫のこういう失敗がぜんぜん嫌ではない。ちょうど来週に飲みの予定もあったので、妙にやさしくしてしまった(笑)

それに、振り返れば、夫という人は、結婚前、飲めば電車を乗り過ごすのが常の人で、披露宴の友人スピーチでも、そのネタを語る人が多かった(寝てる絵まで描かれていた)。結婚後もそれは相変わらずで、いちばん腹が立ったのは(当時は腹が立っていた)、一人目の予定日の10日前くらいに乗り過ごして帰って来なかったこと。

それは思わず『赤土に咲くダリア』にも書いちゃったけど、夫婦の子供であり、初産で臨月の私は今か今かとドキドキしているというのに、夫がそんな態度でいることが、その時は許せなかった。ぐでんぐでんで夜明けごろ?帰ってきた彼を、大きなおなかの私は蹴った憶えがある(夫はぐでんぐでんにつき記憶ない)。蹴りながら、「おなかの子に何かあっちゃいけない」と気づき、思いっきり誰かを蹴る自由すら持ち合わせていないなんて、妊婦ってなんてたいへんだろう!!って思った。

たぶん女は耐えるものと思ってる人からしたら腹など立たないのかもしれないけれど、その頃の私は妙に、女だけがなぜこんなに不自由な思いを強いられるんだろう?と思っていた。

と脱線したけど、何が言いたいかと言うと、この頃増えてきた夫の乗り過ごしに対し、腹が立つのではなく、子供が小さい間、彼ががんばって帰ってきてくれていた事実を思い返し、ありがたみが増すのでした。

あんなに乗り過ごすのが常で、今も乗り過ごすようになった彼が(←もちろん乗り過ごさないのがいちばんですが!)あの頃は、気を張って帰って来てくれてたんだなあ。その気持ちだけで十分だ、と。

 

我が家の夫婦関係はかなり冷えていて、甘さは何もないけれど、積み重ねていくだけのことはいちおーあるんだなあと思いました。

あんなに腹が立っていた夫の乗り過ごしに関し、自分が遊びに出たいからという理由はともかく(笑)、あたたかく受けとめられる時が来るなんて思いもしなかったよ。

まあ、うちの場合は、夫がキッチリした真面目タイプなので、失敗してくれた方が気が楽だってことなんだけどね。

よく、夫の交友関係(女性も含む)に関する悩み相談を目にしたりするけど、私は、夫が家庭のことを第一にがんばってくれていたら、何をしていても気にならない。

実際に困ったことが起こってないから言えることだとは思うし、程度の問題だけど、私は結婚したからと言って、男のことも女のことも、誰にも縛ることはできないと思っているので、根底の信頼関係さえあれば、お互いのことを自由にさせたほうがいいと思う。

あくまでも私の考えだけど、私は誰にも縛られたくないし、相手のことも縛りたくない。

とまあ、このことは書き出すと誤解も生むのでこの辺にします(笑)

ちなみに私の子供は、私にオヤジ(子供は父親をこう呼んでいます)だけを愛していてほしいとはまったく思ってない様子で、「どうして、結婚って一人としかしちゃいけないの?」って言います。「10人くらいとできたらいいのにね!」って。

なんだかそれって、自然な願望な気がして、素直な子供が言うと、とても素直に聞こえるのでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by hihararara | 2011-10-01 13:10 | 夫婦
<< メディアをうらむな、メディアを... 日常 >>